会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

なぜ TMS の Java ページにアクセスするときログインプロンプトが表示されますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence 管理スイートに関連しています。

Q. TMS の Java ページにアクセスするときログインプロンプトが表示される理由

A. TMS サーバと同じドメインのメンバー、または TMS サーバではないマシンから TMS にでなければドメインのまったくメンバー アクセスする場合、各セッションの Javaアプレットにアクセスする時最初にユーザ名 および パスワードのためにプロンプト表示されます。 ユーザ名 および パスワードはログイン した サーバに使用したと同じであるはずです。

プロキシによって TMS にアクセスする場合、それらに頻繁に Java Plug-In においての認証問題があります。 PC の Javaコントロールパネルのプロキシ 設定を行わなければ手動でならないことができますまたは可能性のある Javaコントロールパネルのプロキシをディセーブルにして下さい。 デフォルトは Java プラグインのために常にはたらかない使用 ブラウザ設定です。 この設定は JRE 1.5.x の Javaコントロールパネルのネットワーク設定の下にあります。

IBM/Lenovo コンピュータを利用する場合、それらは頻繁に認証されたサイトのためにはたらかない Javaのバージョンとプレインストールされて来ます。 Javaアプレットにアクセスした場合ユーザ名 および パスワードのためにプロンプト表示されますが、資格情報はプロンプト ディスプレイ再度拒否され。 java.com に行き、leavingcisco.com Javaランタイム環境のローカル コピーをアップグレードするために JRE インストールをダウンロードして下さい。 新しいバージョンがインストールされていれば、きちんと認証できます。

TMS の Javaアプレット ページにアクセスすることを試みるときレッド X を得たら確認しま Java がであることを Test ページことをこれにインストールされ、行くことによってきちんと動作しますleavingcisco.comきちんとインストールされない Java に加えて Java がセキュリティポリシーによってディセーブルにされていることは可能性のあるです。

最後に TMS から Javaアプレットをダウンロードする時最初に信頼質問のためにプロンプト表示されます。 信頼を [Yes] または [Always] に設定することが可能です。 オプションを常に無効にするコンピュータは公安警察あるかもしれません。


関連情報


Document ID: 112434