コラボレーション エンドポイント : Cisco TelePresence System EX シリーズ

コール品質問題を解決するのに 2 つのエンドポイント間の直接 IP アドレス呼び出しを使用して下さい

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に WAN またはインフラストラクチャ デバイス問題の可能性を隔離するため同じネットワークにである 2 つのデバイスの間でポイントツーポイント IP ビデオ コールを送信する方法を記述されています。

無 Laskar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

時々コール品質(オーディオ/ビデオ)、コール 接続、または単方向音声/ビデオにおいての問題がある場合もあります。 完全なコールセットアップに関連する、従って問題は解決しにくい場合もあります多数のデバイスがあります。

WAN は正しく設定されないか、または Quality of Service (QoS)値がコール ルートに沿ってきちんとマークされなければ悪いコール品質のための原因の 1 つである場合もあります。 またコンフィギュレーションに関する問題がある場合 Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)か Cisco Unified Communications Manager (CUCM)が問題を引き起こす場合があるという可能性があります。

この資料はデバイス自体は問題の原因であるか、または他のファクタが(WAN かインフラストラクチャ デバイスのような)その原因問題あるかどうかテストするために使用できる方式を記述したものです。

トラブルシューティング

これら二つのシナリオで 2 つのデバイスの間で呼び出しを送信することは可能性のあるです:

  • デバイスが両方とも同じネットワークにある時。

  • デバイスが両方ともパブリック IP におよびあるとき互いから到達可能です。

これらの呼び出しは 1 つのデバイスの IP アドレスがその他のデバイスからダイヤルされるときしか送信しないことができます。 IP アドレスは H323 か Session Initiation Protocol (SIP)によってダイヤルすることができます。

H323 による IP-to-IP な ダイレクト コール

このセクションは標準 H323 コンフィギュレーションを提供します呼び出しが 2 つのエンドポイントの間で直接送信されるようにする。 デバイス CLI または GUI の使用によってこれらのコンフィギュレーションを設定することを選択できます。

: デバイスの両方でこれらのコンフィギュレーションが必要となります。

CLI 設定

この設定を CLI によって設定するために、デバイスにセキュア シェル(SSH) セッションおよび管理者の資格情報とのログインを確立して下さい。 ログオンされる、デバイスを設定するためにこの情報を使用して下さい:

xConfiguration H323 Profile 1 CallSetup Mode: Direct
xConfiguration Conference 1 DefaultCall Protocol: H323
xConfiguration NetworkServices H323 Mode: On

GUI 設定

GUI によってこの設定を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. エンドポイント GUI にログイン して下さい。

  2. Configuration > System 設定にナビゲート し、画面の左側の Conference タブをクリックして下さい:



  3. DefaultCall セクションで、H323 をプロトコル廃棄メニューから選択し、『SAVE』 をクリック して下さい:



  4. Configuration > System 設定にナビゲート し、画面の左側の H323 タブをクリックして下さい。 プロファイル 1 セクションで、直接を CallSetup モード廃棄メニューから選択し、次に『SAVE』 をクリック して下さい:



  5. Configuration > System 設定にナビゲート し、画面の左側のネットワークサービス タブをクリックして下さい。 H323 モード廃棄メニューから『ON』 を選択 し、『SAVE』 をクリック して下さい:

H323 コールフロー

このイメージは H323 が使用されるときコールフローを説明します:

SIP による IP-to-IP な ダイレクト コール

このセクションは標準 SIP コンフィギュレーションを提供します呼び出しが 2 つのエンドポイントの間で直接送信されるようにする。 デバイス CLI または GUI の使用によってこれらのコンフィギュレーションを設定することを選択できます。

: デバイスの両方でこれらのコンフィギュレーションが必要となります。

CLI 設定

この設定を CLI によって設定するために、デバイスに SSH セッションおよび管理者の資格情報とのログインを確立して下さい。 ログオンされる、デバイスを設定するためにこの情報を使用して下さい:

xConfiguration NetworkServices SIP Mode: On
xConfiguration SIP Profile 1 Proxy 1 Address: ""
xConfiguration SIP Profile 1 Proxy 1 Discovery: Manual
xConfiguration Conference 1 DefaultCall Protocol: SIP

GUI 設定

GUI によってこの設定を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. エンドポイント GUI にログイン して下さい。

  2. Configuration > System 設定にナビゲート し、画面の左側のネットワークサービス タブをクリックして下さい。 SIP モード廃棄メニューから『ON』 を選択 し、『SAVE』 をクリック して下さい。

  3. Configuration > System 設定にナビゲート し、画面の左側の SIP タブをクリックして下さい。 プロキシ 1 セクションが空のままになるし、『SAVE』 をクリック して下さいように:



  4. Configuration > System 設定にナビゲート し、画面の左側の Conference タブをクリックして下さい。 DefaultCall ペインで、SIP をプロトコル廃棄メニューから選択し、『SAVE』 をクリック して下さい。

SIP コールフロー

このイメージは SIP が使用されるときコールフローを説明します:

診断(Diagnosis)

この時点で、その他のデバイスからの 1 つのデバイスの IP アドレスにダイヤルし、コールがきちんと接続されるかどうか確かめることができます。 コールが予想通り行く場合、問題を特定するために更にインフラストラクチャ デバイス設定に集中する必要がありません。

同じ問題が持続する場合、問題はデバイス自体と(コールが WAN に送信されれば)またはネットワークとあります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119014