クラウドおよびシステム管理 : Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)

ACI および UCS B シリーズで VMM ドメイン 統合を設定して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 6 月 4 日) | フィードバック

概要

この資料は仮想マシン マネージャ(VMM)ドメイン 統合を活用 する アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)ファブリックに Cisco Unified Computing System (UCS) B シリーズを統合ために使用するコンフィギュレーションのステップを記述したものです。

Cisco TAC エンジニア Joseph Ristaino 著

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • 2 つの脊柱スイッチおよび 2 つのリーフ スイッチで構成されている ACI ファブリック
  • 2 ファブリックとの UCS B シリーズシャーシは相互接続します
  • VMware ESXi の UCS B シリーズ ブレード
  • アプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ(APIC)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

VMM ドメインを作成して下さい

この設定のほとんどはあらゆるサーバハードウェアの VMM ドメインの配備に類似したです。 回避策がある特定の方法 APIC を設定すること一定の制限があります。 これらの回避策コンフィギュレーションはこのプロシージャでとりわけ呼出されます。

  1. ダイナミック VLAN プールを作成して下さい。 APIC ユーザインターフェイスから、ファブリック > アクセスポリシー > プール > VLAN を > 作成します VLAN プールを選択して下さい。
  2. 作成 VLAN プール ウィンドウが開くとき、この情報を入力して下さい:
    1. Name フィールドでプールの名前を入力して下さい。
    2. 動的割り当て オプション ボタンをクリックして下さい。
    3. Encap をブロックし、(+)シンボルと作成範囲ダイアログボックスの範囲フィールドで入力します Encap ブロック範囲をクリックして下さい。 完了したら、[OK] をクリックします。

  3. APIC ユーザインターフェイスから、VM ネットワーキング > VM プロバイダ VMware を > 作成します vCenter ドメインを選択して下さい。

  4. 作成 vCenter Domain ウィンドウが現われるとき、この情報を入力して下さい:
    1. Name フィールドでドメイン名を入力して下さい。
    2. VMWare vSphere 分散 Switch オプション・ ボタンをクリックして下さい。
    3. 関連する取付可能なエンティティ プロファイル ドロップダウン リストからデモAEP を選択して下さい。
    4. VLAN プール ドロップダウン リストからデモ プールを(ダイナミック)選択して下さい。
    5. シンボルと vCenter 資格情報を(+)クリックし、作成 vCenter 資格情報 ダイアログボックスで vCenter 資格情報を入力して下さい。
    6. 完了したら、[OK] をクリックします。

  5. vCenter/vShield ウィンドウからのシンボルと(+)クリックして下さい。 作成 vCenter/vShield Controller ウィンドウが現われるときこの情報を入力して下さい:
    1. vCenter オプション ボタンをクリックして下さい。
    2. ホスト名(か IP アドレス)フィールドでホスト名か IP アドレスを入力して下さい。
    3. DVS バージョン ドロップダウン リストから vCenter デフォルトを選択して下さい。
    4. データセンター フィールドでデータセンターの名前を入力して下さい。
    5. 関連するクレデンシャル ドロップダウン リストからデモVMM Creds を選択して下さい。
    6. 完了したら、[OK] をクリックします。

DVS が vCenter で作成されることを確認して下さい

vCenter サーバの分散バーチャル スイッチ(DVS)の最近のタスク ウィンドウおよび付加の少数の新しいタスクを参照するはずです:

作成して下さい/CDP か LLDP が UCS vNICs で有効に なることを確認して下さい

ACI の UCS B を展開するとき、ホストを検出するのに使用するように望むディスカバリプロトコルを選択できます。 このセクションは方法によって各設定する打ち込みます UCS マネージャを歩きます。

