IP : IP マルチキャスト

Cisco IOS 「ip igmp join-group」および「ip igmp スタティック グループ」コマンド 使用

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

ip igmp join-group および ip igmp static-group コマンドが Cisco IOS ® の内でどのように機能するかこの資料に記述されています。

Contributed by Luc De Ghein, Cisco TAC Engineer.

静的に IGMPグループに加わって下さい

ルータにインターフェイスの何れかの ip igmp join-group コマンドがある場合、ルータ自体はマルチキャスト ストリームのためのレシーバになります。 このコマンドはマルチキャスト フローのための PIM 加入 要求を送信 する実質直接 接続された レシーバまたは Protocol Independent Multicast (PIM)隣接ダウンストリームなしでこのルータにマルチキャストトラフィックを移動するために使用されます。 ただし、このルータがマルチキャスト ストリームに加入するので、マルチキャスト パケットすべては CPU にパントされます。 これにより高CPU を引き起こす場合がありますかまたはにより比率振幅制限器(もしあれば)または見つかるべきコントロール プレーン 保護(CoPP)を引き起こす場合があります。

このルータのためのマルチキャスト ストリームを引き付けるために使用できるよりよい代替は ip igmp スタティック グループ interface コマンドを設定することです。 このコマンドで、ルータはまだマルチキャスト ストリームを引き付け、インターフェイスで転送できますがルータ自体はストリームのためのレシーバになりません。

ip igmp join-group interface コマンドによりおよび ip igmp static-group コマンドは両方 PIM はソースまたは Rendezvous Point (RP)の方にアップストリーム加入 要求を送信 しますがこのコマンドでルータがそのインターフェイスの PIM Designated Router (DR)である場合その時だけこれは発生します。 コマンドが実施され、マルチキャストトラフィックを引き付けるようにするために、その特定のネットワークのための DR であるルータのコマンドを使用して下さい。 また、これをし、インターフェイスの IP PIM DR 優先順位 コマンドを設定し、そのネットワークのあらゆる PIM ルータの最も高い PIM DR プライオリティ値があることを確認するためにコマンドを PIM 先生使用するルータを作ることができます。

次に例を示します。

この例では、グループ 232.1.1.1 のための IP アドレス 10.1.3.3 およびレシーバとのソースがあります。

レシーバはアクティブです

ルータ R1 のマルチキャスト転送 エントリはここにあります:

R1#show ip mroute 232.1.1.1 10.1.3.3
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(10.1.3.3, 232.1.1.1), 01:54:48/00:02:54, flags: sT
Incoming interface: Ethernet1/0, RPF nbr 10.1.2.2
Outgoing interface list:
   Ethernet0/0, Forward/Sparse-Dense, 01:54:48/00:02:54

出力に示すように、インターフェイス Ethernet0/0 は発信インターフェイスリスト(オイル)に、あり(10.1.3.3 はインターフェイス Ethernet0/0 に、232.1.1.1) マルチキャストトラフィック転送されます。

これはまたマルチキャスト転送 情報基地(MFIB)エントリで観察することができます:

R1#show ip mfib 232.1.1.1 10.1.3.3        
Entry Flags:   C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
               ET - Data Rate Exceeds Threshold, K - Keepalive
               DDE - Data Driven Event, HW - Hardware Installed
I/O Item Flags: IC - Internal Copy, NP - Not platform switched,
                NS - Negate Signalling, SP - Signal Present,
               A - Accept, F - Forward, RA - MRIB Accept, RF - MRIB Forward,
               MA - MFIB Accept
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts:     Total/RPF failed/Other drops
I/O Item Counts:   FS Pkt Count/PS Pkt Count
Default
(10.1.3.3,232.1.1.1) Flags:
   SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
   Ethernet1/0 Flags: A
   Ethernet0/0 Flags: F NS
     Pkts: 0/0

IGMP 加入 コマンド

ルータ R1 がルータ R4 からマルチキャスト ストリームのための PIM 加入 要求を(何らかの理由で)受け取らなければ、マルチキャスト ストリームはフローしません。 1 つの考えられる原因はルータが別の管理ドメインに属するので PIM がルータ R1 および R4 間の隣接性を形成することができないことです。 ソリューションは静的な方式でルータ R4 の方のルータ R1 からのトラフィックを転送することです。

ip igmp join-group コマンドはルータ R1 のインターフェイス Ethernet0/0 で使用されます。 これはルータ R1 が 232.1.1.1) PIM 加入 要求 アップストリームを(ソースか RP に)送信 し、マルチキャスト ストリーム(10.1.3.3 を引き付けるようにします。 このトラフィックはインターフェイス Ethernet0/0 にそれからこのインターフェイスがオイルにあるので、転送されます。 ただし、トラフィックはまた CPU にパントされます。

