ルータ : Cisco Network Convergence System 6000 シリーズ ルータ

NCS6008 の RP コンソール ライン問題を解決して下さい

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco 6008 シリーズ解決する方法をネットワークコンバージェンス システム(NCS6008)の Route Processor (RP)のコンソール ラインとコンソールポート間のハードウェアかコミュニケーション問題を記述されています。

Nikhil Kapoor によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

NCS6008 RP に 3 つのコンソールポートがあります:

  • コンソールポート 0 –このポートはシステムに管理者平面を提供する仮想マシンのコードネームであるカルバドスのコンソールポートに接続されます。 ブートプロセスの間に、類似した ブート デバイスを変更する場合場合)コンソールポート 0 は BIOS 画面を示します(関連した。 カルバドス CLIインターフェイスは仮想 で アクティブ/スタンバイ な方法で動作します、つまり RP0 がアクティブ カルバドス CLI/login プロセスであり、RP1 にコンソール セッションを開けば、RP0 カルバドス セッションに内部でリダイレクトされることを意味します。 このプロセスは混合を時々作成できます従ってプロンプトに周到な注意を関係実際に相互に作用している物理的 な RP 注意して下さい。 たとえば、NCS6008 システムの RP0 から: sysadmin-vm:0_RP0#.

  • コンソールポート 1 –このポートは他のどの IOS XR システムのコンソールポートと同様に規則的な Cisco IOS ® XR コンソールおよび機能に接続されます。 ブートプロセスの間に、このコンテキストの低レベル Linux OS シェルである RP1 はホスト Operating System (OS)からのブート メッセージを表示します。 XR OS が正常なユーザ名 および パスワード プロンプトのコンソール セッションに起動したら、アクティブ IOS XR OS を実行する RP 応答すればあれば。 ログオンされて、システム構成で定義されるアクセスレベルおよび権限に応じて必要な操作を、行うことができます。 スタンバイ IOS XR 仮想マシンが詳しのこの(D) RP ノードを与えると同時に動作する RP に始められるコンソール セッションはログオン /configuration メッセージのために準備ができているまたは非アクティブです

  • コンソールポート 2 –このポートは内部異文化接続(CCC)コントローラに接続され、(少なくともこの資料のスコープのために)何でもに設定されるか、または接続される必要はありません。

影響および関連する危険性

正常なサービスはプロセスによってコンソールポートがアクセスが不可能である場合影響を与えられますこの資料に説明がある。 ビジネスインパクトはサービスへありません。

はじめに

次の セクションに説明があるプロセスを試みる前に、ケーブル の 問題を持っていないことを確認して下さい。 別の RP にコンソール接続を行うことができるかどうか確認するために同じケーブルを使用して下さい。

また、システム状態をチェックするために show process devc conaux 詐欺コマンドを入力して下さい:

show processes devc-conaux-con

どの問題でも検出される場合、コアダンプを行い、プロセスを再起動して下さい。 問題がないことを出力が確認したら、問題を特定するために次の セクションに進んで下さい。 

次に出力例を示します。

[host:~]$ stty -aF /dev/ttyS0

speed 115200 baud; rows 0; columns 0; line = 0;intr = ^C; quit = ^\; erase = ^?;
kill = ^U; eof = ^D; eol = <undef>; eol2 = <undef>; swtch = <undef>; start = ^Q;
stop = ^S;susp = ^Z; rprnt = ^R; werase = ^W; lnext = ^V; flush = ^O; min = 1;
time = 0;-parenb -parodd cs8 hupcl -cstopb cread clocal -crtscts-ignbrk -brkint
-ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr -icrnl -ixon -ixoff -iuclc -ixany
-imaxbel -iutf8opost -olcuc -ocrnl onlcr -onocr -onlret -ofill -ofdel nl0 cr0
tab0 bs0 vt0 ff0-isig -icanon -iexten -echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase
-tostop -echoprt echoctl echoke[host:~]$

RP 問題を解決して下さい

: この例では、0 は RP0 のトラブルシューティングを行うのに使用されますコンソール接続を行います。 コンソール トラブルシューティングはホストから実行された必要があります。

RP 問題を特定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 管理者としてシステムにログイン して下さい:
    RP/0/RP0/CPU0:NCS6008-A#admin
    Tue Mar 17 13:51:05.919 UTC

    <username> connected from 127.0.0.1 using console on xr-vm_node0_RP0_CPU0
    sysadmin-vm:0_RP0#
  2. システム 管理 ページから、コンソール 0 のためのホストにセキュア シェル(SSH)セッションを設定するように試みて下さい。

    : この例のコンソール 0 のための IP アドレスは 10.0.2.2 です。

    sysadmin-vm:0_RP0# run chvrf 0 ssh 10.0.2.2
    Thu Mar  12 05:03:37.262 UTC
    [host:~]$
    [host:~]$ >> Console 0 host.
  3. 損失の方向を隔離するために、ホスト コンソール ラインにとコンソール ラインからホストにエコー テストを実行して下さい。 この例では、HELLO 0 メッセージがホストからコンソール ラインに送られるコンソールです:
    host:~]$ echo Hello I am console 0 >/dev/ttyS0 >> Sending from S0 i.e. Console0

    [host:~]$
    コンソール ラインで、コンソール 0 のホストから送信 された メッセージが表示されることができます:
    Connecting to Device Port 30.Connected to port 30. Escape sequence is ESC A TEST
    Hello I am console 0
  4. 通信がコンソール ラインとコンソール 0 ホストの間で行われることを確認するために、コンソール ラインのテキストを入力して下さい。 入力されているが、ホスト端に印刷しますものが見られない:
    [host:~]$ cat < /dev/ttyS0 >>>

    Connecting to Device Port 30.Connected to port 30. Escape sequence is ESC A
     <Typed Hello console 0 redirect.>
    示されているように、同じ文字がコンソール 0 ホストで現われるのを次のように表示できます:
    [host:~]$
    Hello console 0 redirect. >>> Message coming from console line. 
  5. 通信は両方の方法行われることを確認した後、コンソール 0 のホストからのコンソール ラインのノイズをクリアするように試みることができます:
    [sysadmin-vm:0_RP0:~]$ stty -F /dev/hvc0 -ignpar -ignbrk[sysadmin-vm:0_RP0:~]$

    [Console Server ]> c d d 30
    Connecting to Device Port 30.Connected to port 30. Escape sequence is ESC A

    sysadmin-vm:0_RP0# run
    Thu Mar 12 05:18:14.486 UTC
    [sysadmin-vm:0_RP0:~]$ stty -F /dev/hvc0 -ignpar -ignbrk
    [sysadmin-vm:0_RP0:~]$

: このプロセスが問題を解決する場合、Cisco バグ ID CSCuq84495 に出会うかもしれません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118961