ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : LRE/VDSL(長距離イーサネット/Very-high-data-rate DSL)

VDSL を解決して下さい

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

この資料に非常にビットレート デジタル加入者線(VDSL)サービスのための Cisco Digital Subscriber Line (dsl) 顧客宅内機器(CPE)ルータを設定する方法を記述されています。 の VDSL 関連 問題を、890 シリーズ Cisco 880 シリーズ解決する方法を、860 シリーズ説明し、VDSL Asynchronous Digital Subscriber Line (ADSL)は高速 WAN インターフェイス カード(EHWICs)を高めました。 この資料は前述のルータおよびモジュールの ADSL または VDSL サービスがあることができるけれども、VDSL サービスに極めて特殊です。 失敗が発生する場合がある 3 つの層があります:

  • レイヤ1 - ISP の Digital subscriber line access multiplexer (DSLAM)への DSL 物理的接続性
  • 層 2.1 -イーサネット エンド ツー エンド接続
  • 層 2.2 -イーサネット(IPoE)上の Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)、繋ぐか、または RFC1483 ルーティング IP、RFC1483
  • レイヤ 3 - IP

Sunil C によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

レイヤ 1 の問題

Cisco DSL ルータの前面パネルの Carrier Detect(CD; キャリア検知)ライトは点灯していますか、それとも消灯していますか。

CD ライトが点灯している場合は、このドキュメントの「レイヤ 2 の問題」のセクションに進みます。

CD ライトが消灯している場合は、次の質問に進みます。

ISP は Broadcom チップセットをサポートする DSLAM を使用しますか。

ISP からの情報を確認して下さい。 データシートを示すカードかルータモデルがあるように DSLAM インターオペラビリティを確認して下さい。

Cisco DSL ルータの背部の DSL ポートは DSL 壁のジャックにプラグインされますか。

DSL ポートが DSL 壁のジャックにプラグインされない場合、ストレート型 RJ-11 ケーブルとウォールにポートを接続して下さい。 このケーブルは、一般的な電話ケーブルです。 VDSL 回線利用率ピン 3 および 4。

コントローラステータス、動作モードおよび伝達 カバレッジ(TC)モードとは何か。

次の出力例を参照してください。

Router#show controller vdsl 0/1/0

!--- Make sure the controller is in UP state. In case you see it in down state,
it indicates a Layer 1 issue (Hardware issue, Line issue, Interoperability
issue with DSLAM etc.)

Controller VDSL 0/1/0 is UP

Daemon Status:         Up

!--- XTU-R and XTU-C shows local (Cisco Router) and remote (DSLAM) DSL related
details like chipset vendor, Vendor ID etc.

            XTU-R (DS)        XTU-C (US)
Chip Vendor ID:        'BDCM'             'BDCM'
Chip Vendor Specific:   0x0000             0xA1AA
Chip Vendor Country:    0xB500             0xB500
Modem Vendor ID:     'CSCO'             '    '
Modem Vendor Specific:  0x4602             0x0000
Modem Vendor Country:   0xB500             0x0000
Serial Number Near:     FOC15163V2Q 2911/K9 15.5(1)T
Serial Number Far:     
Modem Version Near:     15.5(1)T
Modem Version Far:      0xa1aa

Modem Status:         TC Sync (Showtime!)

!--- Below shows the configured DSL operating mode, trained mode and TC mode.

DSL Config Mode:     AUTO
Trained Mode:    G.993.2 (VDSL2) Profile 17a
TC Mode:         PTM
Selftest Result:     0x00
DELT configuration:  disabled
DELT state:         not running

Full inits:        1
Failed full inits:   0
Short inits:        0
Failed short inits:  0

!--- DSL firmware related details

Firmware    Source        File Name
--------    ------        ----------
VDSL        embedded       VDSL_LINUX_DEV_01212008

