音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Hosted Collaboration Solution(HCS)

HCM-F 10.X ライセンスおよび HLM 作業の流れを設定して下さい

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 11 月 20 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco HCM 達成(HCM-F)プラットフォームのスタンドアロン Javaアプリケーションとして動作する HCS ライセンス マネージャ(HLM)を記述したものです。 それは Unified Communication (UC)アプリケーションおよび主なライセンス マネージャ(PLM)と責任がある配置モードを変更するために取出し、/プロビジョニングする相互に作用することである HCM-F サービス インフラストラクチャおよびメッセージ フレームワークを利用します。

それは PLM 相互対話のための UC アプリケーションおよび描写的な状態転送(他)と相互に作用するためにシンプル オブジェクト アクセスプロトコル(石鹸) API を利用します。

アンドリア Cingolani によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco はホストされたコラボレーション ソリューション(HCS)配備のナレッジがあることを推奨します。 HCS 配備では、スタンドアロン PLM 例だけサポートされます。 Cisco Unified Communications Manager (CUCM)との共存する PLMs または CUCxn は HCS ライセンスの管理のためにサポートされません。 各々のスタンドアロン PLM は各クラスタのユーザの数に関係なく 1000 の UC アプリケーション クラスタまでライセンスをサポートします。 前の企業 ライセンス マネージャ(ELM)は 200 までのクラスタをサポートしました。 サービスプロバイダーは HCM-F の多重 PLMs がある場合があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • HCM-F バージョン 10.6.1
  • PLM バージョン 10.X

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

  1. PLM は最初にインストールされているときデモモードで動作し、HLM に追加することができません。 PLM がデモモードにあるかどうか確認するために、『About』 をクリック して下さい。

  2. HCM-F に後者を追加することを可能にするように、少なくとも 1 HCS ライセンスを追加すればデモモードから PLM を奪取 します。 このスクリーン ショットは PLM がデモモードで動作しないかどうか確認する方法を示します。

  3. HCM-F で、グローバル な配置モード ドロップダウン リストから配置モードを選択して下さい。

    : 配置モードは PLM に先にインストールされるライセンス タイプと HCM-F でそれに応じて設定 する必要があります。

  4. HCM-F に PLM を追加して下さい。

    • 名前- PLN 名前
    • ホスト名- PLM IP アドレスか完全修飾ドメイン名 (FQDN)
    • ユーザ ID - PLM OS 管理者ユーザ
    • パスワード- PLM OS 管理者パスワード

    : すぐに PLM が追加されると同時に、PLM パスワードは HCM-F GUI でもう変更することができません。 この機能は未来 HCM-F のリリースで導入され、PLM 側のどのパスワード変更でも HCM-F の統合を壊します。

    この作業の流れはすぐに PLM として追加されます開始します:

    1. HLM は PLM の接続を検証します。 OS 管理者ユーザー ID の接続は HTTPS、ポート 8443 およびサービスプロバイダーのIPのパスワード確立されます。
    2. HLM は正しい API を呼び出し、バージョンをそれに応じて設定 するために PLM バージョンをチェックします。
    3. HLM は PLM 配置モードを設定 します。
    4. PLM は 200 OK でモードがそれに応じて変更されるかどうか答えます。

    PLM 配置モードが HCS モードにあるかどうか確認するために、ブラウザでこの URL を入力して下さい: https://plmServerHostname/elm-resources

    PLM は現在の配置モードと答えます:

  5. HCM-F の PLM に UC アプリケーション クラスタを割り当てて下さい。 サマリ ライセンス マネージャの正しい PLM があるようにチェックボックスを確認して下さい。

  6. 割り当てますクリックして下さい。

    適格なクラスタはポップアップ ウィンドウに現われます。 チェックボックスをクラスタがあるように確認し、割り当てますクリックして下さい。

    : クラスタが HCM-F の ELM に割り当てられた後、アプリケーションはリブートされます。

HCM-F によって PLM にクラスタを割り当てる間、詳しい HLM 作業の流れは次のとおりです:

  1. HLM はクラスタが ELM に割り当てられる資格があるかどうか確認します。
  2. PLM はクラスタが PLM に追加されることができるかどうか確認します(パブ サーバの CUCM クラスタおよび CUC クラスタだけ PLM に追加することができます)。
  3. HLM は UC アプリケーション Web 導入サービスに「設定 された配備」モードを送信 します。
  4. HLM は「得ますモードを確認するために配備」を正しく設定 されました 送信 します。
  5. HLM は再起動 要求を送信 します。
  6. HLM は UC アプリケーションを「頼む 5 分ポーリング モードにです」完全な再始動入ります。
  7. UC アプリケーションは HLM タイムアウトの前に 40 分程、かかることができます。
  8. UC アプリケーションが「完全な」再始動と応答したら HLM 送信 1 はもっと「モードを確認するために配置モード」を得ます。
  9. HLM は PLM に強制するために今要求を追加しますクラスタを送信 します。
  10. 4 時間毎に、UC アプリケーションが PLM と HCM-F 間で同期外れであるかどうか見る HLM 監査 工程監査。


- UC アプリケーションはステップ 5.によってリブートします。
- HLM によってはサービスによって UC アプリケーションが提供し、IP を UC アプリケーション OS 管理者ユーザ/パスワードによってリブートしますクラスタを接触します。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

UC アプリケーションを確認することは UC アプリケーション CLI で配置モードに、入力します utils Create レポート プラットフォーム コマンドをあります。 CUCM はレポートを生成します。 容易にこの断片によって配置モードを確認するためにレポートを見直して下さい:

<ProductDeploymentMode>
<ParamNameText>Deployment Mode for this instance</ParamNameText>
<ParamValue>HCS</ParamValue>

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119377