音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Hosted Collaboration Solution(HCS)

HCM-F サービス Inventory レポートを設定して下さい

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 8 日) | フィードバック

概要

サービス コンポーネント(SI)レポートが Cisco Hosted Collaboration Mediation 達成(HCM-F)サービス コンポーネントと Cisco Unified Communications ドメイン マネージャ(CUCDM)間のホストされたコラボレーション ソリューション(HCS) 9.2.1 配備および相互対話でこれの間に 8.1.X プロセスどのように作成されるかこの資料に記述されています。

アンドリア Cingolani およびクルト ヴァン De Vel によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CUCDM 8.1.X
  • HCM-F 9.2.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

サービスプロバイダーにレポートを課金目的に提供する Cisco HCS SI はアプリケーションです。 これらのレポートは顧客、サブスクライバ、デバイスおよび CUCDM で現在提供される他の詳細のデータが含まれています。 さらに、SI は設定される CUCDM がない Cisco HCM-F にで提供される顧客向けの Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unity Connection アプリケ− ションサーバからの Generate レポート直接できます。 SI はリモート SFTP サーバに規則的な構成可能 インターバルで自動的にレポートファイルを転送します。 サービスプロバイダーは顧客向けの課金記録を作成するためにこれらのレポートを使用します。

作業の流れ

  1. SI レポートは管理者によってサービス コンポーネント 設定によってスケジュールされ、設定されます。
  2. セットのスケジュールに基づいて、SI Web サービスは CUCDM にシンプル オブジェクト アクセスプロトコル(石鹸)要求を入れます。
  3. CUCDM はこの石鹸要求を受け取り、サービス コンポーネント関連データを作成するためにトランザクションを引き起こし、CUCDM は SFTP によって HCM-F SI にこのデータを送信 します。
  4. SI は新しいファイルを見、ファイルを復元し、ファイルを処理します。
  5. SI は結局 .si ファイルを出力します。
  6. .si が含まれている SI はより遅い検索およびフィールド サポートのためのすべてのファイルのバックアップコピーを必要ならば作成します。
  7. SI は GUI の設定によって SFTP ホストに .si ファイルを転送します。

前提条件

HCM-F および CUCDM はインストールされ、設定する必要があります。 これらのサービスは HCM-F をアクティブになり、始める必要があります:

  • Cisco CDM データベース
  • Cisco Tomcat
  • Cisco HCS SI UI

SI 管理インターフェイスを通して SI を設定することを計画する場合「Cisco HCS 北バインドされたインターフェイス Web サービス」を利用して下さい。 Cisco HCM-F NBI を通して SI を設定することを計画する場合「Cisco HCS 達成サービス」を利用して下さい。 Cisco HCS CUCDMSync サービスを実行することを計画する場合「Cisco HCS CUCDMSync サービス」が実行されていることを確認して下さい。 自動同期が共用 データ リポジトリに CUCDM データを伝搬できるように「Cisco HCS プロビジョニング アダプタ サービス」を利用して下さい。 SI は共用 データ リポジトリからの CUCDM のための接続データを得ます。 Cisco Unified Communications Manager デバイスの Cisco HCS プロビジョニング アダプタ サービス提供資格情報および SNMP 情報、またプロビジョン リモート syslog データ。

必要なサービスが CUCDM レポートとサポートされた UC アプリケーション レポートの間で異なります。

CUCDM レポートに関しては、これらのサービスを必要とします:

  • Cisco HCS プロビジョニング アダプタ サービス
  • Cisco Tomcat
  • Cisco HCS サービス コンポーネント
  • Cisco HCS SI UI
  • Cisco CDM データベース
  • Cisco HCS 達成サービス
  • Cisco HCS CUCDMSync サービス
  • Cisco HCS UCSMSync サービス
  • Cisco HCS VCenterSync サービス

サポートされた UC Applications レポートに関しては、これらのサービスを必要とします:

  • Cisco HCS プロビジョニング アダプタ サービス
  • Cisco Tomcat
  • Cisco HCS サービス コンポーネント
  • Cisco HCS SI UI
  • Cisco CDM データベース

