Cisco 4700 Series Application Control Engine Appliance サーバ ロード バランシング コンフィギュレーション ガイド Software Version A3(1.0)
索引
A
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

A

Asymmetric Server Normalization  2-64

C

cookie

一致基準  3-32

オフセット  5-53

解析する最大バイト数  3-75, 3-80, 3-87

クライアント  5-5

スティッキ クライアントの識別  5-5

スティッキの設定  5-44

挿入  5-52

長さ  2-36, 3-81, 5-39, 5-54

D

DiffServ コード ポイント、DSCP を参照

DNS

プローブ、設定  4-39

ロード バランシング  3-108

DSCP  3-71

E

Echo プローブ、設定  4-25

e-コマース

アプリケーション、スティッキ要件  5-3

スティッキ機能の使用  5-2

F

Finger プローブ、設定  4-26

FTP プローブ、設定  4-36

H

HTTP

URL 一致基準、HTTP 圧縮に対して除外する  3-41

URL の一致基準  3-38, 3-40, 3-47

圧縮  3-61, 3-77

コンテンツ一致基準  3-31

持続性再バランス  3-83

統計情報、表示  3-151, 3-155

プローブ、設定  4-26, 4-28, 4-52

要求方式、プローブの設定  4-30

リターン エラー コードのチェック  2-49

ロード バランシング  3-55

HTTP cookie

一致基準  3-32

オフセット  2-36, 5-54

スティッキ機能  5-44

長さ  2-36, 5-54

HTTP コンテンツ

オフセット  2-31, 5-39

長さ  2-31, 5-39

HTTP パラメータ マップ

TCP サーバ再利用  3-84

URL デリミタ  3-80

圧縮  3-78

大文字と小文字を区別する照合  3-77, 3-87

解析する最大バイト数  3-75, 3-80, 3-87

最大解析長の超過  3-81

持続性再バランス  3-83

設定  3-74, 3-76, 3-86

統計情報、表示  3-151

HTTP ヘッダー

一致基準  3-33, 3-45

解析する最大バイト数  3-75, 3-80, 3-87

書き換え  3-14, 3-18

削除  3-20

スティッキ クライアントの識別  5-6

挿入  3-14, 3-15, 3-65

長さ  3-81

HTTPS

プローブの暗号スイート  4-34

プローブ、設定  4-34

I

ICMP

プローブ、設定  4-19

IMAP プローブ、設定  4-43

IP アドレス

DNS プローブで予測  4-40

宛先  2-30, 2-75, 2-82, 3-3, 3-16, 3-65, 5-4, 5-11, 5-14, 5-17, 6-3, 6-12, 6-26

一致基準  3-24, 3-51

エイリアス  6-2, 6-3, 6-5, 6-18

実サーバへの入力  2-6

スティッキ クライアントの識別  5-4

スティッキの設定  5-11

スティッキの設定要件  5-10

送信元  2-30, 2-75, 2-82, 3-15, 3-16, 3-24, 3-51, 3-65, 5-4, 5-11, 5-14, 5-17, 5-113, 6-3, 6-8, 6-21

バーチャル  2-63, 3-15, 3-65, 3-88, 3-89, 3-93, 3-99, 3-103, 5-111, 6-9, 6-15, 6-21, 6-22, 6-29

プローブの宛先の設定  4-8

K

Keepalive-Appliance Protocol(KAL-AP)

設定  4-66

統計情報のクリア  4-73

統計情報の表示  4-73

負荷情報の表示  4-72

M

MD5 ハッシュ値、プローブの設定  4-32

N

NAS アドレス、RADIUS プローブの設定  4-56

NAS、RADIUS プローブの設定  4-56

NAT

ディセーブル化  2-63

P

POP3 プローブ、設定  4-46

R

RADIUS

一致基準  3-43

発信側ステーション  3-43

プローブ、設定  4-54

ユーザ名  3-43

ロード バランシング  3-43, 3-55, 3-115

ロード バランシング設定の例  3-123, 3-124

RADIUS アトリビュート スティッキ

RADIUS アトリビュート スティッキ テーブル エントリ複製のイネーブル化  5-79

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-78

クイック スタート  5-75

サーバ ファーム スティッキ グループの設定  5-80

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-80

スティッキ グループの作成  5-77

タイムアウトの設定  5-78

RDP ロード バランシング  3-55, 3-110

Real Time Streaming Protocol(「RTSP」を参照)

