クラウドおよびシステム管理 : Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)

完全な ACI ファブリック クラスタを取り替えて下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はプロセスを説明したものです完全なアプリケーション中枢的なインフラストラクチャ(ACI)ファブリック クラスタ 置換を行うために使用する。

Shae Eastman によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

この資料に説明がある例はアプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ(APICs)全員が失敗した操作上ファブリックを含みます。 前の APICs からのポリシーおよびコンフィギュレーションすべてを保持するコンフィギュレーション ファイルをエクスポートしたことが仮定されます。

注意: コンフィギュレーション ファイルをエクスポートしなかった場合、コンフィギュレーションはクラスタ 置換の後で失われます。

交換手順を続行する前に、コンフィギュレーション ファイルをインポートするため新しい APICs にとってアクセス可能であるサーバがあることを確認して下さい。 新しい APICs のために必要である電流 APIC 設定からのこの情報を得るようにさらに、して下さい、:

  • ファブリック名前
  • ノードネーム
  • トンネル エンドポイント(TEP)アドレス スペース
  • VLAN ID
  • 帯域(OOB)アドレス 詳細から
  • クラスタ サイズ
  • 速度/デュプレクスモードの型

新しい APICs のためのセットアップ スクリプトを実行するとき前のファブリック名前または他の値のうちのどれも覚えなければ、スイッチの 1 つにコンソール接続を行い、この情報を検索するために Acidiag avread コマンドを入力できます:

: 情報はクラスタ失敗が利用可能 で はない原因ではないです。

クラスタ 交換手順

完全なクラスタを取り替えるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 新しい APICs の 1 つを設定して下さい:

    1. 取り替えたコンソール接続を行い、カーネルベース仮想マシン(KVM)を起動させて下さい APICs の 1 つの Cisco Integrated Management Controller に(CIMC)。 セットアップ スクリプトは APIC が動力を与えられれば自動的にロードする必要があります。

    2. 速度/デュプレクスモードの同じファブリック名前、ノードネーム、TEP アドレス スペース、VLAN ID、OOB アドレス 詳細、クラスタ壊れる APICs で前もって設定されたサイズおよび型使用して下さい。 次に例を示します。



  2. サーバで保存された最新のコンフィギュレーション ファイルをインポートして下さい:

    1. ADMIN > GUI ヘッダの IMPORT/EXPORT にナビゲート して下さい。

    2. IMPORT/EXPORT サイドバーの遠隔地タブをクリックして下さい(画面の左側で)。

    3. 操作ドロップダウン メニューをクリックし、遠隔地を『Create』 を選択 して下さい:



    4. 最新のコンフィギュレーション ファイルが含まれている IP アドレス)かサーバのホスト名を(含む遠隔地を設定して下さい。

      : コンフィギュレーション ファイルを転送するためにプロトコルを使用できます FTP を使用するために選択すればファブリックに FTP トラフィックを許可するために契約を追加して下さい。




      : リモート パスはコンフィギュレーション ファイルが常駐するディレクトリ パスであるはずです。

  3. インポート ポリシーを作成して下さい:

    1. インポート/Export タブのサイドバーからのインポート ポリシー > コンフィギュレーションにナビゲート して下さい。

    2. 操作ボタンをクリックして下さい(画面の右側で)。

    3. 設定インポート ポリシーを『Create』 をクリック して下さい:



    4. コンフィギュレーション ファイルを設定したインポートし、それを確認して下さい遠隔地によって:

      • ネーム フィールドはこの例の ce_somefilename.tar.gz であるサーバのファイル名と一致します。
      • 置換オプション ボタンはインポート Type フィールドで選択されます。
      • 原子オプション ボタンはインポート Mode フィールドで選択されます。
      • Yesオプション・ボタンは開始する Now フィールドで選択されます。
      • インポート ソースは前もって設定した遠隔地です。

      次に例を示します。



    5. 古いコンフィギュレーションは APIC で今現われる必要があります。 古いコンフィギュレーションすべてが新しい APIC で読み込まれることを確認するために APIC GUI を使用して下さい。

  4. リーフおよび脊柱スイッチを設定して下さい:

    1. リーフ スイッチへのセキュア シェル(SSH)によるログインは APIC にちょうど接続される設定しました。 OOB アドレスはまだスイッチで設定する必要があります。 OOB アドレスがはたらかない場合、スイッチにコンソール接続を行って下さい。

    2. ブートフラッシュ ディレクトリ(cd ブートフラッシュ)へのナビゲート。 これは ACI イメージ ファイルが現われる必要があるディレクトリです。

    3. ACI イメージを見つけるためにファブリックで使用する dir コマンドを入力して下さい。

    4. イメージ ファイルを取付けたら、setup-clean-config.sh を < aci イメージ reload コマンドによって従われる located> コマンド入力して下さい。

      これらのコマンドはリーフ スイッチをイメージ変更しますちょうど取り替えた APICs の 1 に接続される。 APIC で設定したポリシーはちょうどイメージ変更したリーフ スイッチに押されます:



    5. リーフ スイッチがリロードを完了した後、それはファブリックに再び(リーフ スイッチが以前に ファブリックの一部分)自動的に追加する必要があります。 これを確認するために、コンフィギュレーション ファイルを押した APIC GUI のサイドバーのファブリック メンバシップをクリックして下さい:



      ヒント: リーフ スイッチが自動的にファブリックに加入しない場合、ファブリック ディスカバリ問題を解決するために Cisco APIC トラブルシューティングガイドを参照して下さい。

  5. 各リーフのためのステップ 4 およびファブリックの脊柱スイッチを繰り返して下さい。

  6. 正常にファブリックの各リーフおよび脊柱スイッチに加入した後、他の APICs を設定して下さい:

    1. プロセスを繰り返して下さい各 APIC のためのステップ 1 に説明がある。 APICs はそれからファブリックに加入する必要があります。

    2. APICs がファブリックに加入したことを確認するために、最初に設定した使用し、コントローラ副ヘッダのサイドバーのコントローラをクリックして下さい APIC の GUI を:



      APICs すべてが正常にファブリックに加入する場合、最初 APIC でアップロードしたコンフィギュレーションは他の APICs およびファブリックに完全に機能するはずです押されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118935