会議 : Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway

TMS エージェントはどのポートをパートナーの複製の間で使用しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ高速道路および Cisco TelePresence 管理スイート 製品に関連しています。

Q. TMS エージェントはどのポートをパートナーの複製の間で使用しますか。

A. TMS エージェントは次のポートを使用します:

  • ポート 389: ローカルで TMS およびすべての VCS 両方で

  • ポート 8787: ローカルで TMS およびすべての VCS 両方で

  • ポート 4444: VC へのパスワードの変更のような事柄を、最初の複製達成するのにすべての複製パートナーの間で使用される TMS エージェントのための管理上のポート(たとえば、認証)。 このポートで交換される traffic は暗号化されます

  • ポート 8989: すべての複製の間で使用される複製ポートは組みます。 このポートで交換される traffic は TMS 12.5 以前でリリースで暗号化されません。 Traffic は TMS 12.6 でこのポートで暗号化されます交換しました。

ポート 4444 および 8989 は設定される最初の複製の間に使用されます: 管理機能のためのポート 4444、およびデータのためのポート 8989。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112477