ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス、モバイル

mDNS サービスとして Chromecast WLC の画面 設定を投げるため

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 6 月 25 日) | フィードバック

概要

この資料に Chromecast デバイスを Bonjour サービスプロバイダーとして機能するために設定する方法を記述されています。 ネットワークの Chromecast デバイスの使用および管理は Bonjour サービスのサポートによって簡素化されます。 Bonjour 他のサービスプロバイダーとして機能する_googlecast。_tcp.local サービス ストリング割り当て Chromecast デバイス。 このサービスは Chromecast が接続される画面にサポートされているデバイスの画面を投げるために特に使用されます。

この資料は方法に Chromecast デバイスに Google クロムを実行するコンピュータから映る焦点を合わせます。 詳細については、タブ投げられる参照して下さい。

YouTube または Netflix のようなアプリケーションを Chromecast デバイスの設定を管理するか、または遠隔制御装置として smartphone を使用したい場合、Chromecast および smartphone は同じ Virtual Local Area Network (VLAN; バーチャル LAN)である必要があります。 異なる VLAN に関しては、この資料の終わりにシナリオ 4 を参照して下さい。

Karla シスネロス Galvan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は持っていますワイヤレス LAN コントローラ(WLC)上の Bonjour サービスの基本的な知識を推奨します。 詳細については、Bonjour サービスを BYOD については管理するために参照して下さい。

Chromecast デバイスは 8.8.8.8 に Domain Name System (DNS)クエリを送信できる必要があります他でははたらきません。

画面 Chromecast 映しなさい無線クライアントはインターネットアクセスをアクセスできる必要はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • WLC 5508 バージョン 8.0.110.0
  • WLC 2504 バージョン 8.0.110.0
  • Chromecast バージョン 27946
  • ローカル モードの Access Point (AP) 3700i
  • Google クロム バージョン 42.0.x を実行するラップトップ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

Configuraiton シナリオ

このセクションはこの 4 つのコンフィギュレーションシナリオを解説しています:

  1. 同じ Wireless LAN (WLAN)および同じ VLAN の Chromecast および無線クライアント
  2. WLAN B の WLAN A および無線クライアントの Chromecast、異なる VLAN
  3. 固定 WLC の Chromecast および外部 WLC の無線クライアント
  4. 異なる VLAN (同じ Service Set Identifier (SSID))の Chromecast および無線クライアント

初期設定

シナリオ 4 を除くシナリオすべてのために、画面で投げるとき Chromecast によって使用されるサービス ストリングを入力して下さい。 これは WLC が Chromecast デバイスを認識するようにします。

CLI から、

>config mdns service create chromecast _googlecast._tcp.local. origin wireless
lss disable query enable

>show mdns service summary

Number of Services.............................. 7
Mobility learning status ........................ Enabled
Service-Name  LSS  Origin  No SP  Service-string
-------------------------------- ---- ---------- ----- ---------------
chromecast  No All 1 _googlecast._tcp.local.

GUI を使用する場合:

  1. > mDNS > 一般『Controller』 を選択 して下さい。 mDNS ウィンドウのマスター サービス データベース セクションでは、これらの設定を選択して下さい:
    • select サービスに関しては、他を選択して下さい。
    • サービス名に関しては、chromecast を入力して下さい。
    • サービス ストリングに関しては、_googlecast。_tcp.local を入力して下さい
    • クエリ ステータスをチェックして下さい。
    • 原点に関しては、『Wireless』 を選択 して下さい。
  2. 終了したら [Add] をクリックします。

    Chromecast 新しいサービスはマルチキャスト ドメイン ネーム システム(mDNS)ウィンドウに現われます:

     

  3. WLAN で使用する mDNS プロファイルにこのサービスを追加して下さい。 この場合既定値 の プロファイルは使用されます。

    CLI から、

    >config mdns profile service add default-mdns-profile chromecast

    >show mdns profile detailed default-mdns-profile

    Profile Name..................................... default-mdns-profile
    Profile Id....................................... 1
    No of Services................................... 7
    Services......................................... AirPrint
    AirTunes
    AppleTV
    HP_Photosmart_Printer_1
    HP_Photosmart_Printer_2
    Printer
    chromecast