Modem FW  Version:    130205_1433-4.02L.03.B2pvC035j.d23j
Modem PHY Version:    B2pvC035j.d23j
Trellis:         ON              ON
SRA:              disabled         disabled
 SRA count:          0             0
Bit swap:          enabled         enabled
 Bit swap count:     0             0
!--- Attenuation and Noise margin are two important parameters which points to
the line quality and intern the stability of the DSL connection
Line Attenuation:      0.0 dB          0.0 dB
Signal Attenuation:      0.0 dB          0.0 dB
Noise Margin:         11.1 dB          6.0 dB
Attainable Rate:    40440 kbits/s   3280 kbits/s
Actual Power:         14.5 dBm          4.9 dBm
Per Band Status:       D1     D2     D3     U0     U1     U2     U3
Line Attenuation(dB):   20.0    48.3    73.7    9.4    37.9   56.2   N/A    
Signal Attenuation(dB): 20.0    48.3    N/A    10.2    36.2   53.3   N/A    
Noise Margin(dB):       10.9    11.3    N/A    5.9    6.0    6.0    N/A    
Total FECC:        97252         0
Total ES:        7             0
Total SES:         0             0
Total LOSS:        0             0
Total UAS:        24             24
Total LPRS:        0             0
Total LOFS:        0             0
Total LOLS:        0             0

!--- DSL trained speed can be found below

DSChannel1   DSChannel0    US Channel1   US Channel0
Speed (kbps):              0           25087             0            3192
SRA Previous Speed:        0               0             0               0
Previous Speed:            0               0             0               0
Reed-Solomon EC:           0           97252             0               0
CRC Errors:               0              15             0               0
Header Errors:             0              62             0               0
Interleave (ms):        0.00            8.00          0.00            8.00
Actual INP:           0.00            3.01          0.00            2.00

Training Log :    Stopped
Training Log Filename :    flash:vdsllog.bin

Router#

show controller コマンド出力でこれらがあるように確認して下さい:

  • コントローラステータスは「の上で」あります。 それがに「」ダウンしていたら、それ示しますレイヤ1 問題(ハードウェア上の問題、行問題、または DSLAM においての相互運用性 の 問題)を示して下さい。 この場合解決するレイヤ1 を続行して下さい。
  • 動作モード、トレインされたモードおよび TC モードをチェックして下さい。 コントローラの下で設定される正しい動作モードを持つために確かめて下さい。 Cisco はどんな Discrete Multi-Tone (DMT) テクノロジーを ISP が使用するか確実ではない場合 Dsl operating-mode 自動を使用することを推奨します。 これらは動作モード autodetection を設定するコマンドです:
    Router#configure terminal

    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

    Router(config)#controller vdsl 0

    Router(config-controller)#operating-mode auto

    Router(config-controller)#end

    Router#write memory

    トレインされたモードを検知 し、ISP とネゴシエートされる正しいモードを持つために確かめて下さい。 検知 するべきもう一つの重要なパラメータは TC モードです。 トレーニング モードが VDSL2 または VDSL2+ なら、TC モードはパケット転送 モード(PTM)です。 この場合」、状態の上の「の PTM イーサネットインターフェイスを参照する必要があり、PPP のようなすべての上位層パラメータは、IP、イーサネットインターフェイスの下で等設定する必要があります。 トレインされたモードが ADSL、ADSL2、または ADSL2+ なら、TC モードは ATM であり、すべての上位層パラメータは ATM 相手先固定接続(PVC)の下でこの場合設定する必要があります。 ADSL と VDSL 間の動作モードを変更する場合、対応した イーサネットか ATM インターフェイスをアクティブにするためにルータをリブートする必要がないかもしれません。

ノイズ マージンおよび減衰をチェックして下さい。 ノイズ マージンは DSL Signal to Noise Ratio の相対的 な強度です。 より高い数この測定単位のためのよりよいの:

  • 6dB はまたはそれ以下に悪く、同期化か断続的な同期化問題に直面しません
  • 7dB-10dB は公平でが、状態で変動のための多くの余地を去りません
  • 11dB-20dB は同期化問題がほとんどないよいです
  • 20dB-28dB は優秀です
  • 29dB はまたはそれ以上に顕著です

減衰は場合が DSLAM とモデムの間で低下させたかどの位のメジャーです。 これは主として交換からの距離の機能です。 下部の dB この測定単位のためのよりよいの。

  • 20dB は以下に顕著です
  • 20dB-30dB は優秀です
  • 30dB-40dB は非常によいです
  • 40dB-50dB はよいです
  • 50dB-60dB は粗末で、接続上の問題に直面するかもしれません
  • 60dB はまたはそれ以上に悪く、接続上の問題に直面します

