ワイヤレス : モバイル向け Cisco Quantum ポリシー スイート

パーティションが完全なとき VM にディスクスペースを入れて下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 6 月 29 日) | フィードバック

概要

この資料に Linux 仮想マシン(VM)にディスクスペースを入れる方法を記述されています。

マイクロフォン Dooley によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

実質か仮想かどうか Linux (および Linux VM ハードディスクで)インストールされています。 これの上に一般的に使用されるものがであるファイルシステムに先行している音量マネージャ スタックされます。

Linux VM に関してはファイルシステムのサイズを増加するために、これらのステップが必要となります:

  1. どこに領域を入れ、どの位か決定する必要があるか判別して下さい。
  2. 割振りを解除された領域がボリューム グループで利用できるかどうか確認して下さい。
  3. データストアに利用可能空間があるかどうか確認して下さい。
  4. VM のために領域を高めるためにデータストアで空き容量を使用して下さい。
  5. パーティションに新しい領域を入れて下さい。
  6. 物理的 な 音量をサイズ調整をして下さい。
  7. 新しい領域を使用するようにボリューム グループのサイズを拡張して下さい。
  8. 新しい領域を使用するように論理ボリュームのファイルシステムをサイズ調整をして下さい。

: サイズ調整をするオプションの多数は危険で、起動不可能な状態か破損したデータに VM を残すことができます。 注意して下さい。

: ディスクスペースを高める前にクリーンアップしました既存のファイルシステムを確認して下さい。 頻繁に必要のし、ディスクスペースの付加の代りに削除することができる /tmp、/var/tmp、/var/tmp/broadhop および /var/log にファイルがあります。

手順

セクション 1 -どこに領域を入れ、どの位か決定する必要があるか判別して下さい

  1. どのパーティションがより多くの領域を必要とする、そしてどこに見つけられるか見つけるためにディスク自由な(df)コマンドを使用して下さい。 ファイルシステムを値でマウントされて記録すれば。 たとえば、ファイルシステム:  /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03 はオン:をマウントしました  /data
    #df -h
          ファイルシステム: _____________________________Mounted オン: _______________________

    これは df のための出力例- h コマンドです:

    [root@sessionmgr02 ~]# df -h
    Filesystem  Size Used Avail Use% Mounted on
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
    18G 2.4G 15G 15% /
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02
    5.7G 140M 5.3G  3% /home
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03
    30G  27G 1.5G 97% /data
    /dev/sda1  99M  40M 55M 43% /boot
    tmpfs  16G  0 16G  0% /dev/shm
    tmpfs  8.0G 1.1G 7.0G 13% /data/sessions.1
  2. 物理的 な(PV)音量名前が表示されるために物理的 な 音量 表示コマンドを(pvdisplay)使用して下さいボリューム グループが見つけられる。 PV 名の値(たとえば「PV 名前を記録して下さい:  /dev/sda2)。
    # pvdisplay
          PV 名前: ___________________________________

    これは pvdisplay コマンドのための出力例です:

    [root@sessionmgr02 ~]# pvdisplay
    --- Physical volume ---
    PV Name  /dev/sda2
    VG Name  VolGroup00
    PV Size  69.89 GB / not usable 18.64 MB
    Allocatable  yes
    PE Size (KByte)  32768
    Total PE  2236
    Free PE  320
    Allocated PE  1916
    PV UUID  HO3ICX-nRhO-FaBA-MvB3-Zlzv-JLG4-vNFQeU

    : PV 名前(/dev/sda2)は 2 つの事柄を示します。 デバイスおよび第 2 一部が(2)パーティション番号を示すことを最初の一部(/dev/sda)は示します。

  3. どの位ディスクスペースを(または必要)たいと思うかここに入れ書いて下さい(たとえば、5 ギガバイトのための 5)。

          <amount> を追加するディスクスペース: __________________________________

セクション 2 -ボリューム グループの利用可能 な割振りを解除された領域があるように確認して下さい

  1. 自由で物理的 なエクステント(PE)サイズをチェックするためにボリューム グループ表示コマンドを(vgdisplay)入力して下さい。 アロケーション PE/サイズおよび自由な PE/サイズ値を記録して下さい。 たとえば、アロケーション PE/サイズ:  59.88 自由な PE/サイズ:  15.00
    # vgdisplay

          アロケーション PE/サイズ: ________________________Free PE/サイズ: _______________________

    これは vgdisplay コマンドのための出力例を示します:

