会議 : Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway

VC はなぜ実物大エンドポイントを含む H.323 コールをクリアしましたか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ高速道路に関連しています。

Q. VC が実物大エンドポイントを含む H.323 コールをクリアする理由

A. この問題は VC 通るソフトウェア バージョン 4.0 またはそれ以前を実行する実物大エンドポイントの間にあるおよび TANDBERG または Polycom エンドポイントではないその他のデバイスをかもしれませんコールに影響を与える(を含む MCU およびゲートウェイ)。

問題は実物大コードの不具合が原因で発生します。 不具合は実物大バージョン 4.1 で固定されて当然です(2009) 4 月の払出 予定。

対応策は VC によってハングさせた呼び出しを認識し、クリアすることを奪取 された 時間数を増加するのでこれが必ずしも推奨されないが VC のコール 存続可能時間設定の値を増加することです。

詳細情報

VC は定期的に彼らがまだそのコールに加わっていることを確認するためにコールのエンドポイントを問い合わせます。 それはエンドポイントの送信によってこれをエンドポイントが応答する必要がある IRQ メッセージします。 参加要素の何れか一つ以上はコールにもはやないことを VC が信じれば、コールが「ハングを」残っていないようにコールをクリアします。 VC がエンドポイントを問い合わせる周波数は H.323 ページ(VC 設定 > プロトコル > H.323)のゲートキーパー セクションのコール 存続可能時間設定によって判別されます。 デフォルトは 120 秒です。

バージョン 4.1 前の実物大エンドポイントは VC によって送信される IRQ クエリーに応答しますが応答はによって現在あるコールについての情報が含まれていません(H.323 V4 規格に反対)。 従って VC はエンドポイントがコールにもはやあると考慮しないしそうコールをクリアします。

これの対応策はネットワークで起こる呼び出しの大半の長さより大きい値へ VC (VC 設定 > Protocols> H.323)の H.323 コール 存続可能時間設定を高めることです。 これはエンドポイントがこの時間の間にコールにあることの確認から VC を停止します。

注: VC の H.323 コール 存続可能時間設定を変更することは VC がコールの H.323 すべてのデバイスを、ちょうど実物大エンドポイント照会し、VC によってハングさせた呼び出しを認識し、クリアするために奪取 される 時間数を増加する周波数に影響を与えます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112459