デフォルトで、Cisco Discovery Protocol (CDP)は UCS バーチャルネットワーク インターフェイス カード(vNIC)でデフォルトネットワーク制御方策にディセーブルにされる CDP があるのでディセーブルにされます。 CDP を有効に するために、デフォルトネットワーク制御方策を修正できますまたは有効に なる CDP で新しいものを作成して下さい。 それから各サービス プロファイルの各 vNIC にことポリシー適用して下さい。 この例では、デフォルトネットワーク制御方策はサービス プロファイルすべてがそれをデフォルトで使用するので修正されます:

別のポリシーを使用する場合、各サービス プロファイルの vNICs へのポリシー付け加えます確認して下さい:

バージョン 2.2(4b) および それ 以降では、ファブリックからの UCS サポート リンク層 ディスカバリプロトコル(LLDP)はブレードに相互接続します。 これはこのバージョンまたはそれ以降動作する場合 vCenter およびファブリックのホストを検出するためにまた LLDP を使用できることを意味します。 設定は上でと正確同じですが、両方向の LLDP を有効に します:

UCS B のための APIC の vSwitch ポリシーを設定して下さい

デフォルトで DVS で、使用されるディスカバリプロトコルは LLDP です。 LLDP をサポートするが、UCS B シリーズ ブレードは UCSM バージョン 2.2(4b) および それ 以降の LLDP だけをサポートしますあらゆるサーバはこれで大丈夫で。 このような理由で、ESXi は APIC に正しいコードになければ LLDP 情報を報告できません。

LLDP への代替として、ホストを検出するために CDP を使用して下さい。 DVS を有効に なる CDP および LLDP がある CDP を使用するために得るために取付可能なエンティティ プロファイル(AEP)の vSwitch ポリシーを設定して下さい。

これと共に、UCS B シリーズが使用されるとき唯一のサポートされたロード バランシング メカニズムは仮想ポートの発生に基づくルートです。 MAC ピンで止めるポリシーを設定する場合、ポートグループをこのメカニズムを使用するためにプログラムします。 これはパケットロスを防いで非常に重要です。

  1. APIC ユーザインターフェイスから、ファブリック > アクセスポリシーを > グローバル なポリシー > 取付可能なアクセス エンティティ プロファイル > AEP > 構成 vSwitch ポリシー選択して下さい。

  2. Config vSwitch Policies ウィンドウが現われるときこの情報を入力して下さい:
    1. CDP ポリシー ドロップダウン リストから enableCDP を選択して下さい。
    2. LACP ポリシー ドロップダウン リストから MAC ピンで止めを選択して下さい。
    3. disLLDP を LLDP ポリシー ドロップダウン リストから選択し、『SUBMIT』 をクリック して下さい。

    UCSM 2.2(4b) またはそれ以降にある、および LLDP を使用したいと思えば場合 UCS がそれをサポートするのでこの vSwitch ポリシーの LLDP を起動できます。 この例は UCSM バージョンのためだけです LLDP をサポートしない、または CDP が望まれれば。

    『SUBMIT』 をクリック した後、DVS が vCenter で再構成されることがわかります:

    また vmnics がファブリック相互接続からの CDP情報を見ることがわかります:

  3. 仮想ポートの発生に基づくルートがポートグループでプログラムされることを確認して下さい。  Networking タブのポートグループを右クリックし、これを確認する設定を編集して下さい:

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

これらの変更を行った後、APIC は CDP情報についての vCenter によって知らせる必要があります。 これを確認するために、VMM ドメインのコンポーネントをチェックして下さい。

APIC ユーザインターフェイスから、VM ネットワーキング > コンポーネント > VMware > ドメイン > vCenter > Hypervisors > Hypervisor > 全般を Properties ウィンドウを表示するために選択して下さい。

この時点で、アダプタを適切なポート グループに追加し、接続をテストするために VM ネットワーク設定を変更できます。 Ping は正常であるはずです。 ping が正常ではない場合、vCenter と APIC のすべての設定 CDP ネイバー ディスカバリのために正しくであって下さいことを確認して下さい。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118965