ビデオ : Cisco Videoscape AnyRes Live

AnyResLive エンコーダ API でチャネル再起動を符号化するスケジュール

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco AnyResLive とのエンコード チャネルの規則的な再起動をスケジュールする方法を記述されています。

クルト Ma およびフランク Vercant によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は次のものを持っていることを必要とします:

  • Cisco AnyResLive エンコーダへの管理者アクセス権

  • バッチファイルおよびスクリプトが Microsoft Windows でどのようにの動作するか知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Windows のための Wget

  • Windows バッチ スクリプト

  • Windows タスク スケジューラ

  • スピネーカー メッセージ サービス API

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

時々エンコード チャネル/ストリームは定期的に再起動する必要があります。 Cisco AnyResLive エンコーダのスケジューリング機能は毎日 annd 週間予定されたイベントに制限されます。

Windows タスク スケジューラおよびスピネーカー メッセージ サービス API で、より適用範囲が広い周波数でエンコード チャネルを再起動できます。

: この技術情報に説明がある同じプロシージャはまたスピネーカー メッセージ サービス API が提供する他の機能に適用することができます。

設定

: Windowsのバージョンは高度システム 性質およびタスク スケジューラのような Windows ツールにアクセスするためにこのプロシージャのそれらからの異なるステップが要求するかもしれません。

  1. Windows のための GNU Wget をインターネットからダウンロードし、エンコーダでこの位置にインストールして下さい:
    C:\Program Files\GnuWin32\bin
  2. Wget フォルダー パスのための Windows 環境変数を作成して下さい:

    1. Windows Start メニューで、コンピュータを右クリックし、コンテキスト メニューで『Properties』 を選択 して下さい。

    2. システム 性質を『Advanced』 をクリック して下さい。

    3. [Advanced] タブで [Environment Variables] をクリックします。

    4. システム 変数 エリアで、PATH変数を選択し、『Edit』 をクリック して下さい。

    5. 可変値 ボックスでは、既存の値の終わりにカーソルを置いて下さい。 セミコロンを入力し、次にステップ 1.に Wget をインストールしたフォルダにパスを入力して下さい。

    6. Open ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。



  3. メッセージ サービスを有効に して下さい:

    1. 管理者としてエンコーダ 管理 アプリケ−ションおよびログインを開いて下さい。

    2. System タブで、サービスを『Message』 をクリック して下さい。

    3. メッセージ サービスが実行されていること、そしてすべてのフィールドが正しい値を示すようにして下さい。

      • サービス ステータス: 動作するべきです。 それが動作しない場合、それを再起動するために Restart ボタンをクリックして下さい。

      • サービス URL (同期): 『IP address』 を選択 されるスケジュール タスクを動作する Windows サーバから到達可能である必要があります。 サービス URL (同期)のためのインターフェイスを変更したら、変更が実施されることができるようにメッセージ サービスを再開するために Restart ボタンをクリックして下さい。



  4. このフォルダを作成して下さい:
    C:\Schedule_Restart_Channels
  5. 優先 する エディタで、ステップ 4.名前でファイル Restart_Channel1.xml を作成した作成し、ファイルにこのコードをコピーして下さいフォルダの XML ファイルを:
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <SpinnakerService>
    <GUID>46140015-27b9-46ea-abfa-de980eae387te</GUID>
    <Target>
    <Name>SPINNAKER</Name>
    </Target>
    <Command>
    <Restart>
    <Channel>1</Channel>
    <Stream>0</Stream>
    </Restart>
    </Command>
    </SpinnakerService>
  6. 必要に応じて XMLコードの値を修正して下さい:

    • GUID: どの値でもある場合もあります; コード サンプルでデフォルト値を使用して下さい。

    • Target: エンコーダのコンピュータ名と取り替えて下さい。

    • 通信チャネル: 再起動する必要があるチャネルの数によって取り替えて下さい。 チャネル値が 2.)ある場合(一致するためにまた Restart_Channel2.xml のようなこの値を、XML ファイルの名前を変更したいと思うかもしれません

    • ストリーム: チャネルの下ですべてのストリームを再起動するために 0 としてこの値を残して下さい。

  7. 他のチャネルを再起動する必要がある場合各々の追加チャネルのための XML ファイルを作成するためにステップ 5 および 6 を繰り返して下さい。

  8. ステップ 4.名前でファイル Restart_Channels.bat を作成した作成し、ファイルにこのコードをコピーして下さいフォルダのバッチファイルを:
    @echo off
    for /f "tokens=2-4 delims=/ " %%a in ('date /t') do (set mydate=%%c-%%a-%%b)

    wget http://<encoder ip>:8099/encNode/ --post-file="RestartChannel1.xml" --header=
    "Content-Type: application/soap+xml" --output-document=Restart_Status_ch1_%mydate%.xml
  9. 必要に応じてバッチファイルを修正して下さい:

    • <encoder_ip>: エンコーダの IP アドレスと取り替えて下さい。

    • ----post-file=: これが再起動するためにチャネルの正しい XML ファイル名を参照するようにして下さい。

    • ----output-document=: ファイル名の "ch1" 部分が再起動するべきチャネル番号と一致するようにして下さい。 この出力はバッチファイルと同じフォルダの XML ファイルとして保存されます。

    • バッチファイルにマルチチャネルを再起動させます各チャネルのためのバッチファイルに別々の「wget」行を追加して下さい。 そのチャネルのために適切ように値を修正して下さい。

  10. Windows タスク スケジューラのイベントを作成して下さい:

    1. Windows Start メニューで、『Control Panel』 をクリック して下さい。

    2. 管理ツールの下でタスク スケジューラ(か「スケジュール タスク」オプションを)見つけて下さい。

    3. ステップ 8 および 9.で作成したバッチファイルを実行するタスク スケジューラを開き、タスクを作成して下さい。 タスクを作成するステップは Windowsのバージョンによって異なり、ガイドされたウィザードかタブ付きウィンドウを含むかもしれません。

    4. 定期タスクを実行するのに使用されるユーザ名 および パスワードを入力するために必要となるとき管理者ユーザおよびパスワードを入力して下さい。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

  1. フォルダ C:\Schedule _Restart_Channels で作成される再始動ステータス XML 出力 ファイルをチェックして下さい。

    XML ファイルはこの応答結果が含まれているはずです:
    <Response>
    <Result>Restart successful</Result>
    <Error>0</Error>
    </Response>
  2. アプリケーション ログインをエンコーダ チェックして下さい。 情報の種類 イベント「受け取った」は SMS メッセージ記録する必要があります。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 119018