VDSL ファームウェアの最新バージョンの 1 つを持つために確かめて下さい。 最新版ファームウェアに既知 相互運用性 の 問題のほとんどのための修正があります。 CCO から最新版ファームウェアをダウンロードできます。

DSL が適切な上下流速度と同期していることを確認して下さい。

正しいルータモデルがありますか。

ADSL/VDSL ルータが 2 バージョン入って来ことに注目して下さい; ISDN (Annex-B)上の一般電話サービス(Annex-A)上の 1) DSL および 2) DSL。 一部の国では、ISP はほとんどの他のそれは Annex-A であるが、Annex-B 接続を提供します。 Annex-A DSL ルータかカードは Annex-B 行とまたその逆にも同期しません。 それ故に適切なの右のルータモデルがあることを確かめる必要があります。 詳細についてはルータ データシートを参照して下さい。

回線が正しくテストおよびプロビジョニングされていますか。

この情報は、ISP または電話会社から入手します。

レイヤ 2 の問題

PTM はイーサネットですか。

トレインされたモードは VDSL であることが確認されたら、イーサネットインターフェイスが」状態の上のに「あることを確かめて下さい。

Router#show ip interface brief
Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Protocol
Embedded-Service-Engine0/0 unassigned      YES NVRAM  administratively down down    
GigabitEthernet0/0         unassigned      YES NVRAM  up                    up      
GigabitEthernet0/0.1       unassigned      YES unset  up                    up           
GigabitEthernet0/1         unassigned      YES NVRAM  administratively down down    
GigabitEthernet0/2         192.168.22.1    YES NVRAM  up                    up      
ISM0/1                     unassigned      YES unset  up                    up      
ATM0/1/0                   unassigned      YES NVRAM  administratively down down    
!--- Verify that the Ethernet interface is in up state
Ethernet0/1/0              unassigned      YES NVRAM  up                    up

プロバイダはタグ付きトラフィックを期待しますか。 Yes の場合は、バーチャルLAN 識別子(VLAN ID)は何ですか。

プロバイダのほとんどは顧客宅内機器(CPE)からのタグ付きトラフィックを期待します。 ISP から VLAN ID を得た後ここに示されているように VLAN タギングを設定できます。

Router(config)#interface Ethernet0.835

Router(config-subif)#encapsulation dot1Q 835

Router(config-subif)#end

Router#

アドレス解決プロトコル (ARP) エントリは読み込まれますか。

遠隔の MAC アドレスが show arp コマンド出力にあったかどうか確認して下さい。

ISP からデータを受け取りますか。

正しい VLAN ID がある場合、次 の ステップは ISP とポイント ツー ポイント プロトコル(PPP)をネゴシエートする試みを確認することです。 これをするために、コマンド show interface Ethernet0 を入力し、入出力パケットをチェックして下さい。

Router#show interface ethernet0
Ethernet0/1/0 is up, line protocol is up
  Hardware is VDSL_ETHERNET, address is 30f7.0d7e.3408 (bia 30f7.0d7e.3408)
  MTU 1500 bytes, BW 3261 Kbit/sec, DLY 3000 usec,
     reliability 255/255, txload 19/255, rxload 1/255
  Encapsulation 802.1Q Virtual LAN, Vlan ID  1., loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:00:19, output 00:00:00, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/1024 (size/max)
  5 minute input rate 23000 bits/sec, 19 packets/sec
  5 minute output rate 244000 bits/sec, 29 packets/sec
     3096276 packets input, 3672318911 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts (1517324 IP multicasts)
     0 runts, 0 giants, 1 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
     0 input packets with dribble condition detected
     1287646 packets output, 240862302 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 unknown protocol drops
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     1 lost carrier, 0 no carrier
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out


Router#show controller vdsl 0 datapath
ptm0            Link encap:Ethernet  HWaddr 02:10:18:01:00:02  
                UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1600  Metric:1
                RX packets:3111732 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
                TX packets:1311107 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
                collisions:0 txqueuelen:1000
                RX bytes:3677814427 (3.4 GiB)  TX bytes:265796876 (253.4 MiB)

atm/ptm interface statistics for port 0
in octets                   4983267
out octets                  27636440
in packets                  16376
out packets                 26024
in OAM cells                0
out OAM cells               0
in ASM cells                0
out ASM cells               0
in packet errors            0
in cell errors              0

