音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM VM のリカバリ ソフトウェアを入手し、実行して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Communications Manager (CUCM)のためのリカバリ ソフトウェアを、またリカバリの前後に Virtual Machine (VM)設定に必要となる変更を得実行する方法を記述されています。

Neeraj Nair によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

リカバリ ソフトウェア ISO イメージは ESXi データストアで保存されます。

データストアは各記憶装置の仕様を隠し、VM ファイルのストレージに一様モデルを提供するファイル システムに類似した論理コンテナーです。 データストアも ISO イメージ、VM テンプレートおよびフロッピー イメージを保存するために使用することができます。

vSphere クライアントは ESXi ホスト探索、それらのデータストアを展開するため記憶装置の異なる型にアクセスするために使用され。

リカバリ ソフトウェア ISO イメージをダウンロードして下さい

リカバリ ソフトウェア ISO イメージを得るためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco ホームページから、ダウンロード ホーム > 製品 > Unified Communication > コール制御 > Unified Communication マネージャ(CallManager)にナビゲート して下さい。

  2. 適切な CUCM バージョンをクリックし、リカバリ ソフトウェアをダウンロードして下さい:



  3. リカバリ ソフトウェア ISO イメージをダウンロードし、ESXi データストアでそれを保存して下さい。

ESXi データストアに ISO イメージをアップロードして下さい

vSphere クライアントバージョン 5.0 によってデータストアに回復ソフトウェア ISO イメージをアップ ロードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. vSphere クライアントにログイン して下さい:



  2. データストアおよびデータストア クラスタをクリックして下さい:



  3. ファイルをアップロードし、データストアを『Browse』 をクリック することを望むデータストアを右クリックして下さい:



  4. ISO イメージをアップロードすることを望むフォルダを選択して下さい:



  5. アップロード タブをクリックして下さい:



  6. イメージがマシンで保存されるフォルダーの場所に参照して下さい:



  7. ファイルを選択すれば、ポップアップ メッセージが現れます。 『Yes』 を選択 して下さい:



    ISO イメージはそれからデータストアにアップロードし始めます:

リカバリ前の必須 VM 設定

リカバリ ソフトウェアを実行する前に VM 設定が正しいことを確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. vSphere クライアントから、CUCM VM マシンにナビゲート して下さい。

  2. VM リカバリ ソフトウェアおよび電源遮断に実行することを望む VM を右クリックして下さい:



  3. 右クリックし、設定を編集するためにナビゲート して下さい:



  4. Hardware タブから、選定された CD/DVD ドライブはチェックボックスの電源で接続応答をチェックし、データストアで保存した recovery.iso イメージに参照します:



  5. Options タブから、ブート オプションを選択して下さい、力 BIOS Setup チェックボックスをチェックして下さい、および VM の電力『OK』 を選択 して下さい:



  6. VM は BIOS モードに(起動後)入ります。 ブート メニューへのナビゲート:



  7. プラスを(+)記号 CD-ROMドライブ オプションをリストの上に移動するために使用して下さい:



  8. F10 キーを押せば、この設定を保存するためにプロンプト表示されます:



    システムはリカバリ ソフトウェアが見つけられる CD-ROMドライブと今ロードします。 システムが起動するとき、次のイメージで示されるオプションを見ます。

  9. F を『Option』 を選択 して下さい(F キーを押して下さい):



    ファイル システム システム・チェックは始まります:



    ファイル システム システム・チェックが完了した、メインメニューに戻って奪取 されます:



  10. リカバリ ソフトウェア プログラムをやめるために Q をQ キーを押して下さい) 『Option』 を選択 して下さい。 それからここに示されているようにシステムを、リブートするためにプロンプト表示されます:

後リカバリ必要条件

: 再度ブートするを続行する前に、BIOS チェックボックスに Force エントリのチェックを外すようにして下さい。

リカバリ ソフトウェアを実行した後これらのステップを完了して下さい:

  1. 設定 > オプションを編集するために VM を、ナビゲート > 進み > ブート オプションBIOS セットアップスクリーン チェックボックスに次に仮想計算機が起動するようにします、Force エントリ チェックを外されます右クリックして下さい:



  2. Hardware タブから、接続されるチェックを外し、電力 ON チェックボックスで接続して下さい:



  3. システムをリブートすることを続行して下さい:

    1. CUCM VM を右クリックして下さい。

    2. 電源遮断のマシン。

    3. マシンの電源。

: リカバリ ソフトウェアがファイル システム エラーを修正し、読み取り専用 の モードからシステムの移動を助けるが Cisco は最良 の 方法としてサーバが次のパッチ レベルにアップグレードされるか、または再製されることを推奨します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118948