ワイヤレス : Cisco MME モビリティ マネージメント エンティティ

ASR の MME メカニズムによる PGW および SGW 選択

2016 年 9 月 8 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料にパケット ゲートウェイ(PGWs)およびサービング ゲートウェイ(SGWs)を選択するためにモビリティ 管理エンティティ(MME)メカニズムが使用される、そしてどのように Cisco 5x00 シリーズによって集約されるサービス ルータ(ASR5x00)で設定される方法記述されています。

Krishna Kishore DV によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

リソース レコード

このセクションは MME によって使用するさまざまなリソースレコードを記述します。

A および AAAA

A リソースレコードはホストの完全修飾ドメイン名 (FQDN)に対応するインターネット プロトコル バージョン 4 (IPv4)ホスト アドレスを定義するために使用されます。 AAAA リソースレコードはホストの FQDN に対応するインターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6)ホスト アドレスを定義するために使用されます。

次に例を示します。

example.example.com

1500 IN A 1.1.1.1

NAPTR

ドメイン名(DN)構文にない多様なリソース名のためのサービスを調べるために Domain Name System (DNS)が使用されるようにするネーム機関ポインタ(NAPTR)リソースレコードは強力なツールであり。

簡単なNAPTR (S-NAPTR)プロシージャは DN、アプリケーションサービス名前、またはアプリケ− ションプロトコルの解決のために NAPTR およびサービス両方(SRV)によってサーバおよびポートを目標とするために動的に使用されます。

次に例を示します。

starent.apn.epc.mnc012.mcc345.3gpp.org

             order pref flags

2000 IN NAPTR 100 10   "s"   "SGW:PMIP"           ( ; service

                         ""                          ; regexp

                         pmip.example.com.           ; replacement

                                                  )   

SRV

SRV リソース レコードは各サーバに静的なロード バランシングと単一 ドメインのためにホストするためにホストからサービスを移動するためにサーバのプールをいくつかのホストをホストのプールからのサービスのためのプライマリ サーバとして指定するために使用し。

次に例を示します。

pmip.example.com

           Pref Weight Port Target

1500 IN SRV 10   0     10000 example.example.com.

PGW 選択

このイメージは最初の付加メッセージおよび追加公衆データ網(PDN)接続のための MME によって PGW 選択を説明します:

第 3 世代別パートナーシップ プロジェクト(3GPP)アクセスの最初の付加および PDN 接続作成の間に、PGW および SGW は両方 MME によって選択する必要があります。

PGW のために S-NAPTR プロシージャで使用するサービスパラメータは x-3gpp-pgw:x-s5-gtp または x-3gpp-pgw:x-s5-pmip です。

ネットワークの各アクセス ポイント名前 FQDN (APN-FQDN)値のための NAPTR レコードが付いている apn.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>.3gppnetwork.org ドメインに責任がある保証された DNSサーバを提供して下さい。 NAPTR レコードはこれらのサービスパラメータおよび S5/S8 インターフェイスすべてから形成されます:

  • x-3gpp-pgw:x-s8-gtp

  • x-3gpp-pgw:x-s8-pmip

  • x-3gpp-pgw:x-s5-gtp

  • x-3gpp-pgw:x-s5-pmip

APN-FQDN は MME によって DNS クエリで使用され、APN から得られます。 DNS および S-NAPTR 手順は論理的にそれぞれ IPv4 や IPv6 アドレスのサービス、プロトコル、ポートおよびリストとつながれるホスト名のリストを出力します。 これは仕様 APN のための PGWs の候補リストです。 この候補リストは選択ロジックによって仕様 PGW を選択するために渡されます。 選択ロジックはパラメータを使用できます(以下を参照):

  • ロード(ローカルで推論される)

  • 順序、プリファレンスおよび重量(提供される DNS)

  • SGW のコロケーション(DNS 応答から学ばれる)

  • 位層幾何学近似

: PGW が正常に連絡されたら、指定 PGW ホスト名、使用された PGW IP アドレス、ポート番号および指定プロトコル タイプは PDN ごとの MME で保存されます。

APN-FQDN

APN はアクセス される 3GPP のための展開させたパケット コア(EPC)ノード ディスカバリ機能によって受け取られ、2 人の部があります: APN ネットワーク識別名(NI)および APN オペレータ 識別子(OI)。