「Webservices」は CUCDM 8.1.X でアクティブになり、開始する必要があります。

=>[webservices] # show
|OPTION |VALUE |DESCRIPTION |
|------ |----- |----------- |
|Enabled |True |Enable Webservice |
|8.1.0 |True |Enable version 8.1.0 webservices interface |
|8.0.0 |False |Enable version 8.0.0 compatible webservices interface |

設定

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

追加しました HCM-F の管理 アプリケ−ション 例として CUCDM を確認して下さい。 これは、なぜですか。 HCM-F サービス コンポーネントは CUCDM からのデータに SI レポートを生成するために頼りますそれ故に追加される必要があります。

そうするために、新しい Infastructure マネージャ > 管理ネットワーク > 管理 アプリケ−ション > Add を選択して下さい。

  

 

  • API バージョン-このドロップダウン リストから、8.1.0 か 8.0 を選択して下さい。

    以前の CUCDM バージョンと 8.1.2 統合とき、API バージョンは 8.0 に設定 する必要があります。 API バージョンは 8.0 か 8.1 に CUCDM 8.1.2 またはそれ以降と統合とき設定 することができます。 また 8.0 API バージョンが設定されたら、ことに、SIP トランク同期されない注目すれば位置名前だけ顧客の場所のために同期されます。

  • ポート- 8181 へのポートデフォルト。 これは CUCDM に最初の石鹸メッセージを送るために SI によって使用される石鹸ポートです。

  • 資格情報-資格情報の種類「ADMIN」を選択し、ユーザ ID (この場合「hcmf」)を提供して下さい。  このユーザが CUCDM にアクセスするのに使用されています。

: このユーザはまた同じパスワードで CUCDM で存在 する必要があります。 これをチェックするために、CUCDM GUI に行って下さい: 一般 Administration > Administration ユーザ。

追加したり/ときこのユーザを、確認します「Webservice」アクセスをチェックされました設定して下さい。 (CUCDM に WebService 要求を送信 するためにこのユーザは HCM-F SI によって使用されますそれ故に有効に なる必要があります。)

CUCDM からソースをたどられる報告書作成は今カバーされてしまいました。 しかし SI は設定される CUCDM がない Cisco HCM-F にで提供される顧客向けのサポートされた UC アプリケーション、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unity Connection アプリケ− ションサーバからの Generate レポート直接またできます。

CUCDM を設定してもらわない場合サービス Inventory レポートを実行するために Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unity Connection アプリケ− ションサーバを手動で追加する必要があります。 これは次の通りすることができます:

  1. インフラストラクチャ マネージャ > 顧客 管理 > 顧客 > クラスタを選択して下さい。 疑わしいアプリケーションを選択して下さい。 たとえば、CUCM または CUC サーバ:

  2. ここに示されているようにアプリケーションのそれぞれにプラットフォームおよび ADMIN 両方資格情報を追加して下さい:

資格情報を追加して下さい

資格情報を追加するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 資格情報タブをクリックして下さい。
  2. [Add New] をクリックします。
  3. 資格情報の種類を選択して下さい。

    : UCApplication レポート収集を実行するためにプラットフォームがおよび ADMIN は両方必要となります。

  4. ユーザ ID をパスワード完了し、Password フィールドを再入力して下さい
  5. [Save] をクリックします。
  6. 次の資格情報の種類を追加するために繰り返して下さい。

ネットワーク アドレスを追加して下さい

  1. ネットワーク アドレス タブをクリックして下さい。
  2. [Add New] をクリックします。
  3. ネットワーク空間を選択して下さい: サービスプロバイダー領域
  4. IPV4 アドレスを入力して下さい。

    Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unity Connection 両方にこれが必要となります。

クラスタ アプリケーション

次のクラスタ アプリケーションのためにすべてを繰り返して下さい。

次に、HCM-F のサービス コンポーネント 設定 ページのサービス コンポーネント部分を設定して下さい。

外観 ページ

始めるレポートのようにときに定義するスケジュールを設定できます。 イネーブル Schedule チェックボックスをチェックすることを忘れないでいて下さい。

: 報告書 の 体栽バージョンはここにキーです。

SI アプリケーションに渡してほしいこと報告書 の 体栽バージョンを選択して下さい。 SI およびサポートされた UC アプリケーションの互換性のある バージョンを使用するようにして下さい。 互換性に関する情報に関しては、Cisco のための互換性 マトリックスがコラボレーション ソリューションをホストしたことを参照して下さい。