    GUI から > mDNS > プロファイル『Controller』 を選択 して下さい。 Profile Name フィールドのおよびサービス名前の Profile Name を、選択しますドロップダウン リストから chromecast を確認して下さい。 終了したら [Add] をクリックします。

  4. マルチキャスト、インターネット グループ管理 プロトコル (IGMP) スヌーピングおよび mDNS スヌーピングが WLC でグローバルに 有効に なるようにして下さい。
    >show network summary

    Ethernet Multicast Forwarding............... Enable

    IGMP snooping............................... Enabled

    mDNS snooping............................... Enabled

    設定が有効に ならない場合、それらを有効に して下さい:

    CLI から、

    >config network multicast global enable
    >config network multicast igmp snooping enable
    >config mdns snooping enable

    GUI から > マルチキャスト 『Controller』 を選択 し、イネーブル グローバル な マルチキャスト モードをチェックし、IGMP Snooping チェックボックスを有効に して下さい

    それから > mDNS > 一般『Controller』 を選択 し、mDNS グローバル な スヌーピング チェックボックスをチェックして下さい。

ネットワークダイアグラム-シナリオ1

このダイアグラムは同じ WLAN および VLAN の Chromecast および無線クライアントを表示します。

 

コンフィギュレーションシナリオ 1

  1. サブインターフェイス VLAN 10 を作成して下さい。 このインターフェイスに同じ VLAN にあるダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル サーバがあります。

    CLI から、

    >config interface create vlan10 10
    >config interface address dynamic-interface vlan10 192.168.10.15
    255.255.255.0 192.168.10.254

    >config interface port vlan10 1
    >config interface mdns-profile vlan10 default-mdns-profile
    >config interface dhcp dynamic-interface vlan10 proxy-mode disable

    GUI を使用する場合:

    1. > インターフェイス 『Controller』 を選択 し、『New』 をクリック して下さい。

    2. 関連フィールドでインターフェイス名および VLAN ID を入力して下さい。 [Apply] をクリックします。

      新しいインターフェイスは画面で現われます。 新しいインターフェイスをクリックして下さい。 この例では、vlan10

    3. Edit ウィンドウでは、これらのフィールドを設定して下さい:
      • ポート番号
      • VLAN識別名
      • IP アドレス
      • ネットマスク
      • ゲートウェイ
      • mDNS プロファイル

  2. これらの設定で WLAN を作成して下さい:
    • セキュリティ WPA2-PSK (パスワード = Cisco クロム)
    • 無線ポリシー 802.11g だけ
    • デフォルトで mDNS スヌーピングはデフォルト プロファイルと有効に なります
    • VLAN 10 にそれをマッピング して下さい

    CLI から、

    >config wlan create 1 blue
    >config wlan security wpa akm 802.1x disable 1
    >config wlan security wpa akm psk enable 1
    >config wlan security wpa akm psk set-key ascii cisco-chrome 1
    >config wlan interface 1 vlan10
    >config wlan radio 1 802.11g-only

    >config wlan ccx aironetIeSupport disable 1
    >config wlan enable 1

    GUI を使用する場合:

    1. 『WLAN』 を選択 し、> 新しい作成し、『Go』 をクリック して下さい。

    2. この例が示すように General タブをクリックし、関連フィールドで情報を入力して下さい:

    3. レイヤ2 タブに先行している Security タブをクリックして下さい。 この例が示すようにウィンドウを設定して下さい:

    4. Advanted タブをクリックし、Aironet IE が有効に ならないようにして下さい。 それから mDNS スヌーピングを有効に し、mDNS プロファイル ドロップダウン リストからデフォルト mdns プロファイルを選択するためにチェックボックスをチェックして下さい。

    5. [Apply] をクリックします。

  3. この WLAN に Chromecast および無線クライアントを接続して下さい。

  4. 無線クライアントは Chromecast デバイスおよびキャスト画面を見つけます。

     