Remote Authentication Dial In User Service(「RADIUS」を参照)

Remote Desktop Protocol(「RDP」を参照)

RTSP

URL  3-47

一致基準  3-47

解析する最大バイト数  3-87

パラメータ マップ、設定  3-86

プローブ  4-50

ヘッダー  3-44

ヘッダーの一致基準  3-44

ロード バランシング  3-44, 3-47, 3-55, 3-127

S

Session Initiation Protocol(「SIP」を参照)

SIP

Call-ID  3-48

プローブ  4-47

ヘッダーの一致基準  3-48

要求方式、プローブの設定  4-49, 4-51

ロード バランシング  3-48, 3-55, 3-134

ロード バランシング設定の例  3-141, 3-142

SLB、サーバ ロード バランシングを参照

SMTP プローブ、設定  4-41

SNMP

SNMP ベースのサーバ ロード プローブ  4-56

SSL

SSL セッション ID スティッキ  5-98

セッション ID スティッキ  5-7

バージョン、プローブの設定  4-35

プロキシ サービス、指定  3-72

T

TCL

zip 形式スクリプトの解凍  A-9

環境変数  A-21

サポートされているスクリプト コマンド  A-15

修正されたスクリプトのリロード  A-12

終了コード  A-22

スクリプトの概要  A-2

スクリプトのコピー  A-8

スクリプトのコピーおよびロード  A-7

スクリプトのメモリからの削除  A-11

スクリプトのロード  A-11

TCP

サーバ再利用、設定  3-84

接続の終了  4-21

プローブ、設定  4-20

Telnet

プローブ、設定  4-38

TLS

バージョン、プローブの設定  4-35

Toolkit Command Language、TCL を参照  A-1

U

UDP

パケット単位のロード バランシング  3-100

ブースタ  3-108

プローブ、設定  4-23

URL

解析する最大バイト数  3-75, 3-80, 3-87

デリミタ、定義  3-80

長さ  3-81

V

VIP

ICMP 要求への応答  3-99

UDP パケット単位のロード バランシング  3-100

一致基準の定義  3-89, 4-69, 5-111, 6-9, 6-21, 6-22

変換のディセーブル化  2-63

ロード バランシングのイネーブル化  3-103, 6-15, 6-29

W

WRR、ラウンドロビンを参照

アクション リスト

設定  3-14

レイヤ 7 ポリシー マップとの関連付け  3-60

圧縮

HTTP パラメータ マップ  3-78

サポートされているコンテンツ タイプ  3-62

レイヤ 7 SLB ポリシー アクション  3-61, 3-77

レイヤ 7 SLB ポリシー アクション、HTTP 圧縮に対して特定のファイル/MIME タイプを除外する  3-41

宛先 IP アドレス  2-30, 2-75, 2-82, 3-3, 3-16, 3-65, 5-4, 5-11, 5-14, 5-17, 6-3

宛先サーバのステータス コード、SMTP プローブの設定  4-41

アプリケーション応答、ロード バランシング方式  1-3, 2-47

暗号スイート

HTTPS プローブ、設定  4-34

一致基準

HTTP cookie  3-32

HTTP URL  3-38, 3-40, 3-47

HTTP URL、HTTP 圧縮に対して除外する  3-41

HTTP ヘッダー  3-33, 3-45

RADIUS 発信側ステーション ID  3-43

RADIUS ユーザ名  3-43

RTSP URL  3-47

RTSP ヘッダー  3-44

SIP ヘッダー  3-48

送信元 IP アドレス  3-24, 3-51

単一 match 文  3-57

ネストされた HTTP クラス マップ  3-52

レイヤ 4 ペイロード  3-22

インターバル、プローブの設定  4-14

インターフェイス

レイヤ 3 およびレイヤ 4 ポリシーの適用  3-104

エイリアス IP アドレス  6-2, 6-3, 6-5, 6-18

大文字と小文字を区別する照合  3-77, 3-87

重み、実サーバへの設定  2-14, 2-54

仮想 IP アドレス、VIP を参照

キープアライブ、プローブを参照

共有秘密認定証、RADIUS プローブの設定  4-55

クイック スタート

ACE A のスタンダード FWLB 設定  6-7

ACE A のステルス FWLB 設定  6-19

ACE B のスタンダード FWLB 設定  6-11

ACE B のステルス FWLB 設定  6-25

HTTP cookie スティッキの設定  5-46

HTTP コンテンツ スティッキの設定  5-34

HTTP ヘッダー スティッキの設定  5-60

IP アドレス スティッキの設定  5-11

RADIUS アトリビュート スティッキの設定  5-75

RTSP セッション スティッキ設定  5-82

SIP コール ID スティッキ設定  5-91

プローブ スクリプティング  A-5

レイヤ 3 およびレイヤ 4 SLB トラフィック ポリシー コンフィギュレーション  3-11

