音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続によって通話料の不正を解決して下さい

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料はコールを外へ転送するのに使用できる Cisco Unity Connection (CUC)で利用可能 な異なるオプションを記述したものです発信者 実現 通話料の不正を助ける。 この資料はまたユーザまたはコール ハンドラの設定をチェックするために CLI クエリを提供したものです。

Anirudh M Mavilakandy によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は CUC のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUC リリース 8.X またはそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

コール転送

CUC では、呼び出しは Cisco Unified Communications Manager (CUCM)にこれらの異った方法の 1 つによって転送することができます:

    1. CUC の呼出を送信 するために入力される発信者の下で連絡先の電話番号を交互にするためにコール操作転送を設定して下さい。 コールでは、起こるために転送のための設定されたディジットを押して下さい。

      このオプションを使用するためにこれらのポイントが考慮に入れられるようにして下さい:

      • 管理者だけこのオプションを有効に し、CUC 管理者ページによって拡張番号を定義できます。 ユーザはこのオプションを有効に することができません。 ただし、管理者がこのオプションを有効に するとき、ユーザは Telephone User Interface (TUI)によって拡張番号を変更できます。
      • 制限テーブルは時ユーザーが変更拡張番号 TUI メッセージ交換によってチェックされます。
      • 制限テーブルは管理者が CUC 管理者ページによって拡張番号を変更するときチェックされません。
    2. ユーザか Call Handlers チェックボックスによって関連付けられない番号への割り当て転送がグリーティング ページでチェックされる場合番号にダイヤルして下さい。 CUC は転送を時だけデフォルトシステム転送制限テーブル割り当てそれ行います。
    3. メッセージの後でメッセージ交換オプションを選択して下さい。

      このために使用することができるメッセージ交換には 2 つの型があります:

      • 発信者 システム転送: このメッセージ交換は発信者を転送したいと思う数を入力するためにプロンプト表示します。 CUC は転送を時だけデフォルトシステム転送制限テーブル割り当てそれ行います。
      • ユーザシステム転送: このメッセージ交換は発信者を CUC にログオンするためにプロンプト表示します。 発信者がユーザ ID および PIN を入力した後、CUC は転送したいと思う数を入力するためにそれらをプロンプト表示します。 CUC はユーザと関連付けられる転送制限テーブルによって許可されたときだけだけ転送を行います。
    4. コール ハンドラのメッセージがされる間、ユーザまたはコール ハンドラの拡張にダイヤルして下さい。 ユーザまたはコール ハンドラの「転送ルールはあらゆる数にコールを発信するために修正することができます。
    5. 「ユーザまたはコール ハンドラの転送ルールにコールを転送するために」ユーザまたはコール ハンドラの操作に挨拶する後「使用しました。 ユーザまたはコール ハンドラの「転送ルールはあらゆる数にコールを発信するために修正することができます。

はたらく CUC からの転送のための統合必要条件

  • CUCM と CUC 間の統合が Skinny Client Control Protocol(SCCP)なら-ボイスメールポートの Calling Search Space (CSS)は Public Switched Telephone Network (PSTN)数に Route Pattern (RP)のパーティションがなければなりません。
  • CUCM と CUC 間の統合が Session Initiation Protocol (SIP)なら- SIP トランクの再ルーティング CSS は PSTN 数に RP のパーティションがなければなりません。
  • コールが CTI RP/Translation パターンによって転送されれば-音声メール port/SIP トランクはそれにアクセスでき、CTI RP/Translation パターンの CSS は PSTN 数に RP のパーティションがなければなりません。

設定チェック

ユーザまたはコール ハンドラ 設定は CLI クエリと確認することができます。 少数のメソッドは Call Transfer セクションで述べられました。 このセクションは方法で詳細をすべてのメソッドのための設定を確認する提供します。

ケース 1: 「連絡先の電話番号」交互にする転送オプション

連絡先の電話番号」交互にするためにユーザかコール ハンドラが「発信者によって入力される」セクションの「転送オプションで設定されるかどうか確認するために、Unity 接続の CLI クエリ セクションを参照して下さい: 制限テーブルは「転送連絡先の電話番号」交互にするために機能 資料で影響します