ネットワークダイアグラム-シナリオ 2

このダイアグラムは WLAN B および異なる VLAN の WLAN A および無線クライアントの Chromecast を示します。

コンフィギュレーションシナリオ 2

  1. VLAN 20 のための WLAN B を追加して下さい。 より多くの参照用のシナリオ1 からのステップ 1 および 2 を参照して下さい。
    >config interface create vlan20 20
    >config interface address dynamic-interface vlan10 192.168.20.15
    255.255.255.0 192.168.20.254

    >config interface port vlan20 1
    >config interface mdns-profile vlan20 default-mdns-profile

    >config interface dhcp dynamic-interface vlan20 proxy-mode disable

    >config wlan create 2 red
    >config wlan security wpa akm 802.1x disable 2
    >config wlan security wpa akm psk enable 2
    >config wlan security wpa akm psk set-key ascii cisco-chrome 2
    >config wlan interface 2 vlan20
    >config wlan radio 2 802.11g-only

    >config wlan ccx aironetIeSupport disable 2
    >config wlan enable 2
  2. SSID ブルーに Chromecast を接続して下さい。

  3. SSID レッドに無線クライアントを接続して下さい。

  4. 無線クライアントは Chromecast デバイスに今画面を投げることができます。

: Smartphones はこのシナリオの管理のための Chromecast を見つけられません。 このシナリオは画面ミラーリングのためにだけテストされました。

: このシナリオは AP がローカル モードにあるとだけ機能します。 flexconnect の AP に関しては-デバイスが同じ VLAN を使用する場合その時だけローカル スイッチングは、ミラーはたらきます(Chromecast およびラップトップ両方)。

ネットワークダイアグラム-シナリオ 3

このダイアグラムは固定 WLC の Chromecast および外部 WLC の無線クライアントを表示します。

コンフィギュレーションシナリオ 3

  1. 同一の設定で両方の WLAN を WLCs 作成して下さい。 ステップ 2 シナリオ1 を参照して下さい。
  2. 両方間のモビリティ ドメインを WLCs 作成して下さい。

    CLI から、

    (WLC-Anchor) >show mobility summary

    Mobility Protocol Port........................... 16666
    Default Mobility Domain.......................... mb-anchor
    Multicast Mode .................................. Disabled
    Mobility Domain ID for 802.11r................... 0x5313
    Mobility Keepalive Interval...................... 10
    Mobility Keepalive Count......................... 3
    Mobility Group Members Configured................ 1
    Mobility Control Message DSCP Value.............. 0

    Controllers configured in the Mobility Group
    MAC Address  IP Address  Group Name  Multicast IP  Status
    bc:16:65:c2:aa:c0 10.88.244.87  mb-anchor  0.0.0.0  Up


    (WLC-Foreign) >show mobility summary

    Mobility Protocol Port........................... 16666
    Default Mobility Domain.......................... mb-foreign
    Multicast Mode .................................. Disabled
    Mobility Domain ID for 802.11r................... 0x25f5
    Mobility Keepalive Interval...................... 10
    Mobility Keepalive Count......................... 3
    Mobility Group Members Configured................ 1
    Mobility Control Message DSCP Value.............. 0

    Controllers configured in the Mobility Group
    MAC Address  IP Address  Group Name  Multicast IP  Status
    6c:20:56:b8:ba:40 10.10.30.10  mb-foreign  0.0.0.0  Up


    (WLC-Anchor) >config mobility group member add 6c:20:56:b8:ba:40 10.10.30.10 mb-foreign
    (WLC-Foreign) >config mobility group member add bc:16:65:c2:aa:c0 10.88.244.87 mb-anchor


    (WLC-Anchor) >show mobility summary

    Mobility Protocol Port........................... 16666
    Default Mobility Domain.......................... mb-anchor
    Multicast Mode .................................. Disabled
    Mobility Domain ID for 802.11r................... 0x5313
    Mobility Keepalive Interval...................... 10
    Mobility Keepalive Count......................... 3
    Mobility Group Members Configured................ 2
    Mobility Control Message DSCP Value.............. 0