レイヤ 4 ペイロード スティッキ設定  5-22

レイヤ 7 トラフィック ポリシー コンフィギュレーション  3-5

クラス マップ

概要  3-3

実サーバでの使用  2-2

設定  3-1, 3-88

設定例  3-143

説明、入力  3-89

レイヤ 7  3-28

コンテンツ

HTTP の照合  3-31

オフセット  5-39

長さ  2-31

サーバ

再利用  3-84

シャットダウン、通常  2-17

サーバ正規化、非対称  2-64

サーバ ファーム

HTTP リターン エラー コードのチェック、設定  2-49

NAT のディセーブル化  2-63

概要  2-2, 2-20

作成  2-23

実サーバの重み、設定  2-54

実サーバの稼働  2-60

実サーバの接続制限の設定  2-58

障害アクションの指定  2-25

使用する実サーバの関連付け  2-52

スティッキの設定  3-71

接続の表示  2-82

設定  2-1

設定のクイック スタート  2-21

設定の表示  2-79

設定例  2-68

説明の入力  2-24

統計情報のクリア  2-84

統計情報の表示  2-79

バックアップ  3-67

バックアップ サーバの割り当て  2-55

バックアップ、スティッキ機能による動作  5-8

バックアップ、設定  2-51, 2-63

フェールオーバー、部分  2-51

プレディクタ方式  2-29

プローブの関連付け  2-26, 2-56

ロード バランシングのイネーブル化  3-67

サーバ ロード バランシング

ACE の専用的な使用  1-11

概要  1-1

コンフィギュレーション図  3-4

設定例  3-143

定義  1-2

統計情報の消去  3-156

統計情報、表示  3-147

トラフィック ポリシーの設定  3-1

レイヤ 3 およびレイヤ 4 ポリシー マップの設定  3-93

レイヤ 7 クラス マップの設定  3-28

レイヤ 7 ポリシー マップの設定  3-54

サーバのシャットダウン、通常  2-62, 4-21

サーバの通常シャットダウン  2-15, 2-17, 2-62, 4-21

サービス ポリシー

インターフェイスへの適用  3-104

統計情報の消去  3-157

最小接続(leastconns)、ロード バランシング方式  1-3, 2-40

最小帯域幅、ロード バランシング方式  1-3, 2-39

最小負荷、ロード バランシング方式  1-3, 2-43

しきい値、プローブの設定  4-16

持続性再バランス  3-83

実サーバ

IP アドレスの入力  2-6

重みの設定(接続キャパシティ)  2-14, 2-54

概要  2-2

稼働  2-15, 2-60

管理  2-15

クライアント要求のリダイレクト  2-12

サーバ ファームでの重みの設定  2-54

サーバ ファームとの関連付け  2-52

作成  2-4

シャットダウン、通常  2-15, 2-62, 4-21

接続制限の設定  2-8, 2-58

接続のクリア  2-78

接続の表示  2-74

設定  2-1

設定および統計情報の表示  2-71

設定のクイック スタート  2-3

設定例  2-17

説明の入力  2-6

通常シャットダウン  2-15, 2-62, 4-21

統計情報のクリア  2-77

動作  2-15

バックアップ  2-55

プローブの設定  2-7

ヘルスのチェック  2-7

レート制限  2-10, 2-58

シャットダウン、通常、サーバ  2-17, 4-21

スクリプト

zip ファイルの解凍  A-9

アクティブなスクリプト ファイルの統計情報、表示  A-29

概要  A-2

環境変数  A-21

グローバルなスクリプト プローブ統計情報、表示  A-28

健全性モニタリング用の記述  A-14

コピー  A-8

コピーおよびロード  A-7

サポートされているコマンド  A-15

修正のリロード  A-12

終了コード  A-22

情報、表示  A-25, A-26

スクリプト ファイルの内容の表示  A-31

スクリプト プローブ配列  A-21

デバッグ  A-32

プローブ スクリプトの例  A-24

プローブの設定  A-13

メモリから削除  A-11

例  A-9

ロード  A-11

スクリプト プローブ

スクリプト名  4-63

設定  4-62

スタンダード ファイアウォール

クイック スタート  6-7, 6-11

図、設定  6-4

例、構成  6-34, 6-35

ロード バランシング、設定  6-6

スティッキ

cookie によるクライアント識別  5-5

e-コマース アプリケーションの要件  5-3

HTTP ヘッダーによるクライアントの識別  5-6

IP アドレスによるクライアント識別  5-4

概要  5-2

グループ  5-3

情報の表示  5-112

設定例  5-19, 5-57, 5-71

データベース エントリの消去  5-117

データベース エントリの表示  5-112

テーブル  5-7

統計情報の消去  5-112

統計情報、表示  5-112

方式  5-3

目的  5-2

スティッキ機能

HTTP cookie  5-44

HTTP cookie 設定のクイック スタート  5-46

HTTP cookie の設定例  5-57