R1#show running-config interface Ethernet 0/0
!
interface Ethernet0/0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
ip pim sparse-dense-mode
ip igmp join-group 232.1.1.1 source 10.1.3.3
end
R1#show ip mroute 232.1.1.1 10.1.3.3
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(10.1.3.3, 232.1.1.1), 00:09:30/00:02:19, flags: sLTI
Incoming interface: Ethernet1/0, RPF nbr 10.1.2.2
Outgoing interface list:
   Ethernet0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:00:40/00:02:19

マルチキャストトラフィックがパントされることを L フラグは意味します。 インターフェイス Ethernet0/0 はオイルにあります、従ってトラフィックは CPU にパントされ、インターフェイス Ethernet0/0 に転送されます。

MFIB エントリは内部コピー(ICS)フラグを示します。 これはこのフローのためのパケットが CPU にパントされることを意味します。

R1#show ip mfib 232.1.1.1 10.1.3.3
Entry Flags:   C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
               ET - Data Rate Exceeds Threshold, K - Keepalive
               DDE - Data Driven Event, HW - Hardware Installed
I/O Item Flags: IC - Internal Copy, NP - Not platform switched,
               NS - Negate Signalling, SP - Signal Present,
               A - Accept, F - Forward, RA - MRIB Accept, RF - MRIB Forward,
               MA - MFIB Accept
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts:     Total/RPF failed/Other drops
I/O Item Counts:   FS Pkt Count/PS Pkt Count
Default
(10.1.3.3,232.1.1.1) Flags:
   SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
   Ethernet1/0 Flags: A
   Ethernet0/0 Flags: F IC NS
     Pkts: 0/0

このマルチキャスト ストリームのためのトラフィックすべてはパントされるので、により以前に記述されているように不必要な副次的影響を、引き起こす場合があります。

警告: テスト環境で使用されなかったら ip igmp join-group コマンドを使用しないで下さい。

IGMP Static コマンド

ip igmp static-group コマンドはソリューションとして静的な方法でルータ R4 の方のルータ R1 からのトラフィックを転送するために使用されます。 このシナリオでは、ルータ R1 は PIM 加入 要求 アップストリームを(ソースか RP に)送信 し、マルチキャスト ストリーム(10.1.3.3 を、232.1.1.1)引き付けます。 このトラフィックはインターフェイス Ethernet0/0 にそれからこのインターフェイスがオイルにあるが、トラフィックは CPU にパントされませんので、転送されます。

R1#show running-config interface Ethernet 0/0
!
interface Ethernet0/0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
ip pim sparse-dense-mode
ip igmp static-group 232.1.1.1 source 10.1.3.3
end
R1#show ip mroute 232.1.1.1 10.1.3.3        
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(10.1.3.3, 232.1.1.1), 00:07:41/stopped, flags: sTI
Incoming interface: Ethernet1/0, RPF nbr 10.1.2.2
Outgoing interface list:
Ethernet0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:05:06/00:00:53

L フラグはもはや現われません。 トラフィックはこのルータでパントされませんが、オイルのインターフェイスに転送されます。

同様に、MFB エントリは ICS フラグを示しません:

R1#show ip mfib 232.1.1.1 10.1.3.3
Entry Flags:   C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
               ET - Data Rate Exceeds Threshold, K - Keepalive
               DDE - Data Driven Event, HW - Hardware Installed
I/O Item Flags: IC - Internal Copy, NP - Not platform switched,
               NS - Negate Signalling, SP - Signal Present,
               A - Accept, F - Forward, RA - MRIB Accept, RF - MRIB Forward,
               MA - MFIB Accept
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts:     Total/RPF failed/Other drops
I/O Item Counts:   FS Pkt Count/PS Pkt Count
Default
(10.1.3.3,232.1.1.1) Flags:
   SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
   Ethernet1/0 Flags: A
   Ethernet0/0 Flags: F NS
     Pkts: 0/0

PIM DR ロール

ルータ R1 がインターフェイス Etherent0/0 のための PIM DR ではない場合 ip igmp static-group コマンドも ip igmp join-group コマンドも実施されません。

