ワイヤレス : モバイル向け Cisco Quantum ポリシー スイート

1 つのスクリプトとの CPS (QPS)環境からデバッグ情報を収集して下さい

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 7 月 29 日) | フィードバック

概要

この資料は複数のデバッグ ログを突然キャプチャ するために Cisco ポリシー スイート(CPS)で使用できるスクリプトを記述したものです。 CPS リリース 5.3.x からリリース 6.x による、統合されたデバッグ スクリプト zip_debug_info.sh を使用します。 CPS バージョン 7.x でログを集めるために統合されたスクリプト capture_env.sh を使用します。 この資料は両方のメソッドを説明したものです。

Vinodkumar Tiwari および Aravindhan Balasubramanian によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

CPS リリース 5.3.x によって 6.x のためのスクリプトをデバッグして下さい

zip_debug_info.sh スクリプトは pcrfclient01 VM (仮想マシン)にパス /opt/broadhop/installer/diag にあります

[root@pcrfclient01]#ls -lrth /opt/broadhop/installer/diag/
total 48
-rwxr-xr-x 1 qns qns 2778 May 27 13:30 about.sh
-rw-r--r-- 1 qns qns 888 Jun 25 18:16 diagnostics.ini
-rwxr-xr-x 1 qns qns 16241 May 27 13:30 diagnostics.sh
-rwxr-xr-x 1 qns qns 1449 May 27 13:30 list_installed_features.sh
-rwxr-xr-x 1 qns qns 4370 May 27 13:30 list_staged_features.sh
drwxr-xr-x 6 qns qns 4096 May 27 13:30 performance
-rwxr-xr-x 1 qns qns 334 May 27 13:30 test.sh
-rwxr-xr-x 1 qns qns 1970 May 27 13:30 zip_debug_info.sh
[root@pcrfclient01]#

このスクリプトは情報のこのセットを集めます:

  1. clock_skew.txt
  2. 強化されるengine.log
  3. 強化されるqns.log
  4. diagnostics.txt
  5. disk_usage.txt
  6. 等/broadhop/
  7. features.txt
  8. ホスト
  9. 上演されるfeatures.txt
  10. svn.repos

キャプチャは CPS をログオンします

pcrfclient01 VM の zip_debug_info.sh を実行して下さい。 それはこれらのログをキャプチャ し、/var/tmp/debug_info- <date>.zip で保存される zipfile 作成します:

[root@pcrfclient01]# zip_debug_info.sh

Creating Zipfile with Debug Info...
===================================
Capturing /etc/broadhop...
Capturing Logs...
Capturing Policy Builder Data...
Capturing Diagnostics...
Capturing Installed Software Versions...
Capturing Staged Software Features...
Capturing Disk Usage...
Capturing Clock Skew...
Creating zip file: /var/tmp/debug_info-2014-06-25.zip...
===================================
Output debug information to: /var/tmp/debug_info-2014-06-25.zip
[root@pcrfclient01]#

CPS リリース 7.x およびそれ以降のためのスクリプト

capture_env.sh スクリプトは pcrfclient01 VM に /var/qps/bin/support/env にあります。

[root@dc1-pcrfclient01 ~]# cd /var/qps/bin/support/env/

[root@dc1-pcrfclient01 env]# ls -lrt
total 200
-rwxr-xr-x 1 root root 7401 Apr 29 13:04 migrate_qps_6
-rw-r--r-- 1 root root 78798 Apr 29 13:04 env_mongo.sh
-rwxr-xr-x 1 root root 20878 Apr 29 13:04 env_import.sh
-rw-r--r-- 1 root root 62170 Apr 29 13:04 env_functions.sh
-rwxr-xr-x 1 root root 18603 Apr 29 13:04 env_export.sh
-rwxr-xr-x 1 root root 3192 Apr 29 13:04 capture_env.sh
[root@dc1-pcrfclient01 env]#

スクリプトは情報のこのセットを集めます:

  1. clock_skew.txt
  2. 強化されるengine.log
  3. 強化されるqns.log
  4. diagnostics.txt
  5. disk_usage.txt
  6. 等/broadhop/
  7. features.txt
  8. ホスト
  9. 上演されるfeatures.txt
  10. svn.repos

キャプチャは CPS をログオンします

pcrfclient01 VM のパス /var/qps/bin/support/env/ の capture_env.sh を実行して下さい。 それはこれらのログをキャプチャ し、位置 /var/tmp/capture_env- <YYYY-MM-DD>.tgz で保存される zipfile 作成します:

[root@dc1-pcrfclient01 env]# capture_env.sh 

Creating archive of QPS environment information...
---------------------------
Capturing /etc/broadhop...
Capturing Logs...
Capturing Policy Builder Data...
Capturing Diagnostics...
Capturing Installed Software Versions...
Capturing Staged Software Features...
Capturing Disk Usage...
Capturing Clock Skew...
Creating the archive /var/tmp/capture_env-2015-06-17.tgz...
The QPS environment information has been exported
to /var/tmp/capture_env-2015-06-17.tgz

[root@dc1-pcrfclient01 env]#

CPS システムからの収集された情報を取出して下さい

pcrfclient01 VM にログインし、ログが /var/tmp に生成された利用できた CPS ソフトウェア リリースに従って debug_info-<date>.zipcapture_env-<YYYY-DD-MM>.tgz を取出すために FTP (Flie Transfer Protocol)クライアントを使用して下さい

例:

: CPS リリース 7.x で、生成されたファイル名は capture_env-<YYYY-MM-DD>.tgz です。

diagnostics.sh 出力の diagnosticsh.ini ファイルのエラーのために解決して下さい

問題

diagnostics.sh を実行する時)実行する間、zip_debug_info.sh スクリプトを(またはこのエラーに出会ったらこのセクションで提供されるソリューションに従って下さい:

Error:

Creating Zipfile with Debug Info...
===================================

Capturing /etc/broadhop...
Capturing Logs...
Capturing Policy Builder Data...
Capturing Diagnostics...
/opt/broadhop/installer/diag/diagnostics.ini: line 27: 27718: command not found
Capturing Installed Software Versions...

解決策

ファイル /opt/broadhop/installer/diag/diagnostics.ini を編集し、領域の代りにカンマとの DB_REPL_PORTS を分けて下さい。 これにより問題は解決します。

正しい形式

#Database ports
DB_REPL_PORTS=27717,27718,27719,27720
SH_PORT=27717

不正確なフォーマット

#Database ports
DB_REPL_PORTS=27717 27718 27719 27720
SH_PORT=27717

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119158