    [root@sessionmgr02 ~]# vgdisplay
    --- Volume group ---
    VG Name  VolGroup00
    System ID
    Format  lvm2
    Metadata Areas  1
    Metadata Sequence No 9
    VG Access  read/write
    VG Status  resizable
    MAX LV  0
    Cur LV  4
    Open LV  4
    Max PV  0
    Cur PV  1
    Act PV  1
    VG Size  74.88 GB
    PE Size  32.00 MB
    Total PE  2396
    Alloc PE / Size  1916 / 59.88 GB
    Free PE / Size  480 / 15.00 GB
    VG UUID  pPSNBU-FRWO-z3aC-iAxS-ewaw-jOFT-dTcBKd
  2. 自由な PE サイズ領域が入れる必要がある領域より大きかったらこの資料のセクション 7 に進んで下さい。 さもなければ、セクション 3.に進んで下さい

セクション 3 -データストアに利用可能空間が十分あるかどうか確認して下さい

  1. 管理者(例えばルート)として vSphere クライアントにログイン して下さい。

     

  2. ツリー(通常システムの IP)の最高 レベル 項目を選択して下さい。

     

  3. そこに確認するためにサマリ タブの下でデータストアの空き容量をですパーティションを拡張する十分な余地チェックして下さい。

     

    : この展開のための空き容量が十分ある場合、セクション 4.と続けて下さい 空き容量が十分ない場合、続行する前にこのプロシージャを停止し、データストアにディスクスペースを入れて下さい。

セクション 4 - VM のために領域を高めるためにデータストアで空き容量を使用して下さい

  1. VM にログイン し、シャットダウンと電源を切って下さい- h は今命じます。
    # shutdown -h now

    このサンプルはシャットダウンのための出力を示します- h は今命じます:

    [root@sessionmgr02 ~]# shutdown -h now

    Broadcast message from root (pts/0) (Wed Dec 18 11:48:20 2013):

    The system is going down for system halt NOW!
  2. VMWare vSphere クライアントで、選り抜き/強調表示仮想マシン。 それから使用する前にタブで仮想マシン設定を『Edit』 をクリック して下さい。

  3. ポップアップ ウィンドウで、ハードディスク 1.を選択して下さい

  4. セクションで 1 つのステップ 3.を選択した量ハードディスクの提供されたサイズを増加して下さい。  次に [OK] をクリックします。

    : 増加された量はデータストアの空き容量の量より小さい必要があります。  overprovision は。

  5. vShere で、強調表示された VM に動力を与えるためにグリーン三角形をクリックして下さい。

    : VM が完全にロードすることができるように 5 分を待って下さい。

  6. VM が起動した後、ルートとして VM にログイン して下さい。
    # ssh <vm_name>

    このサンプルは ssh コマンドのための出力を示します:

    [root@pcrfclient01 ~]# ssh 172.10.1.30

    \\Last login: Wed Dec 18 11:48:14 2013 from 172.10.1.9

    Spacewalk kickstart on 2010-08-23

    [root@sessionmgr02 ~]#
  7. セクションに 1 つのステップ 2.レコードをディスク サイズ書いた PV 名前のための固定ディスク(fdisk)コマンドでディスク サイズを見つけて下さい。 たとえば、ディスク サイズ:  75.0 GB
    # fdisk -l /dev/sda

          ディスク サイズ: _____________________________

    このサンプルは fdisk のための出力を- l /dev/sda コマンド示します:

    [root@sessionmgr02 ~]# fdisk -l /dev/sda

    Disk /dev/sda2: 75.0 GB, 75047454720 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9124 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

    この出力例は /dev/sda2 に現在それに割り当てられる 75G があることを示します。

セクション 5 -パーティションに新しい領域を入れて下さい

  1. パーティションをサイズ調整をし、fdisk コマンドを入力し、PV 名前を使用するため(セクションから端の数のない 2) 1 つのステップ。
    # fdisk <pv_name without the number on the end>

    このサンプルは fdisk /dev/sda コマンドのための出力を示します:

    [root@sessionmgr02 ~]# fdisk /dev/sda

    The number of cylinders for this disk is set to 9137.
    There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
    and could in certain setups cause problems with:
    1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
    2) booting and partitioning software from other OSs
    (e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

    Command (m for help):
  2. コマンド プロンプトで、p を入力し、パーティション表を表示するために『Enter』 を押して下さい。
    Command (m for help): p

    この例は文字「p」を入力した後パーティション表を示す出力を示したものです:

    Command (m for help): p

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9137 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    Device Boot  Start  End  Blocks Id System
    /dev/sda1 *  1  13  104391 83 Linux
    /dev/sda2  14  9137  73288530 8e Linux LVM

    Command (m for help):
  3. サイズ調整をしたいと思うパーティションの開始するおよび ID 値を記録して下さい。 たとえば、ステップ 2 の出力例から、開始する:  14 ID:  8e.

