ワイヤレス : Cisco ASR 5000 シリーズ

ASR 5X00 の輻輳制御メカニズムを設定して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

この資料に Cisco によって集約されるサービス ルータ(ASR) 5x00 シリーズの輻輳制御メカニズムを設定する方法を記述されています。 この資料に説明がある輻輳制御 機能性はサービング General Packet Radio Service (GPRS) サポート ノード(SGSN)およびモビリティ 管理エンティティ(MME)ネットワーク機能に主に適用されます。

Shashank Varshney によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

輻輳制御 外観

時々、余分なロードはライセンス違反、CPU使用率が高い状態、高いポート 利用、またはハイメモリ 利用という結果に終る場合があるネットワークで観察することができます。 これにより重負荷の下にあるが、これらの条件は通常一時で、迅速に解決されますノードのパフォーマンス低下を引き起こす場合があります。 輻輳制御はこれらの重負荷状態が絶えず持続する、または多数のこれらの状態はありますときそのような条件の識別を援助し、状況を当たるポリシーを呼び出すために使用されます。

このセクションは第 3 世代別パートナーシップ プロジェクト(3GPP)によって SGSN および MME で輻輳制御メカニズムを、解説します。

MME/SGSN 輻輳制御

MME はアクセス ポイント ネーム(APN)または一般の NAS レベル モビリティ 管理(MM)制御に基づいている非アクセス Startum (NAS)レベル 輻輳制御メカニズムを提供します。

APN ベースの輻輳制御メカニズムは特定の APN および UE があるユーザ設備(UE)によって関連付けられる展開させたパケット システム(EPS)セッション管理(ESM)および EPS モビリティ 管理(EMM)シグナリングを処理できます。 ネットワークはこの輻輳制御 機能をサポートする必要があります。 MME は APN と関連付けられる、このに従って APN ベースの輻輳制御を基準開始し、停止します NAS レベル 輻輳制御を検出する:

  • APN ごとのアクティブな EPS 所有者の最大数

  • APN ごとの EPS 所有者アクティベーションの最大数

  • APN の 1つ以上のパケット データ ネットワーク(PDN)ゲートウェイ(PGWs)は到達可能でし、MME に輻輳を示しません

  • MM シグナリング リクエストの最大数は特定の APN のためのサブスクリプションが付いているデバイスによって関連付けられます

  • ネットワーク管理設定

: MME は高優先順位 アクセスおよび緊急時 サービスのための輻輳制御を加えるべきではありません。 一般の NAS レベル MM 制御は一般の輻輳状態の下で NAS レベル MM シグナリング リクエストを拒否するために使用することができます。

APN ベースのセッション管理 輻輳制御

APN ベースのセッション管理 輻輳制御は輻輳状況に、OAM、または PGW の再始動/リカバリによってよる MME でアクティブにすることができます。 MME は PDN 接続、所有者リソースアロケータ、または所有者リソース修正要求に含んでいることができる UE からの ESM 要求を拒否できます。 MME はまた輻輳状態の間に電流 PDN 接続を無効にし、UE にセッション バックオフ タイマーを送ることができます。 このタイマーが含まれているとき、アクティブ化要求はアクティブにするべきではありません。

MME は輻輳の間に特定の UE および APN のためのセッション管理(SM)バックオフ タイマーを保存でき、すぐにそれにタイマーまでの APN 目標とされる UE からのそれに続く SM メッセージを拒否することはなくなります。 UEs にこれが必要となります SM バックオフ タイマーをサポートしない(UE のためにリリース以前 10)リリースします。 タイマーが既に動作している UE に SM メッセージを送りたいと思う場合 MME 第 1 はこのタイマーをクリアします。

UE はタイマーが動作する間、これらの操作を完了できます:

  • APN が拒否された EPS SM REQUEST メッセージで提供されるか、または SM バックオフ タイマーが NAS 無効にする EPS 所有者コンテキスト REQUEST メッセージで受け取られれば、UE は混雑させた APN のための SM プロシージャを始めるべきではありません。

  • APN が拒否された EPS SM REQUEST メッセージで提供されない場合、UE は APN なしでは SM 要求を始めません。

  • これらの変更はバックオフ タイマーを停止しません:

    • セル

    • トラッキングしますエリア(TA)を

    • パブリック ランド モバイル ネットワーク(PLAMN)

    • 無線アクセス テクノロジー(RATS)

  • UE は SM バックオフ タイマーが動作する時でさえ高優先順位 アクセスおよび緊急時 サービスにおける SM 手順を始めることができます。

  • SM バックオフ タイマーが動作する間、UE が混雑させた APN のための network-initiated EPS SM REQUEST メッセージを受け取れば、UE はこの APN と関連付けられる停止し、MME に応答します SM バックオフ タイマーを。

  • 低いアクセス 優先順位を無効にするために UE が権限および低いアクセス 優先順位の要求に応じて受け取られる拒絶メッセージによる SM バックオフ タイマー実行で設定されれば、UE の上位レイヤは低いアクセス 優先順位なしで SM 手順の開始を要求するかもしれません。

  • UE は PDN 切断 プロシージャを始めることができますが関連 SM バックオフ タイマーを削除しません。

  • バックオフ タイマーは混雑させた APN の方のユーザ プレーン所有者のアクティベーションのためのサービス要求のデータ転送か開始から UE を停止しません。

APN ベースの MM 輻輳制御

SM 手順に類似した、MME にまた MM バックオフ タイマーがあり、付加プロシージャを拒否できます。 MME は同じサブスクライバの順次要求のための拒絶が HSS との相互対話なしで完了することができるように付加プロシージャを拒否した後サブスクライバーのデータをしばらくの間保存するはずです。

バックオフ タイマーが動作する間、UE は高優先順位 アクセスか緊急時 サービスを除いて MM プロシージャのための NAS 要求を、始めるべきではありません。 ただし、UE はそれが既に接続されたモードである場合トラッキング エリア更新(TAUs)を行うことができます。

MME は UEs すべてはこのタイマーの同じ値がないはずである UEs は延期された要求を同時に始める必要がありますようにバックオフ タイマーを選択し。 モビリティ バックオフ タイマーが受け取られるとき、UE 動作は APN 仕様ではないです。

概要 NAS レベル 輻輳制御

一般の NAS レベル 輻輳制御は一般の過負荷 状態で有用です。 それは APN ベースの輻輳制御への類似したをはたらかせ、バックオフ タイマーのための同じような概念があります。 バックオフ タイマーが動作するとき、UE は取り外します要求、高い優先順位の要求および TAUs を始まることができます(間接続されたモードで)。

バックオフ タイマーは UE がネットワークから孤立していた後でさえも動作し続けます。 MME は MME からページング 要求をバックオフ タイマーを停止する受け取った必要があり、サービス リクエストを始めます後 MME はページにバックオフ タイマーが既に動作している、UE は UE がほしいと思う場合バックオフ タイマーを停止し。

