IP : 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)

SNMP を使用してインターフェイスのためのクラス ベース Quality of Service 詳細を得て下さい

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に SNMP (簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用してコントロール プレーンに対して加えられるクラスによって基づく QoS (Quality of Service) 詳細(CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB)に関するさまざまな値を得る方法を記述されています。

Ganesh Kondaveeti および Brahadesh Srinivasaraghavan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco では次の前提を満たす推奨しています。

  • ネット SNMP、か同じようなコマンド・ラインは SNMP MIB (管理情報ベース)をポーリングするための UNIX によって基づいたオペレーティング システムに Ciscoデバイスから、動作するユーティリティを基づかせていました。 ネット SNMP は http://www.net-snmp.org/ でダウンロードのために利用可能 な サード パーティ オープン ソース ユーティリティです。
  • QoS は SNMP ポーリングをするインターフェイスで設定および適用する必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 12.0(3)T をまたはより高く実行する Cisco IOS ® デバイス。 この資料のプロシージャは Cisco 6500 で確認されました 12.2(33) SXJ3 を実行する。
  • Cisco SNMP オブジェクト ナビゲーターは http://tools.cisco.com/Support/SNMP/do/BrowseOID.do でアクセスすることができます

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

クラスによって基づく QoS 詳細を SNMP のインターフェイスに加えられて得て下さい

ポーリングのための必須 Object Identifier (OID)を判別するか、または確認するためにこのプロシージャを使用して下さい。

  1. ifIndex (インターフェイスのための 1.3.6.1.2.1.2.2.1.1) オブジェクト Identifier/OID を得て下さい。

    Example 1: -インターフェイス GigabitEthernet6/1/3 の ifIndex を得る CLI コマンド:
    show snmp mib ifmib ifindex | include GigabitEthernet6/1/3
    GigabitEthernet6/1/3: Ifindex = 73

    Example 2: -同じの ifIndex を得る Snmp コマンドはインターフェイスします:
    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name>  <ip address of device>  1.3.6.1.2.1.2.2 | grep -i GigabitEthernet6/1/3
    IF-MIB::ifDescr.73 = STRING: GigabitEthernet6/1/3

    これらの例で戻る IfIndex 値は 73 です。
  2. cbQosIfIndex (ステップ 1.で取得した ifIndex のための 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.4) OID を得て下さい。

    - ifIndex 73 のための cbQosIfIndex を得る Snmp コマンド:
    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.4 | grep -i 73

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.1.1.1.4.1170 = INTEGER: 73

    cbQosPolicyIndex (この例で戻る OID 値は 1170 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.1)あります。
  3. MIBオブジェクト cbQosCMName を使用して下さい(1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.7.1.1.1) ルータで設定されるクラスマップの名前を取得するため。

    出力はインデックスの各 class-map を示したものです。 たとえば、cbQosConfigIndex (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2)。

    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.7.1.1.1

       SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.1593 = STRING: "class-default"

       SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.1874801 = STRING:"DOMESTIC_IN

       SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.5134417 = STRING:"INTERNATIONAL_IN"

       SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.6181089 = STRING:"DOMESTIC_OUT"

       SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.12374209 = STRING:"INTERNATIONAL_OUT"


    cbQosConfigIndex である強調表示された値 6181089 のメモを作って下さい。
  4. cbQosPolicyIndex を得るのに cbQosConfigIndex を使用して下さい(1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.1)および cbQosObjectsIndex (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.1)個々のクラスマップのために。

    class-map DOMESTIC_OUT を監視するサンプルコマンド:
    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2
  5. Object Identifier (OID)を得るため、ステップ 3 で得られる cbQosConfigIndex 値のための検索(6181089)下記のように出力で:
    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2 grep -i 'Gauge32: 6181089'
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.352.352 = Gauge32: 11986352
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.352.1163651 = Gauge32: 9637091
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.352.7200738 = Gauge32: 1594
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.352.10567713 = Gauge32: 1593
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.354.354 = Gauge32: 11986352
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.354.431603 = Gauge32: 9637091
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.1170.7552545 = Gauge32: 6181089

