コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX 認可基本

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

ライセンスをおよび基本的なライセンスの問題を取除く方法をこの資料に Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)サーバで現在インストールされている確認する方法をライセンス、解決する方法を記述されています。

Pavan デーブによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

以下についての知識をお持ちの上でこの文書をお読みになることを推奨します。

  • UCCX
  • UCCX 認可

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は UCCX バージョン 9.0(2)に基づいていますが、バージョン 8.x および それ 以降に適当です。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ライセンスを確認して下さい

このセクションは UCCX 管理 ページか UCCX サーバで現在インストールされているライセンスを確認するために CLI を使用する方法を記述します。

UCCX 管理 ページが付いているライセンスを確認して下さい

UCCX クラスタで利用可能、UCCX 管理 ページにログイン し、システム > ライセンス 情報 > ディスプレイ ライセンスにナビゲート する ライセンス 機能を確認するため:

個々のライセンスおよび機能を表示するために廃棄メニューをクリックして下さい:

ライセンス 情報を表示するとき、それは主な特徴が正しいことを確認する好ましい習慣です。 ライセンス ファイルで確認する必要があるいくつかの主要機能はここにあります:

CLI のライセンスを確認して下さい

また UCCX サーバのセキュア シェル(SSH) セッションによって CLI の現在インストール済みライセンスを確認できます。 電流 機能およびシートをチェックするために、提示 uccx license コマンドを入力して下さい:

admin:show uccx license
Configured Licenses:
 
Package: Cisco Unified CCX Premium
IVR Port(s): 100
Cisco Unified CCX Premium Seat(s): 300
High Availability : Enabled
Cisco Unified CCX Preview Outbound Dialer: Enabled
Cisco Unified CCX Quality Manager Seat(s): 300
Cisco Unified CCX Advanced Quality Manager Seat(s): 300
Cisco Unified CCX Workforce Manager Seat(s): 300
Cisco Unified CCX Compliance Recording Seat(s): 300
Cisco Unified CCX Maximum Agents: 400
Cisco Unified CCX Licensed Outbound IVR Port(s): 100
Cisco Unified CCX Licensed Outbound Agent Seat(s): 100
For dynamic content like the Inbound ports In Use and Outbound IVR Ports/Agent Seats
In Use please check using the Cisco Unified CCX Administration.

UCCX サーバで現在インストールされているライセンスすべてを表示するために、utils uccx リスト license コマンドを入力します:

admin:utils uccx list license
The following licenses are uploaded in the system:
IPCC40LOCK201501231140273420.lic
IPCC40LOCK201501141051190750.lic
IPCC40LOCK201501231212597260.lic

Command successful.

削除ライセンス

UCCX のライセンスには 2 つの型があります: 一時および常置。 一時ライセンスは GUI によって取除くことができます永続的なライセンスは CLI からしか取除くことができません。

ライセンスを取除くために、<licenseName> がライセンスのフルネームである utils uccx 削除ライセンス <licenseName> コマンドを入力して下さい。

: このコマンドを実行した後、UCCX サーバは再起動する必要があります。 第 2 ノードがある場合、コマンドは両方のノードで入力する必要があり両方のノードの再始動が必要となります。

次に出力例を示します。

utils uccx delete license <licenseName>
admin:utils uccx delete license IPCC40LOCK201501231212597260.lic
Warning:
Deleting the license may have adverse effect on the working of the uccx system.
After deleting the license from all UCCX nodes, restart the UCCX nodes in the cluster.
Are you sure you want to run this command?
Continue (y/n)?

ライセンス問題を解決して下さい

このセクションは UCCX ライセンス問題に関して最も一般に見つけられた問題の 3 を解決する方法を記述します。

ライセンスを削除することが不可能

ライセンスはサーバから取除く必要がありますが Delete ボタンはグレイ アウト しますようです。

解決策

Delete ボタンがグレイ アウト して いるようである場合、ライセンスが永続的なライセンスであることを示します。 永続的なライセンスは UCCX 管理 ページから削除することができないし、utils uccx 削除ライセンス <licenseName> コマンドで CLI によって削除する必要があります。

不正確な座席 の 番号

UCCX で表示するライセンスの数は購入されるライセンスの数によって一致する。

解決策

サーバのライセンスの量および各ライセンスのための情報を確認して下さい。 これが購入されたライセンスの数によって、または一致するか、UCCX が正しい量をが表示する場合、単一の、強化されたライセンスを生成してもらうために Cisco Technical Assistance Center (TAC)に手を差し伸べて下さい。 また、それらをライセンスのための utils uccx リスト license コマンド出力および待ち時間送信 して下さい。

TAC からライセンスを受け取った後、それをサーバに追加し、utils uccx 削除ライセンス <licenseName> (両方のノードから該当する場合)コマンドによって他の常置および一時ライセンスすべてを削除して下さい。 完全なサーバを一度再起動して下さい。

IVR ポートの不正確な数

UCCX 認可ページは認可された Interactive Voice Response (IVR) ポートの最大量がライセンスによって許可される最大量より小さいことを示します。

解決策

この問題は一般的に UCCX が間違った開いた仮想 な アプライアンス(OVUM)で展開されるとき発生します。 UCCX が使用できるようにするポートの量は OVUM に基づいています。 これを訂正するために、UCCX はで適切な OVUM 転用する必要があります。

その他の情報に関しては Cisco Unified Contact Center Express ソリューション参照ネットワーク設計 リリース 9.0(2) のこれら二つのセクションを参照して下さい:

: IVR ポートの数はサーバ キャパシティおよび制限セクションに記述されているように所定のサーバ プラットフォームのために、サポートされる最大数によって制限されます。 仮想化されたデプロイメントシナリオでは、IVR ポートの最大数はある特定の仮想マシン テンプレートのためにサポートされる最大数によって制限されます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118924