ストレージ ネットワーキング : ネットワーク ファイル システム(NFS)

Windows および Linux の ACS 5.x バックアップのための NFS ステージングを設定して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Windows サーバ 2012 または Linux サーバ NFS (Network File System)ステージングを設定する方法をおよびバックアップ プロセスの使用のための ACS (Access Control Server)を設定する方法を記述されています。

この機能は ACS の /opt ディレクトリの高い稼働率がある、それはビュー データベースをきれいにする受諾可能なオプションではないですとき特に役立ちます。

NFS ステージング 機能は /opt ディレクトリで他ではローカルで作成される ACS のバックアップを作成するのにリモート ディスク領域を使用することを可能にします。 バックアップが作成された後、backup コマンドで規定 する FTP サーバで保存されます。

ピョートル Borowiec および Aditya Ganjoo によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Windows サーバまたは Linux サーバ
  • Cisco ACS

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ACS 5.5
  • Windows サーバ 2012
  • Linux サーバ 2.6.18

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

オプション 1: NFS ステージング デバイスとして Windows サーバを使用して下さい

  1. Windows Start メニューをクリックし、管理ツールを指し、マネージャを『Server』 をクリック して下さい。 Server Manager ウィンドウは開きます。
  2. Manage メニューをクリックし、次に役割および機能を『Add』 をクリック して下さい。 追加ロールおよび機能 ウィザード ウィンドウは開きます。
  3. [Next] をクリックします。
  4. Type ページ インストールで役割ベースか機能ベース インストールを選択して下さい。 [Next] をクリックします。
  5. サーバー選択ページで、設定したいと思う Windows サーバを規定 して下さい。 [Next] をクリックします。
  6. ページ サーバー ロールので、およびストレージ サービス 『File』 を選択 し、そしておよび iSCSI サービス 『File』 を選択 し、次に NFS のために『Server』 を選択 して下さい。

  7. ウィザードの残りのページのそれぞれで『Next』 をクリック して下さい。 追加変更か選択をしないで下さい。 変更を確認するように頼まれるとき『Yes』 をクリック して下さい。
  8. ファイル システムで、バックアップのためのフォルダを作成して下さい。 フォルダにわかりやすい名前をつけて下さい。
  9. フォルダを右クリックし、『Properties』 をクリック して下さい。 Properties ダイアログは開きます。
  10. NFS Sharing タブをクリックして下さい。

  11. 管理 NFS Sharing ボタンをクリックして下さい。 進む NFS はダイアログを共有して開きます。

  12. 次のオプションが選択されるようにして下さい:
    • このフォルダを共有して下さい
    • サーバ認証無し[Auth_SYS]
    • イネーブル地図にないユーザアクセス
    • 割り当て地図にないユーザ Unix アクセス(UID/GID によって)
  13. Permissions ボタンをクリックして下さい。 権限ダイアログは開きます。
  14. すべてのマシンに読み書きアクセスがアクセスできるようにフォルダ権限を設定して下さい。 ルートアクセスを許可しないで下さい。

  15. それぞれを閉じるために開いたダイアログ ウィンドウ『OK』 をクリック して下さい。

オプション 2: NFS ステージング デバイスとして Linux サーバを使用して下さい

  1. Linux サーバへの接続をチェックするために ping コマンドを使用して下さい。
  2. NFS のためのバックアップ ステージング URL を設定して下さい。
  3. リポジトリが使用することができることを確認するために次のコマンドを入力して下さい:
acs# sh repository NFS-TEST
  ade # mount -t nfs <backup folder on Linux server>  <folder on ACS>

: Linux サーバのバックアップ フォルダーは "209.165.200.225:/app/backup" のようなフォルダー パスに、先行しているドメイン名または IP アドレスの用紙を奪取 する必要があります。 ACS フォルダは「/tmp/TEST/」のようなフォルダー パスの用紙を、奪取 する必要があります。

Cisco ACS の NFS ステージングを設定して下さい

コマンド プロンプトで、この例に示すように設定コマンドを入力して下さい:

ACS56-1/admin#
ACS56-1/admin# conf t

   {Enter configuration commands, one per line. End with CTRL+Z.}

ACS56-1/admin(config)# <backup-staging-url> nfs://209.165.200.225:/NFS_share

: IP アドレスの代りに NFS サーバのドメイン名を使用できます。 以下の事項に注意して下さい: 「: /」アドレスと NFS 間のシーケンスは名前を共有します。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

: ACS (シェル モード)で同じコマンドが Linux サーバまたは Windows サーバのための NFS ステージングを設定するのに使用されています。

  1. コマンド・ラインからこの backup コマンドを実行して下さい:

    ACS56-1/admin# backup testbackup repository ftp application acs
    % Creating backup with timestamped filename: testbackup-150209-2004.tar.gpg

    ログは生成されます:

    Feb  9 20:22:22 piborowi-ACS56-1 ADE-SERVICE[4681]: [18126]:[info] config:backup: br_stage.c[160] [admin]: set staging url to nfs://209.165.200.225:/NFS_share
  2. バックアップ サブ フォルダが作成した NFS 共有フォルダにあることを確認して下さい。

NFS ステージングの有無にかかわらず作成されるバックアップのための ADE.log デバッグに違いがありません。 NFS はバックアップ プロセスの間にだけマウントされます。

ファイル システムがきちんとマウントされたことを確認するために、これらのコマンドを使用して下さい:

ade # df -hFilesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/smosvg-rootvol
4.2G 364M 3.7G 9% /
/dev/sda2 965M 18M 898M 2% /storedconfig
/dev/mapper/smosvg-storeddatavol
3.9G 1.3G 2.5G 34% /storeddata
/dev/mapper/smosvg-usrvol
4.2G 1.1G 3.0G 26% /usr
/dev/mapper/smosvg-tmpvol
4.2G 143M 3.9G 4% /tmp
/dev/mapper/smosvg-home
961M 18M 894M 2% /home
/dev/mapper/smosvg-optvol
55G 2.7G 50G 6% /opt
/dev/mapper/smosvg-localdiskvol
11G 156M 11G 2% /localdisk
/dev/mapper/smosvg-altrootvol
961M 18M 895M 2% /altroot
/dev/mapper/smosvg-varvol
5.3G 223M 4.8G 5% /var
/dev/mapper/smosvg-recvol
961M 18M 895M 2% /recovery
/dev/sda1 92M 52M 35M 61% /boot
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev/shm
10.48.17.34:/NFS_share
400G 25G 376G 7% /opt/backup
ade # nfsstat -m
/opt/backup from 209.165.200.225:/NFS_share
Flags: rw,vers=3,rsize=32768,wsize=32768,hard,proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,addr=209.165.201.1

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

エラー 1

acs# sh repository NFS-TEST
% Error mounting NFS location

解決策: NFS と ACS 間の適切なルーティング/ネットワーク接続があることを確かめて下さい。 Linux コンピュータを ping し、また Linux コンピュータで作成されるディレクトリに適切な特権があることを確かめて下さい。

エラー 2

ade # mount -t nfs 209.165.200.225:/app/backup /tmp/TEST
mount: 209.165.200.225:/app/backup failed, reason given by server: unknown nfs status return value: -1

解決策: Linux サーバのこのコマンドを入力して下さい:

vi /etc/hosts and <ip address of ACS> <hostname>


Document ID: 119030