MM バックオフ タイマーは Cell/RAT および PLMN 変更に影響を与えません。 TA 変更はこのタイマーを停止しません。 このタイマーは PLMN と同等ではない新しい PLMN が選択されるとき停止します。

UE は引渡しコマンドを受け取るとき、バックオフ タイマー ステータスに関係なく引渡しを続行する必要があります。

MME が TAU 要求を拒否するかまたは暗示と UE 定期的な TAU タイマーの合計より大きい MM バックオフ タイマーとのサービス リクエストが、タイマーを取り外せば、MME はモービル到達可能 タイマーを調整する必要がありますおよび/または MM バックオフ タイマーが動作する間、MME が暗黙のうちに UE を取り外さないこと暗示タイマーをそのような物取り外して下さい。

: SGSN 輻輳制御はまた夫人の SGSN 輻輳制御メカニズムについての 3GPP TS 23.060 を詳細については示す、および MME 輻輳制御メカニズムについての 3GPP TS 23.401 詳細についてはとして同じような方法ではたらきます。

S1-MME インターフェイスの MME による過負荷リダクション

MME は E-NodeB (eNB)にシグナリング ロードを減らすために過負荷 Start メッセージを送信できます。 このプロシージャは非UE 対応シグナリングを使用します。 過負荷 処理 Information Element (IE)に拒絶基準についての情報が含まれている、eNB は処置を適切にとります過負荷 Start メッセージ内の過負荷応答 IE があり。

ヒント: 詳細については、3GPP 技術仕様(TS)を 36.413 参照して下さい。

過負荷 状況の終わりを示すために、MME は eNB に過負荷停止メッセージを送ります:

: SGSN にまた 3GPP TS 25.413 で述べられるリダクションに信号を送るための同じようなメカニズムがあります。

過負荷の PGW コントロール

PGW は過負荷シナリオの間に PDN 接続を拒否できます。 PGW は過負荷 状態を検知し、基準に基づいて過負荷制御を開始するか、または停止できます(以下を参照):

  • APN ごとのアクティブな所有者の最大数

  • APN ごとの所有者アクティベーションの最大レート

PGW は特定の APN のための MME の方の PGW バックオフ タイマーを規定でき MME はこの時間の間にそれのための PDN 接続要求を APN 拒否する必要があります。 MME はその時間の間に拒絶の代りに既にそれのための同じ APN への電流 PDN 接続が UE あっていなければ別の PGW を選択できます。

: GGSN 輻輳制御メカニズムは 3GPP TS 23.060 で述べられる PGW でそれに類似したです。 PGW 輻輳制御メカニズムは 3GPP TS 23.401 で述べられます。

ASR 5x00 の輻輳制御 オペレーション

輻輳制御 オペレーションはこれらの追加機能の設定に基づいています:

  • 過負荷の呼出し切断

  • 輻輳制御状態しきい値

  • 輻輳ポリシーを保守して下さい

次に例を示します。

過負荷の呼出し切断

この機能性はシステムが過負荷 状況の間に受動呼び出しの切断のためのポリシーを(シャーシ全体の)有効に するか、またはディセーブルにするようにします。 それはまた過負荷 切断 輻輳 ポリシーを最適化することを可能にします。

輻輳状態しきい値

輻輳制御が有効に なる条件を定めるさまざまな輻輳制御しきい値は定義することができます。 それはまた混雑するか、またはクリアされるシステム 状態の定義のための制限を確立します。 これらのしきい値が達するとき、生成される簡易 ネットワーク 管理 プロトコル (SNMP) トラップ(輻輳)はだけでなく、ありますが輻輳 ポリシーはまた呼び出されます。

しきい値許容範囲は条件の前に考えられるクリアされたと達する必要がある SNMPトラップ(CongestionClear)は引き起こされます 設定された閾値の下でパーセントを定めるために使用され。

輻輳ポリシーを保守して下さい

輻輳 サービス ポリシーは Packet Data Serving Node (PDSN)、Gateway GPRS Support Node (GGSN)、および GPRS サポート ノード(SGSN)を動作することのような各サービスのために設定可能、です。 これらのポリシーは輻輳が輻輳閾値違反によるシステムで検出するときサービスが対応されている方法を命令します。

設定

このセクションはコンフィギュレーションを説明します輻輳制御の輻輳制御および基本的な調整を有効に するために必要となる。

イネーブル 輻輳制御

輻輳制御はシャーシでデフォルトでディセーブルにされます。 それを有効に するためにグローバル コンフィギュレーション モードで制御指令を入力して下さい:

[local]host_name(config)# congestion-control

輻輳制御 過負荷 接続解除

輻輳制御 過負荷 接続解除は過負荷 状況の間にシャーシ全体の受動呼び出しの切断のためのポリシーを有効に するか、またはディセーブルにします。 これは、デフォルトでは無効になっています。 それは輻輳制御がクリアされるまでステージとシャーシからのイテレーションの受動呼び出しの切断を可能にします。 ライセンス利用および最大値セッション毎サービス利用のためのしきい値は、閾値と共に、設定することができます。

たとえばしきい値が 90% という値でおよび 5% の許容範囲で設定されれば、そしてシステムは呼び出しの数がそのサービスのための呼び出しを与えられる合計の 85% を下回るとき受動呼出し切断を停止します。

輻輳制御 過負荷 接続解除を有効に するために使用できる CLI 構文はここにありますグローバル コンフィギュレーション モードで常に設定される:

congestion-control overload-disconnect 

congestion-control overload-disconnect [ iterations-per-stage <integer> | percent
<percentage_value> | threshold { license-utilization <percentage_value> |
max-sessions-per-service-utilization
<percentage_value> | tolerance <number> } ]

この構文についてのいくつかのメモはここにあります:

  • イテレーション毎ステージ: このパラメータは呼び出しの数を切られるべき秒の定義された 番号の間に定義します。 この値は 2 と 8 の間で及ぶことができます。

  • パーセント: このパラメータは過負荷 状況の間にステージで切られるべき呼び出しのパーセントを規定 します。 この値はデフォルト値として 5 とのゼロと百の間で、及ぶことができます。

  • しきい値: このパラメータはライセンスおよび最大セッション 利用の閾値を定義します。 それはまた許容 値の定義を可能にします。

    • ライセンス利用: これは過負荷 状況のためのライセンス 稼働率 しきい値を規定 します。 トリガーの場合には、受動呼び出しは切断されています。 この値はデフォルト値として 80 との 1 つと百の間で、及びます。

    • 最大値セッション毎サービス利用: これはサービス利用 しきい値ごとの最大セッションのパーセントを規定 します。 それが定義済みの値を超過すれば、システムは受動呼び出しを切断し始めます。 この値はデフォルト値として 80 との 1 つと百の間で、及びます。

