会議 : Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway

呼び出しはいつ VC 高速道路のローカル(非走査)コール ライセンスを使用しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ高速道路に関連しています。

Q. 呼び出しはいつ VC 高速道路のローカル(非走査)コール ライセンスを使用しますか。

A. 走査コールは VC がメディア、またシグナリングを奪取 する コールです。 通常 VC 高速道路は走査コール ライセンスがそれに直接登録されているデバイス間の呼び出しのための呼び出しを、ルーティングすることを必要とします。 これはメディアはコールのエンドポイント間でルーティング可能であることを保証するためにファイアウォールの後ろのエンドポイントは VC 高速道路がメディアを受け取り、転送することを必要とするという理由によります。

次の場合にはローカル(非走査)コールがあると同時に VC 高速道路を通るコールが分類される唯一の状況:

  • SIP は必要な H.323 インターワーキングへありません

  • IPv4 は必要な IPv6 インターワーキングへありません

  • コールは VC 高速道路から走査ゾーンを通して、ルーティングされていません

  • どちらのエンドポイントも有効に なる走査(すなわち、どちらのエンドポイントも同意と登録されませんでしたまたは H.460.18/19 およびどちらのエンドポイントも同意か H.460.18/19 を要求するコールを作りませんでした)、ではないです

  • コールはから受信され、に発信されます:

    • 直接 Wide Area Network に接続されるエンドポイントか隣接ゾーンまたは

    • エンドポイントが Wide Area Network に直接接続されるように(シグナリングを現われさせるビデオ呼出をサポートする H.323 Application-Level Gateway (ALG)か SIP が)、またはあるファイアウォールの後ろのエンドポイントか隣接ゾーン

    • (VC バージョン X5 またはそれ以降を使用する場合)ローカルで登録されていた氷有効に された エンドポイント

注: ファイアウォール走査を援助するために、すべての TANDBERG エンドポイントは有効に なる走査であり、従ってコールに関連するエンドポイントの少なくとも 1 つが TANDBERG エンドポイントのとき走査ライセンスは必要常にです。

注: VC 高速道路の非走査コールは VC バージョン X5 またはそれ以降を使用している場合)利用可能 な非走査コール ライセンスがない場合走査ライセンスを消費します(。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112403