パケットカウンタが増分する場合、ISP から PPPネゴシエーションパケットを受信する必要があります。 そうでない場合は、ISP に連絡してください。

出力バインドされたカウンターが増分する場合、PPPネゴシエーションパケットを送信する必要があります。 そうでない場合は、ルータの設定をチェックしてください。 PPP が正しく設定される場合、PPPネゴシエーションパケットは絶えず Ethernet0 インターフェイス送信されます。

PPP はきちんとネゴシエートしますか。

レイヤ1 がアップであり、正しい VLAN ID があれば、次 の ステップは PPP がきちんとアップすることを確かめることです。 この作業を行うには、Cisco DSL ルータで一連の debug commands コマンドを実行して、その出力を解釈する必要があります。 使用するプライマリ debug コマンドは debug ppp negotiation です。 PPP ネゴシエーションが正しく行われた場合のこのコマンドの出力例を次に示します。

Router#debug ppp negotiation

PPP protocol negotiation debugging is on

Router#
2w3d: Vi1 PPP: No remote authentication for call-out
2w3d: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING
2w3d: Vi1 LCP: O CONFREQ [Open] id 146 len 10
2w3d: Vi1 LCP: MagicNumber 0x8CCF0E1E (0x05068CCF0E1E)
2w3d: Vi1 LCP: O CONFACK [Open] id 102 Len 15
2w3d: Vi1 LCP: AuthProto CHAP (0x0305C22305)
2w3d: Vi1 LCP: MagicNumber 0xD945AD0A (0x0506D945AD0A)
2w3d: Di1 IPCP: Remove route to 10.10.10.1
2w3d: Vi1 LCP: I CONFACK [ACKsent] id 146 Len 10
2w3d: Vi1 LCP: MagicNumber 0x8CCF0E1E (0x05068CCF0E1E)
2w3d: Vi1 LCP: State is Open
2w3d: Vi1 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by the peer
2w3d: Vi1 CHAP: I CHALLENGE id 79 Len 33 from "6400-2-NRP-2"
2w3d: Vi1 CHAP: O RESPONSE id 79 Len 28 from "John"
2w3d: Vi1 CHAP: I SUCCESS id 79 Len 4
2w3d: Vi1 PPP: Phase is UP
2w3d: Vi1 IPCP: O CONFREQ [Closed] id 7 Len 10
2w3d: Vi1 IPCP: Address 0.0.0.0 (0x030600000000)
2w3d: Vi1 IPCP: I CONFREQ [REQsent] id 4 Len 10
2w3d: Vi1 IPCP: Address 10.10.10.1 (0x030614140201)
2w3d: Vi1 IPCP: O CONFACK [REQsent] id 4 Len 10
2w3d: Vi1 IPCP: Address 10.10.10.1 (0x030614140201)
2w3d: Vi1 IPCP: I CONFNAK [ACKsent] id 7 Len 10
2w3d: Vi1 IPCP: Address 10.1.1.1 (0x030628010102)
2w3d: Vi1 IPCP: O CONFREQ [ACKsent] id 8 Len 10
2w3d: Vi1 IPCP: Address 10.1.1.1 (0x030628010102)
2w3d: Vi1 IPCP: I CONFACK [ACKsent] id 8 Len 10
2w3d: Vi1 IPCP: Address 10.1.1.1 (0x030628010102)
2w3d: Vi1 IPCP: State is Open
2w3d: Di1 IPCP: Install negotiated IP interface address 10.1.1.1
2w3d: Di1 IPCP: Install route to 10.10.10.1
Router#

PPP のネゴシエーションには、主に次の 4 つの障害ポイントがあります。

  • リモート デバイス(ISP)からの応答がない
  • Link Control Protocol(LCP; リンク制御プロトコル)が開かない
  • 認証の失敗
  • IP Control Protocol(IPCP; IP コントロール プロトコル)の障害

