ビデオ : Cisco Digital Content Manager(DCM)ソフトウェア

DCM の UDP フラッディング問題を解決して下さい

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Digital Content Manager (DCM)であふれる User Datagram Protocol (UDP; ユーザ データグラム プロトコル)を解決する方法を記述されています。

Sourav Jyoti Das によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco DCM D9902 に基づいています。 

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

シナリオは D9902 がレイヤ2 (L2)スイッチに接続され、ユニキャスト ビデオ ストリームを受け取るために設定されるところで観察されました。 ただし、ユニキャスト ビデオがおよそ 5 分の間流れた後、カスタマーネットワークで停止を引き起こす同じ LAN はスイッチのフラッディングを観察します。 このシナリオでは、DCM に接続されたスイッチポートが宛先MAC アドレスがスイッチに不明だったのでフラッディングを引き起こしたメディア アクセス制御(MAC) アドレス 表を老化させたことが判別されました。

UDP フラッディングは単方向シナリオのよくある 問題です。 ルータ/スイッチ レイヤ3 (L3)ののアドレス解決プロトコル (ARP) キャッシュ タイマーは(4 時間のデフォルトと) MAC アドレス 経過時間 タイムアウトより高いです常に(5 分のデフォルトと)。 これはデスティネーションデバイスから無応答がある場合 MAC アドレス 情報がスイッチから取除くことができるという可能性が常にあることを意味します。

: MACテーブル 経過時間 タイムアウト値の増加はスイッチの重要なロードを作成し、それにリソースを使い果たさせます場合があるので、推奨されません。

解決策

この問題を解決するために設定できる 3 つの異った方法はここにあります:

  • この問題のための信頼できるのおよび単純な解決方法は DCM のダミーのマルチキャスト 加入を作成することです。 この場合、DCM はスイッチにインターネット グループ管理プロトコル(IGMP) メンバーシップレポートを送り、スイッチは DCM を定期的にポーリングし開始します。 DCM をポーリングするために、スイッチはスイッチの MACアドレステーブルをリフレッシュする IGMP メンバーシップクエリを送信します。

  • この問題のためのもう一つのソリューションは MACテーブル エージングタイマーの近くにより少しよりまたはであるようにスイッチの ARPキャッシュ タイマーの値を減少させることです。 これにより ARPパケットはブロードキャストになります MAC アドレスは L2 エントリ経過時間の前に学び直す必要があります。

  • 第 3 オプションとして、再度ブートするの後でさえも残り、タイムアウトの問題を除去するスイッチの静的なMACアドレス エントリを設定できます。

注意: ケーブル接続を変更するときそれが危ない場合もあるので第 3 オプションを実装することにする場合お元気で。

ヒントCatalyst 6500/6000 スイッチ ARP か UDP フラッディングに関する詳細については Ciscoドキュメントのトラブルシューティング CAMテーブル問題を参照して下さい。



Document ID: 118966