ワイヤレス : Cisco MME モビリティ マネージメント エンティティ

プールのロード バランス MME

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料は S10 設定およびモビリティ 管理エンティティ(MME)ロード バランシングを記述したものです。 集約 サービス ルータ(ASR) 5x00 シリーズの MME 実行。

Saurabh Gupta および Krishna Kishore DV によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

S10 インターフェイスおよび設定

S10 インターフェイス 説明

S10 インターフェイスは 2 MME 間のユーザ の 移動性を促進します。 それらは 1 MME からの別のものへのユーザ Equipement (UE)コンテキストの転送を GprsTransfer プロトコル version2 (GTPv2)を提供します。 この図は EPC アーキテクチャで S10 のロールを示します。

S10 コールフロー

サービング ゲートウェイ変更が付いているエリア アップデートによって引き起こされる MME 変更のトラッキング

この図は技術仕様から 23.401 Ref[1] 得られます。 詳細については [1] のセクション 5.3.3.1 を参照して下さい。

ステップ 3 -外部 グローバルに固有の一時 ID (GUTI)の新しい MME のトラッキング エリア アップデート(TAU)要求の最初の到達は新しい MME を新しいコールを設定するためにプロンプト表示します。 新しい MME は GUTI から得られるグローバルに固有の MME 識別子(GUMMEI)の古い MME の IP アドレスを調べることができます。

ステップ 4、5、および 6 -統合 保護が新しい MME で失敗した場合ステップ 4 および 5 は繰り返すことができます。 新しい MME はそして認証を行い、本当に UE によって検証されるビットを設定 し、コンテキスト応答によってモビリティ 管理(MM)コンテキスト情報を送信 するように再度古い MME を要求します。

ステップ 7 -コンテキストは含まれています古い MME へのサービング ゲートウェイ(SGW)変更を表示するためにフラグが確認します。 これは UE コンテキスト再配置の終わりに古い MME がかどうか S11 を送信 するために削除しますセッション要求を決定するのを助けます。

ステップ 12、13、14、および 15 -ホーム加入者サーバ(HSS)相互対話

新しい MME は MME 型だけにアップデート入力を更新場所要求 設定 します。 このアップデート型に関しては、HSS は Gprs 「古い動作サポート ノード(SGSN)」および「古い MME 両方」にキャンセル Location Request を送信 します。

ステップ 18 および 19 - MME はこの TAU トリガーに応じて新しい GUTI を割り当てます。 それ故に、UE は TAU メッセージ全体と応答します。

ステップ 19 の後-アクティブなフラグが TAU 要求で設定 される場合、MME は S1u 接続を確立するために接続されたモードへの遷移を始めます。

SGW 変更のない TAU によって引き起こされる MME 変更

 

古い MME の GUTI の付加要求

 

MME および SGW 変更との S1-Based 引渡し

Domain Name Server クエリ

ターゲット MME 選択

S1 引渡しが必要となったときにメッセージはソース MME で UE の新しいトラッキング エリア 識別子(TAI)がまだ電流 MME によって動作されるかどうか、MME 最初に確かめます着きます。 そうでなかったら、TAI ベースの完全修飾ドメイン名 (FQDN)は MME として(サービス タグ)と組み立てられ、DNSサーバはこの TAI を動作する MME のために問い合わせられます。 ターゲット MME の IP アドレスが判別された後、S10 Fwd 再配置要求はターゲット MME に送信 されます。

TAI-FQDN はとして組み立てられます:

tac-lb<TAC-low-byte>.tac-hb<TAC-high-byte>.tac.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>.3gppnetwork.org

ソース MME ルックアップ

GUTI を与えられて、新しい MME は古い MME に達する方法を知る必要があります。 新しい MME は DNS を問い合わせ、GUTI から得られる GUMMEI のために古い MME の IP アドレスを得る必要があります。

このため、MME は GUMMEI の FQDN を組み立てます。 Application Program Interface (API)が対応する FQDN エントリのためのローカル キャッシュ最初に調べる DNS クエリ。 見つけられなくて、それは指定 DNSサーバを問い合わせます。 結果はこの MME の IP アドレスです。 クエリが失敗した場合、MME は IMSI のために UE を要求し、認証 の 手順を続行する必要があります。