    強調表示された値は次のとおりです: cbQosConfigIndex (6181089)、cbQosPolicyIndex (1170)、および cbQosObjectsIndex (7552545)。

    重要: この例では、cbQosConfigIndex および対応した cbQosObjectsIndex は cbQosObjectsType (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.3) 「classmap」のためです。 cbQosObjectsType の他のどの型に関しては、cbQosObjectsIndex の一部として cbQosObjects の下で得られる相関調べて下さい(1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.3)。 cbQosParentObjectsIndex の定義を参照して下さい。

     

  6. cbQosClassMapStats からの Policy-map からのポーリング データ(QosObjectsType=classmap の相関で) (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.15)。 多くのオプションは利用できます:
    +-- -R-- Counter   cbQosCMPrePolicyPktOverflow(1)
    +-- -R-- Counter cbQosCMPrePolicyPkt(2)
    +-- -R-- Counter64 cbQosCMPrePolicyPkt64(3)
    +-- -R-- Counter cbQosCMPrePolicyByteOverflow(4)
    +-- -R-- Counter cbQosCMPrePolicyByte(5)
    +-- -R-- Counter64 cbQosCMPrePolicyByte64(6)
    +-- -R-- Gauge cbQosCMPrePolicyBitRate(7)
    +-- -R-- Counter cbQosCMPostPolicyByteOverflow(8)
    +-- -R-- Counter cbQosCMPostPolicyByte(9)
    +-- -R-- Counter64 cbQosCMPostPolicyByte64(10)
    +-- -R-- Gauge cbQosCMPostPolicyBitRate(11)
    +-- -R-- Counter cbQosCMDropPktOverflow(12)
    +-- -R-- Counter cbQosCMDropPkt(13)
    +-- -R-- Counter64 cbQosCMDropPkt64(14)
    +-- -R-- Counter cbQosCMDropByteOverflow(15)
    +-- -R-- Counter cbQosCMDropByte(16)
    +-- -R-- Counter64 cbQosCMDropByte64(17)
    +-- -R-- Gauge cbQosCMDropBitRate(18)
    +-- -R-- Counter cbQosCMNoBufDropPktOverflow(19)
    -- -R-- Counter cbQosCMNoBufDropPkt(20)
    -- -R-- Counter64 cbQosCMNoBufDropPkt64(21)

    これらのオプションの MIB のための SNMP MIB ロケーターを参照して下さい。

    たとえば、オブジェクト cbQosCMPostPolicyBitRate (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.15.1.1.11) QoS ポリシー実行の後でトラフィックのビットレートをポーリングします。

    ポスト ポリシー ビットレートを得るサンプルコマンド:

    UNIX # snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.15.1.1.11.1170.7552545
    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.15.1.1.11.1170.7552545 = Gauge32: 27000

    強調表示された値は次のとおりです: cbQosPolicyIndex (1170)、cbQosObjectsIndex (7552545)、およびビット/秒のビットレート(27000)。

    ポスト ポリシー ビットレートを得るコマンドからの CLI 出力の抜粋は下記にあります:

  7. policy-map 情報をルータから得、前の手順で得られる情報とそれを比較して下さい。

    次の CLI コマンドを使用して下さい:
    Router # show policy-map interface GigabitEthernet6/1/3

    コマンド 出力の次の抜粋は確認のために比較するために情報の例を示します:
    Class-map: DOMESTIC_OUT (match-any) (7552545/2)
    8170810 packets, 979471829 bytes
    5 minute offered rate 27000 bps, drop rate 0 bps
    Match: any (5213858)
    police:
    1024000000 bps, 16777215 limit, 16777215 extended limit
    conformed 8170810 packets, 979471829 bytes; actions:
    transmit
    exceeded 0 packets, 0 bytes; actions:
    drop
    conformed 27000 bps, exceed 0 bps

    正しいポーリングしているデータことを確認するために出力を調べて下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119031