コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco Unified Contact Center Express のすべてのエージェントがあるようにスキル マッピングを確認して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Appadmin Web ページによって GUI によって Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)の複数のエージェントがあるようにスキル マッピングを一度に確認する方法を記述されています。

Arunabh Bhattacharjee によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

単一ページですべてのエージェントにマッピング するスキルを生成する特定のレポートがありません。 それは時間のかかります毎エージェント基礎でこれをチェックするために。

UCCX のすべてのエージェントがあるようにスキル マッピングを確認して下さい

スキル マッピングをすべてのエージェントがあるように確認するために、このクエリを入力して下さい:

s.skillname によって RSM をの s.skillid = rsm.skillid 内部加入 リソース r の rsm.resourceskillmapid = r.resourceskillmapid 加入チーム t の r.assignedteamid = t.teamid ところで s.active = 「t」および r.active = 「t」順序、competencelevel resourceskillmapping、スキル s 内部加入から uccx SQL db_cra 選定された s.skillname を、rsm.competencelevel、r.resourceLoginID、r.extension、r.resourceFirstName、r.ResourceLastName、t.teamname resourceloginid 実行して下さい

このクエリはレポートを生成するためにマッピング するスキル表、リソース 表、チーム名前およびリソースから SQL を加入します使用します。 この出力例が示すように SSH の使用と CLI によってこのクエリを実行して下さい:

admin:run uccx sql db_cra select s.skillname, rsm.competencelevel, r.resourceLoginID,
r.extension, r.resourceFirstName, r.ResourceLastName,t.teamname from skill s
inner join resourceskillmapping rsm on s.skillid = rsm.skillid
inner join resource r on rsm.resourceskillmapid = r.resourceskillmapid join team t on
r.assignedteamid = t.teamid where s.active = 't' and r.active = 't'
order by s.skillname, competencelevel, resourceloginid


SKILLNAME     COMPETENCELEVEL RESOURCELOGINID EXTENSION  RESOURCEFIRSTNAME  RESOURCELASTNAME 
TEAMNAME

--------------------------------------------------------------------------------------------
Skill1  5     agent1  62121           Agent1  Default
Skill1  5     agent2  62131           Agent2  Default
Skill1  5     arunabh 62000           CIPC    Default

 

: これはスキル マッピングにエージェントの確認を助けます。 直面されたときエージェントにマッピング して いるスキル ベースのルーティングの問題と不正確なスキルをそれを使用できます取除くために。



Document ID: 118987