会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

どの位帯域幅を TMS はシステムを管理するのに使いますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence 管理スイートに関連しています。

Q. どの位帯域幅を TMS はシステムを管理するのに使いますか。

A. TMS はシステムが付いている一定した接続を維持しないし、従ってシステムのための帯域幅をいつも消費していません。 TMS は引き起こされる イベント接続がイベントまたはトリガー happening&mdash に基づいて必要に応じて確立されることを意味しますで; コールの接続のような。

従ってシステムごとに使われる帯域幅はアクティブが各システムどのようにあるまたはどの位の割りでに管理されるか完全に依存しています。 接続は一般にテキスト ソフトウェアアップグレードを除いてだけ、軽量および非常にです。 MXP エンドポイントの基本コールは、たとえば、総マネジメントトラフィックの 140kb よりより少しを生成します。 管理のためのシステム端に帯域幅の利用は一般にごくわずかと見なされます。 TMS 端に帯域幅の使用量はによって何システムが管理されている、そしてどのようにアクティブがあるか決まります。 管理のための帯域幅の使用量は普通あらゆるネットワーク変更のための原因ではないです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112585