MME ノード FQDN はとして組み立てられます:

mmec<MMEC>.mmegi<MMEGI>.mme.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>.3gppnetwork.org

SGW 選択

新しい MME がそれに移る UE に SGW を選択するために必要となります。 これは TAI FQDN に基づいて DNSサーバへのクエリに基づいてされます(SGW としてサービス タグと)。

TAI FQDN はとして組み立てられます:

tac-lb<TAC-low-byte>.tac-hb<TAC-high-byte>.tac.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>.3gppnetwork.org

パケット ゲートウェイ選択

パケット ゲートウェイ(PGW)選択は最初の付加手順だけで完了します。 TAU 付加および S1 引渡しでは、既存の PGW は保たれます。

S10 のまわりの設定

  1. S10 インターフェイスおよび VLAN マッピングを設定して下さい。
  2. よくある MME グループ ID をきちんと整っていましたり、さもなければそれに応じて変更しますそれを確認して下さい。 ピア MME アドレスを設定して下さい。
  3. 対応したによって展開させる GPRS トンネリング プロトコル(EGTP)サービスを設定して下さい。
    local]# config

    [local](config)# context mme

    [mme(config-ctx)# interface s10

    [mme(config-if-eth)# ip address 192.25.19.13 255.255.255.248

    [mme(config-if-eth)#exit

    [mme(config-ctx)# mme-service mme_svc

    [mme(config-mme-service)# mme-id group-id 61005 mme-code 113

    [mme(config-mme-service)# peer-mme gummei mcc 704 mnc 01 group-id 61005
    mme-code 114 address 172.25.19.14


    [mme] (config-mme-service)#exit

    CLI がターゲット MME のための DNS コンテキストを設定し、MME ルックアップをソースをたどるために必要となります。

    [mme(config-mme-service) dns peer-mme context <ctxt-name>



    [mme](config-ctx)# egtp-service mme_s10

    [mme](config-egtp-service)# interface-type interface-mme

    [mme](config-egtp-service)# gtpc bind ipv4-address 192.25.19.13

    [mme](config-egtp-service)# end



    [local]# Config

    [local](config)# port ethernet 17/1

    [local](config-port-17/1)# vlan 166

    [local](config-port-17/1-vlan-166)# no shutdown

    [local](config-port-17/1-vlan-166)# bind interface s10 mme

    [local](config-port-17/1-vlan-166)# end

MME 間のロード バランシング

MME 間のロード バランシングを実現させる適切な MME にある意味では指示されるべき MME プール エリアに入る MME ロード バランシング 機能性割り当て UEs。 MME を選択する eNodeB の確率が加重係数に比例していることこれを実現させるために、各 MME のための加重係数をそのような物設定 して下さい。 加重係数は他の MME ノードに関連して MME ノードのキャパシティに従って一般的に 設定 されます。

加重係数は S1-AP メッセージによって MME から eNodeB に送信 されます。

MME の加重係数は相対的 な MME キャパシティ S1AP Information Element (IE)の eNodeB に送信 されます。

IE/Group 名前存在範囲IE 型および参照セマンティクス説明
相対的 な MME キャパシティ

M

整数(0..255)

この IE は MME からの S1AP S1 セットアップ 応答メッセージに含まれています。

S1 インターフェイスが既に初期化されていた後相対的 な MME キャパシティが変更されれば、eNodeB にこの情報をアップデートするのに MME 設定 の アップデート メッセージが使用されています。

MME に相対的 な MME キャパシティを規定 する サービス レベル 設定があります。

<mme-service># relative-capacity <0-255><mme-service># default relative-capacity
Default value is "255"