    • 許容範囲: これはシステムがライセンス利用および最大値セッション毎サービス利用のために設定 される定義済みの値の下で切断する呼び出しのパーセントを定義します。 この値はデフォルト値として 10 との 1 つと 25 の間で、及びます。 クリア トラップ メッセージは利用が定義された許容 値の下で下るときだけ送信 されます。

輻輳制御 ポリシー 設定

毎サービス基礎の輻輳制御 ポリシーを設定できます。 輻輳制御をアクティブにする定義された輻輳制御しきい値のうちのどれかが超過するときポリシーによりシステムはドロップする、新しいセッションのどれも、リダイレクトおよびリジェクトのような処置をとります場合がありません。

この設定は MME および SGSN サービスのための輻輳制御 ポリシーの粒状定義を可能にし、輻輳制御の異なるステージの設定を、クリティカル、メジャーのような、およびマイナー可能にします(操作プロファイルのアソシエーションと共に)。

輻輳制御 ポリシー

輻輳制御 ポリシー 設定 CLI 構文はここにあります(MME サービスを除く):

congestion-control policy { asngw-service | asnpc-service | cscf-service | fng-service
| epdg-service | samog-service | ggsn-service | ha-service | hnbgw-service |
hsgw-service | ipsg-service | lma-service | lns-service | mipv6ha-service |
pcc-af-service | pcc-policy-service | pdg-service | pdif-service | pdsn-service |
pdsnclosedrp-service | pgw-service | phsgw-service | phspc-service | saegw-service
| sgsn-service | sgw-service | wsg-service } action { drop | none | redirect |
reject }

この構文についてのいくつかのメモはここにあります:

  • サービス タイプ: このパラメータは輻輳制御 ポリシーが定義されているサービス名を定義します。 この CLI コマンドに適当であるサービスは以前に述べられた CLI 構文で規定 されます。

  • アクション: このパラメータは輻輳制御 しきい値が指定 サービスのために超えられるとき取るべき 処置を定義します。 操作のこの 4 つの型は設定することができます:

    • drop: この操作によりシステムは新しいセッション要求を廃棄します。 拒絶/障害 の 応答は返されません。

    • リジェクト: この操作により新しいセッション要求の拒絶を引き起こします。 拒絶応答は返されます。 このオプションは IPSG サービスへ適用されないです。

    • None: このオプションは処置がとられないようにシステムを設定したいと思うとき使用されます。

    • [Redirect]: この操作により代替機器の方の新しいセッション要求のリダイレクションを引き起こします。 これは CSCF、HSGW、HA および PDSN サービスにだけ適当です。 代替機器の IP アドレスはポリシー 過負荷 リダイレクト コマンドで設定する必要があります。

ポリシー 過負荷 リダイレクト

これはリダイレクト操作がコール セッション制御 機能(CSCF)、HRPD サービング ゲートウェイ(HSGW)、Home Agent (HA)、または PDSN サービスのために設定される場合設定する必要があります。

  • CSCF サービスに CSCF ポリシー ルール設定の下で設定されるこのコマンドがあります。

  • HSGW サービスに、HA サービスおよび PDSN サービスはそれぞれサービス設定の下で設定されるこのコマンドがあります。

MME サービスのための輻輳制御 ポリシー

リリース 14.0 前に、MME サービスのための輻輳制御 ポリシーは前のセクションで述べられる、いくつかの追加オプションとことができます CLI 構文に同様に定義する。 CLI 構文はここにあります:

congestion-control policy mme-service action { drop | none | reject | report-overload
{ permit-emergency-sessions | reject-new-sessions | reject-non-emergency-sessions }
enodeb-percentage
<percentage> }

ドロップするに加えて、どれもおよびリジェクト操作はまた、MME サービス eNodeBs のための過負荷 状態を表示するオプションがありません。 MME は MME に S1 インターフェイス の 接続がある eNodeBs の規定 された比率に過負荷 状態を表示するために S1AP 過負荷 Start メッセージとの S1 過負荷 プロシージャを呼び出します。 MME は eNodeBs を無作為に選択します。 同じプールの 2 過剰にされた MME は同じ eNodeBs に過負荷 メッセージを送りません。 MME は回復 し、ロードを増加できたら S1AP 過負荷停止メッセージを送信 します。 さらに、これらの操作はレポート過負荷操作が設定されるとき完了することができます:

  • 許可緊急事態セッション: この操作は過負荷期間の間に MME の緊急セッションだけ可能にします。

  • リジェクト新しセッション: この操作により過負荷 状況の間に MME の方に受信すべての新しいセッションの拒絶を引き起こします。

  • リジェクト非緊急事態セッション: この操作はすべての緊急以外のセッションを過負荷期間の間に MME で拒否します。

  • Enodeb パーセント: この操作は過負荷レポートを受け取る既知 eNodeBs のパーセントを設定します。 パーセントは 1 つと百の間で及ぶことができます。

リリース 14.0 およびそれ以降では、MME サービスは 3 つの異なるポリシーおよび関連する操作プロファイルがある場合があります。 CLI 構文はここにあります:

congestion-control policy { critical mme-service action-profile <action_profile_name> |
major mme-service  action-profile <
action_profile_name> | minor mme-service
action-profile <
action_profile_name> }

リリース 14.0 およびそれ以降の MME のために設定することができる 3 つのポリシーの種類があります:

  • 重要: これは MME サービスのための重要な輻輳制御 しきい値を定義します。

  • メジャー: これは MME サービスのための主要な輻輳制御 しきい値を定義します。

  • マイナー: これは MME サービスのためのマイナー な 輻輳制御 しきい値を定義します。

: 以前に述べられたポリシーの種類(マイナー、メジャー、または重要)と関連付けられる処理プロファイル パラメータは操作プロファイルを定義します。

MME 輻輳制御ポリシー アクション プロファイル

MME 輻輳制御ポリシー アクション プロファイルは lte ポリシーの下で設定可能です。 CLI 構文はここにあります:

configure > lte-policy

congestion-action-profile
<profile_name>

続くセクションは輻輳操作プロファイルの下で設定することができる利用可能 な操作を記述します。

[Drop]

輻輳制御 しきい値が達するときこの操作により新しいセッション要求のドロップするを引き起こします。 CLI 構文はここにあります:

drop { addn-brr-requests | addn-pdn-connects | brr-ctxt-mod-requests |
combined-attaches | handovers | ps-attaches | s1-setups | service-request |
tau-request } [ lapi ] [ apn-based ]

