ワイヤレス : Cisco ASR 5000 シリーズ

ASR5500 シリーズ デフォルトポリシーは PCRF がダウンしているとき配られません

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 7 月 23 日) | フィードバック

概要

ローカル デフォルトポリシーが設定されないときこの資料に PCRF (ポリシー制御およびルール機能)失敗の場合に Cisco 集約 サービス ルータ(ASR)のデフォルト ローカル ポリシーを 5500 シャーシ、処理する方法を記述されています。

Abdur Razzaque によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

PCRF がダウンしていたときに ASR PGW (パケットデータ ゲートウェイ)サブスクライバのためのデフォルトポリシーを処理されない。 PCRF アップグレード フェーズでは、問題は PCRF で観察されました。 ただし、ASR PGW は多くのセッションを廃棄しましたサブスクライバのためのデフォルトポリシーを処理しませんでした。

Wireshark トレースはすべての CCA-I (与信管理返事頭文字)パケットが直径結果コード「DIAMETER_UNKNOWN_SESSION_ID (事件の PCRF からの間の 5002)" 送信されることを示します。

サンプル パケットはここに示されています:

2014-10-01 06:20:00.009092    107.72.199.142  172.18.232.142  DIAMETER 286
[TCP Retransmission] cmd=Credit-ControlAnswer(272) flags=-P-- appl=3GPP
Gx(16777238) h2h=70409850 e2e=4a67829
AVP: CC-Request-Type(416) l=12 f=-M- val=INITIAL_REQUEST (1)
AVP: Result-Code(268) l=12 f=-M- val=DIAMETER_UNKNOWN_SESSION_ID (5002)

設定から、ASR にそのようなコードのための失敗処理(FH)を行うために 5002 の(か 5xxx が)コードに設定されるローカル ポリシー フォールバックありません:

failure-handling-template FHtemplate
msg-type credit-control-initial failure-type diameter result-code 3000 to 3999
action continue local-fallback
msg-type credit-control-initial failure-type tx-expiry action continue local-fallback
msg-type credit-control-initial failure-type resp-timeout action continue
local-fallback
msg-type credit-control-initial failure-type diabase-error action continue
local-fallback
msg-type credit-control-update failure-type diameter result-code 3000 to 3999 action
continue local-fallback
msg-type credit-control-update failure-type tx-expiry action continue local-fallback
msg-type credit-control-update failure-type resp-timeout action continue local-fallback
msg-type credit-control-update failure-type diabase-error action continue
local-fallback
msg-type credit-control-terminate failure-type any action retry-and-terminate
msg-type credit-control-terminate failure-type diameter result-code 3001 to 3005 action
retry-and-terminate
msg-type credit-control-terminate failure-type diameter result-code any-error action
terminate
#exit

5002 結果コードは常置障害です(RFC 3588 を参照して下さい)。 RFC 3588 ごと、セクション 7.1.5。 要求がピアを知らせるのに失敗した使用され」。再度試みるべきではありませんこと常置失敗が下る、「常置失敗カテゴリの内でエラー、

DIAMETER_UNKNOWN_SESSION_ID 5002
要求は未知セッションID が含まれていました。 常置失敗のためのテンプレートに一致する FH 設定がないとき- 5xxx 結果コードは、セッション終了します。 従って電流 FH テンプレートと、ASR は直径結果コード「DIAMETER_UNKNOWN_SESSION_ID (PCRF からの 5002)" 予想通りのシナリオ(CCA-I)を処理します。

解決策

電流 FH テンプレートによって、ASR は直径結果コード「DIAMETER_UNKNOWN_SESSION_ID (PCRF からの 5002)" 予想通りによってシナリオ(CCA-I)を処理します。 どのようにこのシナリオを処理してほしい ASR に決定できます(すなわち、「DIAMETER_UNKNOWN_SESSION_ID (PCRF からの 5002)" コード)の CCA-I を受け取るときおよび FH テンプレートを必要ならば変更できます。 PCRF 側で(こうして現在の設計を保存するため) PGW 側の FH テンプレートを変更する必要なしで問題を解決するために変更を行なうことができ。

5xxx コードは常置障害コードです。 ただし、PCRF からの受信の後でそのような 5xxx エラーコードのための FH を行いたいと思えば設定はフォールバックに期待された 5xxx 結果コードのために次この例追加できます:

failure-handling-template FH template msg-type credit-control-initial failure-type
diameter result-code 5001 to 500x action continue local-fallback.

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119201