          開始する: _______________________Id: _______________________

  4. サイズ調整をしたいと思うデバイスのための Partition エントリを削除して下さい。 コマンド プロンプトで d を入力して下さい。
    Command (m for help): d

    この例は d を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9137 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

    Device Boot  Start  End  Blocks Id System
    /dev/sda1 *  1  13  104391 83 Linux
    /dev/sda2  14  9137  73288530 8e Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4):
  5. パーティション番号プロンプトで、削除し、『Enter』 を押したいと思うパーティション番号を入力して下さい。 (デバイス名の終わりに数はパーティション番号です。)
    Partition number (1-4): <number>

    この例はパーティション番号を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9137 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help):

  6. コマンド プロンプトで、新しいパーティションを作成するために n を入力して下さい。
    Command (m for help): n

    この例は n を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    Command (m for help): n
     
  7. プライマリ パーティションのための p を入力して下さい。
    Command (m for help): p

    この例は p を入力した後出力を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4):
  8. パーティション番号プロンプトでパーティション番号を入力し、『Enter』 を押して下さい(削除されるものと同じパーティション番号)。 この例では、数は 2.です。
    Partition number (1-4): 2

    この例はパーティション番号を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2

    First cylinder (14-9137, default 14):
  9. 最初のシリンダー番号のデフォルト値がこのセクションのステップ 3 からの Start 値と一致することを確認して下さい。 それが場合、デフォルトを受け入れるために『Enter』 を押すため。  それが一致する場合、あらゆる既存のパーティションによってそれから手動で入力する値をオーバーラップしないし、『Enter』 を押して下さいように。

    この例はデフォルト値を受け入れた、『Enter』 を押す後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (14-9790, default 14):
    Using default value 14
    Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (14-9790, default 9790):
  10. 最後のシリンダー値に関してはデフォルト値を使用するために『Enter』 を押して下さい。

    このサンプルはデフォルト値を受け入れた、『Enter』 を押す後結果を示します:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (14-9790, default 14):
    Using default value 14
    Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (14-9790, default 9790):
    Using default value 9790

    Command (m for help):
  11. コマンド プロンプトで、t を入力し、『Enter』 を押して下さい。
    Command (m for help): t

    この例は t を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (14-9790, default 14):
    Using default value 14
    Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (14-9790, default 9790):
    Using default value 9790

    Command (m for help): t
    Partition number (1-4):
  12. パーティション番号プロンプトで、サイズ調整をし、『Enter』 を押したいと思うパーティション番号を入力して下さい。
    Partition number (1-4): 2

    この例はパーティション番号を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (14-9790, default 14):
    Using default value 14
    Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (14-9790, default 9790):
    Using default value 9790

    Command (m for help): t
    Partition number (1-4): 2
    Hex code (type L to list codes):
  13. 十六進コード プロンプトで、十六進コードを入力して下さい。 これはこのセクションのステップ 3 からの ID 値です。 Enter キーを押します。
    Hex code (type L to list codes): 8e

    この例は十六進コードを入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (14-9790, default 14):
    Using default value 14
    Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (14-9790, default 9790):
    Using default value 9790

    Command (m for help): t
    Partition number (1-4): 2
    Hex code (type L to list codes): 8e
    Changed system type of partition 2 to 8e (Linux LVM)

    Command (m for help):
  14. コマンド プロンプトで、ディスクにパーティションを書くために w を入力して下さい。
    Command (m for help): w

    この例はプロンプトで w を入力した後結果を示したものです:

    Disk /dev/sda: 75.1 GB, 75161927680 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 5221 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
    /dev/sda2              14        9137    73288530   8e  Linux LVM

    Command (m for help): d
    Partition number (1-4): 2

    Command (m for help): n
    Command action
       e   extended
       p   primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (14-9790, default 14):
    Using default value 14
    Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (14-9790, default 9790):
    Using default value 9790

    Command (m for help): t
    Partition number (1-4): 2
    Hex code (type L to list codes): 8e
    Changed system type of partition 2 to 8e (Linux LVM)

    Command (m for help): w
    The partition table has been altered!

    Calling ioctl() to re-read partition table.

    WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
    The kernel still uses the old table.
    The new table will be used at the next reboot.
    Syncing disks.
    [root@sessionmgr02 ~]#

    これは fdisk を終了し、ルート プロンプトに連れて行きます。

  15. 新しい設定を確認するために VM を調和しますカーネルとリブートして下さい。
    # init 6
  16. VM が再度ブートする(約 5 分)を完了した後ルートとして(ssh) VM にログイン して下さい。
  17. チェックはディスク サイズを確認するために fdisk と現在より大きい新しいパーティション サイズを表示するため- l <PV Name> コマンドです(PV 名前はセクションから 2) 1 つのステップです。
    [root@sessionmgr02 ~]# fdisk -l /dev/sda

    Disk /dev/sda2: 80.4 GB, 80418562560 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9777 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