ISP からの応答がない

ISP が応答しない場合、これはパケットは受信方向の Ethernet0 インターフェイスで増分することを既に確認したので問題ではないはずです。 ただしパケットが受信方向の Ethernet0 で増分したら、およびあなたこれを debug ppp negotiation を実行するとき、パケットが Cisco DSL ルータに送信されることを確認するために連絡します ISP に受け取って下さい。

Router#debug ppp negotiation
*Mar 1 04:04:50.718: Vi1 PPP: Treating connection as a callout
*Mar 1 04:04:50.718: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open [0 sess, 0 load]
*Mar 1 04:04:50.718: Vi1 PPP: No remote authentication for call-out
*Mar 1 04:04:50.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 1 Len 10

!--- "O" specifies an outbound packet

*Mar 1 04:04:50.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
*Mar 1 04:04:52.722: Vi1 LCP: TIMEout: State REQsent
*Mar 1 04:04:52.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 2 Len 10

!--- "O" specifies an outbound packet

*Mar 1 04:04:52.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
*Mar 1 04:04:54.722: Vi1 LCP: TIMEout: State REQsent
*Mar 1 04:04:54.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 3 Len 10
*Mar 1 04:04:54.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
*Mar 1 04:04:56.722: Vi1 LCP: TIMEout: State REQsent
*Mar 1 04:04:56.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 4 Len 10
*Mar 1 04:04:56.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
*Mar 1 04:04:58.722: Vi1 LCP: TIMEout: State REQsent
*Mar 1 04:04:58.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 5 Len 10
*Mar 1 04:04:58.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
*Mar 1 04:05:00.722: Vi1 LCP: TIMEout: State REQsent
*Mar 1 04:05:00.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 6 Len 10
*Mar 1 04:05:00.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
*Mar 1 04:05:02.722: Vi1 LCP: TIMEout: State REQsent
*Mar 1 04:05:02.722: Vi1 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 7 Len 10

!--- "O" specifies an outbound packet

*Mar 1 04:05:02.722: Vi1 LCP: MagicNumber 0x317722F4 (0x0506317722F4)
Router#undebug all

この出力には、出力パケットを示す O のパケットしかありません。 PPP を正しくネゴシエートするためには、送信した O のパケットごとに ISP からの着信を示す I のパケットが必要です。 パケットが受信を増分するが、I パケットを見ない場合、Cisco DSL ルータに送信されるパケットを確認するために ISP に連絡して下さい。

LCP が開かない

LCP が開いていない場合、これは通常 PPP オプションでミスマッチによって引き起こされます。 このような不一致は、ISP でサポートされていない PPP パラメータが Cisco DSL ルータに設定されている場合や、Cisco DSL ルータでサポートされていないパラメータが ISP で設定されている場合に起こります。 PPP オプションの不一致の出力例を次に示します。

Router#debug ppp negotiation
*Mar 1 04:52:43.254: Vi1 PPP: Treating connection as a callout
*Mar 1 04:52:43.258: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open [0 sess, 1 load]
*Mar 1 04:52:43.258: Vi1 PPP: No remote authentication for call-out
*Mar 1 04:52:43.258: Vi1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 3 len 10
*Mar 1 04:52:43.262: Vi1 LCP: MagicNumber 0x31A2F808 (0x050631A2F808)
*Mar 1 04:52:43.310: Vi1 LCP: I CONFREQ [REQsent] id 180 Len 14
*Mar 1 04:52:43.310: Vi1 LCP: AuthProto PAP (0x0304C023)
*Mar 1 04:52:43.310: Vi1 LCP: MagicNumber 0x39D50E9B (0x050639D50E9B)
*Mar 1 04:52:43.314: Vi1 LCP: O CONFNAK [REQsent] id 180 Len 9

!--- PPP option reject

*Mar 1 04:52:43.314: Vi1 LCP: AuthProto CHAP (0x0305C22305)

!--- PPP option that is rejected

*Mar 1 04:52:43.314: Vi1 LCP: I CONFACK [REQsent] id 3 Len 10
*Mar 1 04:52:43.318: Vi1 LCP: MagicNumber 0x31A2F808 (0x050631A2F808)
*Mar 1 04:52:43.366: Vi1 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 181 Len 14
*Mar 1 04:52:43.366: Vi1 LCP: AuthProto PAP (0x0304C023)
*Mar 1 04:52:43.366: Vi1 LCP: MagicNumber 0x39D50E9B (0x050639D50E9B)
*Mar 1 04:52:43.370: Vi1 LCP: O CONFNAK [ACKrcvd] id 181 Len 9

