音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

セルフプロビジョニング 機能-ボックス エクスペリエンスから

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はエンドユーザか管理者が最小運営努力の Cisco Unified Communications Manager (CUCM)システムに供給されていない電話を追加することを可能にするセルフプロビジョニング 機能を説明していたものです。 電話を追加し、ネットワークにプラグインし、ユーザを識別するために少数のプロンプトに従うため。

XPS は新しい Webアプリケーションです。 これまでのところ、セルフプロビジョニングは唯一の XPS リソースです。 XPS セルフプロビジョニングの目標は管理者のために電話 設定をできるだけ簡単に作成することです。 セルフプロビジョニングは認証済みユーザのプライマリ 拡張の下で電話を提供します。 設定が完了した、USERID および PIN を電話で入力し、提供されるべき拡張番号を確認して下さい。

これをできるだけ簡単に作るために、いくつかのセルフプロビジョニングのための必要なコンフィギュレーションのステップは CallManager (CM)インストールに追加されましたが、今でも管理者によって実行する必要があるステップがあります。

ジャイナ教 Sankalp によって貢献される Cisco TAC エンジニア。 

ボックス エクスペリエンスから

この機能はそれらが直接管理者に連絡する必要なしで卓上電話機かソフト クライアントを追加することを可能にすると同時にエンドユーザ用ののボックス エクスペリエンスを豊かにします。 電話は CM を指されるとき、自動登録アイドルURL を設定してもらい。 ユーザがユーザ ID および PIN を入力するとき、彼らは CM と認証され、プライマリ 拡張は判別されます。 ユーザはそれからそれらがプライマリ 拡張の下で電話を提供したいことを確認するためにプロンプト表示されます。 それらが確認する場合、電話はリセット提供され。

コンフィギュレーション必要条件

ユニバーサル デバイス テンプレートを確認して下さい

自動登録に割り当てられるユニバーサル デバイス テンプレート(UDT)は UDT によって指名される「自動登録テンプレート」であるはずです。 この UDT はセルフプロビジョニングのための後インストールでとりわけ作成され、XPS セルフプロビジョニング サービスにアイドルURL がそのポイントあります。 デフォルトで、アイドルURL はネットワークにアクティブアクティブがが DNS なければホスト名が含まれています。 ホスト名 IP アドレスを変更できます。

ユニバーサル行テンプレート

このスクリーン ショットはルート パーティションおよび Calling Search Space (CSS)の形で呼出す特権およびユニバーサル行テンプレートの他のライン設定を行う方法を示します。

自動登録

セルフプロビジョニングを電話を対応づけるために使用ことできるエンドユーザに関しては自動登録されす電話最初必要保守して下さい。 デフォルトで、CM の自動登録機能はオフになります。

自動登録コンフィギュレーションは「Cisco Unified CM 設定」ページで完了することができます。 管理者はユニバーサル デバイス テンプレート、ユニバーサル行テンプレートおよび有効なディレクトリ番号 範囲を提供しなければなりません。 これが設定されれば、ユーザ/管理者が電話(この CM に TFTP が設定されていると)電話自動登録自体のプラグを差し込み、範囲からディレクトリ番号を述べられて得る時はいつでも。

認証モード

このセクションは認証が決定する必要となるまたはユーザ向けのデバイスをありますかどうか提供しないオプションが。 モードの 2 つの型は与えられます。

認証を必要として下さい

このでモード ユーザはユーザ プロファイルの権限に基づいてデバイスを認証し、提供するためにパスワードか PIN を使用できます。 さらに、管理者はエンドユーザに代わって認証するために下記の認証コードを設定できます。

  • ユーザだけ向けの割り当て認証(Password/PIN によって) -ユーザがパスワードまたは PIN のプロビジョニングするのデバイスを認証し、提供できるこのモードの…。
  • ユーザ(Password/PIN によって)および管理者のための割り当て認証は(認証コードによって)エンドユーザに代わって-このの…モード 管理者 認証コードを設定 したときデバイスを認証し、提供できます。

必要な認証無し

このモードでは、認証はデバイスが自己提供されるとき無効です。 管理者かエンドユーザはユーザー アカウントにエンドポイントおよびエンドポイント関連にユーザ ID かセルフプロビジョニング ID を入力することができます。 このモードは日常 の オペレーションのために推奨されません。

ユーザ プロファイル

管理者はユーザと関連付けたユーザ プロファイルのユーザのセルフプロビジョニング 動作を設定できます。 ここでは、ユニバーサル デバイス テンプレートおよびユニバーサル行はテンプレート 規定 されます。 また「自身の電話」が提供する割り当てエンドユーザ チェックボックス チェックされるように、エンドユーザ用の機能を有効に するために、して下さい。 またデフォルトシステム ユーザ プロファイルとしてユーザ プロファイルを使用するために選択するかもしれません。

エンドユーザ

ユーザはプライマリ 拡張およびユーザ プロファイルの標準 Cisco Unified CallManager (CCM)エンドユーザである必要があります(許可されて自己プロビジョニングするが)。

時間を節約するために、エンドユーザはまた速いユーザ/電話を通して追加します作成できます。 > ユーザ/電話追加します > 速くユーザ/電話追加します『User Management』 を選択 して下さい。 ここにユーザ プロファイルは機能 グループ テンプレートを通したエンドユーザに関連付けられます。

> ユーザ/電話追加します > 機能 グループ テンプレート 機能 グループ テンプレートを作成するために『User Management』 を選択 して下さい。 利用可能 な行うことができるがセルフプロビジョニング 機能のためのどんな必要条件に基づいて関係ユーザ プロファイルはであるここに複数の設定があります。

機能 グループ テンプレートが設定されたら、速く/ユーザの電話によって新規 ユーザを追加します作成して下さい。

名字が、ユーザ ID、団体会員および拡張および資格情報は必要となります。 またユーザマネージメント > ユーザ設定 > 資格情報ポリシー デフォルトで設定される詳細 資格情報を使用するために選択するかもしれません。

電話のエンドユーザ体験

電話自動登録が、電話で設定されるアイドルURL このログインプロンプトを呼び出せば。

ユーザは USERID および PIN を入力します。

ユーザがセルフプロビジョニングのために設定される場合、電話は Add ページ速いユーザ/電話で設定されるエンドユーザ ページまたは拡張番号のセルフサービス ユーザー ID と正常に提供します。

『Continue』 を押して下さい。 デバイスは正常に提供され、この画面は現われます。

トラブルシューティング

電話クライアントが返すよくある エラーメッセージの少数はここにあります:

  • SELFPROV_NOT_ALLOWED

    セルフプロビジョニング チェックボックスがユーザのユーザ プロファイル チェックインされるかどうか確認して下さい。

  • SELFPROV_DEVICE_LIMIT

    ユーザの所有されたデバイスは既に制限に達しました。

  • INVALID_DEVICE_MODEL

    提供されたデバイス モデルは無効です。

  • MODEL_PHONETEMPELATE_NOT_FOUND

    必須 UDT は設定されません。

  • ログイン障害! DB-239 は-ユニーク な インデックス カラム(ユニーク な インデックスの重複した値 New 列を挿入できませんでした: 割り当てて下さい)

    重複した2つのエントリは電話のためにデータベースにあります。 データベースからルートを通してそれを取除いて下さい。 他のどのメッセージも電話で監視されても、問題を解決するときそれが有用であるのでそれのメモを常に作って下さい。

    更に UDS (ユーザのデータ サービス)を解決するために、Cisco 保存された手順トレースは実時間監視 ツール(RTMT)からダウンロードすることができます。



Document ID: 118910