スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

ASRs で OTV インターオペラビリティのための Nexus 7000 シリーズ スイッチを設定して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

オーバーレイ転送する 仮想化(OTV)レイヤ2 (L2)データセンター相互接続 テクノロジーを展開するために Cisco によって集約されるサービス ルータ(ASR)によって使用することができるようにこの資料に Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチを設定する方法を記述されています。 

: Nexus スイッチの Cisco バグ ID CSCuo44890 に従って解決されるバージョン 6.2(x) および それ 以降の Nexus 7000 シリーズ スイッチと ASR 間に相互運用性 の 問題があります。

Pronoy Dasgupta およびウイルス Bhutta によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Nexus および ASR プラットフォーム両方のための OTV コンフィギュレーションのナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • ソフトウェア バージョンを 6.2(12) 実行する M1 シリーズ ラインカードが付いている Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ
  • Cisco 1000 シリーズ Cisco IOS XE ® バージョン 3.13 または 3.14 を実行する ASRs

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

Nexus 7000 シリーズを設定するためにこのセクションで情報を切り替えます使用して下さい。

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

この資料で提供される例はこのトポロジーを使用します:

 

: このダイアグラムは隣接関係 サーバ例を示します; ただし、相互運用性 の 問題はまたマルチキャスト コンフィギュレーションのシナリオに適用します。

設定

このセクションは Nexus および ASR デバイスにコンフィギュレーションを提供します。

N7K-1-OTV

N7K-1-OTV# show run otv

!Command: show running-config otv
!Time: Tue Dec 14 21:12:57 2010

version 6.2(12)
feature otv

otv site-vlan 3000

interface Overlay1
  otv join-interface Ethernet1/18
  otv extend-vlan 2001
  otv adjacency-server unicast-only
  no shutdown
otv-isis default
otv site-identifier 0x2

N7K-1-OTV#

N7K-2-OTV

N7K-2-OTV# show run otv

!Command: show running-config otv
!Time: Tue Dec 14 21:22:20 2010

version 6.2(12)
feature otv

otv site-vlan 3001

interface Overlay1
  otv join-interface Ethernet1/40
  otv extend-vlan 2001
  otv use-adjacency-server 10.1.1.2 unicast-only
  otv adjacency-server unicast-only
  no shutdown
otv-isis default
otv site-identifier 0x3

N7K-2-OTV#

ASR-OTV

ASR-OTV#show run
hostname ASR-OTV
!
otv site bridge-domain 1
!
otv site-identifier 0000.0000.0001
multilink bundle-name authenticated
!
interface Overlay1
 no ip address
 otv join-interface GigabitEthernet0/0/5
 otv use-adjacency-server 10.1.1.2 unicast-only
 otv adjacency-server unicast-only
 service instance 2001 ethernet
  encapsulation dot1q 2001
  bridge-domain 2001
 !
!
interface GigabitEthernet0/0/5
 description ****OTV Join interface****
 mtu 9216
 ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
 shutdown
 negotiation auto
 cdp enable
!
interface GigabitEthernet0/0/6
 no ip address
 negotiation auto
 service instance 1 ethernet
  encapsulation untagged
  bridge-domain 1
 !
 service instance 2001 ethernet
  encapsulation dot1q 2001
  bridge-domain 2001
 !
ASR-OTV#

確認

以前のコンフィギュレーションによって、OTV 隣接関係はデバイスすべてでアップする必要があります; ただし、OTV ルート Media Access Control (MAC) アドレスがサイト 2 (N7K1)とサイト 3 (N7K2)の間だけで交換されることを観察するかもしれません。 例は続くセクションで提供されます。

: この場合、ルーティングは ASR と Nexus スイッチの間で交換されません。 ただし、ルーティングは 2 つの Nexus スイッチの間で交換されます。

N7K-1-OTV

N7K-1-OTV# show otv adjacency
Overlay Adjacency database

Overlay-Interface Overlay1  :