ケース 2: 「ユーザまたはコール ハンドラのオプションと関連付けられない数への割り当て転送

ユーザかコール ハンドラが「メッセージ ページのユーザまたはコール ハンドラのオプションと関連付けられない数への割り当て転送で設定されるかどうか確認するために CLI のこれらのクエリを実行して下さい:

ユーザがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select c.displayname, g.greetingtype from
vw_callhandler as c inner join vw_greeting as g on c.objectid=g.callhandlerobjectid
where enabletransfer = 1 and isprimary = 1

displayname greetingtype
----------- ------------
Anirudh Off Hours
Anirudh Standard

コール ハンドラがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select c.displayname, g.greetingtype from
vw_callhandler as c inner join vw_greeting as g on c.objectid=g.callhandlerobjectid
where enabletransfer = 1 and isprimary = 0

displayname greetingtype
---------------- ------------
Opening Greeting Standard

ケース 3: 「メッセージ交換オプションへの挨拶」転送の後で

ユーザまたはコール ハンドラのメッセージがされた後コールを転送するのに使用できるメッセージ交換には 2 つの型があります:

  • 発信者 システム転送-このメッセージ交換は出力の SystemTransfer として識別されます。
  • ユーザシステム転送-このメッセージ交換は出力の SubSysTransfer として識別されます

: CUC の以前のバージョンでは、音声によって有効に される ディレクトリ ハンドラも CUC の呼出を転送するのに使用することができます。 この問題は CSCuq64179 で文書化されています。 ケースでは、コールは「ディレクトリ ハンドラ」オプションにメッセージがされた後転送されます。 メッセージ交換のこの型は出力の AD として識別されます。

ユーザがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select c.displayname, g.greetingtype,
aftergreeting_targetconversation from vw_callhandler as c inner join
vw_greeting as g on c.objectid=g.callhandlerobjectid where
isprimary = 1 and aftergreeting_targetconversation IN
('SystemTransfer','SubSysTransfer','AD')

displayname greetingtype aftergreeting_targetconversation
----------- ------------ --------------------------------
Anirudh Standard SystemTransfer
Anirudh Alternate SubSysTransfer
test3 Off Hours AD

コール ハンドラがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select c.displayname, g.greetingtype,
aftergreeting_targetconversation from vw_callhandler as c inner join
vw_greeting as g on c.objectid=g.callhandlerobjectid where isprimary
= 0 and aftergreeting_targetconversation IN ('SystemTransfer','SubSysTransfer','AD')

displayname greetingtype aftergreeting_targetconversation
----------- ------------ --------------------------------
test2 Standard SystemTransfer
test3 Alternate SystemTransfer
test2 Alternate SubSysTransfer

ケース 4: 「メッセージ交換オプションへの発信者によって入力される」転送

入力されるデュアルトーン マルチ周波数(DTMF)のプロビジョニングするによってユーザまたはコール ハンドラのメッセージの間にコールを転送するのに使用されてできるメッセージ交換には 2 つの型があります。

  • 発信者 システム転送-このメッセージ交換は出力の SystemTransfer として識別されます。
  • ユーザシステム転送-このメッセージ交換は出力の SubSysTransfer として識別されます

: CUC の以前のバージョンでは、音声によって有効に される ディレクトリ ハンドラも CUC の呼出を転送するのに使用することができます。 この問題は CSCuq64179 で文書化されています。 ケースでは、コールは DTMF 入力のプロビジョニングするによってメッセージの間に「ディレクトリ ハンドラ」メッセージ交換に転送されます。 メッセージ交換のこの型は出力の AD として識別されます。

ユーザがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select gu.alias, gu.dtmfaccessid, me.touchtonekey,
me.targetconversation from vw_callhandler as ch inner join vw_menuentry as me on
me.callhandlerobjectid=ch.objectid inner join vw_globaluser as gu on
ch.recipient_globaluserobjectid=gu.objectid and ch.isprimary='1' where
targetconversation IN ('SubSysTransfer','SystemTransfer','AD')

alias dtmfaccessid touchtonekey targetconversation
------- ------------ ------------ ------------------
Anirudh 8553 5 SubSysTransfer
Anirudh 8553 8 SystemTransfer
Test 8023 7 SystemTransfer

