音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM Web (GUI)問題を解決して下さい

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager (CUCM) Webページか CUCM ユーザページが表示する記述しましたりまたはエラーを与えたものですという理由のほとんどを。

Jomon Augustine および Krishna Pradeep Venugopalan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は CUCM のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUCM バージョン 7.x/8.x/9.x/10.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

流れ図

CUCM の Web アクセスのための流れ図はここに示されています:

問題 1: データベース 通信エラー

パブリッシャからの CUCM Admin Webページにログインに試みるとき、「データベース 通信エラー」エラーは受け取られます。

サブスクライバからの CUCM Admin Webページにログインにできますが、CUCM のどの変更によりこれらのエラーの 1 つを引き起こします: 「エラーは情報をデータベースから検索している間発生しました。 java.sql.SQLException: 削除権限無し」。 または「Add 失敗しました。 このオペレーションに挿入特権が」。必要となります。

この問題はパブリッシャ サーバの変更を、のようなときホスト名行った後サーバにログインに試みるとき発生する場合があります-または IP アドレスは CLI か Operating System (OS) 管理者ページを通して変更されます。 この場合、許可するために古い設定に戻って行う変更をログイン戻して下さい。

CUCM パブリッシャへの変更を行わなかったし、それでもデータベース通信エラーメッセージを受け取ったら、これらの項目をチェックして下さい:

  • DBreplication ステータスをチェックするために utils dbreplication runtimestate コマンドを入力して下さい。 複製のステータスがすべてのノードか不一致のエラーなしで 2 であることを確認して下さい。
  • Cisco データベース(DB)サービスが現在動作するかどうか判別して下さい。 パブリッシャで開始しなかった Cisco DB はまたこの問題を引き起こす可能性があります。 サブスクライバが正常に稼動する専有物を Cisco DB プロセス使用するのでサブスクライバのエラー/現象は異なっています。 ただし設定をアップデートすることを試みるときサブスクライバははたらかせない連絡し、サブスクライバのエラーを同様に引き起こしますパブリッシャの Cisco DB に。

また、パブリッシャの CUCM ページにアクセスする不可能は Informix がもう接続を許可しないデータベース 通信エラーが理由でそうなったものであるかもしれません。

utils dbreplication runtimestate コマンドは動作しません:

admin:utils dbreplication runtimestate
File "/usr/local/cm/bin/DbReplRTstate.py", line 578, in ?
   fin = open(tfile, 'r')
IOError: [Errno 2] No such file or directory:
'/var/log/active/cm/trace/dbl/sdi/getNodes'

この問題はまた Cisco バグ ID CSCtl74037 によって文書化されています。 これのための回避策は CLI からこれらのコマンドを入力することです:

utils service stop A Cisco DB
utils service start A Cisco DB

そしてサービサビリティ ページから Cisco Express Forwarding (CEF)サービスを停止して下さい。

Cisco DB サービスを開始するために utils サービス開始するを Cisco DB コマンド入力して下さい。 サービスが開始しない場合、ルートからのサービスを開始するために Cisco Technical Assistance Center (TAC)を呼出して下さい。 TAC はルートアクセスにおいての問題を確認します。 少数のケースでは、DB がそれから破損すれば CUCM の改造は必要です。

問題 2: サーバへの接続は確立することができません(遠隔ノードにアクセスすることが不可能)

現在ログオンされること CUCM のサービサビリティ ページから他の CUCM ノードにアクセスすることができません。 統一されたサービサビリティ > Tools > Control Center 機能/ネットワークサービスを > 『Server』 を選択 しましたり > 行きます『Cisco』 を選択 して下さい。

表示する エラーメッセージは「サーバへの接続確立することができません(遠隔ノードにアクセスすることが不可能)」です。

回避策

別々に各 CUCM ノードへのログイン サービサビリティにアクセスし、アクティブになるため/無効にする サービス。

解決策

  1. Tomcat 認証が期限切れであるかどうか確認して下さい。 (OS 管理 > Security > Certificate Management > tomcat.pem を『Cisco』 を選択 して下さい)。 切れられた場合、Tomcat 認証を再生し、Tomcat サービスを再開して下さい。
    • 認証局 (CA) 署名入り認証を使用する場合、Tomcat 証明書署名要求(CSR)を、再アップロードそれ CA によって再契約されて得、utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Cisco Tomcat Service を再開して下さい。
    • 影響を受けたサーバの自己署名証明書を使用する場合、CLI または OS Admin からの一定証明書 regen Tomcat コマンドで Tomcat 認証を再生し、次に utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Cisco Tomcat Service を再開して下さい。