!--- PPP option reject

*Mar 1 04:52:43.370: Vi1 LCP: AuthProto CHAP (0x0305C22305)

!--- PPP option that is rejected

*Mar 1 04:52:43.418: Vi1 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 182 Len 14
*Mar 1 04:52:43.418: Vi1 LCP: AuthProto PAP (0x0304C023)
*Mar 1 04:52:43.418: Vi1 LCP: MagicNumber 0x39D50E9B (0x050639D50E9B)
Router#undebug all

I パケットでも O パケットでも、Configure-Negative-Acknowledge(CONFNAK)が PPP 設定の不一致であることが示されています。 つまり、PPP 接続の一方が、他方で使用できないか設定されていない PPP オプションを要求しています。 Cisco DSL ルータが CONFNAK を(「O CONFNAK によって」示される)送信 すれば、Cisco DSL ルータは実行できませんし、ISP が送信 する オプションのために設定されません。 CONFNAK が ISP によって(「CONFNAK」示す)送信 されれば、行い ISP がたいと思わない Cisco DSL ルータのオプションを設定しました。

CONFNAK の次の行は、拒絶されたオプションを示しています。 この出力例では、オプションは Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP)です、しかしそれはオプションである可能性があります。 PPP オプションが設定することができる Cisco DSL ルータの唯一のインポートは interface dialer 1.入力します interface dialer 1 設定を表示するためにコマンド show run interface dialer 1 をです。

ISP が I CONFNAK を送信している場合は、CONFNAK の次の行と一致するコマンドを dialer 1 インターフェイスで探してそれらのコマンドを削除します。 Cisco DSL ルータが O CONFNAK を送信 する場合、きちんと ISP と PPP をネゴシエートするために interface dialer 1 にコマンドを追加して下さい。 ケースどのコマンドが Cisco DSL ルータで有効に なる必要があるか判別するためにルータ送信パケットが、Ciscoサポートを呼出す必要があるかもしれませんこと。

認証の失敗

認証の失敗は、PPP のユーザ名とパスワードを ISP が認証できないときに発生します。 この問題が発生するシナリオは 2 つあります。 最初のシナリオは、認証タイプの不一致で、ルータの設定が正しくない場合に発生します。 このドキュメントに示されているすべての認証設定は、Password Authentication Protocol(PAP)と CHAP の両方の認証タイプに適用できます。 柔軟に設定するために、CHAP と PAP の両方を設定してください。 両方とも設定してもらわない場合この例のような debug ppp negotiation コマンドからの出力を見るかもしれません:

Router#debug ppp negotiation
00:34:29: Vi1 LCP:O CONFREQ [REQsent] id 53 Len 15
00:34:29: Vi1 LCP: AuthProto CHAP (0x0305C22305)

!--- Sends CHAP requests

00:34:29: Vi1 LCP: MagicNumber 0x01B63483 (0x050601B63483)
00:34:29: Vi1 LCP: I CONFREQ [REQsent] id 252 Len 14
00:34:29: Vi1 LCP: AuthProto PAP (0x0304C023)

!--- Receives PAP requests from the service provider

00:34:29: Vi1 LCP: MagicNumber 0xBC5233F9 (0x0506BC5233F9)
00:34:29: Vi1 LCP: O CONFREJ [REQsent] id 252 Len 8
Router#undebug all

両方の認証 ミスマッチ問題を訂正するために、受信 CONFREQ パケットの ISP によって要求されるものに認証プロトコルを再構成する必要があります。

PAP のユーザ名とパスワードが正しいことはどうすればわかりますか。

ISP は PAP を使用することを確認した後、PAP ユーザ名 および パスワードが正しいことを確認するために debug ppp negotiation コマンドを入力して下さい。