Hostname      System-ID      Dest Addr  Up Time   State
N7K-2-OTV     002a.6ae7.d442 10.1.1.3    1w4d      UP
ASR-OTV       88f0.774a.2800 10.1.1.1    00:00:22  UP

N7K-2-OTV

N7K-2-OTV# show otv adjacency
Overlay Adjacency database

Overlay-Interface Overlay1  :

Hostname      System-ID      Dest Addr  Up Time   State
N7K-1-OTV     002a.6ae7.d441 10.1.1.2    1w4d      UP
ASR-OTV       88f0.774a.2800 10.1.1.1    00:00:20  UP

ASR-OTV

ASR-OTV#show otv adjacency
Overlay Adjacency Database for overlay 1

Hostname     System-ID      Dest Addr  Site-ID        Up Time   State
N7K-2-OTV    002a.6ae7.d442 10.1.1.3    0000.0000.0003 00:00:13  UP
N7K-1-OTV    002a.6ae7.d441 10.1.1.2    0000.0000.0002 00:00:19  UP

トラブルシューティング

(1 Nexus スイッチだけ含まれていても)前のセクションに説明がある状況では、ASR のトレースバックおよび無効 VLAN 範囲 エラーメッセージを監視し始めます:

*Apr  2 17:21:33.056: %CLNS-3-VLANRANGEERR:  (Overlay1): invalid vlan range received,
begin 131137536, end 131137536, step 1
-Traceback= 1#4b5dcf00e7618154330c28bbb7d4cf9c  :7F681D4E7000+BD95181
:7F681D4E7000+BD95C59 :7F681D4E7000+BD94D0D :7F681D4E7000+8703A8A
:7F681D4E7000+86CB1B9 :7F681D4E7000+8705E11 :7F681D4E7000+87052C8
:7F681D4E7000+86F7EDF :7F681D4E7000+86F79DA :7F681D4E7000+86F794B
:7F681D4E7000+86DC3FF :7F681D4E7000+86FF620

隣接関係はアップのままになっていますが、ルーティングは交換されないし、ホストは OTV を渡って互いを ping できません。 これはサイト 1 とサイト 2 間のホストすべて、またサイト 1 およびサイト 3.のために発生します。

Cisco バグ ID CSCuo44890 はルートはサイトの間で交換されるようにするために設定されるために必要となる Nexus 7000 シリーズ スイッチのバージョン 6.2(12) およびそれ以降の新しい CLI コマンド(INTEROP イネーブル)をもたらしました。

相互運用性 の 問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. スイッチで設定される OTV エッジ デバイス(OEDs)すべてのすべてのオーバーレイをシャットダウンして下さい。

  2. Nexus 7000 シリーズ OEDs すべてのための otv IS-IS デフォルトの下で INTEROP イネーブルを設定して下さい。

  3. すべてのオーバーレイに OEDs すべてのための背部オンラインを持って来て下さい。

次に例を示します。

N7K-1-OTV(config)# interface Overlay 1
N7K-1-OTV(config-if-overlay)# shut

N7K-2-OTV(config)# interface Overlay 1
N7K-2-OTV(config-if-overlay)# shut

N7K-1-OTV(config-if-overlay)# otv-isis default
N7K-1-OTV(config-router)# interop-enable
N7K-1-OTV(config-router)# end

N7K-2-OTV(config-if-overlay)# otv-isis default
N7K-2-OTV(config-router)# interop-enable
N7K-2-OTV(config-router)# end

N7K-1-OTV(config)# interface Overlay 1
N7K-1-OTV(config-if-overlay)#no shut

N7K-2-OTV(config)# interface Overlay 1
N7K-2-OTV(config-if-overlay)#no shut

今ルート交換を見ホストは OTV を渡って到達可能であるはずです。

: このプロシージャはネットワークの Nexus 7000 シリーズ OTV デバイスすべてのために完了する必要があります。 この例では N7K2-OTV の INTEROP イネーブル コマンドを有効に しなければ、そしてそれの後ろのホストは ASR-OTV または N7K1-OTV デバイスの後ろでホストのから達できません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118917