コール ハンドラがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select ch.displayname, ch.dtmfaccessid,
me.touchtonekey, me.targetconversation from vw_callhandler as ch inner
join vw_menuentry as me on ch.objectid=me.callhandlerobjectid and
ch.isprimary='0' where targetconversation IN ('SubSysTransfer',
'SystemTransfer','AD')

displayname dtmfaccessid touchtonekey targetconversation
---------------- ------------ ------------ ------------------
test2 4321 4 SubSysTransfer
test2 4321 3 SystemTransfer
test3 5321 5 SystemTransfer
Opening Greeting null 4 AD

ケース 5: ユーザまたはコール ハンドラ「転送ルール

ユーザまたはコール ハンドラの転送ルールに 2 つのオプションがあります。 コールはメッセージ、かユーザまたはコール ハンドラの拡張に転送することができます。 defaut 設定では、ユーザまたはコール ハンドラの転送ルールはメッセージに進む設定 されます。 Extension フィールドはユーザかコール ハンドラのために設定される同じ拡張と事前に読み込まれます。 転送するために、Extension フィールド選択されます呼出します。 Extension フィールドはあらゆる数にコールを発信するために修正することができます。

メッセージの間に、呼び出し側はユーザまたはコール ハンドラの拡張をダイヤルできます。 転送ルールはコールの宛先を判別し、設定された拡張にダイヤルされたユーザまたはコール ハンドラのメッセージの代りに送信 します。

メッセージの後で、コールはあらゆるユーザまたはコール ハンドラの転送ルールに転送することができます。 これを有効に するため、メッセージのセクションの後ののユーザかコール ハンドラを「選択し、「試み転送を」選択するため。 転送ルールはコールの宛先を判別し、設定された拡張にダイヤルされたユーザまたはコール ハンドラのメッセージの代りに送信 します。

ユーザがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select gu.alias, gu.dtmfaccessid,
t.transferoptiontype, t.extension from vw_globaluser as gu inner
join vw_callhandler as ch on ch.recipient_globaluserobjectid=gu.objectid
inner join vw_transferoption as t on ch.objectid=t.callhandlerobjectid
and t.extension NOT in (select dtmfaccessid from vw_globaluser where
dtmfaccessid != 'null') and t.extension NOT in (select dtmfaccessid from
vw_callhandler where dtmfaccessid != 'null')

alias dtmfaccessid transferoptiontype extension
------- ------------ ------------------ ---------
Anirudh 8553 Alternate 88553
Test4 8033 Standard 1111

: このクエリは転送拡張が既知 ユーザまたはコール ハンドラではないそれらのユーザの結果を返します。

コール ハンドラがあるように確認するため:

admin:run cuc dbquery unitydirdb select ch.displayname, ch.dtmfaccessid,
t.transferoptiontype, t.extension from vw_callhandler as ch inner join
vw_transferoption as t on ch.objectid=t.callhandlerobjectid and t.extension
NOT in (select dtmfaccessid from vw_globaluser where dtmfaccessid != 'null')
and t.extension NOT in (select dtmfaccessid from vw_callhandler where
dtmfaccessid != 'null') and isprimary='0'

displayname dtmfaccessid transferoptiontype extension
----------- ------------ ------------------ -----------
test3 5321 Alternate 91408111222

: このクエリは転送拡張が既知 ユーザまたはコール ハンドラではないそれらのコール ハンドラの結果を返します。

解決策

承認されないクエリは管理者がコンフィギュレーションのために検知 するのを助けます。 ただし、それは設定を一定の間隔で把握することは実行不可能です。 システム レベルの通話料の不正を防ぐ 2 つのオプションはここにあります。

オプション 1

呼び出しは制限テーブルの設定によってブロックすることができます。 制限テーブルのより多くの詳細は Cisco Unity Connection 資料のコール管理 外観Cisco Unity Connection セクションの制限テーブルで見つけることができます。 Cisco Unity Connection 資料の制限テーブルを管理することは設定側面で詳細を提供します。

オプション 2

代替オプションはボイスメールポートの CUCM 側のトランクの再ルーティング CSS を修正することです。 CSS に必須パーティションだけ含めて下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119337