会議 : Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway

'480 一時的にエンドポイントのまたは VC 検索履歴の帯域幅計算のためのない Available か「ルート」はどういうことを意味しませんか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ高速道路に関連しています。

Q. '480 一時的にエンドポイントのまたは VC 検索履歴の帯域幅計算のためのない Available か「ルート」はどういうことを意味しませんか。

A. VCS の検索履歴にまたはコールを開始するエンドポイントでこれらのメッセージが現れることができます。 利用可能 な 帯域幅がコールをルーティングするためにないことを頻繁に意味します。 コールのエンドポイントのうちのどれかが VC に登録されているか、またはコールが VC を通れば、これはそのシステムで加えられた、または抜けたリンクが可能性があります帯域幅制限原因である。

コールのエンドポイントのうちのどれかが VC に登録されていれば:

  1. どの subzone エンドポイントがに登録されているか判別して下さい(ステータス > デバイスによる登録は > Details ページ 登録に行くためにかステータス > エイリアスによる登録 >、およびそれから登録をクリックします。 subzone の名前は Node フィールドで表記されます)。

  2. その subzone に適用される帯域幅制限をチェックして下さい。 エンドポイントがデフォルト Subzone に登録されていればこれは VC 設定 > ローカルゾーン > デフォルト Subzone によってされます; それが他のどの subzone に登録されていればこれは VC 設定 > ローカルゾーン > Subzones によってされます。

VCS エンドポイントが登録されている VCS を含むコール パス、:

  1. VC 設定 > 帯域幅 > リンクに行き、コールがルーティングされるできるコールに関連する subzones とゾーン間のプロシージャにリンクがあることを確認して下さい。 手動で 必然な連結を追加する必要がある場合もありますまたはデフォルト リンクを復元する(これは CLI によって xcommand DefaultLinksAdd の入力によってすることができます)。

  2. リンクがある場合、に行くために各リンク名を編集しますリンク ページをクリックして下さい。 Status セクションでは、リンクで進行中の呼び出しの現在数をチェックして下さい。 これらの呼び出しは利用可能 なすべての帯域幅を消費するかもしれません。

  3. そのリンクに加えられるあらゆるパイプの帯域幅制限をチェックして下さい。 それはコールを送信する不十分な帯域幅があったらことであるかもしれません。


関連情報


Document ID: 112517