クラウドおよびシステム管理 : Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)

APIC GUI 内のオブジェクトの DN を判別して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Ciscoアプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ(APIC)内のオブジェクトの識別名 (DN)を GUI 得る方法を記述されています。 論理モデルを解決するか、または APIC GUI のスクリプトを作成するように試みるとき実際のクラスネームを用いる GUI でと相互に作用したいと思うかまたは Visore の管理対象オブジェクト(MO)属性を表示するために DN を得ることオブジェクトを一致する困難である場合もあります。

Shae Eastman およびガブリエル モンロイによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

APIC GUI 内のオブジェクトの DN を判別して下さい

GUI で見るオブジェクトの DN を判別するために使用できる多くの利用可能 な メソッドがあります。 このセクションは 4 つの異った方法を記述します。

ブラウザ URI を使用して下さい

GUI にナビゲート する間、ロードされる多くの動的な要素があることに注意します。 これらの要素はクリックにオブジェクト モデルの GUI 表示を通ってナビゲート すると同時に応答します。 オブジェクトをクリックするとき選択するオブジェクトの DN を含むために、ブラウザ内の URL はアップデートする必要があります。

たとえば、借用者公有地をクリックすれば、これを反映する URL 更新:

http://x.x.x.x/#bTenants:common|uni/tn-common

定型 資源 識別子 (URI)を読むように、最後にクリックしたオブジェクトの DN がパイプの後で(現われることに注意して下さい|)。

: オブジェクトが(フォルダのような)対応しない GUI エンティティを選択すれば、DN を見ません。

右クリック メニューを使用して下さい

いくつかの GUI のポリシーの場合、ポリシーを右クリックし、ポスト…オプションを次のように表示できます:

このオプションをクリックするとき、それのための DN が policy/MO 表示されます:

同様に、ポリシーを選択したオブジェクトの XML または JSON 出力をおよびさまざまなプロパティ右クリックし、オプションとして保存を選択できます(、また特別なフィルター ダウンロードするためにもし必要なら)。

このイメージはオプションとして保存を選択するとき利用可能 な選択を示します:

これらの選択についてのいくつかのメモはここにあります:

  • コンテンツ

    • 各アトリビュートを戻すためにオブジェクトと関連付けられるすべての Propertiesオプション・ボタンを選択して下さい。

    • ユーザ側で設定できる属性だけ戻すために唯一の Configurationオプション・ボタンを選択して下さい。

  • 範囲

    • オブジェクトだけ戻すために選択される自己 オプション ボタンを選択して下さい。

    • そのオブジェクトの指定オブジェクトおよび子供を戻すためにサブツリー オプション ボタンを選択して下さい。

  • エクスポート形式

    • XML 形式のコンテンツをダウンロードするために XML オプション ボタンを選択して下さい。

    • JSON 形式のコンテンツをダウンロードするために json オプション ボタンを選択して下さい。

この例は…すべての Properties自己および XML 選択が規定 される借用者公有地のためのオペレーションとして保存を示したものです、:

この例は…唯一の設定自己および XML 選択が規定 される借用者公有地のためのオペレーションとして保存を示したものです、:

コンテンツ選択のバージョンが両方とも選択されたオブジェクトの DN を提供することに注意して下さい。 またこの場合 fvTenant であるクラスの名前を受け取ります、(オブジェクト インスタンスの開始するとして示されていて)。 これは Visore か MOquery に役立ちます。

ヒント: スコープにサブツリー オプション ボタンを選択する場合、同じエクスポートの子オブジェクトすべてのための情報を受け取ります。 このオプションはオブジェクトに表示を完全に与えるすべての属性を得ることを可能にします。

提示 API インスペクター機能を使用して下さい

オブジェクトの DN を得るためにアプリケーション ポリシー インフラストラクチャ(API)インスペクターからのサブスクリプション要求を直接奪取できます。 これを有効に するために、示します右上 ナビゲーション バーの近くで歓迎の下で API インスペクターを、<username> メッセージ クリックして下さい。

借用者公有地の健全性を示す例はここにあります:

借用者公有地に API インスペクターのの中の外観を提供する例はここにあります:

Show debug 情報 機能を使用して下さい

より詳細な分析があることを望む場合選択するオブジェクトの DN を含むブラウザ デバッグ情報 機能を有効に することができます。

これを有効に するために、右上 ナビゲーション バーの近くで歓迎の下で Show debug ヒントを、<username> メッセージ クリックして下さい。

これが有効に なれば、ワード現在の画面から始まるブラウザウィンドウの下部のの近くに細字部分があります

借用者公有地をクリックする場合、この出力が表示されます:

Current Screen:insieme.stromboli.layout.Tab [fv:infoTenant:center:a ] | Current
Mo:insieme.stromboli.model.def.fvTenant [uni/tn-common ]

: 提供される情報は幾分冗長ですが、また選択したオブジェクトのクラスを得ます。 この場合、それは fvTenant です。 この出力の他は GUI を修正することを望む場合その時だけ本当らしい役立ちます。



Document ID: 119419