音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VOS アプリケーションおよび 2015 年 6 月 30 日うるう秒

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 6 月 24 日) | フィードバック

概要

この資料は予防的に Cisco コラボレーション 製品の 2015 うるう秒の間説明する方法を取り扱っています。 天文およびアトミック時間の正しい配置を確認するために、国際的な地球ローテーション及び参照システム・サービスは 30 6月 2015 年の 23:59:59 で世界標準時(UTC)に追加されるべき余分第 2 を求めました。 これは 1972 年以来の第 26 うるう秒調整で、コンピュータ、ネットワークおよびソフトウェアソリューションのプロバイダに関する重要な問題を表します。

これらの Cisco コラボレーション 製品はこの資料でカバーされます:

  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)
  • Cisco Unified IM 及び存在サーバ(または Cisco Unified Presence (コップ))
  • Cisco Unity Connection
  • Cisco Emergency Responder (CER)
  • Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)
  • Cisco Finesse
  • Cisco Unified Intelligence Center (CUIC)
  • Cisco SocialMiner
  • Cisco MediaSense

アダム Frankel およびチャールズ ファーガソンによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

CUCM

このセクションは CUCM 製品のための影響および予防手段をカバーします。

CUCM バージョン 8.0 および それ 以前

CUCM がバージョン 8.0 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム Network Time Protocol (NTP) サーバに発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 Cisco バグ ID CSCut25356 を参照して下さい。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。  

: 回避策は両方とも NTP サービスが非機能的であるように要求します。 これは長期間にわたって設定されるために推奨されないし、IP 電話にデータベース複製および時間ディスプレイに対する不利な副次的影響をもたらすかもしれません。

回避策 1 -一時的に無効 な NTP サーバを使用して下さい

警告: この回避策はサーバが VMware で動作する場合ライセンスを無効にします。 従って、この回避策はパブリッシャ サーバが物理的 な ホストで動作する場合その時だけ望ましいです。

やがてうるう秒以前に、サーバに NTP を実行しないパブリッシャ OS 管理(設定 > NTP サーバ)への NTP 参照をそのポイント追加して下さい。 有効な NTP 参照を削除することを確かめて下さい。

うるう秒以降に終わった、無効 な参照を削除し、有効な NTP 参照を追加します。  

この変更を utils NTP 再始動 コマンドで行った後クラスタのすべてのノードの NTP サービスを再開する必要があります。

回避策 2 -ネットワーク アクセス制御リスト

やがてうるう秒以前に、CUCM パブリッシャから起きる宛先 UDP ポート 123 の NTP 要求をブロックするためにネットワーク Access Control List (ACL)を設定して下さい。

うるう秒の直後、CUCM が NTP サーバからの時間を同期するように ACL を取除いて下さい。

CUCM バージョン 8.5 および それ 以降

バージョン 8.5 または それ 以降を動作する CUCM サーバに関しては、サーバが NTP にきちんと同期されることを確認するためにパブリッシャ CLI で utils NTP status コマンドを入力して下さい。

バージョン 8.5 または それ 以降を動作するサーバはきちんと NTP サーバ アップストリームがうるう秒の間に時間をアップデートするという想定のもとでうるう秒を処理します。

サーバが NTP サーバに同期されない場合、CUCM パブリッシャ OS 管理(設定 > NTP サーバ)への有効な NTP 参照を追加することを推奨します。

CUCM サーバが NTP サーバに同期されない場合、それはうるう秒以降に Cisco バグ ID CSCus88308 のための修正が含まれているのはバージョンでなければ 1秒前方に発生しますです。 この修正はこれらのバージョンで現在利用できます:

  • バージョン 9.1(2)SU3
  • バージョン 8.6(2)26159-2 (このバージョンを得るために Cisco TAC に連絡して下さい)

そこにまた Cisco バグ ID CSCus88308 を当たるためソフトウェアメンテナンスの下にまだである CUCM のすべてのバージョンのための「Unified Communication マネージャ/Cisco Unity Connection 時間帯更新」更新に掲示される時間帯 アップデート COPS ファイルであると期待されます。