    Controllers configured in the Mobility Group
    MAC Address  IP Address  Group Name  Multicast IP  Status
    6c:20:56:b8:ba:40  10.10.30.10  mb-foreign  0.0.0.0  Up
    bc:16:65:c2:aa:c0  10.88.244.87  mb-anchor  0.0.0.0  Up


    (WLC-Foreign) >show mobility summary

    Mobility Protocol Port........................... 16666
    Default Mobility Domain.......................... mb-foreign
    Multicast Mode .................................. Disabled
    Mobility Domain ID for 802.11r................... 0x25f5
    Mobility Keepalive Interval...................... 10
    Mobility Keepalive Count......................... 3
    Mobility Group Members Configured................ 2
    Mobility Control Message DSCP Value.............. 0

    Controllers configured in the Mobility Group
    MAC Address  IP Address  Group Name  Multicast IP  Status
    6c:20:56:b8:ba:40 10.10.30.10  mb-foreign  0.0.0.0  Up
    bc:16:65:c2:aa:c0 10.88.244.87  mb-anchor  0.0.0.0  Up
  3. WLC を固定するために固定する WLAN を設定して下さい。

    CLI から、

    (WLC-Anchor) >config wlan disable 1
    (WLC-Anchor) >config wlan mobility anchor add 1 10.88.244.87
    (WLC-Anchor) >config wlan enable 1

    (WLC-Foreign) >config wlan disable 1
    (WLC-Foreign) >config wlan mobility anchor add 1 10.88.244.87
    (WLC-Foreign) >config wlan enable 1

    GUI 手順に関しては、モビリティグループ(GUI)を設定することを参照して下さい。

  4. 固定 WLC の SSID ブルーに Chromecast を接続して下さい。

  5. 外部 WLC の SSID ブルーにラップトップを接続して下さい。

  6. ラップトップはキャスト画面のための Chromecast デバイスを取付けます。

コンフィギュレーションシナリオ 4

の smartphones から Chromecast デバイスを管理するために異なる VLAN は選り抜きおよび AAA 上書きする VLAN を使用してChromecast を見ます。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

  1. Chromecast デバイスおよび無線クライアントが右 WLAN に接続されることを確認して下さい。
    >show client wlan 1

    Number of Clients in WLAN........................ 1

    MAC Address AP Name Status Auth Protocol Port Wired Mobility Role Device Type
    ----------------- ----------------- ------------- ---- ---------------- -----
    80:d2:1d:4a:69:86 APe4c7.228a.4bf3 Associated Yes 802.11n(2.4 GHz) 1 No Local Unknown
    00:f4:b9:0b:14:19 APe4c7.228a.4bf3 Associated Yes 802.11n(2.4 GHz) 1 No Local Unknown

    chromecast mac address
    wireless client mac address
  2. Chromecast デバイスが WLC によって検出することを確認して下さい。
    >show mdns domain-name-ip summary

    Number of Domain Name-IP Entries................. 2

    DomainName MAC Address IP Address Vlan Id Type TTL Time left
    (sec) (sec)
    -------------------- ---------------- ---------------- ------- ------ ------ ------
    Chromecastkcg.local. 80:d2:1d:4a:69:86 192.168.10.66 10 Wireless 4725 4411


    >show mdns service detailed chromecast

    Service Name..................................... chromecast
    Service String................................... _googlecast._tcp.local.
    Service Id....................................... 8
    Service query status............................. Enabled
    Service LSS status............................... Disabled
    Service learn origin............................. Wireless
    Number of Profiles............................... 1
    Profile.......................................... default-mdns-profile

    Number of Service Providers ..................... 2
    Number of priority MAC addresses ................ 0

    ServiceProvider MAC Address AP Radio MAC Vlan Id Type TTL Time left
    (sec) (sec)
    -------------------- ---------------- ---------------- ------- ------
    Chromecastkcg._googlecast._tcp.local. 80:D2:1D:4A:69:86 34:DB:FD:0B:9C:90
    10 Wireless 4500 4410

    Chromecast's name

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

この設定をトラブルシューティングするためにデバッグ mdns をすべての enable コマンド入力して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119017