IP : Open Shortest Path First(OSPF)

Ip ospf mtu-ignore コマンド

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

それがコマンド ip ospf mtu-ignore を使用しない最良 の 方法なぜであるかこの資料に記述されています。

Open Shortest Path First (OSPF) 隣接関係が FULL 状態になぜ達しないか技術情報 OSPF MTU および LSA パッキング テクニカルノートは最大伝送ユニット (MTU)に関係した 1 つの原因を説明します。

Contributed by Luc De Ghein, Cisco TAC Engineer.

DBD および MTU

状況はこのインターフェイスに転送することができるパケットのサイズの実質値は 1500 であるが、たとえばインターフェイスのMTU値が高い 値にあるところに発生する場合があります 9000。

MTU にミスマッチが OSPF が動作するリンクの両端であれば、OSPF隣接は MTU 値がデータベース 記述(DBD)パケット送られ、反対側でチェックされるので形成しません。

また RFC 2328 で規定 される DBD パケットは、OSPF リンクステートデータベースのコンテンツを記述します:

    0                   1                   2                   3

    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |   Version #   |       2       |         Packet length         |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |                          Router ID                            |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |                           Area ID                             |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |           Checksum            |             AuType            |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |                       Authentication                          |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |                       Authentication                          |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |         Interface MTU         |    Options    |0|0|0|0|0|I|M|MS
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |                     DD sequence number                        |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    |                                                               |
    +-                                                             -+
    |                                                               |
    +-                      An LSA Header                          -+
    |                                                               |
    +-                                                             -+
    |                                                               |
    +-                                                             -+
    |                                                               |
    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    |                              ...                              |

RFC 2328 の付録 A.3.3 には、インターフェイス MTU について次のように記されています。 フラグメンテーションせずに、関連付けられているインターフェイスに送信できる最大 IP データグラムのバイト単位のサイズ。

OSPF 隣接関係が初期化されると、リンクに接続されたルータは、DBD パケットに含まれるそれぞれのインターフェイス MTU 値を交換します。

RFC 2328 のセクション 10.6 はこれを示します: Database Description パケットのインターフェイス MTU フィールドに示されている IP データグラム サイズが、ルータがフラグメンテーションせずに受信インターフェイスで受け取ることができるサイズより大きい場合、Database Description パケットは拒否されます。

debug ip ospf adj コマンドを使用すると、これらの DBD パケットの受信を確認できます。

DBD 例

この例では、2 つの OSPF ネイバー間で MTU 値が一致していません。 このルータの MTU は 1600 です。

OSPF: Rcv DBD from 10.100.1.2 on GigabitEthernet0/1 seq 0x2124 opt 0x52 flag 0x2 
   len 1452 mtu 2000 state EXSTART
OSPF: Nbr 10.100.1.2 has larger interface MTU

もう 1 つの OSPF ルータのインターフェイス MTU は 2000 です。

OSPF: Rcv DBD from 10.100.100.1 on GigabitEthernet0/1 seq 0x89E opt 0x52 flag 0x7 
   len 32 mtu 1600 state EXCHANGE
OSPF: Nbr 10.100.100.1 has smaller interface MTU

OSPF 隣接関係が完全に解除されるまで、DBD パケットが継続的に再送信されます。

OSPF: Send DBD to 10.100.1.2 on GigabitEthernet0/1 seq 0x9E6 opt 0x52 flag 0x7 
   len 32
OSPF: Retransmitting DBD to 10.100.1.2 on GigabitEthernet0/1 [10]
OSPF: Send DBD to 10.100.1.2 on GigabitEthernet0/1 seq 0x9E6 opt 0x52 flag 0x7
   len 32
OSPF: Retransmitting DBD to 10.100.1.2 on GigabitEthernet0/1 [11]
%OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 10.100.1.2 on GigabitEthernet0/1 from EXSTART to
   DOWN, Neighbor Down: Too many retransmissions

Ip ospf mtu-ignore コマンド 動作

interface コマンド ip ospf mtu-ignore は OSPF DBD パケットの MTU 値のこのチェックをディセーブルにします。 従って、このコマンドの使用は 2 人の OSPF ルータ間にインターフェイスのMTU値 ミスマッチがあるのに OSPF隣接が FULL 状態に達するようにします。

このコマンドは Cisco バグ ID CSCdr20891 と導入されました。

このコマンドは Cisco バグ ID CSCsk86476 の後で OSPF パケットの実際のパケットサイズに影響を与えます。

このコマンドは送信された IP パケットの実際のパケット サイズに影響を与えないし、ルータを通して渡すトラフィックのためのパスMTU ディスカバリ 動作に影響を与えません。 コマンドの使用方法は始動に OSPF隣接を助けるかもしれませんルータを通したトランジットトラフィックはまだ大きい IP パケットのために影響を与えることができます。

Cisco バグ ID CSCse01519 の前に、OSPF DBD パケットのサイズは 1500 バイトにつき制限されました。 OSPF mtu-ignore 機能性が使用された時 MTU ミスマッチ 状況で普通はたらくその許可された OSPF。

Cisco バグ ID CSCse01519 およびコマンド ip ospf mtu-ignore が使用されなかった後、実際の OSPF パケットが 1500 バイトより大きいと OSPF隣接が失敗することは可能性のあるです。

大きい(> 1500 バイト) OSPF パケットが廃棄されることコマンド ip ospf mtu-ignore のおよび Cisco バグ ID CSCsk86476 の前の Cisco バグ ID CSCse01519 がおよび、それである可能性がある後。 これは OSPF隣接が FULL 状態に達することを防ぎました。

Cisco バグ ID CSCsk86476 は OSPF パケットの 1 つの安全な最大MTU 値の使用に戻ってコマンド ip ospf mtu-ignore が使用されれば、そしてルータ下りました後。 その値は 1300 バイトです。 この値が幾分小さいので、これは OSPF フラッディングに影響を与える場合があります。 より大きい OSPFパケットは OSPF フラッディングのための効率的です。

結論

適切なソリューションはいずれの場合もインターフェイスの正しい MTU を設定することです。 この MTU 値はリンクのルータでどちら側でも一致する必要があります。



Document ID: 119384