次に例を示します。

APN NI - <APN-NI>
APN OI - mnc<MNC>.mcc<MCC>

APN-FQDN は APN-NI とデフォルト APN-OI 間のラベル apn.epc の挿入とラベル .gprsat の置換によって APN からラベル .3gppnetwork.org とのデフォルト APN-OI の終わり得られます

たとえば、internet.mnc015.mcc234.gprs の APN と、得られた APN-FQDN は internet.apn.epc.mnc015.mcc234.3gppnetwork.org です。

この形式は Release-8 に提供される DNS とネットワークへの DNS クエリで MME によって使用されます。 この位置で提供される DNS レコードは APN それのために使用するように意図されている配列された PGWs/SGWs および PGW のために NAPTR レコードで、S5/S8 がすべてをインターフェイスします含まれています。

丁度 3 つのラベルがあり、最後のラベルは gprs です。 APN は 3GPP 技術仕様の副句 19.4.2.2.3 に記述されているように APN-FQDN 形式に、(TS) 23.003 [2] トランスフォームされます:

APN にパターン「mnc<MNC>.mcc<MCC>.gprs」と一致する最後の 3 つのラベルがある場合 <MNC> および <MNC> がそれぞれ 3 つの 10進数で構成されるところで、APN-FQDN を形成するために APN の最後の 3 つのラベルは "apn.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>.3gppnetwork.org" と取替えられます。

他にユーザがホーム ネットワークにあれば APN ストリングが最後にとして分類すれば「gprs」持っていれば Equipment(UE)/モービル Station(MS)、そして APN ストリングの最後のラベル「gprs」を "apn.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>.3gppnetwork.org" によってモバイルネットワーク Code(MNC)および国 Code(MCC)モービル値がホーム ネットワークの値である APN-FQDN を形成するために取り替えられ。 この使用例はホーム公有地モービル Network(HPLMN) OI-1 が(サブスクライバのプロファイルの APN OI 置換 フィールドから得られる)パターン「mnc<MNC>.mcc<MCC>.gprs」に合致しない場合発生します。

他では APN は無効で、リリース 8 APN 使用方法に使用することができません。

簡単な LTE (PGW 候補リスト)のための APN ルックアップ

TS 29.303 からの簡単な長期関連(LTE)シナリオのための APN ルックアップの例はここにあります:

それが最初の付加でネットワーク例で MME に APN-NI ストリング "imsTV2" を使用したいと思うことを非ローミング LTE UE が示すことを仮定して下さい。

注 1:   メモ $ORIGIN は epc.mnc990.mcc311.3gppnetwork.org です。 そしてテキスト例の長さを処理しやすい保存するために単にここに雇われます

MME はアプリケーション 固有の ストリング = imsTV2.apn.$ORIGIN の S-NAPTR プロシージャおよび望ましいサービス x-3gpp-pgw:x-s5-gtp および x-3gpp-pgw:x-s5-pmip を開始します。

MME はアプリケーション 固有の ストリング = imsTV2.apn.$ORIGIN および望ましいサービス x-3gpp-pgw:x-s5-gtp および x-3gpp-pgw:x-s5-pmip から開始します

--------- Command to DNS server----------

## dig @192.0.2.247 +tcp NAPTR imsTV2.apn.$ORIGIN

---------Start Response from DNS server----------

;; QUESTION SECTION:

;imsTV2.apn.$ORIGIN. IN NAPTR

;; ANSWER SECTION:

imsTV2.apn.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 600 999 "a" "x-3gpp-pgw:x-s8-pmip" ""
topoff.vip2.gw01.node.$ORIGIN.

imsTV2.apn.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 100 999 "a" "x-3gpp-pgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp"
"" topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN.

imsTV2.apn.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 200 999 "a" "x-3gpp-pgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp"
"" topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN.

imsTV2.apn.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 500 999 "a" "x-3gpp-pgw:x-s8-pmip" ""
topoff.vip2.gw21.node.$ORIGIN.

