クラウドおよびシステム管理 : Cisco Smart Call Home

CUCM スマートな Call Home を設定して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料にスマートな Call Home の基本的問題を設定し解決する方法を記述されています。

スマートな Call Home はその自動化されたサポート機能ネットワークの監視 Ciscoデバイスです。 Call Home 機能はスマートな Call Home バックエンドサーバに診断アラート、コンポーネントおよび他のメッセージを伝え、送ることを可能にします。 Call Home 機能は Cisco Unified Communications Manager (CUCM)バージョン 8.6(1)で導入され、CUCM インストールの CUCM バージョン 10.0 および それ 以降のオプショナルコンフィギュレーションとして部品を作りました。

モハメッド Aslam Shaik によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CUCM バージョン 10.5
  • Microsoft Exchange
  • プロキシサーバ
  • Microsoftインターネットエクスプローラ 10

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

スマートな Call Home はより高いネットワークアベイラビリティおよび高められた操作効率に Ciscoデバイスの範囲で予防的 な 診断、リアルタイムアラートおよび治療を提供します。 それはスマートな Call Home によって有効に される CUCM からの診断アラート、コンポーネントおよび他のメッセージを受け取り、分析するとき同じを達成します。 CUCM のこの特定の機能は CUCM Call Home と呼ばれます。

スマートな Call Home は Cisco SMARTnet、スマートなネット 合計注意、パートナー サポート サービス、スマートな注意および成果重視のサポート サービスを含む多くの Ciscoサービス契約と含まれています。

スマートな Call Home は下記のものを含んでいます:

  • 潜在的な問題の自動化された休みなくデバイス モニタリングおよび分析。
  • インボックスに発信されるプロアクティブ アラート。
  • Cisco Technical Assistance Center (TAC)からの促進されたサポート。
  • カスタマイズされたステータスレポートおよび作業 分析。
  • Product Security Incident Response Team (PSIRT)アラートおよび Field Notice のようなプロダクトアラート。

スマートな Call Home オファーは顧客を能力に提供するので操作効率を高めました:

  • 問題を解決する時期のリダクションによる担当者リソースをより効率的に使用して下さい。
  • 詳しい診断情報をその速度問題解決提供する Cisco TAC にサポート ケースを、適切なサポート チームにルーティングされて自動的に生成して下さい。

スマートな Call Home は顧客を能力提供する必要とされる情報にファースト、Webベース アクセスを提供します:

  • 1 インポートの治療に関するすべての Call Home メッセージ、診断および推奨事項を検討して下さい。
  • TAC ケース ステータスをすぐにチェックして下さい。
  • すべての Call Home デバイスのためのほとんどの最新のインベントリおよび構成情報を表示して下さい。

 

Call Home 機能の 2 つの型は利用できます:

  • スマートな Call Home
  • 番号非通知呼び出し ホーム

番号非通知呼び出し ホームでは、カスタマー コンタクト 詳細は無効であり、送信 データセクションはコール ホームページで有効に なります。 これらは番号非通知呼び出し ホームの特性です:

  • 番号非通知呼び出し ホームを選択するとき、このオプションは情報収集目的でスマートな Call Home にシステム構成(ハードウェア/仮想マシンおよび CPU)およびソフトウェアコンフィギュレーション 関連情報をおよび製品をよりよいものにするために送信 します。
  • 番号非通知呼び出し ホームはユーザに関する情報を送信 しません(たとえば、登録されているデバイスおよびアップグレード履歴)。
  • 番号非通知呼び出し ホームは Cisco が付いているスマートな Call Home 機能のために登録か資格賦与を必要としません。
  • CUCM はスマートな Call Home 後部に診断および構成情報を送信 しません。 メッセージ コンポーネントおよびテレメトリーだけ送信 されます。
  • メッセージの周期性は周期性と同じでスマートな Call Home メッセージのために現在存在 します。
  • 「ユーザが番号非通知呼び出し ホームを選択する場合オプションによってが無効であるスマートな Call Home アラートに冗長な診断」を含めて下さい。

設定

  1. インストールの時に、システム 開始するのスマートな Call Home を『Enable』 を選択 して下さい。

  2. セキュア Web(HTTPS)を選択して下さい。 [Continue] をクリックします。

  3. Cisco Unified サービサビリティ ページから、CallHome > 設定を選択して下さい

  4. Call Home ドロップダウン リストから、『None』 を選択 して下さい。

  5. ドロップダウン リストから、セキュア Web(HTTPS)を選択して下さい。

    スマートな Call Home 機能をはじめて設定する場合 call-home-notify@cisco.com からデバイスを登録するために自動によって生成された電子メールを受信します。 デバイスを登録するために電子メールの手順に従って下さい。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

スマートな Call Home はいつデータを送信 しますか。

  1. "Save and Call Home Now"を クリックする時はいつでも
  2. 毎月の最初の日。

送信 される最後のメッセージ時間およびスケジュールされる次のメッセージを含む確認 の メッセージが表示されます。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

電子メール方式

実時間監視 ツール(RTMT)からデータを送信 しないかどうか確認するために Cisco CCMService Web サービス ログを集めることができます。

2015-02-26 19:46:25,528 INFO [http-bio-443-exec-1] controller.SCHInterface
- SCHInterface::Sending only EMAIL

2015-02-26 19:46:25,528 INFO [http-bio-443-exec-1] controller.SCHInterface
- SCHInterface::Other Recipients is enabled, sending email to SCH and the
list of recipients


2015-02-26 19:46:27,004 INFO [http-bio-443-exec-1] controller.SCHMail
- Mail Server is 173.37.183.72

2015-02-26 19:46:27,094 INFO [http-bio-443-exec-1] controller.SCHMail
- Going to send mail to xxxxxx@cisco.com

2015-02-26 19:46:30,377 INFO [http-bio-443-exec-1] controller.SCHMail
- Going to send mail to xxxxxxxxx@domain.com

2015-02-26 19:46:42,202 ERROR [http-bio-443-exec-1] controller.SCHMail
- send mail failed error :javax.mail.SendFailedException: Invalid Addresses;

nested exception is:

                com.sun.mail.smtp.SMTPAddressFailedException: 550 5.7.1 Unable to relay

2015-02-26 19:46:42,444 ERROR [http-bio-443-exec-1] controller.SCHInterface
- Send Inventory message failed !!

プロキシによって Web (HTTPS)を保護して下さい

2015-02-26 23:46:44,459 INFO [http-bio-443-exec-33] controller.SCHInterface
- SCHInterface::Sending only HTTPS-thorough Proxy

2015-02-26 23:47:14,576 ERROR [http-bio-443-exec-33] controller.SCHConnectionHandler
- Caught Exception while creating connection java.net.SocketTimeoutException:
connect timed out

2015-02-26 23:47:14,577 ERROR [http-bio-443-exec-33] controller.SCHConnectionHandler
- inside exceptionflagtrue

2015-02-26 23:47:14,577 ERROR [http-bio-443-exec-33] controller.SCHConnectionHandler
- Caught Exception while sending HTTPS -through Proxy message -> java.lang.Exception:
connect timed out

2015-02-26 23:47:14,885 ERROR [http-bio-443-exec-33] controller.SCHInterface
- SCHInterface: Caught Exception---- inside exceptionfalg

2015-02-26 23:47:14,886 INFO [http-bio-443-exec-33] controller.SCHConnectionHandler
- Successfully closed connection to SCH

2015-02-26 23:47:14,886 ERROR [http-bio-443-exec-33] controller.SCHInterface
- Send Inventory message failed !!


Document ID: 119144