ロード バランスをとり直すこと

別の MME に移動されるべき MME で(MME プール エリアの内で)登録されている機能性割り当て UEs のバランスをとり直す MME ロード。 通常、このプロシージャはプール エリアの他の MME は同様に過剰になるようにロード バランシング 機能がする必要があるので MME が過剰になられるようになるとき使用するべきではありません。

eNodeBs はすべてのサブスクライバが他の MME にプール エリアに新入者をルーティングする) MME から取除かれるべきならあらかじめ調整されるロード バランシング パラメータがあるかもしれません(のような、加重係数はゼロに設定されます。

ECM-CONNECTED モード UEs をオフロードするために、MME が」必要なリリース原因「ロード バランシング TAU の S1 リリース プロシージャを始めます。

UEs をオフロードするために ECM-IDLE モードで始められる TA 更新か大使館員を行う、MME はリリース原因「ロード バランシング TAU」の MME リリース S1 が必要となったときにそのプロシージャおよびプロシージャ端を完了します。

ECM-IDLE の UEs をオフロードするために UE を TAU かサービス リクエストを行い、ECM-CONNECTED 状態にそれを持って来るために接続される ECM になるために待っていないで MME 第 1 ページ UE 示して下さい。

MME は MME プール エリアの MME の中でバランスをとり直すロードの特定の MME サービスのための UEs をオフロードするために管理水平なコマンドを提供します。 「停止」オプションが選択される場合、オフロード操作は中断され、この MME サービスへの呼び出しは普通扱われます。

バランスをとり直すロードを行って下さい(オフロードする UE)

この例は(オフロードします)規定 された MME サービスからのすべての UEs の 30% (MME プールの他の MME サービスに)バランスをとり直します 10 分の間に。

mme offload mme-service mme_svc time-duration 10 offload-percentage 30 -noconfirm

このコマンドはまたディセーブル暗示取り外しオプションと入力することができます。 デフォルトで UE コンテキストが 5 分以内の別の MME に転送されなければ、UE は暗黙のうちに取り外されます。 このオプションはこの暗示を取り外しますタイマーをディセーブルにします。

mme offload mme-service mme_svc time-duration 10 offload-percentage 30
disable-implicit-detach -noconfirm

オフロード プロセスを停止するために、Stop キーワード オプションのコマンドを入力して下さい。

mme offload mme-service mme_svc stop -noconfirm

バランスをとり直すロードを確認して下さい(オフロードする UE)

このコマンドはバランスをとり直すことのオフロード 設定、またステータスを表示したものです。

show mme-service name svc_name offload statistics


[local]asr5000# show mme-service name mme1 offload statistics
Current Offload Status: In Progress
Implicit Detach Status: Enabled
Time Duration Requested: 600 secs
Percentage of Subscribers Requested: 30
Total Number of Subscribers: 0
Total Number of Subscribers to be Offloaded: 0
Total Number of Subscribers Offloaded: 0
Total Number of Subscribers Received Context Transfer: 0
Remaining Time: 0 secs


Where the Current Offload Status field will report one of the following:
- None - No UEs marked for offloading and no UEs currently being offloaded.
- Marked - MME has marked UEs for offloading, but is waiting for
offload trigger on timer expiry.
- In Progress - MME is currently offloading marked UEs.
- Done - Offload procedure is completed or has been terminated by operator
using stop keyword.

これらのカウンターはオフロード プロシージャが始められるたびに、またはこのコマンドが入力されるときリセットされます:

clear mme-service statistics offload

ロード バランスをとり直すことを監視して下さい

このセクションは利用可能 な MME でバランスをとり直すロードを監察するためにコマンドを説明します。

表示コマンドや出力のバランスをとり直すロード

このセクションはバランスをとり直すロードを助けて show コマンドおよび出力に関して情報を提供します(UE オフロード)。 この表示コマンドは機能のバランスをとり直すロードのための現在の統計情報を表示する。

show mme-service name <mme_svc_name> offload statistics

 
このコマンドはまたロード バランシングに関連して情報を提供したものです:

show mme-service session full all

UE Offloading --> Displays the UE offload state.
Possible values are None, Marked, In-Progress and Done.  

追加コマンド

show mme-service statistics
show egtpc statistics
show egtpc sessions
show mme-service mme_svc offload statistics
show subscriber mme-only summary

関連情報



Document ID: 119021