会議 : Cisco TelePresence IP VCR 2210

TANDBERG Codian IP VCR を使用して Polycom MGC の会議の記録

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence IP VCR 2210 および Cisco TelePresence VCR MSE 8220 製品に関連しています。

Q. TANDBERG Codian IP VCR を使用して Polycom MGC の会議の記録

A. Polycom MGC の会議を記録するのに Codian IP VCR を使用できます。

これをするために IP VCR および Polycom 両方 MGC のある特定の設定を行って下さい。

IP VCR を設定するため:

  1. 記録物 > フォルダに行って下さい。

  2. に記録したいと思うフォルダ名の隣で『Configuration』 をクリック して下さい。

  3. 記録 ID のメモを作って下さい。 ID が割り当てられない場合、記録 ID フィールドに 1 つを入力して下さい。

  4. 設定 > 記録物に行って下さい。

  5. 記録されている参加要素に送信ビデオを常に選択して下さい。

  6. フォルダを『Update』 をクリック して下さい。

このページと(フォルダを追加し、アップデートする)関連付けられる各フィールドについての詳細な情報についてはオンライン ヘルプ トピックを参照して下さい。

Polycom MGC を設定するため:

  1. MGC の Webインターフェイスで、MCU 設定 > プロファイルに行って下さい。

  2. 右クリックは新しい参加要素を追加するか、または参加要素 > Add新しい参加要素行きます。 これは New ウィンドウで開きます。

  3. 参加要素 IP に関しては、IP VCR の IP アドレスを入力して下さい。

  4. エイリアス型に関しては、パーティ数を選択して下さい。

  5. エイリアス名前および拡張/識別子 ストリングに関しては、記録 ID (上記参照)を入力して下さい。 他のフィールドを要求に応じて記入して下さい。

  6. : Polycom MGC および IP VCR のために同じゲートキーパーを使用している場合、記録 ID を使用することは必要であるただはずです。

Polycom MGC のコンテンツ チャネルの会議を記録する場合のビデオ問題

時折ビデオ問題は Codian IP VCR の Polycom MGC からのコンテンツ チャネルの会議を記録するとき見られる場合があります。 コンテンツ チャネルは時々ぼやけているようであることができますおよび/または点滅カラリングされたブロックは見られる場合があります。

低質は送信コンテンツのために Polycom 製品によって使用する H.263+ によって呼出される別館 T に拡張が理由でそうなったものです。

エンドポイントは別館 T の使用から MGC の system.cfg ファイルへオプションを追加することによってコンテンツをソフトウェア バージョン 7.5.1 およびそれ以降を実行する MGC に送信するときことができます防ぐ。

これを行うには、

  1. Polycom MGC マネージャから、ツリー表示および選定された MCU Utils の MGC の名前を右クリックし、次に「system.cfg」を編集して下さい。

  2. 個人 PLUS コンテンツ セクションにナビゲート し、ENABLE_H239_ANNEX_T 項目を探して下さい。

  3. 存在 する 項目がに値を設定 しなかったら; さもなければ項目を『Add』 をクリック し、値の ENABLE_H239_ANNEX_T をのいいえ追加して下さい

  4. コンフィギュレーション ファイルを保存するために『OK』 をクリック して下さい。

  5. MGC を変更を有効にするためにリブートして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112267