---------End Response from DNS server----------

MME は一致するサービス x-3gpp-pgw:x-s5-gtp および x-3gpp-pgw:x-s5-pmip 収穫の NAPTR レコードだけ保ちます:

NAPTR record set

replacement service flag order preference

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN x-3gpp-pgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 100 999

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN x-3gpp-pgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 200 999

MME ノードは RFC 3958 収穫によって NAPTR をソートします

NAPTR record set

replacement service flag order preference

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN x-3gpp-pgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 100 999

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN x-3gpp-pgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 200 999

MME はフラグ「a」であるのでレコードを保存します

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN services of x-3gpp-pgw:x-s5-gtp

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN services of x-3gpp-pgw:x-s5-gtp

MME に今最終的な候補リストがあります(A および AAAA ルックアップはハンド例のために延期されます)

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN services of x-3gpp-pgw:x-s5-gtp

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN services of x-3gpp-pgw:x-s5-gtp

必要な A/AAAA レコードは追加 レコードと含まれていました。 すなわち。

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.116

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.115

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:e::

topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:f::

および

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.114

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.113

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:c::

topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:d::

IF は A および AAAA レコード追加 レコード セクション(または DNS キャッシュ)で利用できませんでした MME が A/AAAA ルックアップをする。 手動コマンドでどのエミュレートのように見えるか:

dig @192.0.2.247 +tcp A topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN

dig @192.0.2.247 +tcp AAAA topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN

dig @192.0.2.247 +tcp A topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN

dig @192.0.2.247 +tcp AAAA topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN

得るために(ランダムの後で A および AAAA レコードを混ぜます)完全な候補リストを今形成できま

(topoff.vip1.gw21.node.$ORIGIN ,services of x-3gpp-pgw:x-s5-gtp ,
{192.0.2.115,192.0.2.116}, { 2001:db8:0:e::,2001:db8:0:f::} )

(topoff.vip1.gw01.node.$ORIGIN ,services of x-3gpp-pgw:x-s5-gtp ,
{192.0.2.114,192.0.2.113}, { 2001:db8:0:c::, 2001:db8:0:d::)

SGW 選択

SGW 選択機能は利用可能 な SGW を UE を動作するために選択します。 選択はネットワーク トポロジに基づいています。 指定 SGW は UE 位置を動作し、オーバーラップする SGW サービスエリアがあるとき、選択は SGW 変更の確率を減らすサービスエリアの SGWs を好むかもしれません。

SGW 選択は Radio Access Network (RAN)への UE 添付ファイルの位置についての情報を提供するトラッキング エリア識別(TAI)を使用します。 ネットワークの各 TAI 値のためのトラッキング エリア識別 FQDN (TAI-FQDN)の下で NAPTR レコードに責任がある保証された DNSサーバを提供する必要があります。 NAPTR レコードはこれらのサービスパラメータおよび S5/S8 インターフェイスすべてから形成されます:

  • x-3gpp-sgw:x-s8-gtp

  • x-3gpp-sgw:x-s8-pmip

  • x-3gpp-sgw:x-s5-gtp

  • x-3gpp-sgw:x-s5-pmip

TAI-FQDN は MME によって DNS クエリで使用されます。 以下のセクションに説明がある S-NAPTR 手順は論理的にそれぞれが IPv4 や IPv6 アドレスのサービス、プロトコル、ポートおよびリストとつながれるホスト名のリストを出力します。 これは仕様 APN のための SGWs の候補リストです。 この候補リストは選択ロジックによって仕様 SGW を選択するために渡されます。 選択ロジックはパラメータを使用できます(以下を参照):

  • TAI カバレッジ

  • ロード(ローカルで推論される)

  • 順序、プリファレンスおよび重量(提供される DNS)

  • PGW のコロケーション(DNS 応答から学ばれる)

  • トポロジー(PGW ノードネーム)

TAI-FQDN

MME は 3GPP TS 23.003 の補助的な句 19.4.2.3 で定義されたように TAI-FQDN を組み立てます。 TAI-FQDN はこの形式で組み立てられます:

tac-lb<TAC-low-byte>.tac-hb<TAC-high-byte>.tac.epc.mnc<MNC>.mcc<MCC>. 3gppnetwork.org

トラッキング エリアコード(TAC)は 16 ビット 整数です。 <TAC-high-byte> は TAC の最上位バイトの 16 進数表示 の 文字列であり、<TAC-low-byte> は Cisco 810 シリーズの 16 進数表示 の 文字列です。

簡単な LTE (SGW 候補リスト)のための TAI ルックアップ

TS 29.303 からの簡単な LTE シナリオのための TAI ルックアップの例はここにあります:

