Cisco Event Response: March 2016 Semiannual Cisco IOS and IOS XE Software Security Advisory Bundled Publication

2016 年 3 月 25 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: 英語版 (2016 年 3 月 23 日) | フィードバック

2016 年 3 月 23 日

シスコは半期に一度の Cisco IOS および IOS XE ソフトウェア セキュリティ アドバイザリ公開資料を 2016 年 3 月 23 日にリリースしました。お客様のフィードバックに直接対応するため、シスコは毎年 3 月と 9 月の第四水曜日に Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ アドバイザリのバンドルをリリースしています。

2016 年 3 月 23 日に公開された Cisco IOS ソフトウェアおよび IOS XE ソフトウェアのセキュリティ アドバイザリ バンドルには、Cisco IOS ソフトウェアの 6 つの脆弱性に関する 6 件のシスコ セキュリティ アドバイザリが含まれています。このうちの 4 件のアドバイザリは、Cisco IOS と IOS XE に共通する脆弱性に関するものです。1 件のアドバイザリは、Cisco Unified Communications Manager ソフトウェアにも存在する脆弱性に関するものです。もう 1 件のアドバイザリは、Cisco NX-OS ソフトウェアにも存在する脆弱性に関するものです。このすべての脆弱性はセキュリティへの影響が「"高」と評価されています。"それぞれの脆弱性が不正利用されると、メモリ リークやサービス妨害(DoS)状態が発生する可能性があります。

Cisco IOS ソフトウェア チェッカーを使用すれば、特定の Cisco IOS ソフトウェア リリースがシスコ製品の脆弱性に該当するかどうかをすばやく判断できます。

イベント インテリジェンス

以下の表に、この Cisco IOS ソフトウェアおよび IOS XE ソフトウェアのセキュリティ アドバイザリ バンドル資料に関連するシスコのセキュリティ コンテンツを示します。