HTTP コンテンツ設定のクイック スタート  5-34

HTTP ヘッダー スティッキ設定のクイック スタート  5-60

HTTP ヘッダーの設定例  5-71

IP アドレス スティッキの設定のクイック スタート  5-11

IP アドレスの設定  5-11

IP アドレスの設定例  5-19

RADIUS アトリビュート スティッキ設定のクイック スタート  5-75

RTSP セッション スティッキ設定のクイック スタート  5-82

SIP コール ID スティッキ設定のクイックスタート  5-91

SLB トラフィック ポリシーの設定  5-110

SSL セッション ID  5-7, 5-98

SSL セッション ID のクイック スタート  5-100

情報の表示  5-112

設定例  5-118

データベース エントリの消去  5-117

統計情報の消去  5-116

統計情報、表示  5-112

レイヤ 4 ペイロード設定のクイックスタート  5-22

スティッキ(HTTP コンテンツ)

HTTP コンテンツ スティッキ テーブル エントリ複製のイネーブル化  5-38

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-37

クイック スタート  5-34

コンテンツのオフセットの設定  5-39

コンテンツの長さの設定  5-39

サーバ ファーム エントリの設定  5-42

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-42

スタティック コンテンツの設定  5-41

スティッキ グループの作成  5-36

タイムアウトの設定  5-37

スティッキ(HTTP ヘッダー)

cookie のオフセットの設定  5-68

cookie の長さの設定  5-68

HTTP ヘッダー スティッキ テーブル エントリ複製のイネーブル化  5-67

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-67

サーバ ファーム スティッキ グループの設定  5-70

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-70

スティッキ HTTP ヘッダーの設定  5-69

スティッキ グループの作成  5-63

設定例  5-71

タイムアウトの設定  5-66

スティッキ(HTTP-cookie)

cookie 挿入のイネーブル化  5-52

cookie のオフセットの設定  5-53

cookie の長さの設定  5-53

HTTP cookie スティッキ テーブル エントリの複製のイネーブル化  5-51

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-51

クイック スタート  5-46, 5-60

サーバ ファーム エントリの設定  5-55

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-55

スタティック cookie の設定  5-54

スティッキ グループの作成  5-49

セカンダリ cookie の設定  5-54

設定例  5-57

タイムアウトの設定  5-50

スティッキ(IP アドレス)

IP アドレス スティッキ テーブル エントリの複製のイネーブル化  5-16

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-15

クイック スタート  5-11

サーバ ファーム スティッキ グループの設定  5-18

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-18

スタティック IP アドレス テーブル エントリの設定  5-17

スティッキ IP グループの作成  5-14

設定例  5-19

タイムアウトの設定  5-15

要件  5-10

スティッキ(RTSP セッション)

cookie のオフセットの設定  5-87

cookie の長さの設定  5-87

RTSP セッション スティッキ テーブル エントリの複製のイネーブル化  5-86

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-85

クイック スタート  5-82

サーバ ファーム スティッキ グループの設定  5-88

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-88

スタティック RTSP セッションの設定  5-87

スティッキ グループの作成  5-84

タイムアウトの設定  5-85

スティッキ(SIP コール ID)

SIP コール ID スティッキ テーブル エントリの複製のイネーブル化  5-95

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-94

クイック スタート  5-91

サーバ ファーム スティッキ グループの設定  5-97

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-97

スタティック SIP コール ID  5-96

スティッキ グループの作成  5-93

タイムアウトの設定  5-94

スティッキ(SSL セッション ID)