Router#debug ppp negotiation 
*Mar 2 00:50:15.741: Vi1 PPP: Treating connection as a callout
*Mar 2 00:50:15.745: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open [0 sess, 1 load]
*Mar 2 00:50:15.745: Vi1 PPP: No remote authentication for call-out
*Mar 2 00:50:15.745: Vi1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 177 Len 10
*Mar 2 00:50:15.745: Vi1 LCP: MagicNumber 0x35EB5D4F (0x050635EB5D4F)
*Mar 2 00:50:15.789: Vi1 LCP: I CONFACK [REQsent] id 177 Len 10
*Mar 2 00:50:15.793: Vi1 LCP: MagicNumber 0x35EB5D4F (0x050635EB5D4F)
*Mar 2 00:50:17.241: Vi1 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 203 Len 14
*Mar 2 00:50:17.241: Vi1 LCP: AuthProto PAP (0x0304C023)
*Mar 2 00:50:17.241: Vi1 LCP: MagicNumber 0x3E1D1E5E (0x05063E1D1E5E)
*Mar 2 00:50:17.245: Vi1 LCP: O CONFACK [ACKrcvd] id 203 Len 14
*Mar 2 00:50:17.245: Vi1 LCP: AuthProto PAP (0x0304C023)
*Mar 2 00:50:17.245: Vi1 LCP: MagicNumber 0x3E1D1E5E (0x05063E1D1E5E)
*Mar 2 00:50:17.249: Vi1 LCP: State is Open
*Mar 2 00:50:17.249: Vi1 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by the peer [0 sess, 1 load]
*Mar 2 00:50:17.249: Vi1 PAP: O AUTH-REQ id 9 Len 14 from "cisco"

!--- "cisco" is the PAP username configured on this DSL Router.

*Mar 2 00:50:17.297: Vi1 PAP: I AUTH-NAK id 9 Len 27 msg is "Authentication failure"
*Mar 2 00:50:17.301: Vi1 LCP: I TERMREQ [Open] id 204 Len 4
*Mar 2 00:50:17.301: Vi1 LCP: O TERMACK [Open] id 204 Len 4
*Mar 2 00:50:17.305: Vi1 PPP: Phase is TERMINATING [0 sess, 1 load]u
*Mar 2 00:50:19.305: Vi1 LCP: TIMEout: State TERMsent
*Mar 2 00:50:19.305: Vi1 LCP: State is Closed
*Mar 2 00:50:19.305: Vi1 PPP: Phase is DOWN [0 sess, 1 load]

ISP に連絡し、これを固定するために正しい資格情報を得る必要があります。 これらのコマンドで PAP 資格情報を再構成できます:

Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#interface dialer 1
Router(config-if)#ppp pap sent-username <username> password <password>
Router(config-if)#end
Router#write memory

CHAP のユーザ名とパスワードが正しいことはどうすればわかりますか。

ISP は CHAP を使用することを確認した後、CHAP ユーザ名 および パスワードが正しいことを確認するために debug ppp negotiation コマンドを入力して下さい。

Router#debug ppp negotiation
*Mar 3 02:51:47.287: Vi1 PPP: Treating connection as a callout
*Mar 3 02:51:47.287: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open [0 sess, 1 load]
*Mar 3 02:51:47.291: Vi1 PPP: No remote authentication for call-out
*Mar 3 02:51:47.291: Vi1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 188 Len 10
*Mar 3 02:51:47.291: Vi1 LCP: MagicNumber 0x3B821FF1 (0x05063B821FF1)
*Mar 3 02:51:47.339: Vi1 LCP: I CONFREQ [REQsent] id 204 Len 15
*Mar 3 02:51:47.343: Vi1 LCP: AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar 3 02:51:47.343: Vi1 LCP: MagicNumber 0x43B3F393 (0x050643B3F393)
*Mar 3 02:51:47.343: Vi1 LCP: O CONFACK [REQsent] id 204 Len 15
*Mar 3 02:51:47.347: Vi1 LCP: AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar 3 02:51:47.347: Vi1 LCP: MagicNumber 0x43B3F393 (0x050643B3F393)
*Mar 3 02:51:47.347: Vi1 LCP: I CONFACK [ACKsent] id 188 Len 10
*Mar 3 02:51:47.351: Vi1 LCP: MagicNumber 0x3B821FF1 (0x05063B821FF1)
*Mar 3 02:51:47.351: Vi1 LCP: State is Open
*Mar 3 02:51:47.351: Vi1 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by the peer [0 sess, 1 load]
*Mar 3 02:51:47.395: Vi1 CHAP: I CHALLENGE id 1 Len 32 from "6400-2-NRP3"
*Mar 3 02:51:47.395: Vi1 CHAP: Using alternate hostname cisco
*Mar 3 02:51:47.399: Vi1 CHAP: Username 6400-2-NRP3 not found
*Mar 3 02:51:47.399: Vi1 CHAP: Using default password
*Mar 3 02:51:47.399: Vi1 CHAP: O RESPONSE id 1 Len 26 from "cisco"  