      この既知の障害は Cisco バグ ID CSCth44399 で文書化されています。

  2. Tomcat 認証の有効性を確認して下さい。 問題となるノードの Tomcat 信託証券が他のノードにあるかどうか確認して下さい。 それがノードにない場合、問題となるノードの Tomcat 信託証券をダウンロードし、他のノードに Tomcat 信頼としてアップロードして下さい。 それから、問題となるノードの Tomcat 認証を再生し、両方のノードの Tomcat サービスを再開して下さい。

問題 3: サーバへの接続が確立できない(未知のエラー)

現在ログオンされること CUCM のサービサビリティ ページから他の CUCM ノードにアクセスすることができません。 統一されたサービサビリティ > Tools > Service アクティベーション/コントロール センター機能/ネットワークサービスを > 『Server』 を選択 しましたり > 行きます『Cisco』 を選択 して下さい。

表示する エラーメッセージは「サーバへの接続確立することができません(未知 の エラー)」です。

回避策

別々に各 CUCM ノードへのログイン サービサビリティにアクセスし、アクティブになるため/無効にする サービス。

解決策

  1. CUCM クラスタのあらゆる dbreplication 問題があるように確認するために utils dbreplication runtimestate コマンドを入力して下さい。
  2. utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Tomcat サービスを再開して下さい。
  3. ノードのあらゆる Tomcat 認証(Tomcat 信頼)シリアル番号不一致があるかどうか点検して下さい。
  4. OS 管理 > Security > Certificate Management > tomcat.pem を『Cisco』 を選択 し、Tomcat 認証が期限切れであるかどうか確認して下さい。 切れられた場合、Tomcat 認証を再生し、Tomcat サービスを再開して下さい。
    • CA 署名入り認証を使用する場合、Tomcat CSR を、再アップロードそれ CA によって再契約されて得、utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Cisco Tomcat Service を再開して下さい。
    • 影響を受けたサーバの自己署名証明書を使用する場合、CLI または OS Admin からの一定証明書 regen Tomcat コマンドで Tomcat 認証を再生し、次に utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Cisco Tomcat Service を再開して下さい。

      これらの既知の障害は Cisco バグ ID CSCui29232 および CSCud67438 で文書化されています。

問題 4: サーバへの接続は確立することができません(認証 例外)

現在ログオンされること CUCM のサービサビリティ ページから他の CUCM ノードにアクセスすることができません。 統一されたサービサビリティ > Tools > Service アクティベーション/コントロール センター機能/ネットワークサービスを > 『Server』 を選択 しましたり > 行きます『Cisco』 を選択 して下さい。

表示する エラーメッセージは「サーバへの接続確立することができません(認証 例外)」です。

回避策

別々に各 CUCM ノードへのログイン サービサビリティにアクセスし、アクティブになるため/無効にする サービス。

解決策

  1. CUCM クラスタのあらゆる dbreplication 問題があるように確認するために utils dbreplication runtimestate コマンドを入力して下さい。
  2. utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Tomcat サービスを再開して下さい。
  3. ノードのあらゆる Tomcat 認証(Tomcat 信頼)シリアル番号不一致があるかどうか点検して下さい。
  4. OS 管理 > Security > Certificate Management > tomcat.pem を『Cisco』 を選択 し、Tomcat 認証が期限切れであるかどうか確認して下さい。 切れられた場合、Tomcat 認証を再生し、Tomcat サービスを再開して下さい。
    • CA 署名入り認証を使用する場合、Tomcat CSR を、再アップロードそれ CA によって再契約されて得、utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Cisco Tomcat Service を再開して下さい。
    • 影響を受けたサーバの自己署名証明書を使用する場合、CLI または OS Admin からの一定証明書 regen Tomcat コマンドで Tomcat 認証を再生し、次に Cisco を utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで Tomcat サービス再起動して下さい。

      この既知の障害は Cisco バグ ID CSCup10995 で文書化されています。

問題 5: 遅い GUIアクセス非常に

パブリッシャ および サブスクライバの CUCM Web/GUI アクセスは非常に遅いです。

解決策

  1. 利用可能 な場合 CUCM Admin がパブリッシャのデータベースを常に問い合わせることに注目して下さい。 流れ図 セクションのダイアグラムを参照して下さい。
  2. ネットワーク上の問題/ネットワーク遅延があるように確認して下さい。 これはクラスタ処理が Wide Area Network (WAN)にされる場合起こるかもしれません。
  3. utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドで CLI/Secure シェル(SSH)からの Cisco Tomcat Service を再開して下さい。
  4. Maintenance ウィンドウをスケジュールし、CUCM ノードをリブートして下さい。
  5. 問題が再度発生する場合、これらのログとの TAC に連絡して下さい:
    • Call Manager (詳述される)トレース
    • Tomcat は記録 します(ファイルの出力からのログは CLI から activelog Tomcat/logs/* コマンドを得ます
    • イベントビューアアプリケーションログ
    • イベント ビューア システムログ
    • Cisco リアルタイム情報 サーバ(RIS) DataCollector Perfmon ログ
    • サービス マネージャ ログ
    • CUCM の CLI からのこれらのコマンドの出力:
      utils diagnose test
      utils ntp status
      show process load cpu
      show process load memory
      show process using-most cpu
      show process using-most memory
      utils core active list