16 バイトおよび 32 バイトの設定例  5-108

32 バイトの設定例  5-106

SSL セッション ID ラーニングのイネーブル化  5-104

オフセット、長さ、開始パターンの設定  5-105

概要  5-98

クイック スタート  5-100

サーバ ファーム エントリの設定  5-104

スティッキ グループの作成  5-102

スティッキ タイムアウトの設定  5-103

設定要件および考慮事項  5-99

スティッキ(レイヤ 4 ペイロード)

アクティブ接続のタイムアウトの設定  5-26

概要  5-21

クイック スタート  5-22

サーバ ファーム エントリの設定  5-32

サーバ ファームとスティッキ グループの関連付け  5-32

スタティック エントリの設定  5-31

タイムアウトの設定  5-26

パラメータ、設定  5-28

レイヤ 4 ペイロード スティッキ テーブル エントリ複製のイネーブル化  5-27

ステータス コード、SMTP プローブの設定  4-41

ステルス ファイアウォール

IP アドレス、設定  6-18

クイック スタート  6-19, 6-25

図、設定  6-5

例、構成  6-37, 6-39

ロード バランシング、設定  6-18

正規表現  3-16, 3-17, 3-19, 3-21, 3-23, 3-31, 3-33, 3-34, 3-38

接続

サーバ ファームでの表示  2-82

実サーバでのクリア  2-78

実サーバに関する表示  2-74

接続障害、サーバ ファーム アクションの指定  2-25

接続の終了、TCP  4-21

レート制限  2-10, 2-58

接続のキープアライブ、HTTP 持続性再バランスを参照

設定例

HTTP cookie スティッキ  5-57

HTTP ヘッダー スティッキ  5-71

IP アドレス スティッキ  5-19

RADIUS ロード バランシング  3-123, 3-124

SIP ロード バランシング  3-141, 3-142

SLB トラフィック ポリシー  3-143

サーバ ファーム  2-68

実サーバ  2-17

スタンダード ファイアウォール  6-34, 6-35

スティッキ機能  5-118

ステルス ファイアウォール  6-37, 6-39

プローブ  4-64

送信元 IP アドレス  2-30, 2-75, 2-82, 3-15, 3-16, 3-24, 3-51, 3-65, 5-4, 5-11, 5-14, 5-17, 5-113, 6-3, 6-8, 6-21

