音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM の電話ファームウェアファイル インストール失敗を解決して下さい

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Communications Manager (CUCM)サーバの電話ファームウェアファイル インストール失敗を解決する方法を記述されています。

Krishna Pradeep Venugopalan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

: 電話ファームウェアファイルは Rivest-Shamir-Adleman バージョン 3 (RSAv3)暗号システム キーによって署名します。 これらの署名された電話ファームウェアファイルはファイル名で普通 k3 が含まれています。

CUCM サーバで k3.cop.sgn (署名されたファイル)拡張を用いる電話ファームウェアファイルをインストールするように試みるときファイルインストール失敗に直面します。 CUCM はファイルが無効であることを示すためにこれに類似したのようである出力を生成 します、:

解決策

前のセクションに説明がある問題は CUCM サーババージョン 8.6.X か 9.X でこれらのサンプル ファームウェアファイル(か k3 値のファイルを)インストールするように試みるとき直面します:

  • cmterm-69xxSCCP.9-4-1-3ES10.k3.cop.sgn
  • cmterm-88xx-sip.10-2-2ES-10.k3.cop.sgn

: これらのファイルは Cisco Technical Assistance Center (TAC)ラボでテストされました。

k3 キーによって署名する CUCM サーバでインストールされるこれらのファームウェアファイルを、それはサポートする CUCM のために既に ciscocm.version3-keys.cop.sgn ファイルがなければなりません。 CUCM サーバにインストールされるこのファイルがない場合最新 RSAv3 キー Cisco オプション パッケージ(COPS)ファイルを得るために Cisco ダウンロード ソフトウェアページにアクセスして下さい。

実験室試験に基づいて、これらの CUCM バージョンはこの RSAv3 キー COPS ファイルを必要としません:

  • Cisco バグ ID CSCua88701 のための修正を含む CUCM バージョン
  • CUCM バージョン 10.0
  • CUCM バージョン 10.5.X

: CUCM バージョン 10.5.X はそれがアップグレード プロセスの間に追加されるので既にファイルがあるはずです。

ヒント: その他の情報に関しては、Cisco Unified Communications Manager および IM および存在サービスに関するリリース ノートPreupgrade COPS ファイルセクションを、リリース 10.5(1) 参照して下さい。

CUCM サーバで ciscocm.version3-keys.cop.sgn ファイルを得、インストールに成功したら、.k3.cop.sgn 電話ファームウェアファイル インストールは正常に続行する必要があります:



Document ID: 118926