これらの既知の障害は Cisco バグ ID CSCub02337 および CSCui86571 で文書化されています。

問題 6: ない/ペースト コピーするためエンドユーザ ログイン ページのパスワード

CUCM エンドユーザ ログイン ページの Password フィールドへのコピー/ペーストははたらきません。 CUCM エンドユーザ ログイン ページの Password フィールドへのパスワードのペースト オペレーションはサポートされません。 これは Internet Explorer (IE)、Firefox、またはクロムを使用しません。

パスワードのコピー/貼り付けはセキュリティリスクが理由でエンドユーザ ページで許可されません。 これは CUCM バージョン 9.1.2 および それ 以降の一部として追加されます。 ただしコピー/貼り付け機能がまだ Cisco バグ ID CSCus84153 および CSCus84152 で文書化されています CUCM 10.x の少数のバージョンを使用することが、注意されました。

問題 7: Firefox およびクロムとの ELM にアクセスすることが不可能

Firefox およびクロムを持つ企業 ライセンス マネージャ(ELM)にアクセスすることができませんがこれは IE とうまく働きます。 Firefox またはクロムとの ELM へのログイン、オプションのどれも利用可能ではない時。

この既知の障害は Cisco バグ ID CSCul30396 で文書化されています。

この問題は CUCM 9.1.2.11900-10 およびそれ以降のバージョンで解決されました。 ELM は Firefox、IE およびクロムとアクセスすることができます。

問題 8: Webページは自動的にログアウトします

CUCM Webページはアイドルタイムアウトが期限切れになった後自動的にログアウトします。

CUCM の CLI からのこれらのコマンドで Webページ タイムアウトを設定できます。

show webapp session timeout
set webapp session timeout
admin:set webapp session timeout ?

構文

set webapp session timeout minutes

分は必須で、分数ですそのあとでセッションは無効であると宣言されます。 範囲は 5 から 99999 です。

admin:set webapp session timeout 5

このオペレーションに続く場合、5 分 Cisco Tomcat Service が再開されたか、またはサーバがリブートされた後 Web セッションのためのセッション タイムアウトをに設定 します。

Continue (y/n)?y
Tomcat session-timeout updated to 5 minutes.

Cisco Tomcat Service はすぐに変更を有効にするために再開される必要があります。 これはアクティブな Web セッションを切断します。

Continue (y/n)?y

サービスが再起動する間、Ctrl-C を押さないで下さい。 サービスがきちんと再起動しない場合、同じコマンドを再度入力して下さい。

Service Manager is running

Cisco Tomcat[STOPPING]

Cisco Tomcat[STOPPING]

Cisco Tomcat[STOPPING]

Cisco Tomcat[STOPPING]

Commanded Out of Service

Cisco Tomcat[NOTRUNNING]

Service Manager is running

Cisco Tomcat[STARTING]

Cisco Tomcat[STARTING]

Cisco Tomcat[STARTED]

再起動に成功する Cisco Tomcat Service。 5 分後に新しい Web セッション時間。 Web セッションおよびアプリケーションに使用する現在のセッション タイムアウトは 5 分です。

問題 9: CUCM の Admin/ユーザ Webページにアクセスすることが不可能

CUCM の Admin/ユーザ Webページにアクセスすることができません。

  1. ユーザーの資格情報が正しいかどうか確かめて下さい。 間違った資格情報を入力する場合、このエラーを受け取ります。

  2. ユーザが正しい 許可を(ロールおよびユーザグループ)設定してもらうかどうか確かめて下さい。 彼らが正しく設定されない場合、Webページはエラーメッセージなしでログイン ページを再度プロンプト表示します。

ロールに関して詳細およびユーザグループについては Cisco Unified Communications Manager システム ガイドを参照して下さい。

問題 10: ローカル エージェントは、マスター応答しませんまたはローカル エージェントはダウンするかもしれません

CUCM の障害回復 システム(DRF)ページからオプションにアクセスすることが後ログインできませんでした。 このメッセージを得るかもしれません:

「ローカル エージェントは応答していません。 これはマスターして当然であるかもしれませんまたはの下で」あるローカル エージェント

  1. IPsec 認証をチェックし、有効性を確認して下さい。 それが期限切れである場合、IPsec 認証を再生して下さい。 認証を再生する方法の情報については CallManager 認証満了および削除を参照して下さい。
  2. Cisco DRF マスターおよび DRF 局所 サービスを再開して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118927