スイッチ : Cisco Nexus 6000 シリーズ

Nexus 6000 シリーズ スイッチ QoS 設定例

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Nexus 6000 シリーズ スイッチの Quality of Service (QoS)を設定する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア、Clark Dyson

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Nexus 6000 シリーズ
  • QoS
  • 切り替え用語

ヒント: 関連コードおよびその他の情報に関しては関連した QoS コンフィギュレーション ガイドを参照して下さい。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Nexus 6000 シリーズ スイッチに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

このドキュメントは、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5600 シリーズ スイッチ

背景説明

デフォルトで Nexus 6000 シリーズ スイッチで、QoS は有効に なります、分類は入力で信頼され、すべてのトラフィックは単一 First In First Out (FIFO) 出力キューに置かれます。 この動作を修正することを望む場合あなた自身のポリシーを設定して下さい。

QoS ポリシーすべては入力のハードウェア レベルで適用します、統一しましたポート コントローラ(UPC)、出力 UPC のクロスバー ファブリックを、または。 スイッチはこれらの QoS ポリシーをサポートします:

  • QoS –このポリシーは示し、ポリシングを行なうために使用するモジュラ QoS コマンドリンク(MQC)インターフェイスを定義します。

  • ネットワーク QoS –このポリシーは QoS プロパティのネットワーク全体に渡た特性を、最大遷移ユニット(MTU)のような定義し、スイッチすべての中で一貫するはずです。

  • キューイング–このポリシーは並べるためにスケジュール使用する、限られたスケールでマークするために定義し、MQC インターフェイスを。

  • コントロール・プレーン–このポリシーはコントロール プレーン ポリシング(CoPP)のための MQC インターフェイスを定義します。

: コントロール・プレーン QoS ポリシーの使用はこの資料でカバーされません。

前の 3 つのポリシーは 3 つのステージで適用されます:

  • QoS ポリシーは入力 UPC インターフェイスまたはシステム(クロスバー ファブリック)で適用されます。

  • ネットワーク QoS ポリシーはクロスバー ファブリックで適用されます。

  • キューイング ポリシーは入力 UPC、出力 UPC、またはクロスバー ファブリックで適用されます。

この資料で提供される例に関しては、各ポリシーはクロスバー ファブリックで適用されます。 さらに、インターフェイスは設計に必要に応じて QoS かキューイング ポリシーで、設定することができます。

設計 外観

これらのステップはプラットフォームの QoS を修正するために完了します:

  1. 入力 QoS モデルは下記のものを含むために、設定されます:

    • 信頼モデル
    • 分類 および マーキング モデル
    • 入力 ポリシング モデル

  2. ネットワーク QoS モデルは設定されます。

  3. 出力/仮想出力キュー(VOQ)キューイング モデルは設定されます。

設定

: 設定この資料に一例として使用するように意図され、これの QoS 実装における最良 の 方法とみなすべきではない説明があるまたは他の Nexus オペレーティング システム(NX-OS)プラットフォーム。

ポリシー例

この資料に説明があるイーサネット(FCoE)設定のために、すべての QoS グループを利用する、上の Fibre Channel のこの 8 クラス モデルは使用されます:

QoS ポリシーを設定して下さい

QoS ポリシーを設定するためにこの情報を使用して下さい:

class-map type qos match-any VIDEO
match dscp 26,28,30,34,36,38
class-map type qos match-any VOICE
match dscp 46
class-map type qos match-all SIGNALING
match dscp 24class-map type qos match-any TRANSACTIONAL
match dscp 18,20,22
class-map type queuing queueVIDEO
match qos-group 4class-map type queuing queueVOICE
match qos-group 5
class-map type queuing queueSIGNALING
match qos-group 3
class-map type queuing queueTRANSACTIONAL
match qos-group 2
policy-map type qos Global-Classification
class VOICE
set qos-group 5 class VIDEO
set qos-group 4
class SIGNALING
set qos-group 3
class TRANSACTIONAL
set qos-group 2
class class-fcoe
set qos-group 1

ネットワーク QoS ポリシーを設定して下さい

ネットワーク QoS ポリシーを設定するためにこの情報を使用して下さい:

class-map type network-qos nqVIDEO
match qos-group 4
class-map type network-qos nqVOICE
match qos-group 5
class-map type network-qos nqSIGNALING
match qos-group 3
class-map type network-qos nqTRANSACTIONAL
match qos-group 2
policy-map type network-qos Global-Network-QoS
class type network-qos nqVOICE
queue-limit 20480 bytes
class type network-qos nqVIDEO
queue-limit 40960 bytes
class type network-qos nqSIGNALING
queue-limit 40960 bytes
class type network-qos nqTRANSACTIONAL
queue-limit 40960 bytes
class type network-qos class-fcoe
pause no-drop
mtu 2158
class type network-qos class-default

キューイング ポリシーを設定して下さい

キューイング ポリシーを設定するためにこの情報を使用して下さい:

class-map type queuing queueVIDEO
  match qos-group 4
class-map type queuing queueVOICE
  match qos-group 5
class-map type queuing queueSIGNALING
  match qos-group 3
class-map type queuing queueTRANSACTIONAL
  match qos-group 2
policy-map type queuing Global-Queuing
  class type queuing queueVOICE
    priority
  class type queuing queueVIDEO
    bandwidth percent 10
  class type queuing queueSIGNALING
    bandwidth percent 20
  class type queuing queueTRANSACTIONAL
    bandwidth percent 25
  class type queuing class-fcoe
    bandwidth percent 20
  class type queuing class-default
    bandwidth percent 25

クロスバー アプリケーション

クロスバー ファブリック アプリケーションの例はここにあります:

system qos
  service-policy type qos input Global-Classification
  service-policy type network-qos Global-Network-QoS
  service-policy type queuing output Global-Queuing
  service-policy type queuing input Global-Queuing

確認

設定がきちんと機能することを確認するために、CLI に show queueing interface <x/y> コマンドを入力して下さい:

Ethernet1/1 queuing information:
TX Queuing
qos-group sched-type oper-bandwidth
0 WRR 25
1 WRR 20
2 WRR 25
3 WRR 20
4 WRR 10
5 priority 0

RX Queuing
qos-group 0
q-size: 100160, HW MTU: 1500 (1500 configured)
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 0
Statistics:
Pkts received over the port : 13896
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 13896
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)

qos-group 1
q-size: 165120, HW MTU: 2158 (2158 configured)
drop-type: no-drop, xon: 62720, xoff: 88320
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)

qos-group 2
q-size: 75520, HW MTU: 1500 (1500 configured)
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 0
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)

qos-group 3
q-size: 75520, HW MTU: 1500 (1500 configured)
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 0
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)

qos-group 4
q-size: 75520, HW MTU: 1500 (1500 configured)
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 0
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)

qos-group 5
q-size: 55040, HW MTU: 1500 (1500 configured)
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 0
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118905