次に例を示します。

R1#show running-config interface Ethernet 0/0
!
interface Ethernet0/0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
ip pim sparse-dense-mode
ip igmp static-group 232.1.1.1 source 10.1.3.3
end

: コマンドはソース(PIM SSM)、または規定 されるべきソースが規定 されるようにしません(PIM 希薄な Mode/PIM BiDIR モード)。

R1#show ip mroute 232.1.1.1 10.1.3.3        
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(10.1.3.3, 232.1.1.1), 00:00:30/00:02:29, flags: sPT
Incoming interface: Ethernet1/0, RPF nbr 10.1.2.2
Outgoing interface list: Null

インターフェイス Ethernet0/0 はオイルにありません。 これはルータ R1 が ip igmp static-group コマンドでリンクの PIM DR ではないという理由によります:

R1#show ip pim interface ethernet 0/0

Address         Interface               Ver/   Nbr   Query DR     DR
                                         Mode   Count Intvl Prior
10.1.1.1        Ethernet0/0             v2/SD 1     30     1     10.1.1.4

ルータ R1 はまた PIM 加入 要求 アップストリームを送信 しません。 これはマルチキャストエントリが抜けているので、ルータ R2 で明白です:

R2#show ip mroute 232.1.1.1 10.1.3.3
Group 232.1.1.1 not found

ルータ R1 がインターフェイス Ethernet0/0 の PIM DR であるとすぐ監視することができる出力はここにあります:

R1#show ip pim interface ethernet 0/0

Address         Interface               Ver/   Nbr   Query DR     DR
                                         Mode   Count Intvl Prior
10.1.1.1         Ethernet0/0             v2/SD 1     30     1     10.1.1.1
R1#show ip mroute 232.1.1.1 10.1.3.3
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(10.1.3.3, 232.1.1.1), 00:02:39/00:02:55, flags: sTI
Incoming interface: Ethernet1/0, RPF nbr 10.1.2.2
Outgoing interface list:
   Ethernet0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:00:04/00:02:55

ip igmp join-group コマンドの安全使用

問題を解決するために、ラボの外のマルチキャストとテストを、行うことを望むかもしれません。 このような場合安全な方法で ip igmp join-group コマンドを使用するように、して下さい。 ip igmp static-group コマンドよりも ip igmp join-group コマンドを使用する必要があるという理由はマルチキャスト パケットがパントされるということであるといえます。 マルチキャスト目的地と PING を行えばそのように、コマンドでルータはマルチキャスト フローのためのレシーバで、PING に応答する場合があります。

次に例を示します。

ソース 10.1.3.3 はルータ R3 の IP アドレスです。 ルータ R1 の Ethernet0/0 インターフェイスでコマンドを入れ、ルータ R3 から ping する場合、ルータ R1 は PING に応答する場合があります。 ルータ R1 に直接 接続された レシーバがあったようにそのように、テストを行うことができます。 ip igmp join-group コマンドはルータ R1 の Ethernet0/0 インターフェイスに置かれ、ルータ R1 がそのソースからのトラフィックだけをパントするようにするためにソースは規定 され、(それに応答します)。

R1#show running-config interface Ethernet 0/0
!
interface Ethernet0/0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
ip pim sparse-dense-mode
ip igmp join-group 232.1.1.1 source 10.1.3.3
end
R3#ping 232.1.1.1 source 10.1.3.3
Type escape sequence to abort.
Sending 1, 100-byte ICMP Echos to 232.1.1.1, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 10.1.3.3

Reply to request 0 from 10.1.1.1, 2 ms
R3#

ルータ R1 の debug ip icmp コマンドは PING が着いたこと、そしてルータ R1 が応答を返すことを示します:

R1#debug ip icmp
ICMP packet debugging is on
R1#

*Oct 30 11:35:41.133: ICMP: echo reply sent, src 10.1.1.1, dst 10.1.3.3,
topology BASE, dscp 0 topoid 0

コマンド 使用についての注記

最良 の 方法は実稼働中 の ネットワークのラボか一時テストにテストの目的でなければ ip igmp join-group コマンドを使用することではないです。 コマンド結局テストを完了しました取除いて下さい。 マルチキャストトラフィックが静的にだけ転送する必要がある場合 ip igmp static-group コマンドを代りに使用して下さい。



Document ID: 119383