会議 : Cisco TelePresence Advanced Media Gateway 3610

TANDBERG 前進メディア ゲートウェイ間のコピー設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence によって進められるメディア ゲートウェイ 3610 に関連しています。

Q. TANDBERG 前進メディア ゲートウェイ間のコピー設定

A. WebインターフェイスFTP を使用して別の TANDBERG AM ゲートウェイに TANDBERG AM ゲートウェイの設定をコピーできます。

設定を Webインターフェイスを使用してコピーし、転送します

オリジナル AM ゲートウェイのコンフィギュレーション ファイルを保存するため:

  1. メンテナンス > アップグレードに行って下さい。

  2. バックアップ ファイルを『SAVE』 をクリック して下さい。

  3. 安全な場所に生じる「configuration.xml」ファイルを保存して下さい。

設定を別のものにアップロードするため AM ゲートウェイ:

  1. メンテナンス > アップグレードに行って下さい。

  2. 上書き設定に関しては、好みます上書きされるネットワークかユーザ設定を『IF』 を選択 して下さい(詳細についてはオンライン ヘルプを参照して下さい)。

  3. バックアップ ファイルを『Restore』 をクリック して下さい。

設定を FTP を使用してコピーし、転送します

オリジナル AM ゲートウェイのコンフィギュレーション ファイルを保存するため:

  1. FTPサービスがネットワーク > Services ページで有効に なるようにして下さい。

  2. FTPクライアントを使用して AM ゲートウェイに接続して下さい。 ユーザネームおよびパスワードを頼まれた場合、同じを管理者として製品の Webインターフェイスにログインに使用する物入力して下さい。

    configuration.xml と呼ばれたファイルが表示されます。 これは製品の完全な設定が含まれています。

  3. このファイルをコピーし、安全なそれをどこかに保存して下さい。

設定を別のものにアップロードするため AM ゲートウェイ:

  1. 復元するたいと思う configuration.xml ファイルのコピーを見つけて下さい。

  2. FTPサービスがネットワーク > Services ページで有効に なるようにして下さい。

  3. FTPクライアントを使用して MCU に接続して下さい。 ユーザネームおよびパスワードを頼まれた場合、同じを管理者として製品の Webインターフェイスにログインに使用する物使用して下さい。

  4. 製品の既存のファイルを上書きする製品に configuration.xml ファイルをアップロードして下さい。

重複した製品を設定したらのにコンフィギュレーション ファイルを使用している場合たとえば複数の AM ゲートウェイがあるネットワークでオリジナル製品がスタティック アドレスで設定されたら、コンフィギュレーション ファイルを使用した他のどの製品の IP アドレスも再構成する必要があることに、注意して下さい。


関連情報


Document ID: 112508