サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco Cloupia

UCS ディレクター PowerShell エージェント ログを集めて下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 7 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Computing System (UCS)ディレクター PowerShell エージェント(Cisco PSA サービス)からログを集める方法をシステム センター仮想マシン マネージャ(SCVMM)マシンのその実行説明されています。

Tomasz Stala によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

Cisco PSA サービスは Cisco UCS ディレクター ソフトウェアを使用することを設定するときコンポーネント 収集および他の管理機能に責任があります。 特別な場合にデータをまたは接続上の問題が UCS ディレクター アプライアンスと SCVMM の間に発生する収集しか、送信 するとき問題がと関連付けられるとき、Cisco TAC エンジニアはより詳しい調査のための追加ログを収集するように頼むかもしれません。

解決策

 デフォルトで UCS ディレクターからインストーラをダウンロードした、SCVMM マシンで実行する後、PowerShell エージェントは C:\Program ファイル(x86)\Cisco システム\ Cisco PSA サービス\ディレクトリにインストールされています。 これはフォルダー構造の例です:

デバッグおよびすべてのメッセージを表示するログ情報はログ フォルダで保存されます:

これはログファイル例からのスニップです:

アクセス ポート、アクセス キーまたはデバッグ レベル値のようなすべてのソフトウェアおよびロギング プロパティは支柱フォルダにある XML 文書ファイルで定義されます。 これは modity にエージェントの設定を与えます:

また Cisco UCS ディレクター PowerShell エージェントのインストール済み バージョンを現在チェックし、確認する単純な方法があります。 Microsoft PowerShell コマンド・ラインの下でこのコマンドを実行して下さい:

Get-ItemProperty HKLM:\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\*
| Select-Object DisplayName, DisplayVersion, Publisher, InstallDate | Where-Object
{ $_.DisplayName -like "Cisco PSA Service" } | Format-Table

コマンドが出力する情報は次のようになります。

Cisco UCS ディレクター PowerShell エージェントは SCVMM がインストールされているマイクロソフトオペレーティングシステムの下でサービスとして動作します。 サービスは「PSAService」と呼ばれます。 それを再起動するか、サービス コントロール コントロール・パネル アプレットを使用するか、または再始動サービス PSAService コマンドを Microsoft PowerShell コマンド・ラインから実行するため:


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119194