それは廃棄する必要がある呼出しイベント/要求の種類に関して粒状制御を可能にします。 詳細は次のとおりです。

  • Addn brr 要求: これは UE 始められた所有者リソース 要求が含まれているパケットを廃棄します。 これは認可されたキーワードです。

  • Addn PDN 接続応答: これは追加 PDN コンテキスト接続が含まれているパケットを廃棄します。 これは認可されたキーワードです。

  • Brr ctxt mod 要求: これは所有者コンテキスト修正要求が含まれているパケットを廃棄します。 これは認可されたキーワードです。

  • 結合大使館員: これは結合された付加要求が含まれているパケットを廃棄します。

  • 引渡し: これは引渡し試みが含まれているパケットを廃棄します。

  • Ps 大使館員: これはパケット交換付加要求が含まれているパケットを廃棄します。

  • S1-setups: これは S1 セットアップ試みが含まれているパケットを廃棄します。 これは認可されたキーワードです。

  • サービス要求: これはすべてのサービス要求が含まれているパケットを廃棄します。 これは認可されたキーワードです。

  • Tau 要求: これはトラッキング エリア Update 要求すべてが含まれているパケットを廃棄します。

これら二つのオプションはまた以前に述べられた呼出しイベント型で設定することができます(両方のオプションはライセンス制御です):

  • Lapi: これは低いアクセス 優先順位示す値(LAPI)を含む要求が呼出しイベントのために廃棄されることを示します; さもなければ、LAPI および非LAPI イベントは両方廃棄されます。 CLI 構文はここにあります:
    drop <call-event> lapi
  • Apn ベース: これはオペレータ ポリシーの輻輳制御のために設定されることのための要求がアクセス ポイント名前(APNs)廃棄されますことを示します。 CLI 構文はここにあります:
    drop <call-event> lapi

    : オペレータ ポリシーの apn ネットワーク識別名 コマンドは APN のための輻輳制御を設定するために使用されます。

: 輻輳操作プロファイルが LAPI および APN ベースのオプション両方で設定される場合、呼出しイベントは条件が両方とも一致するときだけ廃棄されます。

緊急イベントを除いて下さい

これはしきい値が超過した時でさえ緊急要求が処理されるようにします。 CLI 構文はここにあります:

exclude-emergency-events

これが設定されるとき、輻輳操作リジェクトおよびドロップは緊急事態接続された UEs のこれらのメッセージに適用しません:

  • TAU 要求

  • 要求を保守して下さい

  • 引渡し

  • ADDN-PDN 要求

音声 イベントを除いて下さい

これはしきい値が超過した時でさえ音声コールが処理されるようにします。 CLI 構文はここにあります:

exclude-voice-events

なし

これは輻輳制御 しきい値が達したら輻輳制御処置が受信 要求のためにとる必要がないこと規定 します。 CLI 構文はここにあります:

none { addn-brr-requests | addn-pdn-connects | combined-attaches | handovers |
psattaches | s1-setups | service-request | tau-request }

この操作のために設定することができる呼出しイベントの詳細はここにあります(どれもこれらの呼出しイベントすべてのためのデフォルト アクションではないです):

  • Addn brr 要求: これにより UE 始められた所有者リソース 要求が含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。

  • Addn PDN 接続応答: これにより追加パケット データ ネットワーク(PDN)コンテキスト接続のために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。

  • Brr ctxt mod 要求: これにより所有者コンテキスト修正要求が含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。

  • 結合大使館員: これにより結合された付加要求が含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。

  • 引渡し: これにより引渡し試みが含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。

  • Ps 大使館員: これによりパケット交換付加要求が含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。

  • S1-setups: これにより S1 セットアップ試みが含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。 これは認可されたキーワードです。

  • サービス要求: これによりサービス要求すべてが含まれているパケットのために完了する輻輳制御操作を引き起こしません。 これは認可されたキーワードです。

  • Tau 要求: これは輻輳制御アクションをトラッキング エリア Update 要求すべてが含まれているパケットのために完了します。

[Reject]

輻輳制御 しきい値が達したらこれにより拒否される受信 要求および送信 されるべきリジェクト メッセージ応答を引き起こします。 CLI 構文はここにあります:

reject { addn-brr-requests | addn-pdn-connects | brr-ctxt-mod-requests |
combined-attaches | handovers | ps-attaches | s1-setups time-to-wait
{ 1 | 10 | 2 | 20 | 50 | 60 } | service-request | tau-request }[ lapi ]
[ apn-based ]

リジェクト操作で設定することができる呼出しイベントの詳細はここにあります:

  • Addn brr 要求: これは UE 始められた所有者リソース 要求が含まれているパケットを拒否します。 これは認可されたキーワードです。

  • Addn PDN 接続応答: これは追加 PDN コンテキスト接続が含まれているパケットを拒否します。 これは認可されたキーワードです。

  • Brr ctxt mod 要求: これは所有者コンテキスト修正要求が含まれているパケットを拒否します。 これは認可されたキーワードです。

  • 結合大使館員: これは結合された付加要求が含まれているパケットを拒否します。

  • 引渡し: これは引渡し試みが含まれているパケットを拒否します。

  • Ps 大使館員: これはパケット交換付加要求が含まれているパケットを拒否します。

  • S1-setups タイムに待機{1 | 10 | 2 | 20 | 50 | 60}: これは 1、2、10、20、50、か 60 秒後に S1 セットアップ試みが含まれているパケットを拒否します。 これは認可されたキーワードです。

  • サービス要求: これはサービス要求すべてが含まれているパケットを拒否します。 これは認可されたキーワードです。

  • Tau 要求: これはトラッキング エリア Update 要求すべてが含まれているパケットを拒否します。

これら二つのオプションはまた以前に述べられた呼出しイベント型で設定することができます(両方のオプションはライセンス制御です):

  • Lapi: これは LAPI の要求が呼出しイベントのために拒否されることを示します; さもなければ、LAPI および非LAPI イベントは両方拒否されます。 CLI 構文はここにあります:
    reject <call-event> lapi
  • Apn ベース: これはオペレータ ポリシーの輻輳制御のために設定される APNs のための要求が拒否されることを示します。 CLI 構文はここにあります:
    reject <call-event> lapi

    : オペレータ ポリシーの apn ネットワーク識別名 コマンドは APN のための輻輳制御を設定するために使用されます。

: 輻輳操作プロファイルが LAPI および APN ベースのオプション両方で設定される場合、呼出しイベントは条件が両方とも一致するときだけ拒否されます。

過負荷を報告して下さい

これは輻輳シナリオを軽減するために eNodeBs に過負荷 状態を表示することを MME が可能にします。 MME は MME に S1-interface 接続がある eNodeBs の規定 された比率に過負荷 状態を表示するために S1AP 過負荷 Start メッセージとの S1 過負荷 プロシージャを呼び出します。

MME は eNodeBs を無作為に選択します。 同じプールの 2 過剰にされた MME は同じ eNodeBs に過負荷 メッセージを送りません。 MME は回復 し、ロードを増加できたら S1AP 過負荷停止メッセージを送信 します。 CLI 構文はここにあります:

report-overload { permit-emergency-sessions-and-mobile-terminated-services |
permit-highpriority-sessions-and-mobile-terminated-services |
reject-delay-tolerant-access | reject-new-sessions |
reject-non-emergency-sessions } enodeb-percentage
<percent>

