会議 : Cisco TelePresence Advanced Media Gateway 3610

イベントを得て、SIP および診断は TANDBERG AM ゲートウェイをログオンします

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence によって進められるメディア ゲートウェイ 3610 に関連しています。

Q. イベントを得て、SIP および診断は TANDBERG AM ゲートウェイをログオンします

A. 問題を経験すればある特定のエンドポイントを AM ゲートウェイに接続するとき、TANDBERG TACチームは問題を説明するためにログを供給するために頼むかもしれません。 3 つの型がのログオンします TANDBERG TAC が頼むかもしれない TANDBERG AM ゲートウェイをあります:

イベント ログ

AM ゲートウェイによって生成される最後の 2000 のステータスメッセージは Event Log ページで表示する(メンテナンスは > > イベントログ 記録 します)。 一般ではこれらのメッセージは情報に提供され、時折警告かエラーはイベントログで示されているかもしれません。 そのようなメッセージの存在は必ずしも不安の原因ではないです; AM ゲートウェイのオペレーションまたはパフォーマンスにおける特定の問題に直面する場合、TANDBERG TAC はあなたのためのログメッセージおよび重要性を解読できます。

イベントログをダウンロードするため:

  1. ログはメンテナンス > ログ > Events に行きます。

  2. テキストとして『Download』 をクリック して下さい。

  3. ファイルを保存します。

> 上

SIP ログ

Log ページ SIP は AM ゲートウェイから届くか、または送信される各 SIP メッセージを記録します。 ログは .xml ファイルでエクスポートすることができます。 SIP ロギングはパフォーマンスに影響を及ぼすかもしれないと同時にデフォルトでディセーブルにされます。

SIP ログをダウンロードするため:

  1. 互いから切り離されるエンドポイントおよび AM ゲートウェイから開始して下さい。 あらゆる問題と関連していないすべての呼び出しはまた切断されるはずです。

  2. メンテナンス > ログ > SIP ログに行って下さい。

    : この段階で起こるかどれがネゴシエーションがコールの後の方でデバイスの動作を説明するのであらゆる SIP ログがエンドポイントと AM ゲートウェイの間で確立される最初 の 接続を表示することは必要です。 確立された コールによって半分開始する SIP ログはトラブルシューティングに役立ちません。

  3. SIP ロギングを『Enable』 をクリック して下さい。

  4. TANDBERG TAC が調査される問題を再生して下さい。 可能な限り ログ オフを同様に保存するためにこれをする間、無関係な呼び出しが進行中ではないことを確かめて下さい。

  5. 問題が再生された後、『Disable』 をクリック しま Log ページ メンテナンス > ログ > SIP をログオンします

  6. メンテナンス> > Log ページ SIP 『Download』 をクリック します XML として記録 します

  7. 生じる XML ファイルを保存して下さい。

    このログは重要なデバイスの対応する TANDBERG TAC ケースにおよび IP アドレス今、対応した イベントログと共に接続することができます。

    : SIP ログはイベントログと同じではないです。 製品によって生成される最後の 2000 のイベントメッセージは Event Log ページで表示する。 イベントメッセージは SIP でキャプチャ される シグナルメッセージが記録 する同じではないです。

> 上

診断 ログ

診断 ログをダウンロードするため:

  1. ステータス > ステータスに行って下さい。

  2. 診断情報を『Download』 をクリック して下さい。

  3. ファイルを保存します。

    このファイルは TANDBERG TAC にトラブルシューティングを援助するために今 E-メールを送ることができます。

> 上

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112509