音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Windows

Windows 10.5 コールピックアップおよびハント グループ コール返事のための Jabber を設定して下さい

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料は Windows 10.5 コールピックアップおよびハント グループ コールの Jabber に基本設定例を返事提供したものです。

Amit Kumar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Windows 10.5 のための Jabber
  • Cisco 存在 8.6.4.12900-2
  • Cisco Call Manager バージョン 8.6.4.23900-10

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

呼び出し ピックアップ グループを作成して下さい

  1. 行き、> 呼び出し ピックアップ グループは Call Manager 管理者ページに『Call Routing』 を選択 します。
  2. [Add New] をクリックします。 追加された呼び出し ピックアップ グループのサンプルはここにあります。

  3. この積み込みグループ番号が参照として機能する Jabber およびすべての電話の Directory Number (DN)にこの積み込みグループを追加して下さい。

    この場合 Jabber CSFS に 1004 の拡張があり、必要は DN ページの積み込みグループを追加することです。 詳細についてはこのスクリーン ショットを参照して下さい。

  4. 終了したら、この積み込みグループがまた他の DN に追加されることを確かめて下さい。 このテストケースではそれは DN 1002 です、従ってこの DN "1002" に同一コール積み込みグループを追加して下さい。
  5. コールピックアップ アイコンを Windows のための Jabber でアクティブにされて得るために確かめるために jabberconfig.xml のこの断片を追加して下さい:
    <Policies>
    <EnableCallPickup>true</EnableCallPickup>
    <EnableGroupCallPickup>true</EnableGroupCallPickup>
    <EnableOtherGroupPickup>true</EnableOtherGroupPickup>
    <EnableHuntGroup>true</EnableHuntGroup>
    </Policies>

    : 「ログイン します ハント グループ」にオプションを得るために「EnableHuntGroup」は追加されます。 それはケースで必須ではないし、コールピックアップのためにだけ Windows のために使用される呼び出しにハント グループのメンバーとして応答しないために早口に喋る。

    Jabber がこれらの設定を受け入れれば、これは Windows については Jabber でアクティブにされて表示されるものがです。

Windows のための Jabber によってハント グループ コール返事を設定して下さい

Windows のための Jabber を確認するために「ログイン します ハント グループ」にオプション ボタンをハント グループのメンバーとしてコールに応答するために有効に されますクリックして下さい。 これが設定されるとすぐ、Jabber のハント グループ及び積み込みアイコンはハント グループおよびコールピックアップ 応答モードのために Jabber を有効に なる確認するグリーン ボタンを表示する。

このテスト例では、これは設定されるものがです:

  • 回線グループ(メンバーは 1004 才 1002)であり、(test1- 行グループ名)
  • ハントする リスト(名前: test123 は)含まれていますこの回線グループ(test1)が
  • ハント グループ パイロット(7000)

要約すると、コールはハントするパイロットに他ではコールが Windows .csf 拡張のための Jabber にそれを作らないことを「ハント グループ」にオプション 有効に された ログイン しなさいことが送信されました(7000)確認され。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

コールピックアップ オペレーションを確認して下さい

1002 1002 がそれから呼出される場合(ラボの拡張 7975 の卓上電話機)および 1004 が同一コール積み込みグループを指すために(Windows CSFS 拡張のためのテスト Jabber)作られるので拡張が両方とも同一コール積み込みグループを指すようにプロンプト表示されますコールピックアップのために早口に喋って下さい。 ここに Jabber が通知をどのように受信するかです:

発番号: 1000

着番号: 1002

呼び出し ピックアップ グループ数および名前: 4000 (テスト); 1000 および 1002 はこの呼び出し ピックアップ グループの一部です、それ故に Jabber はこのスクリーンキャプチャーに見られるように呼び出し ピックアップ グループ コールを受信します。

ハント グループ コール返事オペレーションを確認して下さい

Windows のための Jabber が回線グループの「ディストリビューションアルゴリズム」によってコールを受信するとき受信された通知はここにあります。 コールの詳細は述べられた通知に導くために置かれたここに示されています:

コーリングパーティ: 1000

被呼加入者: 7000 (ハントするパイロット パターン)

Jabber CSFS (ext: 回線グループ ポイントのメンバーはこのハント グループにハントするリストによって 1004)あります

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 119432