サービス品質(QoS) : QoS 設定とモニタリング

抽出クラスは SNMP のコントロール プレーンに対して加えられた QoS 詳細を基づかせていました

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)のコントロール プレーンに対して加えられる基づいた Quality of Service (QoS) 詳細(CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB)を分類するために関連するさまざまな値を得る方法を記述されています。

Ganesh Kondaveeti および Brahadesh Srinivasaraghavan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

抽出クラスは SNMP のコントロール プレーンに対して加えられた QoS 詳細を基づかせていました

要件

  • ネット SNMP か同じようなコマンド・ラインは UNIX の実行がそのオペレーティング システムを Ciscoデバイスからのポーリング SNMP管理情報ベース(MIB)基づかせていたユーティリティを基づかせていました。 ネット SNMP はダウンロードのために利用可能 なここにサード パーティ オープン ソース ユーティリティです。
  • コントロール プレーン ポリシング(CoPP)を設定されます確認して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

手順

  1. この出力例が示すように ifIndex を得て下さい(1.3.6.1.2.1.2.2.1.1) コントロール プレーンのために:
    show snmp mib ifmib ifindex | include Cont

    Control Plane: Ifindex = 268

    この例が示すと同時にまた SNMP とこれを実現できます:

    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name>  <ip address of device> | grep -i control plane

    IF-MIB::ifDescr.268 = STRING: Control Plane

    ifIndex が 268 であることこの出力の注。

  2. cbQosIfindex (ルータの対応した IfIndex のための 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.4 を得て下さい:
    UNIX # snmpwalk -v 2c -c  <community-name>  <ip address of device>
    1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.4 | grep -i 268  

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.1.1.1.4.225 = INTEGER: 268

    cbQosPolicyIndex (225 は 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.1)あります。

  3. cbQosCMName (ルータで設定されるクラスマップの名前を取得する MIBオブジェクトは 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.7.1.1.1)あります。 これはインデックスで設定されるさまざまなクラスマップの出力という結果に終ります。たとえば、cbQosConfigIndex (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2)。
    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 
    1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.7.1.1.1

    UNIX # snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 
    1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.7.1.1.1 | egrep -i "copp|class"


    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.1593 = STRING: "class-default"

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.274033342 = STRING: "CoPP-IMPORTANT"

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.280880137 = STRING: "CoPP-Match-all"

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.321645237 = STRING: "CoPP-NORMAL"

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.347132543 = STRING: "CoPP-CRITICAL2"

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.373457077 = STRING: "CoPP-BAD"

    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.7.1.1.1.383240351 = STRING: "CoPP-CRITICAL"

    cbQosConfigIndex である 274033342 という強調表示された値に注意して下さい。

  4. cbQosPolicyIndex を取出すために cbQosConfigIndex を使用して下さい(1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.1.1.1.1)および cbQosObjectsIndex (1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.1)特定の class-map のために。 このステップの例に CoPP 重要な class-map を監視する方法を示されています:
    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 
    1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2

    OID (オブジェクト識別子)を 274033342 の検索によって出力されて得て下さい(この出力のステップから 3) 奪取 される強調表示された値:

    UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name> <ip address of device> 
    1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2

    UNIX# snmpwalk -v2c -c <community-name>  <ip address of device>
    1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.5.1.1.2 | grep -i 'Gauge32: 274033342'


    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.5.1.1.2.225.131072 = Gauge32: 274033342 <<<< Match these value

    cbQosConfigIndex は 274033342 ですcbQosPolicyIndex は 225 であり、cbQosObjectsIndex は 131072 です

この場合さまざまなオプションが Policy-map からの特定のデータをポーリングするためにあります:

  +-- -r-- カウンター cbQosCMPrePolicyPktOverflow(1)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMPrePolicyPkt(2)

   +-- -r-- Counter64 cbQosCMPrePolicyPkt64(3)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMPrePolicyByteOverflow(4)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMPrePolicyByte(5)

   +-- -r-- Counter64 cbQosCMPrePolicyByte64(6)