Cisco Unity Connection

CUCM および Unity 接続が同じカーネルバージョンを共有するので、CUCM のための手順を参照して下さい。  それらは Unity 接続のため同じです。

Cisco Unified IM 及び存在(およびコップ)

コップ バージョン 8.0 および それ 以前

コップがバージョン 8.0 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム NTP サーバ(Cisco バグ ID CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

CUP/IM&P バージョン 8.5 および それ 以降

コップおよび IM&P バージョン 8.5 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、バージョン アップデートか時間帯 COPS ファイルによって Cisco バグ ID CSCus88308 のための修正が必要となります。

CER

このセクションは CER 製品のための影響および予防手段をカバーします。

CER バージョン 8.0 および それ 以前

CER がバージョン 8.0 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム NTP サーバ(Cisco バグ ID CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

CER バージョン 8.5 および それ 以降

CER バージョン 8.5 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、バージョン アップデートによって Cisco バグ ID CSCut09811 のための修正が必要となります。

UCCX

このセクションは Cisco UCCX 製品のための影響および予防手段をカバーします。

UCCX バージョン 8.0 および それ 以前

UCCX がバージョン 8.0 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム NTP サーバ(Cisco バグ ID CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

UCCX バージョン 8.5 および それ 以降

UCCX バージョン 8.5 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、うるう秒の間説明するためにバージョン アップデートか時間帯 COPS ファイルによって Cisco バグ ID CSCut16832 のための修正が必要となります。

Cisco Finesse

このセクションは Cisco Finesse 製品のための影響および予防手段をカバーします。

技巧バージョン 10.0 および それ 以前

技巧がバージョン 10.0 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム NTP サーバ(Cisco バグ ID CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

技巧バージョン 10.5 および それ 以降

技巧バージョン 10.5 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、うるう秒の間説明するためにバージョン アップデートか時間帯 COPS ファイルによって Cisco バグ ID CSCut59282 のための修正が必要となります。

CUIC

このセクションは CUIC 製品のための影響および予防手段をカバーします。

CUIC バージョン 9.0 および それ 以前

CUIC がバージョン 9.0 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム NTP サーバ(Cisco バグ ID CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

CUIC バージョン 9.1 および それ 以降

CUIC バージョン 9.1 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、うるう秒の間説明するためにバージョン アップデートか時間帯 COPS ファイルによって Cisco バグ ID CSCut57780 のための修正が必要となります。

Cisco SocialMiner

SocialMiner バージョン 8.6 および それ 以前

バージョン 8.6 または それ以前を実行する社会的な抗夫はうるう秒がアップストリーム NTP サーバ(Cisco バグ ID CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

SocialMiner バージョン 9.0 および それ 以降

Cisco SocialMiner バージョン 9.0 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、うるう秒の間説明するためにバージョン アップデートか時間帯 COPS ファイルによって Cisco バグ ID CSCut69264 のための修正が必要となります。

Cisco MediaSense

このセクションは Cisco MediaSense 製品のための影響および予防手段をカバーします。

MediaSense バージョン 8.6 および それ 以前

MediaSense がバージョン 8.6 または それ以前を実行する場合、うるう秒がアップストリーム NTP サーバ(CSCut25356)に発生するときハングするか、またはクラッシュするために敏感です。 この問題を回避するために、2 つの回避策の 1 つは(CUCM セクションで)適用します。 回避策は両方とも 6 月 30 日の 23:59:59 でうるう秒挿入を防ぎますが、手動を同期化まもなくして必要とします。

MediaSense バージョン 9.0 および それ 以降

MediaSense バージョン 9.0 および それ 以降は Cisco バグ ID CSCut25356 に敏感ではないです。 それらはうるう秒ごとにアップストリーム NTP サーバによって知らせられたときアップデートします。 NTP サーバに同期されなくて、うるう秒の間説明するためにバージョン アップデートか時間帯 COPS ファイルによって Cisco バグ ID CSCut12363 のための修正が必要となります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119036