 これらはこの操作で設定することができるオプションです:

  • 許可緊急事態セッションおよびモービル終えサービス: これは eNodeB に過負荷 メッセージで緊急セッションだけ過負荷期間の間に MME にアクセスすることができること規定 します。

  • 許可高優先順位セッションおよびモービル終えサービス: これは高優先順位 セッションおよびモービル終えられたサービスだけ過負荷期間の間に MME にアクセスすることができる eNodeB に過負荷 メッセージで規定 します。

  • リジェクト遅延耐久性があアクセス: これは eNodeB に過負荷 メッセージで遅延耐久性がある MME に向かうに過負荷期間の間に拒否されるべきであるアクセスしなさいこと規定 します。

  • リジェクト新しセッション: これは eNodeB に過負荷 メッセージで MME に向かうすべての新しい接続 要求が過負荷期間の間に拒否する必要があること規定 します。

  • リジェクト非緊急事態セッション: これは eNodeB に過負荷 メッセージですべての緊急以外のセッションが過負荷期間の間に拒否する必要があること規定 します。

  • enobeb パーセント: これは受信 オーバーロード レポート既知 eNodeBs のパーセントを設定します。

リリース 17.0 およびそれ以降の SGSN のための輻輳制御 ポリシー

 リリース 17.0 およびそれ以降では、SGSN はまた MME のそれと同じような輻輳制御 ポリシーを必要としました。 SGSN は 3 つの輻輳制御操作がある場合があり各操作は操作プロファイルと関連付けられます。 CLI 構文はここにあります:

congestion-control policy { critical | major | minor }
sgsn-service action-profile
<action_profile_name>

この 3 つのポリシーの種類はリリース 14.0 およびそれ以降の MME のために設定することができます:

  • 重要: これは MME サービスのための重要な輻輳制御 しきい値を定義します。

  • メジャー: これは MME サービスのための主要な輻輳制御 しきい値を定義します。

  • マイナー: これは MME サービスのためのマイナー な 輻輳制御 しきい値を定義します。

: ポリシーの種類(マイナー、メジャー、または重要)と関連付けられる処理プロファイル パラメータは操作プロファイルを定義します。

SGSN 輻輳制御ポリシー アクション プロファイル

SGSN 輻輳制御ポリシー アクション プロファイルは sgsn グローバル な コンフィギュレーションモードで設定されます。 それはどの輻輳制御 しきい値でも SGSN ノードで達したらコール/メッセージ イベントのこれらの型のために完了する操作を定義します:

  • アクティブ コール

  • 新しい呼び出し

  • SM メッセージ

SGSN 輻輳制御ポリシー アクション プロファイルの設定のための構文はここにあります:

configure > sgsn-global > congestion-control

congestion-action-profile
<action_profile_name>

続くセクションは SGSN 輻輳操作プロファイルの下で設定することができるさまざまなポリシーを記述します。

アクティブ コール ポリシー

これは輻輳がアクティブ コールの間に発生するときあらゆるアクティブ コール メッセージのドロップするかリジェクトを規定 します。 アクティブ コールのドロップするかリジェクトはメッセージのための LAPI としか定義することができません。 CLI 構文はここにあります:

active-call-policy { rau | service-req } { drop | reject } [ low-priority-ind-ue ]

 この構文についてのいくつかのメモはここにあります:

  • メッセージタイプ/呼出しイベント: これらのメッセージタイプか呼出しイベントはアクティブ コール ポリシーのために定義することができます:

    • RAU: これは SGSN によって受け取られるルーティング エリア アップデート(RAU)メッセージを定義します。

    • サービスreq: これは SGSN によって受け取られる SR メッセージを定義します。

  • 操作: これは輻輳制御 しきい値が達したら SGSN がアクティブ コールの間に以前に述べられたメッセージを受け取るとき奪取 される操作を定義します。

    • drop: これは輻輳制御 しきい値が達したら定義されたメッセージを廃棄するように SGSN に指示します。

    • リジェクト: これは輻輳制御 しきい値が達したら定義されたメッセージを拒否するように SGSN に指示します。

    : ドロップするおよびリジェクト操作は LAPI のために更に精製することができます。 下位優先順位 indue キーワードはドロップする/リジェクト操作と使用されます。

  • 下位優先順位 indue: これは輻輳制御 しきい値が達したら UE からのメッセージが LAPI が含まれている場合 SGSN/ドロップする拒否するために定義されたメッセージ、しかしながら指示します。

新しいコール ポリシー

これは輻輳が発生するときあらゆる新しいコール メッセージのドロップするか拒絶を規定 します。 新しい呼び出し(付加要求か新しい相互SGSN RAU)のためのドロップするかリジェクト操作は LAPI または APN ベース、または両方に精製することができます。 CLI 構文はここにあります:

new-call-policy { drop | reject } [ apn-based ] [ low-priority-ind-ue ]

この構文についてのいくつかのメモはここにあります:

  • メッセージタイプ/呼出しイベント: 新しいコール ポリシーが定義されるとき、付加要求相互SGSN RAUs すべてのために奪取 されます。 従って、メッセージが/呼出しイベント タイプはこの CLI コマンドに必要となりません。

  • 操作: これは輻輳制御 しきい値が達したら SGSN がアクティブ コールの間に以前に述べられたメッセージを受け取るとき完了する操作を定義します。

    • drop: これは輻輳制御 しきい値が達したら新しいコール メッセージを廃棄するように SGSN に指示します。

    • リジェクト: これは輻輳制御 しきい値が達したら新しいコール メッセージを拒否するように SGSN に指示します。

    : ドロップするおよびリジェクト操作は LAPI のためにおよび APN ベース更に精製することができます。 下位優先順位 indue および apn ベースのキーワードはドロップする/リジェクト操作と使用されます。

  • 下位優先順位 indue: これは輻輳制御 しきい値が達したら UE からのメッセージが LAPI が含まれている場合 SGSN/ドロップする拒否するために定義されたメッセージ、しかしながら指示します。

  • apn ベース: これは輻輳制御 しきい値が達する場合新しいコール メッセージが APN に基づかせていた SGSN/ドロップする拒否するために指示します。 これは APN が輻輳制御でオペレータ ポリシーの下で設定される場合その時だけ発生します。

    : 輻輳操作プロファイルが LAPI および APN ベースのオプション両方で設定される場合、新しい呼出しイベントは条件が両方とも一致するときだけ拒否されます。

SM メッセージ

これはアクティブまたは修正要求のような SM メッセージのためのポリシーを、定義します。 SGSN からの応答はリジェクトでありただこれは LAPI または APN ベース、または両方に精製することができます。 CLI 構文はここにあります:

sm-messages reject [ apn-based] [ low-priority-ind-ue ]