Cisco HCS 9.1(1) 報告書 の 体栽バージョンは CUCDM バージョン 8.1 および それ 以降とだけ互換性があります。 Cisco HCS 9.0(1) 報告書 の 体栽バージョンは CUCDM バージョン 8.0 および それ 以降と互換性があります。 CUCDM ソフトウェアの以前のバージョンを実行する場合、8.6(2) 報告書 の 体栽バージョンを選択して下さい。

SI CUCDM レポート

バージョン 9.1(1) および 9.0(1) HCS 報告書 の 体栽がきちんと生成されるようにするために、インフラストラクチャ マネージャ > 管理 アプリケ−ションを選択して下さい。 このページで、CUCDM ソフトウェア バージョン 8.0 または 8.1 およびないバージョン 7.4 を選択すること確実でであって下さい。

次に、HCM-F のサービス コンポーネント 設定 ページの設定 ページを設定して下さい。

サービス コンポーネント設定では SI サーバのホスト名/IP アドレスを区分して下さい、設定して下さい。 SI ホスト名は IP アドレスか完全修飾ドメイン ネームとして入力する必要があります。 CUCDM サーバが有効に なる DNS で設定されない場合 Hostname Field で IP アドレスを入力して下さい。

Username フィールドは選択不可能になります(ハードコードされる)。

CUCDM は SI アプリケーションにデータを転送するためにユーザ名を、adminsftp、使用します。 このフィールドをアップデートできません。

Password フィールドでは、adminsftp ユーザアカウントのためのパスワードを入力して下さい。 識別確認としてこのステップがセキュリティ目的で必要となります。 このパスワードは Cisco HCM-F インストールの間に設定する HCS 管理者パスワードと同じです(またはインストールの後で変更されて)。

: CUCDM は SI がオリジナル石鹸要求を送信 するとき SI からのこのパスワードを学びます。

サービスプロバイダーで設定が区分したり SFTP、.si レポートファイルを送る SFTP サーバのための username/password と共にホスト名およびポート(22)を設定して下さい。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

これらのログは対象です:

  • activelog Tomcat/ログ/catalina.out - CUCDM に出入して要求および応答メッセージが含まれています
  • activelog tomcat/logs/si/log4j -すべての SI 仕様オペレーションが含まれています。

: CUCDM なしで SI を使用する場合、またこれらのログを見て下さい:
- /var/log/active/hcs/chpa -提供アダプタ サービス ログ ファイル
- /var/log/active/hcs/ucpa - ucpa サービス ログ ファイル

次の通り最初に詳しい(デバッグ)レベルにログ レベルを設定 したいと思います:

  1. コマンド
    admin:set trace tracelevel
  2. tracelevel を(CLI コマンドを許可された tracelevels を使用して下さい) -見つけるために詳しい示します tracelevels を入力して下さい
  3. 入力して下さい servicename - Cisco Tomcat

    レコードはアップデートに成功します。

それがされたら、スケジュールによって Next レポート 生成を待って下さい。 チェックするべき最初の事柄はヴォスのトランザクションを表示できるかどうかです。 「CreateServiceInventory」と呼ばれるトランザクションを捜して下さい。 このトランザクションは成功する必要があります。

トランザクション出力のユーザ ID が HCM-F で、また CUCDM で先に設定された「hcmf」ユーザであることを見ることができることに注目して下さい。

それがされたら、ファイルが SI にそれを正しく作ったかどうか確認して下さい。 理解することは重要どのように SI のレポート データ構造 機能です。 SI ファイルの形式は「.si」ファイル拡張子を用いる ASCII ベースのファイルです。 (UC アプリケーションサービス コンポーネントよくある形式のためのファイル拡張子は「.ucsi」です。 ))