ソーリー サーバ、バックアップ サーバを参照

帯域幅レート制限  2-10, 2-58

待機インターバル、プローブの設定  4-16, 4-17

待機期間、プローブの設定  4-16

タイムアウト期間、プローブ応答の設定  4-18

データベース エントリ

スティッキの消去  5-117

スティッキの表示  5-112

デリミタ、URL  3-80

統計情報

HTTP パラメータ マップ、表示  3-151

HTTP、表示  3-155

アクティブなスクリプト ファイル、表示  A-29

サーバ ファーム、クリア  2-84

サーバ ファーム、表示  2-79

サービス ポリシー、消去  3-157

実サーバ、クリア  2-77

実サーバ、表示  2-71

スクリプト プローブ、表示  A-28

スティッキ データベースの表示  5-112

スティッキの消去  5-116

スティッキの表示  5-112

プローブ、消去  4-83

プローブ、表示  4-74

ロード バランシング、消去  3-156

ロード バランシング、表示  3-147

ドメイン

名前、DNS プローブの設定  4-39

トラフィック ポリシー

概要  3-3

コンフィギュレーション図  3-4

スティッキの設定  5-110

設定  3-1

設定例  3-143

トラフィック分類プロセス  3-3

トラフィック、ファイアウォール間で分散  6-1, 6-3

認定証(メールボックス)、IMAP プローブの設定  4-44

パスワード認定証

IMAP プローブ  4-43

POP3 プローブ  4-46

RADIUS プローブ  4-55

バックアップ

サーバ ファーム  3-67

サーバ ファーム、スティッキ機能による動作  5-8

サーバ ファーム、設定  2-51, 2-63

サーバ、設定  2-55

ハッシュ ロード バランシング方式

cookie  1-3, 2-33

URL  1-3, 2-37

アドレス  1-3, 2-30

コンテンツ  1-3, 2-31

ヘッダー  1-3, 2-34

パラメータ マップ

HTTP 圧縮  3-78

HTTP 統計情報、表示  3-151

RTSP  3-86

TCP サーバ再利用  3-84

URL デリミタ  3-80

大文字と小文字を区別する照合  3-77, 3-87

解析する最大バイト数  3-75, 3-80, 3-87

最大解析長の超過  3-81

持続性再バランス  3-83

設定  3-74, 3-76, 3-86

汎用プロトコル

データ解析  3-21

ロード バランシング  3-55

非 RADIUS データ転送  3-120

非対称ルーティング  1-11

表現、正規  3-16, 3-17, 3-19, 3-21, 3-23, 3-31, 3-33, 3-34, 3-38

表示

サーバ ファーム、設定情報  2-79

実サーバの設定情報  2-71

スティッキの設定情報  5-112

プローブ設定情報  4-74

ファイアウォール

NAT のディセーブル化  2-63

エイリアス IP アドレス  6-2, 6-3, 6-5, 6-18

概要  6-2

設定、サポート対象  6-4

スタンダードの設定図  6-4

ステルスの設定図  6-5

設定例  6-34

設定、表示  6-33

タイプ  6-2, 6-4

トラフィック分散  6-3

ロード バランシング  6-1, 6-3, 6-6, 6-18

ブースタ、UDP  3-108

フェールオーバー

サーバ ファーム  2-51

部分サーバ ファーム フェールオーバー  2-51

プレディクタ

アプリケーション応答  1-3, 2-47

最小接続(leastconns)  1-3, 2-40

最小帯域幅  1-3, 2-39

最小負荷  1-3, 2-43

ハッシュ cookie  1-3, 2-33

ハッシュ URL  1-3, 2-37

ハッシュ アドレス  1-3, 2-30

ハッシュ コンテンツ  1-3, 2-31

ハッシュ ヘッダー  1-3, 2-34

ラウンドロビン  1-3, 2-48

プローブ

DNS  4-39

DNS で予測されるアドレス  4-40

DNS ドメイン名  4-39

Echo  4-25

Finger  4-26

FTP  4-36

FTP サーバのステータス コード  4-37

HTTP  4-26

HTTP MD5 ハッシュ値  4-32

HTTP サーバのステータス コード  4-30, 4-50, 4-53

HTTP ヘッダー フィールド  4-28, 4-52

HTTP 要求方式  4-30

HTTPS  4-34

ICMP  4-19

IMAP  4-43

IMAP 認定証  4-43

IMAP メールボックス  4-44

IMAP 要求方式  4-45

IP 宛先アドレス  4-8

POP3  4-46

POP3 認定証  4-46

POP3 要求方式  4-47

RADIUS  4-54

RADIUS NAS アドレス  4-56

RADIUS 認定証  4-55

RTSP、設定  4-50

SIP 要求方式  4-49, 4-51

SIP、設定  4-47

SMTP  4-41

SMTP 宛先サーバのステータス コード  4-41

SNMP ベースのサーバ ロード、設定  4-56

SSL 暗号スイート  4-34

SSL バージョン  4-35

TCL を使用したスクリプティング  A-2

TCP 接続の終了  4-21

TCP タイプ  4-20

Telnet  4-38

TLS バージョン  4-35

UDP  4-23

アクティブなスクリプト ファイルの統計情報、表示  A-29

アクティブ、定義  4-4

インターバル  4-14