この構文についてのいくつかのメモはここにあります:

  • メッセージタイプ/呼出しイベント: SM メッセージ ポリシーが定義されるとき、アクティブ化または修正要求すべてに適用されます。 従って、メッセージが/呼出しイベント タイプはこの CLI コマンドに必要となります。

  • 操作: これは SGSN が以前に述べられたメッセージを受け取り、輻輳制御 しきい値が達したとき完了する操作を定義します。 リジェクト操作は輻輳制御 しきい値が達したら SM メッセージを拒否するように SGSN に指示します。

    : リジェクト操作は LAPI のために APN ベース更に精製し。 下位優先順位 indue および apn ベースのキーワードはドロップする/リジェクト操作と使用されます。

  • 下位優先順位 indue: これは輻輳制御 しきい値が達したら UE からのメッセージが LAPI が含まれているときだけ SM メッセージを拒否するように SGSN に指示します。

  • apn ベース: これは輻輳制御 しきい値が達する場合 APN に基づいて SM メッセージを拒否するように SGSN に指示します。 これは APN が輻輳制御でオペレータ ポリシーの下で設定される場合その時だけ発生します。

    : 輻輳操作プロファイルが LAPI および APN ベースのオプション両方で設定される場合、新しい呼出しイベントは条件の両方が一致するときだけ拒否されます。

輻輳制御 しきい値

輻輳制御 しきい値はしきい値が超過するとき輻輳制御を呼び出すことができるさまざまなパラメータの閾値を定義します。 CLI 構文はここにあります:

congestion-control threshold { license-utilization percent |
max-sessions-per-service-utilization
<percent> |  message-queue-utilization <percent>
| message-queue-wait-time <time> | port-rx-utilization <percent> | port-specific
{
<slot/port> | all } [ tx-utilization <percent> ] [ rx-utilization <percent> ]
port-specific-rx-utilization critical | port-specific-tx-utilization critical |
port-tx-utilization
<percent> | service-control-cpu-utilization

<percent> | system-cpu-utilization <percent> | system-memory-utilization <percent>
| tolerance <percent> }

 しきい値が達したら閾値で設定し、輻輳制御を引き起こすことができる異なるパラメーターはここにあります:

  • ライセンス利用: このパラメータは 10 第 2 間隔で測定されるとして認可されたキャパシティのパーセント稼働率を、定義します。 この値はパーセントとしてフォーマットされ、ゼロと百の間で及ぶことができます(デフォルト値は百です)。

  • 最大値セッション毎サービス利用: このパラメータはリアルタイムで測定されるとしてサービスごとに許可される最大セッションのパーセント稼働率を定義します。 このしきい値はセッションの最大数、か特定のサービスのために設定される PDPコンテキストに基づいています。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。

  • メッセージ キュー利用: このパラメータは 10 第 2 間隔で測定されるとしてデマルチプレクサー マネジャソフトウェア タスク メッセージ 待 ち 行列のパーセント稼働率を、定義します。 このキューは 10,000 のメッセージを保存する機能があります。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。

  • メッセージ キュー待機時間: このパラメータはメッセージがパケット タイムスタンプによって測定されるとしてキューに残る場合があること最大時間を(秒で)定義します。 この値は 5 秒のデフォルト値を用いる 1 秒から 30 秒の間に、及びます。

  • ポート rx 利用: このパラメータは 5 分 間隔で測定されるとして、受け取ったデータによって、ポートすべてのためのポートリソースの平均パーセンテージ 利用を定義します。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。 このしきい値 パラメータはコマンドでディセーブルにすることができません。

  • ポート別: このパラメータはポート別しきい値を定義します。 どのポート別 しきい値でも達するとき、輻輳制御は応用システム全体です。 これは各特定のポート数またはすべてのキーワードが使用することができるポートすべてのためにデフォルトでディセーブルにされます。 このパラメータに定義することができる 2 つのサブ オプションがあります:

    • rx 利用: このオプションのデフォルト値は 80% です。 それは 5 分 間隔で測定されるように、受け取ったデータによって、特定のポートのためのポートリソースの平均パーセンテージ 利用を測定します。 値はゼロと百の間で及びます。

    • tx 利用: このオプションのデフォルト値は 80% です。 それは 5 分 間隔で測定されるように、送信されたデータによって、特定のポートのためのポートリソースの平均パーセンテージ 利用を測定します。 1 つと百間の値範囲。

  • ポート tx 利用: このパラメータは 5 分 間隔で測定されるとして、送信されたデータによって、ポートすべてのためのポートリソースの平均パーセンテージ 利用を定義します。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。 このしきい値 パラメータはこのコマンドのバージョンによって無効である場合もありません。

  • サービス コントロール CPU 利用: このパラメータは 10 第 2 間隔で測定されるとしてデマルチプレクサー マネジャソフトウェア タスク インスタンスが動作する CPU の平均パーセンテージ 利用を、定義します。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。

  • システム CPU 利用: このパラメータは 10 第 2 間隔で測定されるとしてシステムに利用可能であるすべての PSC/PSC2 CPU のための平均パーセンテージ 利用を、定義します。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。 これは輻輳制御 しきい値システム CPU 利用 CLI コマンド無しで無効である場合もあります。

  • システム メモリ利用: このパラメータは 10 第 2 間隔で測定されるとしてシステムに利用可能である c.p.u メモリすべてのための平均パーセンテージ 利用を、定義します。 この値は 80 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。

  • 許容範囲: このパラメータは条件がクリアされるポイントを定める設定された閾値の下でパーセントを定義します。 この値は 10 というデフォルト値とのゼロと百の間で、及びます。 たとえばしきい値が 90 という値で設定されれば輻輳制御が引き起こされれば、そしてトリガーは 80 で許容のための 10 というデフォルト値が定義される場合クリアされ。

MME および SGSN の輻輳制御 閾値

このセクションは 3 つの異なるトリガーが、輻輳制御プロファイルと共に、定義されるとき MME および SGSN のためのしきい値の設定を定義します。

この情報は MME リリース 14.0 およびそれ以降および SGSN リリース 17.0 およびそれ以降に適当です。 これらは対応する輻輳制御ポリシーと更に関連付けられる、および MME SGSN のために利用可能のトリガーの 3 つの異なるレベルです:

  • 重要: このトリガー レベルは異なるパラメーターの重要な閾値を定義します。 このトリガー レベルの値はしきい値のすべての 3 つのレベル間の最も大きいはずです。 重要なしきい値は前もって構成されたデフォルト値が含まれています。

  • メジャー: このトリガー レベルは異なるトリガーの主要な閾値を定義します。 このトリガー レベルの値はマイナー な しきい値および重要よりより少しより大きいはずです。 デフォルト値はゼロです。

  • マイナー: このトリガー レベルは異なるトリガーのマイナー な 閾値を定義します。 このトリガーの値はすべての 3 つのしきい値間に最少であるはずです。 デフォルト値はゼロです。

