音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Attendant Console Standard

Cisco Unified Attendant Console 10.5.x 標準版を設定して下さい

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 11 月 9 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Attendant Console 10.5.x 標準版のための基本構成ステップを記述したものです。

Amit Kumar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Attendant Console 10.5.1.1543
  • Cisco Unified Communications Manager 8.6.2.23900-10
  • Microsoft Windows 7 専門版(64 ビット)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

次の手順を実行します。

  1. ログインおよび使用中ランプ フィールド(BLF)のためのオペレータによって参照されるデバイスを制御するアプリケーションのユーザーが作成されるようにして下さい。

    : 実際のオペレータにこのアプリケーションのユーザーを混同しないで下さい。 アプリケーションのユーザーはテレフォニー サービス プロバイダー(TSP)によってリソースとして必要がオペレータによって上げられる場合デバイス情報/制御を得るために行動します。

    このイメージはこのアプリケーションが制御された Devices セクションに含んでいることをデバイスに示します。 これらがオペレータが「ログオン」と BLF のために使用するデバイスを含んでいることに注目して下さい。

    このアプリケーションのユーザーはまたこれらのロールを下記のものを含んでいてもらう必要があります:

    • 標準 AXL API アクセス
    • 標準 CTI 割り当て発信者番号修正
    • Standard CTI Allow Call Park Monitoring
    • Standard CTI Allow Control of All Devices
    • SRTP キーマテリアルの標準 CTI 割り当て受信
    • Standard CTI Enabled

    このユーザは CallManager への Cisco TAPI クライアント(TSP)によってログインのために参照されますあります。 必要なすべてのデバイスがこのユーザ向けの制御された Devices セクションで入ることを確かめて下さい。 それがされない場合、Cisco Unifed アテンダント コンソール標準クライアントへのログオンは失敗します。

  2. インストレーション ファイルをダブルクリックして下さい。
  3. アプリケーションのユーザーのユーザ ID を入力すればステップ 1.で提供されたパスワードは『Next』 をクリック します。

  4. ドロップダウン リストから適切な言語を選択して下さい。 [Next] をクリックします。

  5. Cisco 存在サーバ 詳細を入力して下さい。 [Next] をクリックします。

    : Cisco 存在 Admin ID およびパスワードを入力する必要はないので、Jabber Login 画面のようなこの Login 画面をもっと扱って下さい。 その代り、Cisco Unified Attendant Console 標準ソフトウェアを管理するオペレータの UID およびパスワードを入力して下さい。 適切なプレゼンス情報が Cisco Presence/IM および存在ノードから取出すことができるようにこの IM および存在のために有効に なることを/認可されることをユーザーのニーズ。

  6. 適切なインストール場所を選択して下さい。 [Next] をクリックします。

  7. 前の手順で入力される情報を確認して下さい。 すべてがよく検知 する場合、インストールを完了するために『Next』 をクリック して下さい。

  8. このインストールが完了した Windows PC をリブートして下さい。 PC 再始動を始めるために『Finish』 をクリック して下さい。

  9. ソフトウェアを起動させるために再度ブートするが、Cisco Unified Attenant コンソール規格 10.5 アイコンをダブルクリックした後 PC が稼働していれば。 オペレータのエクステンションを入力して下さい。

    この例では、オペレータ UID は「nupurk」であり、拡張は "1008" です。 エクステンションが入力されるとすぐ、TSP はデバイス情報を解決します。 これは TSP が使用するアプリケーション ユーザ ID がだけ付いています(このデバイスを制御するためにこれはステップから 1)来ます。 デバイス情報一度完了する必要があるすべてはデバイスをクリックすることですあります。 ログインは自動的に起こります。

    : レッド警告は標準および期待される。 それはそれらが正しい拡張を選択するようにするオペレータ用の参照です。

確認

すべてが設定セクションのステップごとに期待どおりに行く場合、この Log In 画面 ディスプレイ。 CallManager の同期化が完了するとすぐプレゼンス情報ディスプレイを持つディレクトリ作成。 ディレクトリ同期化プロセスは通常非常にファーストです。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119249