会議 : Cisco TelePresence IP VCR 2210

多くの動きが含まれているとき Codian IP VCR でパワーポイントのプレゼンテーションを保存する最もよい方法とは何か。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence IP VCR 2210 および Cisco TelePresence VCR MSE 8220 製品に関連しています。

Q. 多くの動きが含まれているとき Codian IP VCR でパワーポイントのプレゼンテーションを保存する最もよい方法とは何か。

A. パワーポイントのプレゼンテーションは会議の間に H.239 Dチャネルで普通示されています。 H.239 が Codian IP VCR で有効に なる場合、DJPEG を使用して H.239 チャネルを記録し、これは低いフレーム レートで高リゾリューションを実現できます。 これは丁度必要となるものが主として静的のプレゼンテーションにです。

それに対して、主要なビデオ チャネルはフレーム レートで普通これが MCU の設定 > 会議ページの動き/鋭さトレードオフを使用してある程度制御することができるけれども、低い解像度を使います。 (ことに注目して下さいこの設定は主要なビデオ、ない H.239 チャネルにだけ適用されます。) パワーポイントのプレゼンテーションが多くの移動衰退するテキストをおよびテキストが含まれていれば、主要なビデオ チャネルのプレゼンテーションを表示するで実験できます。

これを行うには、

  1. IP VCR で設定 > H.239 に行き、H.239 ステータスをディセーブルにして下さい。 変更を『Apply』 をクリック して下さい。

  2. 設定 > 接続に行って下さい

  3. 最大ビデオ サイズに関してはレシーブ CIF の設定を選択しますか、CIF を送信しますか、CIF を受け取りますか、4CIF を送信するか、または 4CIF を、送信する 4CIF 受け取って下さい。

  4. 動き/鋭さトレードオフに関しては優先鋭さを選択して下さいまたはバランスをとられる。

  5. 変更を『Apply』 をクリック して下さい。

  6. 記録されるべきプレゼンテーションの会議を開いたり設定 > H.239 に行き、正常なビデオ チャネルのディスプレイ H.239 のために『Enabled』 を選択 する MCU。 変更を『Apply』 をクリック して下さい。

  7. 会議に行き、プレゼンテーションの会議を選択し、そしてカスタム レイアウト タブをクリックして下さい。

  8. 必要条件に適するカスタム レイアウトを選択して下さい; 大きいフレームおよびより小さい帯の組み合せとの大きいペインだけとのたとえば 1 つ(ちょうどプレゼンテーションを記録したいと思えば)または 1。 それから大きいペインにパワーポイントのプレゼンテーションを置くのにペイン 配置を使用すれば(他のペインのための適切な選択をするため)。 ペイン 配置を『Update』 をクリック して下さい。

  9. 設定 > 会議に行き、動き/鋭さトレードオフに優先鋭さを選択して下さい。 変更を『Apply』 をクリック して下さい。


関連情報


Document ID: 112324