3 つの閾値は前のセクションで述べられるトリガー/パラメータすべてのために定義することができます。 異なるパラメーターのためのしきい値を定義するために使用する CLI 構文はここにあります:

congestion-control threshold license-utilization { critical <percent> | major
<percent>t | minor <percent> }

congestion-control threshold max-sessions-per-service-utilization { critical
<percent> | major <percent> | minor <percent> }

congestion-control threshold message-queue-utilization { critical <percent> |
major
<percent> | minor <percent> }

congestion-control threshold message-queue-wait-time { critical <time> |
major
<time> | minor <time> }

congestion-control threshold port-rx-utilization { critical <percent> | major
<percent> | minor <percent> }

congestion-control threshold port-specific { <slot/port> [ tx-utilization {
critical
<percent> | major <percent> | minor <percent> ] [ rx-utilization {
critical
<percent> | major <percent> | minor <percent> } | all { critical
<percent> | major <percent> | minor <percent> } }

congestion-control threshold port-tx-utilization { critical <percent> | major
<percent> | minor <percent> }


congestion-control threshold service-control-cpu-utilization { critical
<percent> | major <percent> | minor <percent >}

congestion-control threshold system-cpu-utilization { critical <percent> |
major
<percent> | minor <percent> }


congestion-control threshold system-memory-utilization { critical <percent> |
major
<percent> | minor <percent> }

congestion-control threshold tolerance { critical <percent> | major
<percent> | minor <percent> }

: 前のセクションに説明があるそれら同じである異なるパラメーター(ライセンス利用を除いて)使用 デフォルト値の重要な閾値。 ライセンス利用 パラメータに 80% として重要なプロファイルのデフォルト値があります。

確認

情報を使用して下さい輻輳制御 設定を確認するためにこのセクションに説明がある。

輻輳制御 設定 の 確認

提示制御コンフィギュレーションを入力して下さい | より多くの CLI コマンド 輻輳制御の設定を確認するため。 続くセクションは輻輳制御のさまざまなステージにコマンド出力例を提供します。

アクティベーションの前の輻輳制御

[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more 
Congestion-control: disabled
...................

アクティベーションの後の輻輳制御

[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# congestion-control
[local]st40-sim(config)# end
[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more
Congestion-control: enabled
............

過負荷 接続解除 アクティベーションの後の輻輳制御

[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# congestion-control overload-disconnect
[local]st40-sim(config)# end
[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more
Congestion-control: enabled
............ 

Overload-disconnect: enabled


Overload-disconnect threshold parameters
  license utilization:                   80%
  max-session-per-service utilization:   80%
  tolerance:                             10%
  session disconnect percent:            5%
  iterations-per-stage:                   8

 ............

SGSN および MME 以外のポリシーのアクティベーションの後の輻輳制御

制御方策 <service-name> 操作 <action> パラメータの変更の設定 設定による輻輳制御 ポリシー セクションの値。 ggsn サービスのための操作ドロップするの 1 つの設定例はここにあります:

[local]st40-sim(config)# congestion-control policy ggsn-service action drop
[local]st40-sim(config)# end
[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more
Congestion-control: enabled
............

Congestion-control Policy
  pdsn-service: none
  hsgw-service: none
  ha-service:   none
  ggsn-service: drop
  closedrp-service: none
.............

主要で、マイナー なプロファイルのための輻輳制御 しきい値

このセクションは主要で、マイナー なプロファイルの輻輳制御 しきい値 設定 の 確認を記述します。 重要なプロファイルに既に要求に応じて変更することができるが主要で、マイナー なしきい値が設定されるために必要となりますいくつかのデフォルト値があっています。 この 3 つのプロファイルは輻輳制御 ポリシーと共に以降使用することができます。

[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold license-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold license-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
max-sessions-per-service-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
max-sessions-per-service-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold mes
message-queue-utilization     message-queue-wait-time      
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
message-queue-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
message-queue-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold message-queue-wait-time major 4
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold message-queue-wait-time minor 3
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold port-rx-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold port-rx-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold port-tx-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold port-tx-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
service-control-cpu-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
service-control-cpu-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold syst
system-cpu-utilization        system-memory-utilization    
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold system-cpu-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold system-cpu-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
system-memory-utilization major 70
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold
system-memory-utilization minor 60
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold tolerance major 5
[local]st40-sim(config)# congestion-control threshold tolerance minor 2
[local]st40-sim(config)# end
[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more
Congestion-control: enabled
 
Congestion-control Critical threshold parameters
  system cpu utilization:                80%
  service control cpu utilization:       80%
  system memory utilization:             80%
  message queue utilization:             80%
  message queue wait time:               5 seconds
  port rx utilization:                   80%
  port tx utilization:                   80%
  license utilization:                   100%
  max-session-per-service utilization:   80%
  tolerance limit:                       10%
 
Congestion-control Major threshold parameters
  system cpu utilization:                70%
  service control cpu utilization:       70%
  system memory utilization:             70%
  message queue utilization:             70%
  message queue wait time:               4 seconds
  port rx utilization:                   70%
  port tx utilization:                   70%
  license utilization:                   70%
  max-session-per-service utilization:   70%
  tolerance limit:                       5%
 
Congestion-control Minor threshold parameters
  system cpu utilization:                60%
  service control cpu utilization:       60%
  system memory utilization:             60%
  message queue utilization:             60%
  message queue wait time:               3 seconds
  port rx utilization:                   60%
  port tx utilization:                   60%
  license utilization:                   60%
  max-session-per-service utilization:   60%
  tolerance limit:                       2%
 
Overload-disconnect: enabled
 
Overload-disconnect threshold parameters
  license utilization:                   80%
  max-session-per-service utilization:   80%
  tolerance:                             10%
  session disconnect percent:            5%
  iterations-per-stage:                   8
............