応答のタイムアウト  4-18

グローバルなスクリプト プローブ統計情報、表示  A-28

サーバ ファームとの関連付け  2-26, 2-56

しきい値  4-16

実サーバの設定  2-7

スクリプティングのクイック スタート  A-5

スクリプト  4-62

スクリプト プローブ情報、表示  A-25, A-26

スクリプト設定  A-13

スクリプトの記述  A-14

スクリプトの記述例  A-24

スクリプト名  4-63

スクリプト、デバッグ  A-32

ステータス コード  4-41

設定  4-3, 4-7

設定例  4-64

設定、表示  4-74

説明、入力  4-7

待機インターバル  4-16, 4-17

待機期間  4-16

タイプ  2-26

統計情報のクリア  4-83

統計情報の消去  4-83

統計情報、表示  4-74

ポートの継承  4-10

ポート番号  4-8

リトライ回数  4-15

プロトコル、汎用データ解析  3-21

プロトコル、汎用ロード バランシング  3-55

ペイロード長さ  5-29

ヘッダー

書き換え  3-14, 3-18

削除  3-20

挿入  3-14, 3-15, 3-65

ヘルス モニタリング

実サーバ  2-7

設定  4-1

方式

IMAP プローブ  4-45

POP3 プローブ  4-47

ポート

番号、プローブの設定  4-8

プローブ ポートの継承  4-10

ポリシー マップ

関連付けられたクラス マップ  3-95

設定  3-1

設定例  3-143

レイヤ 3 およびレイヤ 4  3-93

レイヤ 7  3-54

メールボックス、IMAP プローブの設定  4-44

ユーザ名

認定証、設定  4-43, 4-46, 4-55

要求方式

IMAP プローブの設定  4-45

POP3 プローブの設定  4-47

ラウンドロビン、ロード バランシング プレディクタ  1-3, 2-48

リトライ

回数、プローブの設定  4-15

ルーティング

非対称  1-11

レイヤ 3 および 4 ポリシー マップ

SLB、設定  3-93

レイヤ 3 およびレイヤ 4 SLB ポリシー アクション

HTTP パラメータ マップ、レイヤ 3 およびレイヤ 4 ポリシー マップとの関連付け  3-97

ICMP 要求に対する VIP 応答のイネーブル化  3-99

UDP パケット単位のロード バランシングのイネーブル化  3-100

VIP のロード バランシングのイネーブル化  3-103

指定  3-96

接続パラメータ マップ、レイヤ 3 およびレイヤ 4 ポリシー マップとの関連付け  3-98

設定のクイック スタート  3-11

レイヤ 7 ポリシー マップ、レイヤ 3 およびレイヤ 4 ポリシー マップとの関連付け  3-96

レイヤ 3 およびレイヤ 4 クラス マップ

概要  3-3

設定  3-88

ポリシー マップとの関連付け  3-95

レイヤ 4 ペイロード

一致基準  3-22

オフセット  5-29

長さ  5-29

レイヤ 7 SLB ポリシー アクション

HTTP 圧縮  3-61, 3-77

HTTP 圧縮、特定のファイル/MIME タイプを除外する  3-41

HTTP ヘッダー挿入  3-14, 3-15, 3-65

IP DiffServ コード ポイント  3-71

SSL プロキシ サービス  3-72

サーバ ファームへのロード バランシング  3-67

スティッキ サーバ ファーム  3-71

パケットの圧縮  3-63

要求の転送  3-64

要求の廃棄  3-64

レイヤ 3 およびレイヤ 4 SLB ポリシーとの関連付け  3-73

レイヤ 7 クラス マップ

HTTP cookie  3-32

HTTP URL  3-38, 3-40, 3-47

HTTP URL、HTTP 圧縮に対して特定のファイル/MIME タイプを除外する  3-41

HTTP ヘッダー  3-33, 3-45

概要  3-3

設定  3-28

設定のクイック スタート  3-5

送信元 IP アドレス  3-24, 3-51

ネスト  3-52

レイヤ 7 ポリシー マップとの関連付け  3-58

レイヤ 7 ポリシー マップ

インライン match 文の定義  3-57

設定  3-54

設定のクイック スタート  3-5

レイヤ 7 クラス マップの関連付け  3-58

レート制限

接続  2-10, 2-58

帯域幅  2-10, 2-58

ロード バランシング

ACE の専用的な使用  1-11

DNS  3-108

RADIUS  3-55, 3-115

RDP  3-55, 3-110

RTSP  3-55, 3-127

SIP  3-55, 3-134

VIP のイネーブル化  3-103

アプリケーション応答  1-3, 2-47

概要  1-1

コンフィギュレーション図  3-4

最小接続(leastconns)  1-3, 2-40

最小帯域幅  1-3, 2-39

最小負荷  1-3, 2-43

実サーバおよびサーバ ファームの設定  2-1

スタンダード ファイアウォール  6-6

ステルス ファイアウォール  6-18

定義  1-2

統計情報の消去  3-156

統計情報、表示  3-147

トラフィック ポリシーの設定  3-1

ハッシュ cookie  1-3, 2-33

ハッシュ URL  1-3, 2-37

ハッシュ アドレス  1-3, 2-30

ハッシュ コンテンツ  1-3, 2-31

ハッシュ ヘッダー  1-3, 2-34

ファイアウォール  6-1, 6-3, 6-6, 6-18

プレディクタ方式  2-29

ラウンドロビン  1-3, 2-48

例  3-143