非ローミング LTE UE が実行する仮定し、付加を署名し、示すことを APN-NI (このオペレータのネットワークの APN)を使用したいと思うことを。 MME はそれが非ローミング UE S8 を使用するである必要はないし、使用されるローカル APN 従って S5 である必要があることをので確認します。

注 1:   メモ $ORIGIN は epc.mnc990.mcc311.3gppnetwork.org です。 そしてテキスト例の長さを処理しやすい保存するために単にここに雇われます。

MME に UE が接続した TAI 値があります。 TAC の低いバイトが hex 11 であり、上位バイトが hex 40 であることを仮定します。

MME はアプリケーション 固有の ストリング = tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN および望ましいサービス x-3gpp-sgw:x-s11,x-3gpp-sgw:x-s5-gtp を用いる S-NAPTR プロシージャを、x-3gpp-sgw:x-s5-pmip 開始します。

注 2: オプションの最適化だけであるこの特定の MME ベンダーは x-s11 値を探します。 これはオペレータがそれらを提供しないことを選択したのでこの例の利点を持っていません。

ここに MME が「発掘」コマンドで手動でする同じ操作をエミュレートします。

-

-------- Command to DNS server----------

## dig @192.0.2.247 +tcp NAPTR tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN

---------Start Response from DNS server----------

;; QUESTION SECTION:

;tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. IN NAPTR

;; ANSWER SECTION:

tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 400 999 "a" "x-3gpp-sgw:x-s8-pmip"
"" topoff.eth9.gw01.node.$ORIGIN.

tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 500 999 "a" "x-3gpp-mme:x-s10" ""
topoff.eth1.mmec02.mmegi8001.mme.$ORIGIN.

tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 600 999 "a" "x-3gpp-mme:x-s10" ""
topoff.eth1.mmec01.mmegi8001.mme.$ORIGIN.

tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 100 999 "a"
"x-3gpp-sgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp" "" topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN.

tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 200 999 "a"
"x-3gpp-sgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp" "" topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN.

tac-lb11.tac-hb40.tac.$ORIGIN. 3600 IN NAPTR 300 999 "a"
"x-3gpp-sgw:x-s8-pmip" "" topoff.eth9.gw21.node.$ORIGIN.

---------End Response from DNS server----------

MME は一致するサービス x-3gpp-sgw:x-s11,x-3gpp-sgw:x-s5-gtp を用いる NAPTR だけ、および x-3gpp-sgw:x-s5-pmip 収穫を保ちます

NAPTR record set

replacement service flag order preference

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN x-3gpp-sgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 200 999

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN x-3gpp-sgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 100 999

x-s8-gtp に実際に含まれていませんでしたりしかし読者をどの NAPTR レコードが DNS 応答から保存されたか見ることを許可するようにここに保存されます注意して下さい。

MME ノードは RFC 3958 収穫によって NAPTR レコードをソートします

NAPTR record set

replacement service flag order preference

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN x-3gpp-sgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 100 999

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN x-3gpp-sgw:x-s5-gtp:x-s8-gtp "a" 200 999

MME ストア

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN services of x-3gpp-sgw:x-s5-gtp

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN services of x-3gpp-sgw:x-s5-gtp

MME に今候補リストがあります

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN services of x-3gpp-sgw:x-s5-gtp

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN services of x-3gpp-sgw:x-s5-gtp

再度 A/AAAA レコードは追加 レコード セクションで利用できました。

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.140

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.139

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:26::

topoff.eth4.gw21.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:27::

および

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.132

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN A 192.0.2.131

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:1e::

topoff.eth4.gw01.node.$ORIGIN. 3600 IN AAAA 2001:db8:0:1f::

生じる候補リストから、SGW はこれらの基準の組み合せに基づいていました選択されます:

  • 最大 TA カバレッジ

  • 地理的な近さ

  • ロード バランシング

  • 統合された PGW/SGW 機能性

  • サポートされるプロトコル

ASR5x00 コンフィギュレーション

このセクションは ASR5x00 のための関係のある構成を説明します。

S5/S8 プロトコル

S5 および S8 プロトコルは HPLMN 基礎ごとの a の MME のために設定可能であるはずです。 これは DNSサーバによって戻るリソースレコードを最終候補者名簿に載らせるために使用されます。 PGWs だけゲートウェイ(GW)選択で設定されたプロトコルをサポートする考慮されます。 設定はコール制御(CC)プロファイルの下に置かれますオペレータ ポリシーと関連付けられる。