SGSN のための輻輳制御 ポリシー アクティベーション

SGSN のための輻輳制御 ポリシー アクティベーションを確認するためにこの情報を使用して下さい:

[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# sgsn-global
[local]st40-sim(config-sgsn-global)# congestion-control
[local]st40-sim(config-congestion-ctrl)# end
[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# congestion-control
[local]st40-sim(config)# end
[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# sgsn-global
[local]st40-sim(config-sgsn-global)# congestion-control
[local]st40-sim(config-congestion-ctrl)# congestion-action-profile sgsn_critical
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_critical)# active-call-policy rau reject
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_critical)# active-call-policy
service-req reject
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_critical)# new-call-policy reject
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_critical)# sm-messages reject
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_critical)# exit
[local]st40-sim(config-congestion-ctrl)# congestion-action-profile sgsn_major
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_major)# active-call-policy rau drop
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_major)# active-call-policy
service-req drop
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_major)# new-call-policy drop
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_major)# sm-messages reject
low-priority-ind-ue
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_major)# exit
[local]st40-sim(config-congestion-ctrl)# congestion-action-profile sgsn_minor
[local]st40-sim(config-cong-act-prof-sgsn_minor)# exit
[local]st40-sim(config-congestion-ctrl)# exit
[local]st40-sim(config-sgsn-global)# exit
[local]st40-sim(config)# congestion-control policy critical sgsn-service
action-profile sgsn_critical
[local]st40-sim(config)# congestion-control policy major sgsn-service
action-profile sgsn_major
[local]st40-sim(config)# congestion-control policy minor sgsn-service
action-profile sgsn_minor
[local]st40-sim(config)#end
 
[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more
Congestion-control: enabled
............
 
  pdsn-service: none
  hsgw-service: none
  ha-service:   none
  ggsn-service: drop
  closedrp-service: none
  lns-service: none
  cscf-service: reject
  pdif-service: none
  wsg-service: none
  pdg-service: none
  epdg-service: none
  fng-service: none
  sgsn-service:
    Critical Action-profile : sgsn_critical
    Major    Action-profile : sgsn_major
    Minor    Action-profile : sgsn_minor

...........

MME のための輻輳制御 ポリシー アクティベーション

MME のための輻輳制御 ポリシー アクティベーションを確認するためにこの情報を使用して下さい:

[local]st40-sim# configure
[local]st40-sim(config)# lte-policy
[local]st40-sim(lte-policy)# congestion-action-profile mme_critical
Are you sure? [Yes|No]: yes
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# drop addn-brr-requests
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# drop s1-setups
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# exit
[local]st40-sim(lte-policy)# congestion-action-profile mme_major
Are you sure? [Yes|No]: yes
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# reject addn-brr-requests
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# reject s1-setups time-to-wait 20
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# exit
[local]st40-sim(lte-policy)# congestion-action-profile mme_minor
Are you sure? [Yes|No]: yes
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# none addn-brr-requests
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# none s1-setups
[local]st40-sim(congestion-action-profile)# exit
[local]st40-sim(lte-policy)# exit
[local]st40-sim(config)# congestion-control policy critical mme-service
action-profile mme_critical
[local]st40-sim(config)# congestion-control policy major mme-service
action-profile mme_major
[local]st40-sim(config)# congestion-control policy minor mme-service
action-profile mme_minor
[local]st40-sim(config)# end
 
[local]st40-sim# show congestion-control configuration | more
Congestion-control: enabled
............
 
  pdsn-service: none
  hsgw-service: none
  ha-service:   none
  ggsn-service: drop
  closedrp-service: none
  lns-service: none
  cscf-service: reject
  pdif-service: none
  wsg-service: none
  pdg-service: none
  epdg-service: none
  fng-service: none
  sgsn-service:
    Critical Action-profile : sgsn_critical
    Major    Action-profile : sgsn_major
    Minor    Action-profile : sgsn_minor
  mme-service:
    Critical Action-profile : mme_critical
    Major    Action-profile : mme_major
    Minor    Action-profile : mme_minor

...........

輻輳制御 統計情報

これらのコマンドは輻輳制御と関連しているステータスおよび統計情報を表示するために使用されます:

show congestion-control { configuration | statistics { <manager> [ all | instance
<
task_instance> ] } [ | { grep <grep_options> | more } ]

show congestion-control statistics mme { critical | full | major | minor } [ | {
grep <
grep_options> | more } ]

 <manager> オプションはこれらの値がある場合があります:

  • A11mgr: これは PDSN サービスです。

  • asngwmgr: これはアクセス サービス ネットワーク ゲートウェイ(ASN-GW)サービスです。

  • asnpcmgr: これは ASN ページング コントロール(PC-LR)サービスです。

  • bindmux: これは PCC サービスによって使用する Bindmux マネージャです。

  • egtpinmgr: これは拡張 な GPRS トンネリング プロトコル(EGTP)入力デマルチプレクサー マネージャです。

  • gtpcmgr: これは GGSN サービスです。

  • hamgr: これは HA サービスのためです。

  • hnbmgr: これは HNB-GW サービスによって使用する Home ノード B (HNB)マネージャです。

  • imsimgr: これは SGSN のために使用される IMSI マネージャです。

  • ipsecmgr: これは IP Security (IPSec)マネージャです。

  • ipsgmgr: これは IPサービス ゲートウェイ(IPSG)マネージャのためです。

  • l2tpmgr: これはレイヤ2 (L2)トンネリング プロトコル(L2TP)マネージャのためです。

OAM 介入による SGSN のための輻輳制御 トリガー

sgsn トリガー輻輳 レベル{重要な | メジャー | マイナー}コマンドが手動で SGSN の輻輳制御を引き起こすのに使用されています。 sgsn クリア輻輳 コマンドは sgsn トリガー輻輳 コマンドによって始められる輻輳をクリアするために使用されます。

次に出力例を示します。

[local]st40-sim# sgsn trigger-congestion level critical
[local]st40-sim# show congestion-control statistics imsimgr all full | more
 Current congestion status:                              Cleared
 Current congestion Type  :                              None
 Congestion applied:                                     0 times
 Critical Congestion Control Resource Limits
  system cpu use exceeded:                               No
  service cpu use exceeded:                              No
  system memory use exceeded:                            No
  port rx use exceeded:                                  No
  port tx use exceeded:                                  No
  port specific rx use exceeded:                         No
  port specific tx use exceeded:                         No
  max sess use exceeded:                                 No
  license use exceeded:                                  No
  msg queue size use exceeded:                           No
  msg queue wait time exceeded:                          No
  license threshold exceeded:                            No
  max sess threshold exceeded:                           No
  Sessions disconnected due to overload disconnect:      0
 
 Major Congestion Control Resource Limits
  system cpu use exceeded:                               No
  service cpu use exceeded:                              No
  system memory use exceeded:                            No
  port rx use exceeded:                                  No
  port tx use exceeded:                                  No
  port specific rx use exceeded:                         No
  port specific tx use exceeded:                         No
  max sess use exceeded:                                 No
  license use exceeded:                                  No
  msg queue size use exceeded:                           No
  msg queue wait time exceeded:                          No
 
 Minor Congestion Control Resource Limits
  system cpu use exceeded:                               No
  service cpu use exceeded:                              No
  system memory use exceeded:                            No
  port rx use exceeded:                                  No
  port tx use exceeded:                                  No
  port specific rx use exceeded:                         No
  port specific tx use exceeded:                         No
  max sess use exceeded:                                 No
  license use exceeded:                                  No
  msg queue size use exceeded:                           No
  msg queue wait time exceeded:                          No
SGSN Congestion Control:
   MM Congestion Level:                                  Critical
   Congestion Resource:                                  None
   SM Congestion Level:                                  Critical
   O&M Congestion Level:                                 Critical

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報



Document ID: 119151