クラウドおよびシステム管理 : Cisco Intelligent Automation for Cloud 4.0

SDK ソースからの UI の構築

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IAC 4.0 は高拡張可能な製品です。 サービス、プロセスおよびユーザインターフェイスはスイート配備仕様必要条件に拡張およびカスタマイズされてかもしれません。

一貫したルックアンドフィールを Cisco IAC 製品に与える IAC 仕様拡張を用いる Cisco IAC 4.0 ユーザインターフェイス使用 Cisco プライム記号 UI XWT ツールキット。 この資料に説明があったツールおよびプロセスはあなた自身の顧客 ユーザインターフェイスの Web アセットを圧縮し、ページ読み込み時間を短縮し、帯域利用率を減少させるために最適化します。

はじめに

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

確かめま始める前に Cisco IAC 4.0 またはそれ以降がであることをインストールされ、サポート対象バージョンで設定され、動作します(または詳細については Cisco Intelligent Automation for Cloud 互換性 マトリックスを参照して下さい)。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

使用するコンポーネント

Cisco IAC UI SDK は Java SDK および Apache Maven を使用します。

JAVA_HOME 環境変数を含まれています Java SDK がインストールされている位置が確認して下さい。 Java Development Kit は www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.htm からダウンロードすることができます。

  • Java Development Kit (JDK) 1.6 またはそれ以上に

    • Windows 例: JAVA_HOME= C:\Program Files\Java\jdk1.7 .0_45 を設定 して下さい

    • Linux 例: エクスポート JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jre-1.7.0-openjdk.x86_64/

Cisco UI SDK は Maven 3.0.5 および 3.1.1 とテストされました。 Maven パッケージをコンピュータに得、得られたパッケージのビンディレクトリに PATH変数を設定 して下さいそうすればフル パスを入力しないで mvn コマンドを実行できます。

  • Apache Maven 3.0.5 または 3.1.1

    • Windows 例: セット Path=%Path%; c:\Program Files\apache -maven-3.0.5\bin

    • Linux 例: エクスポート PATH=$PATH:~/apache-maven-3.0.5/bin

  • プロキシコンフィギュレーションでの Maven settings.xml の作成

    Maven は自動的に UI を構築するために必要なプラグインおよび依存関係をダウンロードします。 プロキシが公衆インターネットにアクセスするように要求しない場合それ以上の設定が必要となりません。 プロキシがプロキシ情報を定義する公衆インターネットを離れて項目をダウンロードするように要求する場合 settings.xml ファイルを作成して下さい。 拡張設定が必要となるとき settings.xml が Maven の動作を設定するのに使用されています。

    テンプレート settings.xml は CONF の下の Maven インストール ディレクトリにとしてあります:

     
    	 
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
    <settings
    	 xmlns="http://maven.apache.org/SETTINGS/1.0.0"
    	 xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    	 xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/SETTINGS/1.0.0
    	 http://maven.apache.org/xsd/settings-1.0.0.xsd"> 
    	<proxies>
    	 <proxy> <id>myproxy</id>
    		<active>true</active>
    	 <protocol>http</protocol>
    	 <username>proxyuser</username>
    	 <password>proxypass</password>
    	 <host>proxy.host.net</host> 
    		<port>80</port>
    	 </proxy>
    	</proxies> 
    </settings> 

得ます IAC UI SDK (xwt iacx.x src.zip)を

ZIP ファイルのコンテンツは一度得られた xwt iac と呼ばれたディレクトリにあります。

Windows

ZIP にされたファイルを、Windowsエクスプローラの xwt iacx.x src.zip、見つけて下さい。 > 上メニューからの「抽出すべて」『File』 をクリック し、Windowsエクスプローラ抽出ウィザード ウィンドウに続いて下さい

Linux

xwt iacx.x src.zip を解凍して下さい

IAC UI SDK の構築

  1. cd xwt iac

  2. mvn [- settings.xml> への s <path] [- Dmaven.repo.local=.repository] - f dist.pom.xml パッケージ

オプションの説明

  • - settings.xml> への s <path: settings.xml がプロキシ 設定を行うように要求する場合(オプションの) settings.xml にパスを規定 して下さい。

  • - Dmaven.repo.local=.repository: (オプションの) Maven は UI を構築するときプロジェクト の 依存関係および maven プラグインをダウンロードします。 このオプションはこれを制御することを望んだ場合どんなディレクトリそれらのファイルがにダウンロードされるか述べています。 デフォルトの動作は .m2/repository のホーム ディレクトリにそれらをダウンロードすることです

  • - f dist.pom.xml: (必須) maven ビルド スクリプトへのパス

  • パッケージ: (必須)動作するべきビルド ターゲット。

Windows 例

cd c:\source\xwt - iac mvn - s c:\source\xwt - iac \ settings.xml - Dmaven.repo.local= c:\source\xwt - iac \リポジトリ- f dist.pom.xml パッケージ

構築されたパッケージはターゲット\ xwt-iac.zip にあります

Linux 例

xwt iacx.x src.zip を解凍して下さい

構築された xwt iac プロジェクトのインストール手順

xwt iac パッケージ 内容は custom/IAC の中の展開された RequestCenter.war に得る必要があります。 このパッケージをインストールする前にこのディレクトリのバックアップを作成して下さい。

Windows パス例

C:\CiscoPrimeServiceCatalog\jboss-as-7.1.1.Final\RequestCenterServer\deployments\RequestCenter.war\custom\IAC

Linux パス例

/opt/cisco/cpsc/jboss-as-7.1.1.Final/RequestCenterServer/deployments/RequestCenter.war/custom/IAC


関連情報


Document ID: 118129