このように、通常の状況で、CUCDM は HCM-F に未加工 SI ファイルを(圧縮される)送信 します。 HCM-F (SI)はデータをマッサージします。 (SI は新しいファイルを見、ファイルを復元し、ファイルを処理します。) ファイル構造の中ではいくつかのディレクトリがあり、これらのそれぞれにデータの状態に自身の意味依存があります。 これらのフォルダは root アカウントによってトラブルシューティング セッションの間にテクニカル アシスタンス センタ (TAC)によってだけアクセスすることができます。

具体的には、すべてのファイルは SI でここに保存されます: /opt/hcs/si/backup/

  • dmuncompressed/-これは CUCDM から届くファイルを解凍し、置くところです。
  • cntranslated/-中間ステップおよびこれらがこのディレクトリに入ると同時にファイルは変換されます。
  • Cisco 正規化-単一 ファイルは(最終的な出力のコピー)生成 され、ここに入ります。
  • sp 正規化-以前に述べられたファイルは最大によって設定される塗りつぶしサイズ(それからそれらは配列のために番号をつけ直されます)に基づいてチャンクに分割されます GUI で設定される最大ファイルサイズに基づいて。
/opt/hcs/si/backup/dmuncompressed
[root@hcmf921 dmuncompressed]#
20150522210000GMT+1+CUCDM+1+1.dsi  20150622121500GMT+1+CUCDM+1+1.dsi
20150523210000GMT+1+CUCDM+1+1.dsi  20150623121500GMT+1+CUCDM+1+1.dsi
20150524210000GMT+1+CUCDM+1+1.dsi  20150624121500GMT+1+CUCDM+1+1.dsi
20150525210000GMT+1+CUCDM+1+1.dsi  20150625121500GMT+1+CUCDM+1+1.dsi
20150526210000GMT+1+CUCDM+1+1.dsi  20150626121500GMT+1+CUCDM+1+1.dsi
[root@hcmf921 dmuncompressed]#
/opt/hcs/si/backup/cntranslated
[root@hcmf921 cntranslated]#
20150602210000GMT+1+CUCDM+1+1.tsi  20150703121500GMT+1+CUCDM+1+1.tsi
20150603210000GMT+1+CUCDM+1+1.tsi  20150704121500GMT+1+CUCDM+1+1.tsi
20150604210000GMT+1+CUCDM+1+1.tsi  20150705121500GMT+1+CUCDM+1+1.tsi
20150605210000GMT+1+CUCDM+1+1.tsi  20150706121500GMT+1+CUCDM+1+1.tsi
[root@hcmf921 cntranslated]#
/opt/hcs/si/backup/cisco-normalized
[root@hcmf921 cisco-normalized]#
10000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150703121500GMT+1+CUCDM+1+1.csi
20150603210000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150704121500GMT+1+CUCDM+1+1.csi
20150604210000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150705121500GMT+1+CUCDM+1+1.csi
20150605210000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150706121500GMT+1+CUCDM+1+1.csi
20150606210000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150707121500GMT+1+CUCDM+1+1.csi
20150607210000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150708121500GMT+1+CUCDM+1+1.csi
20150608210000GMT+1+CUCDM+1+1.csi  20150709090000GMT+1+CUCDM+1+1.csi
/opt/hcs/si/backup/sp-normalized
[root@hcmf921 sp-normalized]#
20150528210000GMT+1+CUCDM+1+1.si  20150628121500GMT+1+CUCDM+1+1.si
20150529210000GMT+1+CUCDM+1+1.si  20150629121500GMT+1+CUCDM+1+1.si
20150530210000GMT+1+CUCDM+1+1.si  20150630121500GMT+1+CUCDM+1+1.si
20150531210000GMT+1+CUCDM+1+1.si  20150701121500GMT+1+CUCDM+1+1.si
20150601210000GMT+1+CUCDM+1+1.si  20150702121500GMT+1+CUCDM+1+1.si

SI からのログファイルを引っ張るために、これらのコマンドを入力して下さい

file get activelog  tomcat/logs/catalina.out
file get activelog tomcat/logs/si/log4j/XXXXXX (where XXXX are the filenames
you want to gather)

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119380