音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Border Element

CUBE の複数の M 行によるファクス の 障害を解決して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

送信 ファクス の 障害がプロバイダから複数の m 行が原因で発生するときこの資料に Cisco Unified Border Element (CUBE)の問題を解決する方法を記述されています。 CUBE は複数の m 行を理解しません、Session Initiation Protocol (SIP)プロファイルの使用においての問題を解決するために回避策は CUBE で設定することができます。

Kaustubh Inamdar および Mudit Mathur によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Fax Server
  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)
  • CUBE

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ネットワーク トポロジ

この資料に説明がある例はこのネットワーク トポロジを使用します:

問題

プロバイダが voice-to-fax スイッチ オーバーの間に CUBE に勧誘メッセージを送り、2 つの m 行が含まれている Session Description Protocol (SDP)が含まれているとき、CUBE のオリジナル動作は SIP 488 受諾可能ではないここにメッセージとのコールを拒否することでした。

Cisco バグ ID CSCtw96549 の後で、この動作は変化しました。 プロバイダが 2 つの m 行との SDP を送信 すればこの場合、コールは予想通り行きます。

受け入れられた m 行形式の例はここにあります:

m=audio
m=image

ただし、プロバイダが反転する m 行形式の SDP を送信 すれば CUBE はそれを正しく処理しないし、勧誘メッセージの FAX サーバーに不正 な SDP を送信 します。 従って、すべての呼び出し失敗。

unaccepted m 行形式の例はここにあります:

m=image
m=audio

ヒント: 更に詳しい情報については、Cisco バグ ID CSCue70469 を参照して下さい。

解決策

この問題を解決し、送信ファクシミリ テスト コールをし、SIP デバッグ(デバッグ ccsip メッセージ)を収集するため。 デバッグ 出力から、これらの観測は作ることができます:

  • 音声コールは問題無しで確立します。

  • それがファックスするためにコールを増やす時間のときスイッチ オーバーは V.21 プリアンブルを検出次第プロバイダ側によって始められます。

    : それはスイッチ オーバーを始めるために呼出される側のために必須常にではないです。 複数の FAX サーバーはコールが起きるターミナルであるのにスイッチ オーバーを始める機能があります これは T.30 インジケータ パケットの呼出す(CNG)トーンのカプセル化によってされます。

  • Cisco バグ ID CSCue70469 に説明がある問題が起これば CUBE はコールを切断します m=image 行が m=audio 行の上に置かれることスイッチ オーバーのための再勧誘に 2 つのメディア行(m=)がそのような物あり。

現在、CUBE にこの問題のための解決がありません、しかし問題外部ファクタ回避策を変えることができます:

  • voice-to-fax スイッチ オーバーのために 1 つの m 行だけ使用して下さい。

  • プロトコルベース パススルーを使用して下さい。

  • プロバイダを m=image 行の上の m=audio 行を置いてもらって下さい。

  • T.30 インジケータ パケットの CNG の使用のスイッチ オーバーを始めるために FAX サーバーを使用して下さい。

CUBE バージョン 10.0 は SIP スタックに示され、処理される前に SIP プロファイルが受信 SIP メッセージで適用される受信 SIP プロファイルのための新しい 機能を利用しています。 このシナリオの受信 SIP プロファイルの使用の後ろの概念は CUBE が単一 m=image 行だけを使用できるように m=audio 行をすべて一緒に削除することです。

プロバイダがファックスするために音声コールを増やすことを望むとき再勧誘メッセージの例はここにあります:

Received:
INVITE sip:025027141@192.0.2.2:5060 SIP/2.0
Via: SIP/2.0/UDP 192.0.2.1:5060;branch=z9hG4bKnm30rd10dofho0fo9011sb0000g00.1
Call-ID: 6B6CB982-B41D11E3-898F851F-F1ADD198@192.0.2.2
From: <sip:026455288@25027100.xyz>;tag=7qapqh6u-CC-36
To: "Administrator" <sip:025027141@25027100.xyz>;tag=85A6C018-2489
CSeq: 1 INVITE
Contact: <sip:192.0.2.1:5060;transport=udp>
Max-Forwards: 69
Content-Length: 431
Content-Type: application/sdp
v=0
o=HuaweiSoftX3000 22157305 22157306 IN IP4 192.0.2.1
s=Sip Call
c=IN IP4 192.0.2.1
t=0 0
m=image 53200 udptl t38
a=T38FaxVersion:0
a=T38MaxBitRate:14400
a=T38FaxRateManagement:transferredTCF
a=T38FaxUdpEC:t38UDPRedundancy
m=audio 53190 RTP/AVP 8 0 101
a=rtpmap:8 PCMA/8000
a=rtpmap:0 PCMU/8000
a=rtpmap:101 telephone-event/8000
a=fmtp:101 0-15
a=ptime:20
a=silenceSupp:off - - - -
a=ecan:fb on -
a=X-fax
================================

この SIP プロファイル設定は m=audio 行を削除するため適用するである:

voice class sip-profiles 966
request REINVITE sdp-header Audio-Media modify "(.*)" "a=sendrecv"
voice service voip
sip
voice-class sip profiles 966 inbound
or 
dial-peer voice XYZ voip
voice-class sip profiles 966 inbound

この SIP プロファイル変更無関係である SDP の行として機能する a=sendrecv への m=audio 行。 これは CUBE が再勧誘メッセージをファクシミリ サーバ側に送り、200 の OK 応答を待つようにします。

また 1 つのより重要な側面を当たって下さい: 200 の OK メッセージが受け取ったに応じてプロバイダに送られるとき再誘って下さい、RFC に従い、応答メッセージにオファー メッセージとメディア属性の同じ数があることを確認するために m 行の両方を示す必要があります。

標準発信 SIP プロファイルによってプロバイダにダイヤル ピアでそのポイント適用されるこれを達成できます:

voice class sip-profiles 200
response 200 method re-invite sdp-header Attribute modify "t38UDPRedundancy"
"t38UDPRedundancy\x0D\x0Am=audio 0 RTP/AVP"

これは複数の m 行との再勧誘が正しく処理されること、そして "t38UDPReddundancy" が下記によって取り替えられるのでプロバイダへの応答が RFC 対応であることを確認します:

"t38UDPRedundancy"
New line ( \x0D\x0A )
m=audio 0 RTP/AVP

要約すると、この資料(ほとんどがプロバイダ依存である)に複数の m 行の解決問題説明がある回避策の使用を用いて下さい。 また T.38 を送信 するためにサーバを強制するので Xmedius サーバがまたスイッチ オーバーを始めることができることが、観察されましたメッセージを再誘い、複数の m 行のプレゼンテーションを避けます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118939