次に例を示します。

[ingress]asr5000(config-call-control-profile-lmn)# plmn-protocol plmnid mcc <> mnc <>
{ [s5-protocol <[pmip | gtp] >] | [s8-protocol <[pmip | gtp]>] }

DNS

システムは 1 つの DNS クライアント サービスをコンテキストごとに設定される割り当てます。 FQDN 解決に使用するべき DNS クライアント サービスは PGW および SGW の CC プロファイルや MME サービスの下で別々に名前を挙げられます。 CC プロファイルでは、コンテキストネームは CC プロファイルがあらゆるコンテキストに接続されないので、必須です。 MME サービスでは、コンテキストネームはオプションです。 名前が規定 されない場合、MME サービスのコンテキストは DNS サービスのために使用されます。

CC プロファイル

CC プロファイルのための関係のある構成はここにあります:

[ctxt]asr5000(config-call-control-profile-lmn)# dns-pgw context <name>

[ctxt]asr5000(config-call-control-profile-lmn)# dns-sgw context <name>

MME サービス

MME サービスのための関係のある構成はここにあります:

[ctxt]asr5000(config-mme-service)#dns pgw [context <name>]

[ctxt]asr5000(config-mme-service)#dns sgw [context <name>]

サンプル DNS クライアントコンフィギュレーション

ASR5x00 のサンプル DNS クライアントコンフィギュレーションはここにあります:

#(config-ctx)# ip name-servers 192.20.20.1 192.20.20.3

#(config-ctx)# dns-client xyz

bind address 192.20.20.2 port 6011

resolver retransmission-interval 3

resolver number-of-retries 2

cache ttl positive 86400

cache ttl negative 60

cache size central 50000

cache size local 1000

cache algorithm central FIFO

cache algorithm local LRU

no round-robin-answers

前例で示されている S/P-GW のための DNS 解決 プロシージャは CLI 情報が有効に なるときだけ呼び出されます。 さもなければ、MME サービスで設定されるスタティック アドレスは使用されます。

DNS 解決が失敗したさらに、そして MME サービスで設定されるスタティック アドレスは使用されます。

GW 選択基準

この設定は CC プロファイルの下に置かれますオペレータ ポリシーと関連付けられる。 それは結局 DNS によって戻るリソースレコードから PGW/SGW を選択するのに使用する選択アルゴリズムを決定します。 基準の 1 つだけは一度に設定することができます。

次に例を示します。

[ctxt]asr5000(config-call-control-profile-lmn)# gw-selection [ topology |
collocation | pgw < weight > | sgw <weight> ]

コロケーションが選択基準のときいくつかの重要な考慮事項はここにあります:

  • コロケーションは PGW および SGW 選択両方のために設定するコロケーションが適切に機能することができるように必要があります。

  • コロケーションは高優先順位を与えられます。 すなわち、非配列された PGW/SGW ペアの間で一致するラベルの次数が配列されたペアより高いかもしれなくても配列されたペアは選択されます。

  • topon および topoff 両方ラベルとのホスト名はコロケーションで考慮されます。

  • コロケーションは暗黙のうちにトポロジー一致を意味します。 配列された PGW/SGW ノードが見つけることができない場合位層幾何学上最も密接なノードは『Next』 を選択 されます。

: オペレータ必要条件に依存は、このアプローチ コロケーションおよびトポロジー一致条件を分けるために将来変更するかもしれません。

追加コンフィギュレーション

ASR5x00 で設定する必要がある追加コンフィギュレーションはここにあります:

context ingress

ip domain-lookup

ip name-servers <ip address of the Linux machine (it should be running bind)>

dns-client dns

bind address 192.80.10.2

round-robin-answers

exit

mme-service <mmesvc>

dns pgw dns-service dns context ingress

dns sgw dns-service dns context ingress

exit

有用なトラブルシューティング コマンド

MME メカニズムを解決するためにこれらのコマンドを使用できます:

#dns-client query client-name dns query-type NAPTR query-name
<starent.com.apn.epc.mncxxx.mccxxx.3gppnetwork.org>


#show dns-client <dns1> statistics 

#show dns-client cache client <>

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119015