    この出力例は /dev/sda に今それに割り当てられる 80Gigabytes があることを示します。

セクション 6 -物理的 な 音量をサイズ調整をして下さい

警告: このプロシージャは幾分危険です。  注意して下さい。

  1. 物理的 な 音量をサイズ調整をします(pvresize)パーティションを現在割り当てられたディスクスペースに合うためにサイズ調整をするために PV 名前によって従われるコマンドを入力して下さい。
    # pvresize /dev/sda2

    この例は pvresize コマンドを入力した後結果を示したものです:

    [root@sessionmgr02 ~]# pvresize /dev/sda2

    Physical volume "/dev/sda2" changed

    1 physical volume(s) resized / 0 physical volume(s) not resized

      

  2. 自由な PE サイズを入る追加領域をチェックするために vgdisplay コマンドを入力して下さい。

    この例は vgdisplay コマンドを入力した後結果を示したものです:

    [root@sessionmgr02 ~]# vgdisplay
    --- Volume group ---
    VG Name  VolGroup00
    System ID
    Format  lvm2
    Metadata Areas  1
    Metadata Sequence No 9
    VG Access  read/write
    VG Status  resizable
    MAX LV  0
    Cur LV  4
    Open LV  4
    Max PV  0
    Cur PV  1
    Act PV  1
    VG Size  74.88 GB
    PE Size  32.00 MB
    Total PE  2396
    Alloc PE / Size  1916 / 59.88 GB
    Free PE / Size  480 / 15.00 GB
    VG UUID  pPSNBU-FRWO-z3aC-iAxS-ewaw-jOFT-dTcBKd

    例は前のセクションで入るディスクスペースを示したものです。

セクション 7 -新しい領域を使用するためにボリューム グループのサイズを拡張して下さい

  1. 最初に セクションに記録される情報は 1 つのステップ 1 正しいことを確認することをより多くのスペースが再度必要とする配分を見つけるために df コマンドを入力して下さい。

    ファイルシステムを df コマンドの出力からの値でマウントされて記録すれば。

    # df -h

          ファイルシステム: _______________________Mounted: ________________________

    [root@sessionmgr02 ~]# df -h
    Filesystem  Size Used Avail Use% Mounted on
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
    18G 2.4G 15G 15% /
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02
    5.7G 140M 5.3G  3% /home
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03
    30G  27G 1.5G 97% /data
    /dev/sda1  99M  40M 55M 43% /boot
    tmpfs  16G  0 16G  0% /dev/shm
    tmpfs  8.0G 1.1G 7.0G 13% /data/sessions.1
  2. 3) 1 つのステップにパーティション(同じ追加する必要がある空き容量をセクションと書いて下さい。

          <amount> を追加するディスクスペース: __________________________

  3. 論理ボリュームを新しいディスクスペース(セクションからの <amount> を入れるために伸ばしますコマンド(lvextend - L+<amount>G <Filesystem>)をそれを必要とするファイルシステムへの 2) 1 つのステップ入力して下さい(1) セクション 7 ステップから。
    # lvextend -L+5G /dev/mapper/VolGroup-LogVol-03

    この例は lvextend コマンドを入力した後結果を示したものです:

    [root@sessionmgr02 ~]# lvextend -L+5G /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03
    Extending logical volume LogVol03 to 45.00 GB
    Logical volume LogVol03 successfully resized
    [root@sessionmgr02 ~]#

    これは論理ボリュームに新たに追加された領域を入れます。 

セクション 8 -新しい領域を使用するために論理ボリュームのファイルシステムをサイズ調整をして下さい

  1. ファイルシステムをサイズ調整をするためにサイズ調整をファイルシステム コマンド(resize2fs <Filesystem>)を入力して下さい(セクションから 1) 1 つのステップ。 これは追加ディスクスペースを使用のために使用できるようにします。

    警告: このコマンドは完了するのに時間をかけるかもしれません。

    # resize2fs <filesystem>

    この例は resize2fs コマンドを入力した後結果を示したものです:

    [root@sessionmgr02 ~]# resize2fs /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03
    resize2fs 1.39 (29-May-2006)
    Filesystem at /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03 is
    mounted on /data; on-line resizing required
    Performing an on-line resize of /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03
    to 11796480 (4k) blocks.
    The filesystem on /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03 is now 11796480 blocks long.

    [root@sessionmgr02 ~]#
  2. ディスクスペースが現在利用できるかどうか見るために df を- h コマンド入力して下さい。
    # df -h

    例は df の入力に- h コマンド起因します:

    [root@sessionmgr02 ~]# df -h
    Filesystem  Size Used Avail Use% Mounted on
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
    18G 2.4G 15G 15% /
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02
    5.7G 140M 5.3G  3% /home
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol03
    44G  22G  21G 52% /data
    /dev/sda1  99M  40M 55M 43% /boot
    tmpfs  16G  0 16G  0% /dev/shm
    tmpfs  8.0G 4.0K 8.0G  1% /data/sessions.1

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119025