   +-- -r-- ゲージ cbQosCMPrePolicyBitRate(7)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMPostPolicyByteOverflow(8)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMPostPolicyByte(9)

   +-- -r-- Counter64 cbQosCMPostPolicyByte64(10)

   +-- -r-- ゲージ cbQosCMPostPolicyBitRate(11)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMDropPktOverflow(12)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMDropPkt(13)

   +-- -r-- Counter64 cbQosCMDropPkt64(14)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMDropByteOverflow(15)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMDropByte(16)

   +-- -r-- Counter64 cbQosCMDropByte64(17)

   +-- -r-- ゲージ cbQosCMDropBitRate(18)

   +-- -r-- カウンター cbQosCMNoBufDropPktOverflow(19)

   -- -r-- カウンター cbQosCMNoBufDropPkt(20)

   -- -r-- Counter64 cbQosCMNoBufDropPkt64(21)

たとえば、cbQosCMPostPolicyBitRate (オブジェクトはことポーリング「QoS ポリシー」を実行した後トラフィックのビットレート 1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.15.1.1.11)あります。

UNIX #snmpwalk -v2c -c <community-name><ip address of device> 
1.3.6.1.4.1.9.9.166.1.15.1.1.11.225.131072


SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.166.1.15.1.1.11.225.131072 = Gauge32: 12000 
!--- Match this from the output taken from the router for verification.

この show policy-map コントロール・プレーン入力クラス CoPP 重要なコマンド 出力は snmpwalk およびルータ カウンターからの値を一致するためにルータからの抜粋を示します:

Router # show policy-map control-plane input class CoPP-IMPORTANT


Control Plane

Service-policy input: CoPP

Hardware Counters:


class-map: CoPP-IMPORTANT (match-all)

Match: access-group 121

police :

10000000 bps 312000 limit 312000 extended limit

Earl in slot 1 :

2881610867 bytes

5 minute offered rate 13072 bps

aggregate-forwarded 2881610867 bytes action: transmit

exceeded 0 bytes action: drop

aggregate-forward 13248 bps exceed 0 bps

Earl in slot 2 :

0 bytes

5 minute offered rate 0 bps

aggregate-forwarded 0 bytes action: transmit

exceeded 0 bytes action: drop

aggregate-forward 0 bps exceed 0 bps

Earl in slot 3 :

0 bytes

5 minute offered rate 0 bps

aggregate-forwarded 0 bytes action: transmit

exceeded 0 bytes action: drop

aggregate-forward 0 bps exceed 0 bps

Earl in slot 5 :

0 bytes

5 minute offered rate 0 bps

aggregate-forwarded 0 bytes action: transmit

exceeded 0 bytes action: drop

aggregate-forward 0 bps exceed 0 bps

Software Counters:


Class-map: CoPP-IMPORTANT (match-all)

16197981 packets, 3101873552 bytes

5 minute offered rate 12000 bps, drop rate 0000 bps

Match: access-group 121

police:

cir 10000000 bps, bc 312500 bytes, be 312500 bytes

conformed 16198013 packets, 3101878887 bytes; actions:

transmit

exceeded 0 packets, 0 bytes; actions:

drop

violated 0 packets, 0 bytes; actions:

drop

conformed 12000 bps, exceed 0000 bps, violate 0000 bps

また/ポーリングのための必須 OID を確認すると見つけるためにこのプロシージャを使用して下さい。

追加情報

プラットフォームに関連してこれらのカウンターを取り出すために SNMP を使用できます:

  • 6500 - CoPP ハードウェアカウンタ
  • 7600 - CoPP ソフトウェア カウンター

述べられるようにそれぞれプラットフォームのための SNMP によってカウンターにその逆(ソフトウェア カウンターの代わりのハードウェアカウンタまたその逆にも)を得ることを試みる場合それは可能性のあるではないです。 これはそれぞれコードがこうすれば設計され、カウンターしか得ないために CLI を使用する必要があるかもしれないし、代替がないことを理解するという理由によります。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119029