!--- "cisco" is the CHAP username configured on this DSL Router.

*Mar 3 02:51:47.447: Vi1 CHAP: I FAILURE id 1 Len 26 MSG is "Authentication failure"
*Mar 3 02:51:47.447: Vi1 LCP: I TERMREQ [Open] id 205 Len 4
*Mar 3 02:51:47.451: Vi1 LCP: O TERMACK [Open] id 205 Len 4
*Mar 3 02:51:47.451: Vi1 PPP: Phase is TERMINATING [0 sess, 0 load]
*Mar 3 02:51:49.451: Vi1 LCP: TIMEout: State TERMsent
*Mar 3 02:51:49.451: Vi1 LCP: State is Closed
*Mar 3 02:51:49.451: Vi1 PPP: Phase is DOWN [0 sess, 0 load]
Router#undebug all

ISP に連絡し、これを固定するために正しい資格情報を得る必要があります。 これらのコマンドで CHAP 資格情報を再構成できます:

Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#interface dialer 1
Router(config-if)#ppp chap hostname <username>
Router(config-if)#ppp chap password <password>
Router(config-if)#end
Router#write memory

いつ PPP の認証に成功したかはどうすればわかりますか。

CHAP のネゴシエーションに成功した例を次に示します。

Router#debug ppp negotiation
<... snipped ...>
*Mar 3 03:30:09.335: Vi1 LCP: State is Open
*Mar 3 03:30:09.335: Vi1 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by the peer [0 sess, 1 load]
*Mar 3 03:30:09.379: Vi1 CHAP: I CHALLENGE id 41 len 32 from "6400-2-NRP3"
*Mar 3 03:30:09.379: Vi1 CHAP: Using alternate hostname cisco
*Mar 3 03:30:09.379: Vi1 CHAP: Username 6400-2-NRP3 not found
*Mar 3 03:30:09.383: Vi1 CHAP: Using default password
*Mar 3 03:30:09.383: Vi1 CHAP: O RESPONSE id 41 Len 26 from "cisco"
*Mar 3 03:30:09.431: Vi1 CHAP: I SUCCESS id 41 Len 4

!--- CHAP negotiation was a success.

*Mar 3 03:30:09.431: Vi1 PPP: Phase is UP [0 sess, 1 load]
<... snipped ...>
Router#undebug all
This example shows a successful PAP negotiation.
Router#debug ppp negotiation
<... snipped ...>
*Mar 3 03:33:19.491: Vi1 LCP: State is Open
*Mar 3 03:33:19.491: Vi1 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by the peer [0 sess, 0 load]
*Mar 3 03:33:19.495: Vi1 PAP: O AUTH-REQ id 255 Len 16 from "cisco"
*Mar 3 03:33:19.539: Vi1 PAP: I AUTH-ACK id 255 Len 5
*Mar 3 03:33:19.539: Vi1 PPP: Phase is UP [0 sess, 0 load]

!--- PAP negotiation was a success.

<... snipped ...>
Router#undebug all

PPPoE 上のパフォーマンス上の問題

このセクションは PPPoE 接続に特定です。 ダイヤラーインターフェイスのデフォルト最大伝送ユニット(MTU) サイズを使用するとき等スループットにおいての問題を、PPPoE 接続との遅い参照見ることを、期待します。 PPPoE ヘッダによって使用される 8 バイトのためのアカウントを奪取 するために 1492 に PPPoE ダイヤラの MTU を設定 する必要があります。 適切な MTU を設定するためにこれらのコマンドを入力して下さい:

Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#interface dialer 1
Router(config-if)#mtu 1492

  



Document ID: 119009